ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年8月号(テキスト版)22~24ページ 健康

本文

奈良しみんだより平成29年8月号(テキスト版)22~24ページ 健康

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

はぐくみセンター(三条本町13-1)
中央保健センター(健康増進課)電話番号0742-34-5129
月ヶ瀬行政センター(月ヶ瀬尾山)電話番号0743-92-0480
都祁保健センター(都祁白石町)電話番号0743-82-0341
市立奈良病院(東紀寺町一丁目)電話番号0742-24-1251
※中央保健センターははぐくみセンターにあります。

乳幼児健康診査を受診できない時は、必ず健康増進課へ連絡を。連絡がない場合は電話・訪問します【問合せ】健康増進課

乳幼児の健診

持物 問診票、母子健康手帳。問診票は8月中旬に送付しますが、8月1日以降の転入者等で届かない人は当日直接会場へ(4か月・10か月児健診は健康増進課へ連絡)
問合せ 健康増進課

4か月児健診
平成29年5月生まれの子

  • とき 満4か月になった日から1か月以内に受診してください
  • ところ 市内指定医療機関

10か月児健診
平成28年11月生まれの子

  • とき 満10か月になった日から1か月以内に受診してください
  • ところ 市内指定医療機関

1歳7か月児健診
平成28年1月生まれの子

  • とき 9/7・14・21・28の木曜日 受付は13時15分〜14時15分 番号札は12時45分から配布
  • ところ 中央保健センター

3歳6か月児健診
平成26年2月生まれの子

  • とき 9/5・12・19・26の火曜日 受付は13時15分〜14時15分 番号札は12時45分から配布
  • ところ 中央保健センター

乳幼児のための各種教室

5か月児ぱくぱく教室(離乳食)

  • 対象 平成29年4月生まれの子(第1子)と保護者
  • とき 9月6日(水曜日)・20日(水曜日)午前10時〜11時半
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 栄養士による離乳食の話、保健師による子育ての話
  • 持物 母子健康手帳、4か月児健診の問診票に同封の離乳食リーフレット等
  • 定員 各日40人

1歳0か月児歯ぴか教室(むし歯予防)

  • 対象 平成28年9月生まれの子(第1子)と保護者
  • とき 9月5日(火曜日)・19日(火曜日)午前10時~11時
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 生え始めた歯の手入れの話、実習
  • 持物 母子健康手帳、口ふきガーゼ
  • 定員 各日30人

申込 電話かFaxに教室名、住所、子どもの氏名・生年月日、保護者氏名、電話番号、希望日を書いて、健康増進課へ。多い場合は別の日で受付

妊産婦・乳幼児健康相談

妊娠中の生活、母乳育児、乳幼児の発達・発育等を相談できます ※申込不要。母子健康手帳を持参

保健師による巡回相談

  • とき・ところ
    • 8月(5日以前は7月号に掲載)
    • 7日(月曜日) 伏見公民館あやめ池分館
    • 8日(火曜日) 若草公民館
    • 9日(水曜日) 京西公民館平松分館
    • 16日(水曜日) 平城西公民館
    • 22日(火曜日) 平城公民館
    • 24日(木曜日) 富雄南公民館
    • 9月5日(火曜日) 登美ヶ丘公民館
  • 時間 午前9時半〜11時半
    ※平日の午前8時半〜午後5時15分に健康増進課での電話・来所相談もあり

助産師による相談

  • 〈西部会館2階相談室(来所相談)〉
    とき 平日の午前10時〜午後2時(午後1時半まで受付)
    ※保健師の場合もあります
  • 〈健康増進課(電話・来所相談)〉
    とき 平日の午前9時〜午後3時

問合せ 健康増進課

むし歯予防のためのフッ化物塗布

  • 対象 平成27年9月生まれの子(2歳4か月の実施月まで受けられます)
  • とき 9月15日(金曜日)午前9時半〜11時半
  • ところ 中央保健センター
  • 内容 歯科健診、フッ化物塗布、歯みがき指導
  • 持物 母子健康手帳、歯ブラシ、タオル
  • 申込 電話、市ホームページの電子申請かFaxに事業名、子どもの氏名・生年月日、電話番号を書いて、8月25日までに健康増進課へ

8月の個別通知対象者(7月下旬に発送しています)

