ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと・事業者向け > 開発・工事 > 宅地造成 > 大規模盛土造成地分布事業について

本文

大規模盛土造成地分布事業について

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

大規模盛土造成地分布事業について

 平成7年(1995年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年(2004年)の新潟県中越地震、平成23年(2011年)の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)などにおいて、大規模に盛土造成された宅地で滑動(かつどう)崩落(ほうらく)による被害が発生しました。
本市では、地震時の宅地の安全性を確保するため、第1次調査として大規模盛土造成地について調査しましたので、その結果をマップとして作成し、市民の皆様にお知らせします。
このマップは旧地形図と現況地形図を重ね合わせて大規模盛土造成地の概ねの位置や規模をお示しするもので、マップに示された箇所が地震発生時に必ずしも危険というわけではありません。
市民の皆様には、お住まいの場所について関心を持っていただき、防災意識を高めて災害の未然防止や被害の軽減につなげて日頃の防災にお役立てください。

大規模盛土造成地とは

 大地震時に大きな被害が生じるおそれのある盛土造成地は、過去の地震時の被害事例から下記の2つに定義されています。

図面

滑動崩落とは

 大規模盛土造成地の中には滑動(かつどう)崩落(ほうらく)するおそれがあるものがあります。
谷間や山の斜面等において、盛土造成されたひとまとまりの宅地が、地震による大きなゆれによって、滑ったり崩れたりする現象を滑動(かつどう)崩落(ほうらく)と言います。

滑動崩落とはの画像

大切な宅地のチェックポイント

大切な宅地のチェックポイントの画像

マップができるまで

 このマップは、旧地形図と現在地形図を重ね合わせて大規模盛土造成地の概ねの位置や規模をお示しするもので、マップに示された箇所が地震発生時に必ずしも危険というわけではありません。

マップができるまでの画像

大規模盛土造成地調査等の流れ

大規模盛土造成地調査等の流れの画像

大規模盛土に関するQ&A

大規模盛土に関するQ&Aの画像

奈良市大規模盛土造成地マップ

 開発指導課窓口では上記内説明と同じ内容が記載された大規模盛土造成地マップ(A3版)を配布しております。

大規模盛土造成地マップ[PDFファイル/7.1MB]

 大規模盛土造成地について具体的な箇所を調べる際は、以下のリンクからお探しください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)