ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年8月号(テキスト版)8~9ページ お知らせ2

本文

奈良しみんだより平成29年8月号(テキスト版)8~9ページ お知らせ2

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

保育教育士募集!

奈良市のこども園・幼稚園・保育園で働きませんか?

今年度から「臨時保育教育士」の待遇を改善しました

  • 臨時保育教育士
    初任給176,000円~(職務経験により加算あり)
  • 幼児クラスの一人担任
    初任給216,000円~(職務経験により加算あり)
  • 昇級有り
  • 通勤手当 自宅からの通勤距離が最短で2キロメート以上の場合支給(上限有り)
  • 各種保険 健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
  • 有給休暇 就業初日より付与
    問合せ こども園推進課(市役所中央棟3階 電話番号0742-34-5493)

改善ポイント
市外での経験年数も職歴加算!
1年ごとの昇給額の増額!
賃金を8,000円UP!

就職フェア(あいづ・こだま・新大宮駅前および西ノ京みどりの園・西の京さくらおよび公立園)

  • とき 8月22日㈫午前10時~午後4時半
  • ところ イトーヨーカドー奈良店4階中央広場前(二条大路南一丁目)
  • 持物 勤務を希望する場合は履歴書および保育士証・幼稚園教諭免許状の写し
  • その他 午後2時~4時は現場で使える紙パックのおもちゃ作り体験(パクパク人形)もあります

保育のリアルな現場が分かる!PR 動画公開中

保育教育士という仕事のやりがい、魅力、職場の雰囲気を知ってもらうため、PR動画を作成しました。奈良市役所公式Youtubeチャンネル(「奈良市動画 保育教育士」で検索)からぜひご覧ください

「ブランクがあっても大丈夫?」「職歴はどのように計算されるの?」等、ご相談・ご質問は、
奈良市こども園推進課で随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください!

仕事や滞納等で経済的にお困りの人へ~自立に向けてサポートします~

次のようなことで困っていませんか?

相談無料 秘密厳守

  • 仕事のこと
    • 仕事が続かない
    • 就職活動は何から始めれば良いかわからない
  • お金のこと
    • 家計の状況で悩んでいる
    • 家賃や電気・ガスなどの公共料金を滞納している
  • 生活・健康のこと
    • 家庭のことで相談したい
    • ひきこもりの家族のことが心配
    • 病気で働けなくなった

そんな時は一人で悩まずに、
くらしとしごとサポートセンターへ市役所中央棟2階くらしと仕事支援室
Eメール:kurashi-support@city.nara.lg.jp
電話番号 0120-372-310
受付時間 月曜日~金曜日 午前8時半~午後5時15分(土曜日・日曜日、祝日、年末年始は休み)
(市役所中央棟2階くらしと仕事支援室 Eメール:kurashi-support@city.nara.lg.jp

高額療養費の自己負担限度額の一部変更

平成29年8月診療分から
後期高齢者医療制度加入者または70歳以上の国保加入者で課税世帯の人の高額医療費の自己負担限度額は変更ありません
非課税世帯の人と、70歳未満の国保加入者の自己負担限度額は変更ありません

自己負担限度額(同一月・医療機関等での窓口支払い)

区分 現役並み所得者
負担割合 3割
外来(個人単位) 44,400円→57,600円
外来+入院(世帯単位) 80,100円総医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%を加算。年4回目以降(*1)は44,400円

区分 一般
負担割合 1割または2割(*2)
外来(個人単位) 12,000円→14,000円(*3)
外来+入院(世帯単位) 44,400円→57,600円 年4回目以降(*1)は44,400円
(*1)診療年月を含む過去12か月間に、同一世帯で高額療養費の支給が4回以上ある場合。ただし、外来(個人単位)の支給は、回数に数えません
(*2)国保被保険者で昭和19年4月2日以降に生まれた人は2割負担
(*3)平成29年8月~平成30年7月受診分の、年間の自己負担限度額は144,000円
問合せ 国保加入者:国保年金課(電話番号:0742-34-4736)、後期加入者:福祉医療課(電話番号:0742-34-4754)

国民年金のお知らせ

7月1日から、平成29年度保健料の申請免除・納付猶予の受付を開始しています

国民年金第1号被保険者(自営業者、農林漁業者、学生等。以下、第1号)の人は、毎月16,490円の保険料を納めなければなりません。保険料を納めないままでいると、病気やけがで障がい者になったときや亡くなったときに遺族が受け取る障害基礎年金・遺族基礎年金の資格、65歳になってからの老齢基礎年金の資格が得られない場合があります

経済的な事情等で納付が難しい人には、免除・納付猶予制度があります(所得が一定額以下の場合)

  • 申請免除の種類 全額免除(0円)、4分の3免除(4,120円)、半額免除(8,250円)、4分の1免除(12,370円)
    ※全額免除以外は上記の保険料を納めなければ、その期間は未納となります
  • 納付猶予 平成28年7月から、50歳未満まで拡大
    ※平成28年6月までは30歳未満の第1号が対象。ただし、平成30年6月までに50歳を迎える人は、50歳到達
     月の前月まで
  • 申請期間 平成29年7月~平成30年6月
  • 受付場所 国民年金係室(市役所北棟2階)、各出張所・行政センター
  • 持物 年金手帳(無い場合は、運転免許証等の身分証明ができるもの)、印鑑、「雇用保険受給資格者証」か「雇用保
    険被保険者離職票」の写し(平成28年1月以降の離職日に限る)
  • 審査・承認 申請者・配偶者・世帯主(納付猶予申請の場合は除く)の平成28年中の所得をもとに審査し、おおむね2~3か月後に日本年金機構から郵送で送付されます

日本年金機構からのお知らせ

 老齢年金を受け取るために必要な保険料の納付期間が、「25年」から「10年」に短縮されました。新たに年金がも
らえる人には、日本年金機構より「短縮」と記載した黄色の封筒を順次お届けしています。届いたら、「ねんきんダイ
ヤル(電話番号:0570-05-1165)」で予約し、できるだけ早めに請求手続きをしてください
問合せ 奈良年金事務所(電話番号:0742-35-1370)、日本年金機構ホームページ<外部リンク>

しみんだより平成29年8月号 一覧へ戻る