ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと・事業者向け > 農業・林業 > 農業・畜産業 > クビアカツヤカミキリにご注意ください

本文

クビアカツヤカミキリにご注意ください

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 クビアカツヤカミキリは、外来生物法に基づく特定外来生物に指定されました。2018年1月15日より規制が開始されています。

クビアカツヤカミキリの特徴

*全体的に光沢のある黒色で、胸部(首の部分)が赤い

*体長 2.5~4cm

*成虫は5月末から8月に発生

*幼虫が入り込んだ樹木からは大量のフラス(幼虫のフンと木くずが混ざったもの)が排出される

クビアカツヤカミキリの成虫の画像
クビアカツヤカミキリの成虫

成虫脱出孔 フラスの画像
成虫脱出孔 フラス

 クビアカツヤカミキリの成虫写真は 『国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所』 より提供

 このカミキリムシは、幼虫がサクラやウメ、モモ、カキなどの樹木を食害することから、各地で問題になっています。

発見した際は

  • 発見した日時、場所、詳しい状況を、下記の機関までご連絡ください。
    1. 土地や施設の管理者
    2. 近畿地方環境事務所(06-4792-0706)
    3. 奈良県景観・自然環境課(0742-27-8757)
    4. 発見された場所の市町村(奈良市の場合で果樹等については農政課 0742-34-5142)
  • 被害の拡大を防ぐため、捕殺をお願いします。
  • 可能であれば、写真を撮影してください。

詳しくは、下記リンク先のチラシをご覧ください。

クビアカツヤカミキリは特定外来生物に指定されました【環境省】<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)