ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 観光情報 > 観光情報 > きたまち・まちかど博物館

本文

きたまち・まちかど博物館

更新日:2021年9月17日更新 印刷ページ表示

きたまち・まちかど博物館

まちかど博物館とは、まちの人々がボランティアの館長として、生業としての技、趣味の手仕事やコレクションといったものも含めた地域の大切な財産を公開し、観光客や市民などをあたたかくお迎えする地域の博物館です。ぜひ、地域の伝統の技や文化にふれ合い、「まちのよさ」を発見してください。

概要

きたまち・まちかど博物館は平成15年11月1日からはじまり、現在は近鉄奈良駅から奈良阪方面への京街道沿いのエリアにて、開館しています。
かつて奈良の北の玄関口として多くの旅人が行き交い、商業も発展したこの地域には、鹿せんべいづくりなど奈良らしい地域産業の商店や地元住民の日常生活を支える店舗がたくさん存在します。
新しい奈良の発見にちょっと足を伸ばして散策してください。

きたまち・まちかど博物館イラストマップ

きたまちまちかど博物館イラストマップ [PDFファイル/3.12MB]はこちら

きたまちまちかど博物館イラストマップ表きたまちまちかど博物館イラストマップ裏

 

まちかど博物館のご利用方法について

まちかど博物館は一般の観光施設ではありません。館長の仕事場やお店が博物館になっていますので、見学される人は、まちかど博物館の主旨をご理解いただき、マナーを守って見学くださるようお願いいたします。

見学について

見学については予約が必要な施設が多くあります。予約の有無については、まちかど博物館イラストマップでご確認ください。団体でお越しの方につきましては、必ず予約くださるようお願いいたします。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)