ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年5月号(テキスト版)10~16ページ お知らせ2

本文

奈良しみんだより平成29年5月号(テキスト版)10~16ページ お知らせ2

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市民のうごき(4月1日現在)
総人口:359,666人 (男169,045人 女190,621人)
世帯:160,242世帯

5月15日~31日は軽自動車税(全期分)の納期です。納税は便利な口座振替(銀行窓口で手軽にできます)を利用してください

市長選挙・市議会議員選挙立候補予定者への説明会

立候補予定者への説明会

  • とき 5月16日(火曜日)午後1時半
  • ところ 市役所中央棟6階正庁
  • 内容 7月9日(日曜日)投票予定の、市長選挙・市議会議員選挙の立候補予定者に対する説明会。立候補届出に必要な書類を配布
  • 対象 立候補を予定している人か、代理の人(1候補につき3人まで)
  • 問合せ 市選挙管理委員会事務局(電話番号:0742・34・3501)

水道漏水調査にご協力ください

  • とき 5月初旬~8月下旬(予定)午前8時半~午後5時(土・日曜日、祝日を除く)
  • 調査校区 鳥見、二名、富雄北、青和、三碓、富雄第三、富雄南、登美ヶ丘、東登美ヶ丘、鶴舞、あやめ池、平城、平城西、西大寺北、伏見、伏見南、神功の各小学校区
  • 内容 道路に埋設した水道管の漏水を探知するため、各家庭のメータに音聴棒をあてて調査。市企業局漏水調査業務委託の腕章をつけた調査員が訪問します
  • 問合せ 企業局漏水対策室(電話番号:0742・34・5200(企業局代表))

ごみ収集時間について

  • ごみの搬出は当日午前7時半まで
    収集場所付近での緊急工事や、その日のごみの量によって、収集時間が早くなることや、遅くなることがあります
  • 45リットル以下の透明・半透明の排出袋に入れて出してください
    クリーニングの袋は破れやすく、ゴミが飛び散ることがあるので、ごみ袋として使用しないでください
    ※5月3日(祝日)・4日(祝日)・5日(祝日)も通常どおり、ごみ収集を行います

5月の燃やせないごみの収集日・収集区域

区域 A・F B・E、燃やせるごみ 月曜日・木曜日の地域、燃やせないごみ 3日・17日・31日の水曜日

区域 C・H D・G、燃やせるごみ 火曜日・金曜日の地域、燃やせないごみ 10日・24日の水曜日
※A~Dは市の収集区域、E~Hは市清美公社の区域です。一部地域ではごみ収集の曜日が異なりますのでホームページ等で確認してください
問合せ 収集課(電話番号:0742・71・3012)、市清美公社(電話番号:0742・33・8782)

安全・安心 住まいの相談

  • とき 毎月第2木曜日(1)午前9時~正午(2)午後1時~4時。1組40分程度(要電話予約)
  • ところ 市民相談窓口
  • 内容 住宅の耐震・リフォーム・増築等について建築士が相談に応じます(敷地の境界、リフォームの工事代金について等、民事に関することは相談できません)
  • 申込 電話で建築指導課(電話番号:0742・34・4750)へ

あなたの家は大丈夫?耐震診断・耐震改修の補助金

対象 昭和56年5月31日以前に建築された住宅、建築物(昭和56年6月1日以降に増築した住宅、建築物は除く)
※診断・改修の前に申請してください

  • 無料耐震診断※木造住宅(専用か併用の一戸建て住宅)
    耐震診断員を派遣し、一般耐震診断を行う
  • 耐震改修工事補助※木造住宅(専用か併用の一戸建て住宅)
    上部構造評点を1.0以上とするために施工する耐震改修工事に要した費用に3分の1を乗じて得た額(千円未満切り捨て)。限度額は50万円
  • 耐震診断補助
    • 住宅(専用住宅か併用住宅の一戸建て住宅)
      耐震診断に要した費用に3分の2を乗じて得た額(千円未満切り捨て)。限度額は8万6千円。ただし、木造は精密診断法に限る
    • 長屋住宅・共同住宅
      耐震診断に要した費用に3分の2を乗じて得た額(千円未満切り捨て)。限度額は133万3千円。ただし、木造は精密診断法に限る 木造長屋住宅か木造共同住宅のみ一般診断法で行う場合、耐震診断に要した費用に3分の2を乗じて得た額。限度額は一戸につき3万円
    • 特定既存耐震不適格建築物(学校、病院等多くの人が利用する一定規模以上の建築物)
    • 耐震診断に要した費用に3分の2を乗じて得た額(千円未満切り捨て)。限度額は133万3千円。ただし、木造は精密診断法に限る
      ※受付開始時期等については建築指導課へ問い合わせてください
      問合せ 同課(電話番号:0742・34・4750)