  • 予診票綴り:平成29年6月生まれ
    ※予診票綴り、母子健康手帳と健康保険証等を持参すれば接種できます。転入等で予診票綴りがない場合は保健予防課へ
  • 日本脳炎第2期:平成20年6月生まれ※案内はがきを送付しています。母子健康手帳と健康保険証等を持参すれば接種できます

問合せ 保健予防課

結核住民検診

  • とき 8月19日(土曜日)午前9時半~10時半
  • ところ 市総合医療検査センター(柏木町)
  • 内容 胸部【10】線検査
  • 定員 65歳以上の人15人
  • 申込 電話で8月1日~18日までに保健予防課へ

糖尿病相談窓口

  • とき 8月7日(月曜日)・14日(月曜日)・21日(月曜日)・28日(月曜日)(1)午後1時半(2)午後3時(1人約60分)
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 管理栄養士等が相談を受け、生活指導を実施(医師の診察はありません)
  • 持物 健診結果がある場合は持参
  • 申込 電話で健康増進課へ

20日ならウォークイベント

ウォーキングサマーフェスティバル~みんなで体を動かそう~ 奈良市ポイント50ポイント

  • とき 8月20日(日曜日)午前9時半~午後0時半
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 ウォーキング教室、ストレッチ講座、チアダンス、フラダンス、ラフターヨガ、3B体操、太極拳等
  • 持物 動きやすい服装・靴、水分補給できるもの
  • 申込 電話、市ホームページの電子申請かはがき(62円)、Faxに、事業名、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を書いて、8月17日までに健康増進課へ

各種検診登録医療機関の変更

肝炎ウイルス検診
追加 登美ヶ丘クリニック(登美ケ丘4-3 電話番号:0742・41・6556)
問合せ 健康増進課

25日は「学ぼう!にこにこ奈良ごはん」 50P ポ

あなたは足りてる?たっぷり野菜でバランスアップ!

  • とき 8月25日(金曜日)午前9時半〜11時半(体重等測定希望の場合は9時から)
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 生活習慣病と食生活の関係についての話、大和の食材を使ったメニュー紹介。筋トレ、ストレッチ等の実技あり
  • 持物 動きやすい服装、水分補給できるもの
  • 問合せ 健康増進課

肺がん低線量CT検診を開始しました

  • 対象 50歳・60歳(昭和42年4月1日~昭和43年3月31日生まれ、昭和32年4月1日~昭和33年3月31日生まれ)の人※疾患で治療中の人等、対象外の場合あり
  • 内容 胸部低線量CT撮影
  • 受診方法 事前に電話かFaxで健康増進課に申込を行い市内登録医療機関に予約し受診
  • 費用 6千円(今年度に市胃がん内視鏡検診を受診した場合は5千円)
  • 申込 健康増進課

健康づくり教室「更年期をのりきるヒント」

  • とき 9月12日(火曜日)午前9時半~10時50分(ヨガ体験あり)
  • ところ 市総合医療検査センター(メディカルなら)
  • 講師 同センター保健師
  • 定員 20人
  • 費用 615円
  • 申込 はがき(62円)かFaxに、教室テーマ、住所、参加者氏名(ふりがな)、年齢、電話・Fax番号を書いて、8月30日必着で同センター(〒630-8031柏木町519番地の5 電話番号0742・33・7876 0742・33・5800)へ。多い場合は抽選

40歳からのママ育サロン

健康運動指導士による「赤ちゃんと一緒に体を動かそう!」

  • とき 8月25日(金曜日)午前10時~11時半
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 保健師、健康運動指導士からの講話と実技。母親同士の交流・個別相談
  • 対象 40歳以上の初妊産婦(初産婦については子が1歳未満)
  • 持物 母子健康手帳、赤ちゃんに必要な物
  • 申込 電話かFaxに事業名、氏名、生年月日、電話番号、妊婦は出産予定日を書いて、8月18日までに健康増進課へ

食育コラム

健康増進課では、子どもの成長の節目の時期に乳幼児健康診査を実施しています。3歳6か月児健診の受診結果を見ると、近年は子どもの肥満の割合が徐々に増加しています。そこで、健診の問診票をもとに肥満の原因となる生活習慣や食習慣の調査を行いました。
結果として、「朝7時までに起きていない」「おやつの時間が決まっていない」子どもは肥満になりやすい傾向があることが分かりました。
夏休みは生活が乱れがちですが、「早寝・早起き・朝ごはん」で生活リズムを整えましょう。ぜひこの機会に親子で生活を振り返ってみませんか?(同課 管理栄養士)

がん検診(9月)

