ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年10月号(テキスト版)26-27ページ お知らせ4

本文

奈良しみんだより平成29年10月号(テキスト版)26-27ページ お知らせ4

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

奈良工芸フェスティバル2017

なら工藝館で開催 ~奈良に響く工芸の音色~

10月28日土曜日~11月5日日曜日午前10時~午後6時
※最終日は午後5時まで。10月30日月曜日は臨時開館

  • 第五回奈良伝統工芸展(特別企画展示)人気投票開催
    (1等賞作品に投票した人の中から抽選でプレゼントが当たります)
  • 奈良工芸品販売(一刀彫・赤膚焼。数量限定の福袋あり)
  • 奈良工芸品が当たるお楽しみ抽選会(景品なくなり次第終了)
    2,000円以上購入毎に1回の抽選
  • 工芸作家の酒器で楽しむ地酒の試飲販売
    とき 11月3日祝日・4日土曜日 午前11時~午後5時
  • 専門家との工芸相談
  • 奥田木白特別展
  • 奥田木白のお道具を手に取って楽しむお茶席
    • とき 11月5日日曜日午前11時~午後4時
    • 費用 500円

制作実演(日時変更の場合あり)

  • 内容 一刀彫
  • とき 10月30日月曜日・31日火曜日、11月2日木曜日午後0時半~4時半
  • 内容 奈良筆
  • とき 11月3日金曜日・4日土曜日午後0時半~4時半
  • 内容 陶芸
  • とき 11月1日水曜日午後0時半~4時半
  • 内容 奈良漆器
  • とき 10月29日日曜日・31日火曜日、11月1日水曜日・2日木曜日午後0時半~4時半
  • 内容 奈良団扇
  • とき 10月29日日曜日午後0時半~4時半

制作体験(日時変更の場合あり)

内容(所要時間)

  • ・透かし楽彫り(30分)
    木製コースター等の制作
    〈申込不要〉
    • とき 10月28日土曜日・31日火曜日~11月2日木曜日・4日土曜日・5日日曜日午前10時半~午後4時半
    • 費用 500円~
  • 一刀彫(30分)
    鹿根付けやブローチの絵付け体験
    〈申込不要〉
    • とき 10月30日月曜日 午後0時半~4時半
    • 費用 1,500円
  • 奈良筆(20分)
    穂先をフノリで固め成形する
    〈申込不要〉
    • とき 11月 3日金曜日・4日土曜日午後0時半~4時半
    • 費用 1,000円~
  • 一刀彫(6時間)
    来年の干支「戌」づくり
    • とき 10月28日土曜日・11月1日水曜日・5日日曜日午前10時~午後4時
    • 費用 2,500円
    • 定員 各30人
  • 秋篠手織(1時間)
    木綿のテーブルセンターづくり
    • とき 10月29日日曜日~31日火曜日、11月2日木曜日~4日土曜日
      1. 午前10時~11時
      2. 午前11時~正午
      3. 午後1時半~2時半
      4. 午後2時半~3時半
    • 費用 1,000円
    • 定員 各5人
  • 奈良晒(1時間)
    • とき 11月3日金曜日
      1. 午前10時~11時
      2. 午前11時~正午
      3. 午後1時半~2時半
      4. 午後2時半~3時半
    • 費用 1,000円~ 各5人
  • 麻のテーブルセンターづくり
  • とんぼ玉(1時間)
    とんぼ玉づくり
    • とき 11月3日金曜日
      1. 午前10時半~11時半
      2. 正午~午後1時
      3. 午後1時半~2時半
      4. 午後3時~4時
    • 費用 2,500円~
    • 定員 各4人
  • 古楽面(2時間半)
    白毫寺閻魔王の彩色
    • とき 11月4日土曜日
      1. 午前10時~午後0時半
      2. 午後1時半~4時
    • 費用 2,500円
    • 定員 各15人
  • 木工(5時間)
    組子を使った小箱
    • とき 11月2日木曜日午前10時~午後3時
    • 費用 3,000円
    • 定員 10人
  • 陶芸(2時間)
    粘土1キログラムで湯呑や茶碗等自由制作
    • とき 10月29日日曜日
      1. 午前10時~正午
      2. 午後1時半~3時半
    • 費用 2,500円
    • 定員 小学生は2,000円 各10人
  • 竹細工(2時間)
    (A)茶杓づくり(B)箸づくり
    • とき 10月30日月曜日(A)午前10時~正午(B)午後1時半~3時半
    • 費用 (A)1,500円 (B)700円
    • 定員 各10人

奈良団扇(2時間)

  • とき 10月31日火曜日
    1. 午前10時~正午
    2. 午後1時半~3時半
  • 費用 1,620円
  • 定員 各20人

申込 往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号、制作体験名(竹細工は(A)(B)の別)、希望日時(第1~3希望まで)を書いて、10月12日必着で同館へ。1枚に1教室限り。多い場合は抽選
問合せ 同館 電話番号0742-27-0033(郵便番号630-8346 阿字万字町1-1)