吹付けアスベスト等分析調査の補助金

アスベスト等による被害の未然防止・早急な除去等を図るための、分析調査に対して補助します。受付開始時期・募集件数等については、建築指導課へ問い合わせてください※分析調査の前に申請してください

  • 対象 吹付けアスベスト等が施工されている可能性のある、市内の民間建築物
  • 問合せ 同課(電話番号:0742・34・4750)

奈良町にぎわい課からのお知らせ

新奈良町にぎわい構想を策定

今年2月、新奈良町にぎわい構想を策定しました。くわしくは、奈良町にぎわい課、総務課で閲覧可能。市ホームページにも掲載

本年度の奈良町の建造物の修理修 景補助金について

※条件あり。申込前に要相談

  1. 歴史的風致形成建造物保存整備事 業補助金(追加募集)
    • 対象 奈良町及び奈良公園地区重点区域に所在する歴史的風致形成建造物(おおむね昭和中期以前に建設されたもの)のうち、奈良町都市景観形成地区内に所在するもの
    • 対象となる事業 外観の修理事業
    • 補助費用 道路に面した外観の修理に要する費用の10分の8以内の額(上限1千万円)
  2. 都市景観形成地区建造物保存整備費補助金
    • 対象 奈良町都市景観形成地区に所在するか、地区内で新築する建造物(歴史的風致形成建造物を除く)
    • 対象となる事業 修景基準に基づき改修、新築等により外観を整備する事業
    • 補助費用 道路に面した外観の修景に要する費用の10分の5以内の額(上限800万円)
  • 申込 事前相談の上、必要書類を作成し、6月30日までに奈良町にぎわい課へ持参か送付※募集期間終了後、審査のうえ補助対象候補を選定し、補助金交付申請の受付を行います。くわしくはホームページに掲載
  • 問合せ 同課(電話番号:0742・24・8936)

ごみ減量・リサイクルキャンペーン環境フェスティバル

  • とき 6月4日(日曜日)午前10時~午後1時(開門は午前9時半。交通の事情等により開門時間の変更あり)※雨天中止(当日開催の問合せは電話番号:0180・991・977へ。午前8時から)
  • ところ 環境清美センター(左京五丁目)
  • 内容 民間団体による3アールへの取り組みの紹介、せん定チップ配布、衛生浄化センター肥料「畑楽」抽選配布、大阪湾フェニックスセンター事業紹介、小型家電リサイクル広報コーナー、環境清美工場施設見学会、リサイクルフリーマーケット、リサイクル機関車100年号運行等
  • 問合せ 廃棄物対策課(電話番号:0742・71・3001)
  • 靴・鞄・ぬいぐるみの回収・交換 ペアで揃った靴・鞄・ぬいぐるみの交換コーナーを設けます。持ち込みのみ、持ち帰りのみも可
    問合せ 奈良エコライフ研究会の倉本さん(電話番号:090・7097・6604)
  • もったいない陶器市(同時開催)
    問合せ 環境政策課(電話番号:0742・34・4591)
  • リサイクルフリーマーケット
    参加者募集
    • 募集数 自治会・子供会・PTA等の市民団体や、友人・知人等の有志・グループ50団体程度
    • 出店商品 家庭内で眠っている不用品等
      1. 衣類、雑貨類(日用雑貨、装飾品等)
      2. 子ども服、おもちゃ類
      3. 手芸品(リフォーム商品や廃材を利用したもの等)※飲食物、石鹸等肌に触れるもの、生物、コピー商品、違法商品、くじびき等は出店不可
    • 申込 往復はがきかEメールに、代表者の住所・氏名・電話番号、参加人数・出店商品の内容を書いて、5月12日必着で廃棄物対策課(〒631-0801左京五丁目2 電話番号:0742・71・3001 ファックス番号:0742・71・1621 Eメール:haikibutsutaisaku@city.nara.lg.jp)へ。1組1通限り、代表者は市内在住者に限る。同一住所での複数申込不可。多い場合は抽選

