ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年12月号(テキスト版)6-9ページ お知らせ1

本文

奈良しみんだより平成29年12月号(テキスト版)6-9ページ お知らせ1

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

春日若宮おん祭

おん祭は春日大社の中にある若宮の祭礼です。「お渡り式」をはじめさまざまな神事が行われ毎年多くの人々が訪れる、奈良を代表する祭の一つです。その起源は平安時代(1136年)にさかのぼり天平泰平、五穀豊穣、万民和楽を願って大和一国を挙げて行われ、長い歴史の中で一度として途切れることなく今年で882回目を迎えます。おん祭の神事芸能は国の重要無形民族文化財に指定されており、日本の伝統文化や風俗を今に伝える存在です

日程

  • 12月15日(金曜日)御湯立(午後2時半他)、大宿所祭(午後5時)
  • ・2月17日(日曜日)遷幸の儀(午前0時)、暁祭(午前1時)、試しの儀(午前11時頃)、お渡り式(正午)、南大門交名の儀(午後0時50分頃)、松の下式(午後1時頃)、競馬(午後1時頃)、稚児流鏑馬(午後2時半)、お旅所祭(午後2時半)、還幸の儀(午後11時頃)
    ※遷幸の儀と還幸の儀は一切の灯りが消されます(写真撮影もできません)
  • 12月18日(月曜日)奉納相撲(午後1時)、後宴能(午後2時)
    ※神事は一部変更になったり、時間が前後したりする場合があります

内容

  • 大宿所祭:大宿所とは、おん祭を奉仕する「大和士」がお篭りする所で、おん祭が無事に行えるように願います
  • 遷幸の儀:17日の午前0時、春日大社の若宮を出発したご神霊は「お旅所」にある仮御殿に向かいます。暗闇の中、雅楽が奏でられ、松明やお香を先頭に参道を行く姿は幽玄の世界に誘います。お旅所に到着すると「暁祭」が始まり、朝の御饌が供えられ、巫女が神楽を舞います
  • お渡り式:平安時代から江戸時代の風俗を満載した伝統行列が続きます。特に芸能を奉仕する一団は、一之鳥居をくぐった先の「影向の松」の前で、それぞれの芸能を披露してお旅所に進みます
  • お旅所祭:17日の午後2時半から10時半頃までお旅所の芝舞台で、神楽・田楽・猿楽や、シルクロードを経て日本に伝わり伝統芸能として成熟した舞楽などが次々に奉納されます
  • 遷幸の儀:お旅所祭が終わると、18日の午前0時までに、再びご神霊は若宮神社に戻られます

おん祭についての問合せ 春日若宮おん祭保存会(春日大社内 電話番号:0742-22-7788)

おん祭観覧のためのさじき席について(12月17日)

場所・費用(1人)・行列通過時間、事前受付済入場時間・当日受付時間・さじき席数・その他

  • 登大路園地・2,000円・午前11時50分頃~午後1時頃・午前10時・午前10時半・約1,000席・解説書別売
  • 松の下式(一之鳥居脇)・北席:3,500円、南席:4,000円・午後1時頃~2時半頃・正午・午後0時半・北席:120席、南席:50席・解説書付
  • お旅所前・5,500円・午後1時以降・午前10時半・午後0時半・約160席・解説書とイヤフォンガイド付
    ※1お旅所前さじきは午後10時半まで開設し、その間出入り自由です(神事のため一時立ち入りできなくなります)
    ※2各さじき席は自由席です(先着順)
    ※3空席がある場合、当日受付を行います

さじき席申込・問合せ 市観光センター(電話番号:0742-22-3900)

大とんど選別ボランティアを募集

春日大社と市観光協会が、お正月明けの伝統行事「大とんど」を、1月27日(土曜日)の午後1時~午後7時(雨天時は28日(日曜日))に奈良公園内飛火野で行います。それに先立ち、正月の縁起物の選別をするボランティアを募集します

  • とき 1月21日(日曜日)午前10時半~午後3時
  • 定員 40人
  • その他 集合場所等は後日連絡。軽食あり。交通費自己負担
  • 申込 はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、12月15日必着で同協会(郵便番号:630-8228上三条町23-4 電話番号:0742-27-8866)へ