オータム・アミーゴ・フィエスタ2017

とき 11月3日祝日 午前11時~午後3時。雨天決行
ところ 総合福祉センター(左京五丁目)。入場自由
内容 バサラ「チーム八重櫻」、朱雀保育園の園児のステージ、「山城ノ国和太鼓鼓粋」、総合福祉センター「コーラスdeアミーゴ」、マジックショー「花吹雪紫音」、ドラムセッション「田辺響」、平城高校吹奏室内楽部のステージ、模擬店「アミーゴ・マルシェ」、フェイスペインティング、バルーンアート等
その他 障がい者用の駐車場あり。公共交通機関を利用してください。近鉄高の原駅より無料送迎あり(予定)
問合せ 総合福祉センター 電話番号0742-71-0770 ファックス番号0742-71-0773

平成30年度 市立幼稚園・こども園(1号認定)の園児を募集します

  • 対象 教育標準時間認定(1号認定)希望者で、以下の(1)(2)の条件をともに満たす子ども(1)1年保育児:平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれ、2年保育児:平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれ、3年保育児:平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ(2)市に保護者(=親権者)とその子どもが在住していること※3年保育児はこども園のみ
  • 移行予定 平成30年度から:若草保育園⇒(仮称)若草こども園、東登美ヶ丘幼稚園⇒(仮称)
    東登美ヶ丘こども園、平城幼稚園⇒(仮称)平城こども園、朱雀保育園・朱雀幼稚園⇒(仮称)朱雀こども園 平成32年度から:鶴舞こども園⇒民間移管予定
  • 願書配布 平成29年10月16日月曜日以降(土曜日・日曜日除く)午後1時~4時(こども園は各園の閉園時間まで)に各園で配布。願書は希望する園で受け取ってください
  • 申込 願書、市内在住を証明する住民票(保護者と児童が記載された、発行3か月以内のもの)等を受付期間中に希望する園へ提出。多い場合は抽選
  • 受付期間 10月23日月曜日~27日金曜日午後1時~4時(こども園は各園の閉園時間まで)
  • 利用者負担額(保育料) 保護者の市民税所得割課税額を基に区分して決定
  • 一時預かり(有料) 午前9時~午後2時の前後や夏休み等の長期休業期間に、在園児を受け入れます
    • 幼稚園 大宮、伏見、富雄北、六条、富雄第三、大安寺西、大安寺、西大寺北、登美ヶ丘、明治(平日:午後2時~5時。長期休業期間:午前9時~午後5時)
    • こども園 富雄南、左京、都跡、青和、月ヶ瀬、都祁、帯解、布目、柳生、高円、神功、鶴舞、(仮称)若草、(仮称)東登美ヶ丘、(仮称)平城、(仮称)朱雀(平日:午前7時半~9時、午後2時~午後6時半。長期休業期間:午前7時半~午後6時半※鶴舞こども園の一時預かりは午後2時~閉園時間)

平成30年4月の保育所・こども園(2・3号認定)利用申込みについて

※くわしくは、しみんだより11月号に掲載予定
問合せ 利用申込や利用者負担額について:保育所・幼稚園課(電話番号0742-34-5086)、再編計画やこども園への移行について:子ども政策課(電話番号0742-34-4792)、一時預かりや園の保育内容について:こども園推進課(電話番号0742-34-5493)

市立こども園・保育所・幼稚園の保育補助者を募集

保育士証、幼稚園教諭免許状を持っていない人も市立こども園・保育所・幼稚園で働けるようになりました

  • 勤務時間
    1. フルタイム(時差勤務あり)
    2. パート勤務
  • 給与
    1. 日給制
    2. 時給制
  • 交通費 自宅からの通勤距離最短2キロメートルから支給。徒歩通勤は除く
  • 申込 随時登録を受付、面接後に採用決定。履歴書、その他必要な書類あり

市立こども園・保育所の早朝・最終パートタイム職員の時間単価が上がりました

  • 対象者
    1. 午前7時~午後7時半までの間に勤務を開始する
    2. 午後6時半~7時までの間に勤務を終了する人
  • 給与 時給制
  • 交通費 自宅からの通勤距離最短2キロメートルから支給。徒歩通勤は除く
  • 申込 随時登録を受付、面接後に採用決定。履歴書、保育士証か幼稚園教諭免許状の写し

保育士の現場復帰を促進する研修会

  • とき 11月8日水曜日午前9時半
  • ところ 市立大宮保育園(三条大宮町)
  • 定員 
    1. 保育士の資格を持っているが現在保育士の職についていない人
    2. 無資格ではあるが保育士の仕事に興味のある人 計30人
  • 申込 電話かファックスに講座名、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、11月1日までにこども園推進課へ

問合せ こども園推進課(電話番号0742-34-5493 ファックス番号0742-34-4752)

しみんだより平成29年10月号 一覧へ戻る