もったいない陶器市

家庭で不要になった陶磁器製食器を無料で回収・配布します。

  • 回収できるもの 市内の家庭で不要になった陶磁器製食器
  • 回収できないもの 市外の家庭や事業で不要になったもの、素焼きや耐熱食器(土鍋等)、ガラス・プラスチック・金属・木製の食器、ゴム底や取っ手等が付いているもの(取り外せば可)、灰皿、花瓶、置物等食器でないもの
  • 回収方法 回収日時に回収場所へ持ち込み
  • 開催日時・場所
    1. 5月3日(祝日)・コープおしくま(押熊町)
    2. 5月10日(水曜日)・イトーヨーカドー奈良店(二条大路南一丁目)
    3. 5月17日(水曜日)・はぐくみセンター(三条本町)
    4. 5月24日(水曜日)・都跡公民館(五条町)
    5. 6月4日(日曜日)・環境清美センター(左京五丁目)午前10時~午後1時(回収は午後0時半まで)
  • 問合せ 環境政策課(電話番号:0742・34・4591)

インターネット公有財産売却

市の財産をインターネットで売却します。くわしくは5月29日(月曜日)から「Yahoo!官公庁オークション」とホームページに掲載予定
問合せ 資産経営課(電話番号:0742・34・4724)

はかり(計量器)の定期検査

はかりは使用しているうちに誤差が生じる場合があります。そのため、商店や事業所等で取引や証明に使用するものは、2年に1度の定期検査(要手数料)を受けることが、計量法で義務付けられています

  • とき 5月中旬から
  • 対象 月ヶ瀬・都祁を除く地域
    問合せ 産業振興課(電話番号:0742・34・4741)

ひとり親家庭支援事業

  • ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業
    • 対象 高等学校を卒業していないひとり親家庭の親又は児童
    • 補助内容 民間事業者等が実施する高等学校卒業程度認定試験対策講座の受講費用の一部
  • ひとり親家庭等日常生活支援制度
  • 母子家庭等自立支援教育訓練給付金
  • 母子家庭等高等職業訓練促進給付金
  • 母子・父子・寡婦福祉資金貸付金
    • その他 随時相談受付。手続については子育て相談課へ問合せてください
    • 問合せ 同課(電話番号:0742・34・4804)

市では、点字版と音声版のしみんだよりを作っています。【問合せ】障がい福祉課(電話番号:0742・34・4593)

犬の登録と狂犬病予防注射は、飼い主の義務です【問合せ】生活衛生課(電話番号:0742・93・8395)

市営住宅等入居者募集

  • 募集住宅
    • 一般向
      第2号市営住宅(東之阪)1戸、第5号市営住宅(大安寺)1戸、第18号市営住宅(五条山)1戸、第1号コミュニティ住宅(JR奈良駅前)1戸
    • 子育て世帯向
      第2号市営住宅(東之阪)1戸、第5号市営住宅(大安寺)1戸、第1号コミュニティ住宅(JR奈良駅前)1戸
    • シルバーハウジング
      第9号市営住宅(紀寺)1戸
      ※申込資格については案内に掲載
  • 申込 住宅課、各出張所・行政センター、市民サービスセンターで5月1日~15日に配布する申込書に必要事項を書いて、5月15日必着で住宅課(電話番号:0742・34・5174)へ送付か持参
  • 公開抽選 5月22日(月曜日)

市民税課からのお知らせ

平成29年度(平成28年分)課税(非課税)・所得証明の発行

次の予定日以降に発行できます

  • 予定日・対象 5月12日(金曜日)給与所得者等で勤務先から市・県民税を差し引かれる人、6月1日(木曜日)
    1. 個人事業者等で納税通知書で市・県民税を納付する人
    2. 年金から市・県民税を差し引かれる人
    3. 給与所得者等に扶養されている人
  • ところ 市民税課、各出張所・行政センター、東寺林連絡所
  • 問合せ 市民税課(電話番号:0742・34・4958)

軽自動車税の障がい者減免

身体障害者手帳等を交付された人が所有する軽自動車の税金は、市で定める基準に該当する場合、申請すると減免されます(普通自動車等で既に減免を受けている人は申請できません。また、障がいの程度により減免できない場合があります)