12月は「地球温暖化防止月間」「大気汚染防止推進月間」です

かけがえのない地球を守りましょう

猛暑日やゲリラ豪雨等の異常気象は、地球温暖化が進んでいることで起こっているといわれています。市では家庭から出るCO2の量が一番多く、全体の約3割を占めています。地球温暖化の防止のために、買い物のときはエコバッグを持参しレジ袋をもらわないなどの3Rを推進し、環境にやさしいライフスタイルを実践しましょう。また12月は、交通量増加やビル・家庭の暖房需要の影響、特有の気象条件等により、窒素酸化物や浮遊粒子状物質等の汚染物質濃度が高くなり、一年のうちで最も大気が汚れやすくなる時期です。地球を守るために、一人ひとりができる身近なことから取り組んでいきましょう

  • マイバックでお買い物
  • NOレジ袋

市では、地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE(賢い選択)」を推進しています。身近な生活の中で、未来のために今できることから始めましょう

冬の節電 家庭における“節電メニュー”

重ね着等をして室温20℃を心掛ける/不要な照明をできるだけ消す/必要なとき以外はテレビを消す/冷蔵庫に食品を詰め込まないようにする/使用しない機器はプラグを抜く(出典:経済産業省 政府の節電ポータルサイト)生活に支障のない範囲でご協力をお願いします

COOL CHOICEセミナーを実施しています

家庭でできる省エネのコツや、自然エネルギーの活用等について専門家が出向いて話します
実施期間 1月31日(水曜日)まで 申込 講座希望日の3週間前までに環境政策課(電話番号:0742-34-4591)へ

問合せ 環境政策課(電話番号:0742-34-4591)、保健・環境検査課(電話番号:0742-93-8477)

第五回 珠光茶会

茶道の源流の地ともいえる奈良で凛とした冬の古都の風情を味わいながら是非お茶に親しんでください

開催日程

2月6日(火曜日)~11日(祝日)の6日間

参加流派

表千家、裏千家、武者小路千家、遠州流、石州流、藪内流、宗偏流

内容

とき・種類・会場1、会場2

  • 2月6日(火曜日)・[壱]・東大寺:石州流(濃茶)、点心席、法華寺:藪内流(薄茶)
  • 7日(水曜日)・[壱]・大安寺:武者小路千家(濃茶)、春日大社:裏千家(薄茶)、点心席
  • 8日(木曜日)・[壱]・西大寺:遠州流(濃茶)、点心席、元興寺:表千家(薄茶)
  • 9日(金曜日)・[四]・春日大社:感謝・共生の館、貴賓館、七流派 おもてなしの共演(第一部:裏千家・武者小路千家・石州流・藪内流、第二部:表千家・遠州流・宗偏流)
  • 10日(土曜日)・[参]・東大寺:献茶式・特別茶席(武者小路千家)
  • 11日(祝日)・[壱]・唐招提寺:藪内流(濃茶)、薬師寺:宗偏流(薄茶)、点心席

その他会場

とき・種類・会場

  • 2月6日(火曜日)・[弐]・八窓庵:敬游会(薄茶)、奈良町にぎわいの家:佐久間宗成社中(薄茶)
  • 7日(水曜日)・[弐]・八窓庵:敬游会(薄茶)
  • 8日(木曜日)・[弐]・なら工藝館:奈良工芸フェスティバル実行委員会(薄茶)
  • 10日(土曜日)・[弐]・名勝大乗院庭園文化館:市茶華道連盟(薄茶)、奈良町にぎわいの家:吉川宗文社中(薄茶)
  • 11日(祝日)・[弐]・名勝大乗院庭園文化館:市茶華道連盟(薄茶)
  • 11日(祝日)・[伍]・奈良町にぎわいの家:外国人向けお茶会体験
お茶券販売期間

12月3日(日曜日)~1月27日(土曜日) ※[参]のみ12月4日(月曜日)〜1月26日(金曜日)
お茶券種類
[壱]5千円。会場12でのお茶席、点心席、社寺拝観、巡回バス乗車(11日を除く)を含む
[弐]千円(2月6日(火曜日)・7日(水曜日)の八窓庵会場のみ1500円。奈良国立博物館の展示観覧を含む)
[参]2万円
[四]第一部(午前)、第二部(午後)各2千円
[伍]千円(当日券のみ)