*申込は電話、Fax、市ホームページの電子申請で健康増進課へ
*受付期間 8月1日〜18日(電子申請は10日まで)
*生活保護世帯・市民税非課税世帯の人は無料。申込時に申し出を

胃・肺セットがん検診

とき・ところ・受付時間・定員

  • 1日(金曜日) 防災センター 午前9時15分〜午前10時15分 27人
  • 4日(月曜日) 北部出張所 午前9時15分〜午前10時15分 27人
  • 5日(火曜日) 登美ヶ丘公民館 午前9時30分〜午前10時30分 24人
  • 13日(水曜日) はぐくみセンター 午前8時45分〜午前9時45分 33人
  • 14日(木曜日) コープおしくま 午前9時15分〜午前10時15分 27人
  • 19日(火曜日) はぐくみセンター 午前8時45分〜午前9時45分 33人
  • 20日(水曜日) 市役所 午前9時00分〜午前10時00分 30人
  • 22日(金曜日) 富雄南公民館 午前9時15分〜午前10時15分 27人
  • 25日(月曜日) はぐくみセンター 午前8時45分〜午前9時45分 33人
  • 29日(金曜日) 西部図書館 午前9時45分〜午前10時45分 21人

費用 1,500円(胃のみ1,000円、肺のみ500円)。肺がん検診の問診の結果、喀痰検査実施の場合は600円の加算(別途送付費用が必要な場合あり)

肺がん検診

とき・ところ・受付時間・定員
1日(金曜日) はぐくみセンター 午後2時00分〜午後3時00分 60人

  • 費用 500円。問診の結果、喀痰検査実施の場合は600円の加算(別途送付費用が必要な場合あり)
  • 対象 40歳以上の人。ただし、妊娠中、胃・肺・腸等の病気で現在治療中か過去に手術を受けた人(くわしくは健康増進課へ問合せ)、バリウムによる過敏症や誤えんをしたことがある人(肺がん検診は可)、前年度に奈良市胃がん内視鏡検診を受診した人(肺がん検診は可)は除く
  • その他 授乳中の人は申込時に申出を。検診は年度中1回限り
  • 問合せ 健康増進課

40・45・50歳の人は、胃がんリスク検診(ABC検診)でピロリ菌の有無と、胃の委縮度を調べましょう【申込】健康増進課

成人用23価肺炎球菌の予防接種は、過去に1回でも受けた人は対象外となります。くわしくは保健予防課へ

日本脳炎予防接種開始(平成26年8月生まれ)

第1期(初回接種2回、追加接種1回)を受けましょう!(予診票綴りを確認してください)

  • 接種対象期間 3歳~7歳6か月になる前日まで
  • 接種方法 標準的には初回接種は1~4週間の間隔をあけて行い、追加接種は2回目から1年後に行います
  • 申込 市ホームページに掲載している予防接種登録医療機関に予約のうえ、接種当日に予診票綴り、母子健康手帳と健康保険証等の身分証明書を忘れず持参してください。接種当日、市に住民登録がない人は受けられません※黒の消えないボールペンで予診票を記入
  • 問合せ 保健予防課

障害児歯科検診

  • とき 8月27日(日曜日)午前9時15分~正午
  • ところ みどりの家歯科診療所(左京五丁目・総合福祉センター内)
  • 対象 障害児
  • 持物 歯ブラシ、歯科手帳(再診のみ)、タオル
  • 申込 電話で8月1日~10日までに障がい福祉課(電話番号:0742・34・4593)へ

つながってげんき!すっきりボディ講座

食事ですっきりボディ

  • とき 9月7日(木曜日)午前9時半~11時半
  • ところ 都祁保健センター
  • 定員 30人
  • 持物 動きやすい服装・室内運動靴、水分補給できるもの、筆記用具
  • 申込 電話で8月31日までに同センター(電話番号:0743・82・0341)へ。多い場合は抽選し漏れた人のみ連絡

「奈良市歯と口腔の健康づくり推進条例」を制定

 歯と口腔の健康は、口腔疾患の予防だけでなく、生涯にわたって全身の健康を保持・増進させる重要なものです。
 市では、みなさんの歯と口腔の健康づくりのために基本理念を定め、関連する施策を総合的かつ計画的に推進し、市民の健康保持・増進に貢献することを目的とした条例を制定しました。
 この条例の制定を機に、歯と口腔の健康づくりに取り組みましょう

