ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 消防・救急 > 消防局 > 消防・救急 > 消防局救急隊の新型コロナウイルス感染症対策について

本文

消防局救急隊の新型コロナウイルス感染症対策について

更新日:2020年4月24日更新 印刷ページ表示

消防局救急隊の新型コロナウイルス感染症対策について

当消防局では新型コロナウイルス感染症に対する感染防止対策を強化しています。

救急出場時の対応

救急隊員は、全ての救急出場時に「全身の感染防止衣」を着装しています。

新型コロナウイルス感染症の疑いがある場合の対応

「高性能マスク」や状況に応じて「シューズカバー」を装着するなど、平素よりも厳重な体制を取っています。(画像参照)

患者搬送後には、通常行う救急車内の消毒のほか、ドアノブなど車外及び救急隊員自身の消毒も実施し、使用した感染防止衣やマスク等については全て廃棄しています。

防護衣の着装画像

救急車の消毒の様子

感染防止衣の取り扱いについて

感染防止衣(ディスポ―ザブル)は汚染の恐れがなく破損がない場合には継続使用しています。

通常の感染症疑い(新型コロナ以外)の患者を搬送したときや血液・吐物等の汚染があった場合はその都度廃棄しています。

市民の皆様へのお願い

救急隊員が厳重な装備をしていたり、消毒を行っているからといってすべて新型コロナウイルス感染症の疑いがあるわけではありません。ご協力とご理解をよろしくお願いいたします。