お茶券申込

[壱・弐・四]なら100年会館(電話番号:0742-34-0111)午前9時~午後5時。電話予約は初日のみ午前10時から受付。毎週火曜日と12月28日〜1月4日は休館。WEB販売は24時間受付
[参]特別茶席 専用申込電話(電話番号:0742-34-5614)平日の午前9時~午後5時。12月29日〜1月3日を除く

問合せ 観光戦略課(電話番号:0742-34-4739)、市観光協会(電話番号:0742-27-8866)

年末年始のごみ収集・持ち込み等

年末年始はごみが多くなる時期です。ごみ減量・リサイクルにご協力ください

ごみの収集

  • 〜12月29日(金曜日):通常収集
  • 30日(土曜日):燃やせるごみ(ABEFの区域)、プラスチック製容器包装(CHの区域)
  • 31日(日曜日):燃やせるごみ(CDGHの区域)、プラスチック製容器包装(AFの区域)
  • 1月4日(木曜日):燃やせるごみ(ABEFの区域)、※プラスチック製容器包装の収集なし
  • 5日(金曜日)燃やせるごみ(CDGHの区域)、※プラスチック製容器包装の収集なし
  • 6日(土曜日):プラスチック製容器包装(BDEGの区域)
  • 8日(祝日)〜:通常収集

1月4日(木曜日)~12日(金曜日)は通常よりごみが多いため、地域によっては収集が午後4時を過ぎる場合があります。市清美公社収集地域も、配布しているカレンダーの通り収集。年末年始も当日午前7時半までに出してください
問合せ 収集課(電話番号:0742-71-3012)、市清美公社(電話番号:0742‒33‒8782)※区域については市ホームページに掲載

再生資源の収集

  • 12月29日(金曜日):区域番号12
  • 30日(土曜日):区域番号13
  • 31日(日曜日):区域番号14
  • 1月5日(金曜日):区域番号15
    ※4日に網袋・コンテナを配布します
    ※市清美公社収集地域も、公社より配布のカレンダーの通り収集

問合せ リサイクル推進課(電話番号:0742‒61‒9900)、市清美公社(電話番号:0742‒33‒8782)※区域については市ホームページに掲載

し尿のくみ取り

  • 月ヶ瀬・都祁を除く地域
    年末:12月29日(金曜日)まで(申込は12月22日(金曜日)まで)年始:1月5日(金曜日)から受付・くみ取り ▶問合せ 市清美公社(電話番号:0742‒33‒8782)
  • 月ヶ瀬・都祁地域
    年末:12月28日(木曜日)まで(申込は12月22日(金曜日)まで)年始:1月4日(木曜日)から受付、1月5日(金曜日)からくみ取り 問合せ 山辺環境衛生組合山辺衛生センター(電話番号:0743‒85‒0253)

大型ごみの電話申込

年内に大型ごみを収集できない場合があります

12月は回線を増設して受け付けますが、申込が殺到し、電話がつながりにくくなります。また、電話がつながっても年内に収集できない場合があります。ご迷惑をおかけしますが、年明けに申し込む等、ご理解とご協力をお願いします※12月の申込後の追加や変更はできません

大型ごみは、12月31日(日曜日)まで収集します

申込受付期間

  • 市収集地域 年末:12月28日(木曜日)まで、年始:1月4日(木曜日)から(月曜日~金曜日の午前8時~午後3時)
  • 申込 専用電話(電話番号:0742-71-9011)※かけ間違いにご注意ください
  • 問合せ まち美化推進課(電話番号:0742‒71‒3003)
  • 市清美公社収集地域 年末:12月21日(木曜日)まで、年始:1月5日(金曜日)から(月曜日~金曜日の午前8時半~午後5時)
  • 申込・問合せ 市清美公社(電話番号:0742‒33‒8782)

浄化槽清掃の問い合わせ先

  • <月ヶ瀬・都祁を除く地域>
    市清美公社(電話番号:0742‒33‒8782)
    オクモト管理サービス(電話番号:0742‒61‒3979)
    松本清掃社(電話番号:0742‒36‒0523)
    大和浄化槽管理センター(電話番号:0742‒61‒0743)
    大和清掃(電話番号:0742‒61‒4798)
  • <月ヶ瀬・都祁地域>
    松本清掃社(電話番号:0743‒53‒5211)

