ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 高齢者の福祉 > 高齢者関連施設 > 指定管理者制度 > 奈良市老人福祉センターの指定管理者の候補者の選定について

本文

奈良市老人福祉センターの指定管理者の候補者の選定について

更新日:2018年2月15日更新 印刷ページ表示

 奈良市老人福祉センターの指定管理者につきまして、公募を実施し、奈良市指定管理者選定委員会の審査を経て、次の団体を指定管理者の候補者として選定しました。

指定管理者の候補者を選定した施設の名称及び所在地

 奈良市老人福祉センター4施設

  • 奈良市東福祉センター(奈良市法蓮町1702番地の1)
  • 奈良市西福祉センター(奈良市百楽園一丁目9番13号)
  • 奈良市北福祉センター(奈良市右京一丁目1番地の4)
  • 奈良市南福祉センター(奈良市南永井町45番地の1)

指定管理者の候補者に選定した団体の名称

 社会福祉法人奈良市社会福祉協議会

選定した理由

 社会福祉法人奈良市社会福祉協議会は、自主事業の実施計画や類似事業の実績・ノウハウ、施設の管理運営に対する熱意・意欲において優れており、その他の観点を総合的に考慮した結果、この団体が当該施設の管理を行わせるのに最も適当であると認めたため。
 特に自主事業の実施計画については、高齢者だけでなく若年・中年層の介護者向けの講座を計画し、高齢者の活躍場面の創出事業にも他施設と連携して積極的に取り組もうとしており、奈良市の将来を見据えた計画であることを高く評価した。

指定の期間(予定)

 平成30年4月1日から平成35年3月31日まで

 この団体を指定管理者として指定する議案書を平成29年12月の市議会に提出し、議決を得た上で、指定管理者として指定する予定です。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)