よく噛める
豊かな表情
踏ん張れる(スポーツ・運動を楽しめる)
生活習慣病予防
会話が楽しめる
歯周病予防
むし歯予防
寝たきり予防
歯と口腔の健康 生活の質の向上プラス健康寿命の延伸

問合せ 健康増進課

奈良市が行う定期予防接種の標準スケジュール(参考)平成29年度版


ヒブ感染症

  • 種類 不活化
  • 市の標準的な接種年齢 乳幼児期:(1)2か月、(2)3か月、(3)4か月、幼児期:(4)1歳~1歳半
  • 定期接種の接種可能な期間 乳幼児期:2か月~11か月、幼児期:1歳~4歳
    ※接種開始時期によって接種回数が異なります。くわしくはお問い合わせください

小児肺炎球菌感染症

  • 種類 不活化
  • 市の標準的な接種年齢 乳幼児期:((1)2か月、(2)3か月、(3)4か月、幼児期:(4)1歳~1歳半
  • 定期接種の接種可能な期間 乳幼児期:2か月~11か月、幼児期:1歳~4歳
    ※接種開始時期によって接種回数が異なります。くわしくはお問い合わせください

B型肝炎

  • 種類 不活化
  • 市の標準的な接種年齢 乳幼児期:(1)2か月、(2)3か月、(3)7・8か月
  • 定期接種の接種可能な期間 乳幼児期:2か月~11か月
    1歳の誕生日の前日までに

BCG

  • 種類 生
  • 市の標準的な接種年齢 乳幼児期:(1)5~8か月
  • 定期接種の接種可能な期間 乳幼児期:3か月~11か月
    1歳の誕生日の前日までに

ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ第1期(DPT-IPV)四種混合

  • 種類 不活化
  • 市の標準的な接種年齢 乳幼児期:(1)3か月※4種混合は生後3か月になったら受けましょう、(2)4か月、(3)5か月、幼児期:(4)1歳~1歳半
  • 定期接種の接種可能な期間 乳幼児期:3か月~11か月、幼児期:1歳~5歳、学童期:6歳~7歳6か月に至るまで

ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ 第2期(DT)二種混合

  • 種類 不活化
  • 市の標準的な接種年齢 学童期:11歳~13歳未満※平成17年4月2日~平成18年4月1日生

麻しん風しん(MR)

  • 種類 生
  • 市の標準的な接種年齢 幼児期:(1)1歳~1歳半、学童期:(2)6歳※平成23年4月2日~平成24年4月1日生

水痘生

  • 種類 生
  • 市の標準的な接種年齢 幼児期:(1)1歳~1歳半、(2)2歳

日本脳炎(※)

  • 種類 不活化
  • 市の標準的な接種年齢 幼児期:(1)(2)3歳※第1期:標準的接種年齢は3歳~、(3)4歳、学童期:(4)9歳~13歳未満※9歳~13歳未満第2期:標準的接種年齢は小学4年生
  • 定期接種の接種可能な期間 乳幼児期:6か月~11か月、幼児期:1歳~5歳、学童期:6歳~7歳6か月に至るまで、9歳~13歳未満

ヒトパピローマウィルス

  • 種類 不活化
  • ※平成25年6月14日付で積極的な接種勧奨を差し控えています
  • 市の標準的な接種年齢 (1)(2)(3)10歳以上※小6~高1相当の女子。標準的接種年齢は中学1年生

※日本脳炎予防接種の経過措置対象者 (1)平成7年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれで、合計4回の接種を完了していない人は、特例措置として20歳の誕生日前日まで無料接種できます(2)平成19年4月2日生まれ~平成21年4月1日生まれで、9歳以上13歳未満の間に第2期を接種。また、第1期不足分がある場合は、この時期に接種することができます

  • 生ワクチンは27日以上、不活化ワクチンは6日以上あければ他の予防接種が可能です。ただし、同じ種類のワクチンを接種する場合は、それぞれのワクチンに定められた接種間隔を守ってください
  • 日本脳炎ワクチンが全国的に不足しています。定期予防接種は公費負担で接種できる期間が決まっているため、母子健康手帳を確認し、早めに接種しましょう
  • 市の公費対象に基づいて作成しているため、実際のスケジュールと異なる場合があります。個々のスケジュール等については、かかりつけ医か保健予防課へ
  • 外出や活動機会が増える前に夏休み等の長期休暇を利用し、予防接種を受けましょう

問合せ 保健予防課

しみんだより平成29年8月号 一覧へ戻る