動物の死体収集

  • 年末:12月30日(土曜日)までは午前7時半~午後4時、31日(日曜日)は午前7時半~11時
  • 年始:1月4日(木曜日)から

問合せ 収集課(電話番号:0742-71‒3012)

環境整備工場へのごみ・再生資源の持ち込みは、電話での申し込みが必要です

持ち込みごみ受付ダイヤル(Tel:0742-71-9011)

  • 受付 年末:12月28日(木曜日)まで、年始:1月4日(木曜日)から 午前8時~午後3時(土曜日・日曜日を除く)
  • 持込期間 年末:12月31日(日曜日)まで、年始:1月4日(木曜日)から 午前9時~午後4時半
    ※12月31日(日曜日)は午後1時まで
  • 注意 一般家庭・事業所どちらも申込が必要。ごみ事典を参照の上、分別して搬入してください
  • 申込 持ち込み予定日の前日(土曜日・日曜日を除く)まで。翌月末の分まで
    受付。1回の電話で1日分まで。状況により、希望に添えない場合あり
    ※12月29日~31日、1月4日の予約は12月28日まで
  • 問合せ 電話予約について:まち美化推進課(電話番号:0742‒71‒3220)
    持ち込みごみの内容の相談:環境清美工場(電話番号:0742‒71‒3000)

市民税・県民税の主な改正内容

平成30年度課税から

医療費控除に係る添付書類の見直し

医療費控除を申告する場合、医療費の領収書の添付または提示に代えて、「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。明細書の記入内容確認のため、法定納期限から5年間は領収書の提示または提出を求める場合がありますので、領収書は自宅等で保管してください(平成30〜32年度の申告については、現行の領収書の添付または提示による申告も可能)。

セルフメディケーション税制の創設(従来の医療費控除との選択適用となります)

特定健康診査、予防接種、定期健康診断、人間ドックやがん検診等の各種健診(医療保険者や市が実施するもの)のいずれかを受けている人が、平成29年1月1日〜平成33年12月31日に、本人や本人と生計を一にする親族に係るスイッチOTC医薬品※の購入費用を1年間に1万2千円を超えて支払った場合には、1万2千円を超える額(8万8千円を限度)を所得控除できる医療費控除の特例が創設されました。
※スイッチOTC医薬品とは、医師の処方が必要だった医療用医薬品から転用された医薬品(類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象のものを除く)で、医師の処方箋がなくても購入できるものをいいます。

給与所得控除の改正(上限額の引下げ)

給与収入が1,000万円を超える場合の、給与所得控除の上限額が220万円に引き下げられました。

平成31年度課税から

配偶者控除および配偶者特別控除の改正

配偶者控除・配偶者特別控除は、配偶者の所得がそれぞれ38万円以下・76万円以下の場合に段階的に適用されていましたが、平成31年度からは、これに加えて配偶者を扶養する人の所得によっても控除額が段階的に減額されることになります。これに伴い、合計所得金額が1,000万円を超える人は配偶者控除の適用を受けることができなくなります。また、配偶者特別控除の適用は、配偶者の合計所得が123万円以下まで拡大されます。

問合せ 市民税課(電話番号:︎0742-34-4973)

奈良ひとまち大学

第279回みんなの、いつものバス会社 奈良交通のこれまでとこれから

  • とき 12月16日(土曜日)午前10時から正午
  • ところ 奈良交通平城営業所(左京六丁目)
  • 定員 20人

第280回 カフェになった老舗漢方薬局 非日常空間でコーヒーを味わう

  • とき 12月17日(日曜日)午前10時から正午
  • ところ 轉害坊(今在家町)
  • 定員 10人
  • 費用 1,000円

第281回大きな茶わんの素敵なお茶会 西大寺の名物行事、その意味を知る

  • とき 12月17日(日曜日)午後2時から午後4時
  • ところ 西大寺(西大寺芝町)
  • 定員 30人
  • 費用 1,000円

申込 往復はがきに授業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、12月7日必着で同大学事務局へ。1枚に1人1授業限り。ホームページからも可。多い場合は抽選
問合せ 「奈良ひとまち大学」事務局(市生涯学習財団内 郵便番号:630-8357杉ヶ町23 電話番号:0742-26-5600)

しみんだより平成29年12月号 一覧へ戻る