  • 対象 障がい者1人につき1台。既に減免を受けている人は更新の手続は不要ですが、車両を乗り換えている場合は新たに申請が必要
  • 申請期限 5月31日(水曜日)
  • 問合せ 市民税課(電話番号:0742・34・4958)

自動車税・軽自動車税の納期限は

5月31日(水曜日)です

毎年4月1日現在の所有者に課税されます。必ず納期限までに納付してください
問合せ 自動車税 県自動車税事務所(電話番号:0743・51・0081)、軽自動車税 市民税課(電話番号:0742・34・4958)

5月は「消費者月間」。消費生活トラブルはご相談を

  • 消費生活センター
    • とき 月曜日~金曜日の午前9時~午後4時(祝日・年末年始は休み)
    • 相談方法 電話(電話番号:0742・34・4895)か来所(市役所北棟2階)
  • 消費者月間パネル展示
    • とき 6月12日(月曜日)~16日(金曜日)
    • ところ 市役所北棟1階連絡通路

【問合せ】産業振興課(電話番号:0742・34・4741)

子どものための養育費等に関する相談

  • 養育費等相談
    とき 5月9日(火曜日)・25日(木曜日)、6月13日(火曜日)・22日(木曜日)(1)午後1時(2)2時(3)3時
  • ひとり親家庭等のための弁護士による法律相談
    • とき 5月20日(土曜日)、6月17日(土曜日)(1)午後1時半(2)2時(3)2時半(4)3時(5)3時半(6)4時
    • 対象 母子家庭、父子家庭、寡婦、離婚前の人
  • ところ 奈良県スマイルセンター(西木辻町
  • 申込 電話で、毎月1日(日曜・祝日は翌平日)から実施日までに同センター(電話番号:0742・24・7624)へ
  • その他 同一案件についての相談は原則1回限り
  • 問合せ 子育て相談課(電話番号:0742・34・4804)

ファミリーサポートセンター

育児の援助を受けたい人と援助を行いたい人が会員として登録し、助け合いを行う組織です

  • 説明会
    • とき (1)5月18日(木曜日)(2)6月7日(水曜日)午前10時~正午
    • その他 会員登録には、顔写真(縦3センチメートルカケル横2.5センチメートル)2枚と印鑑が必要
  • スキルアップ講座とき 5月30日(火曜日)午前10時~正午
    講師 杉原基代さん
  • ところ はぐくみセンター(三条本町)
  • 申込 電話でファミリー・サポート・センター(電話番号:0742・34・3305)へ

子育てサークルを支援します

子育てサークルが一定の条件を満たす場合、活動に要する経費の一部を補助します補助額 補助対象経費(食糧費、プレゼント代等を除く)の2分の1(千円未満切り捨て)。限度額3万円

  • その他 一覧表を作成し、情報提供や窓口での紹介をするので、子育てサークル登録票も提出してください(補助金申請をしなくても登録可)
  • 申込 5月31日までに子ども育成課(電話番号:0742・34・5042)へ

児童扶養手当・特別児童扶養手当の支給額を改定

  • 児童扶養手当の4月からの支給額(月額)が変わります
    • 児童1人の場合 全部支給4万2290円、一部支給9980円~4万2280円
    • 児童2人目の加算額 全部支給9990円、一部支給 5千円~9980円
    • 児童3人目以降の加算額(1人につき) 全部支給5990円、
    • 一部支給 3千円~5980円
  • 特別児童扶養手当の4月からの支給額(月額)が変わります
    • 一級 5万1450円
    • 二級 3万4270円
  • その他 所得制限あり
  • 問合せ 子ども育成課(電話番号:0742・34・5042)

親子体操教室

  • とき 5月26日(金曜日)、11月24日(金曜日)、来年1月12日(金曜日)午前9時半~11時
  • ところ 大宮児童館(西之阪町)
  • 内容 親子3B体操
  • 対象 2歳以上の子どもと保護者
  • 問合せ 同館(電話番号:0742・27・2220)

認知症サポーター養成講座

  • とき 5月24日(水曜日)午前10時~11時半
  • ところ 市役所北棟6階第21会議室
  • 定員 50人
  • 申込 電話かファックスに、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号を書いて、5月19日までに福祉政策課(電話番号:0742・34・5196ファックス番号0742・34・5014)へ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

青少年野外活動センター

〒630ー1241阪原町25-1 電話番号:0742・93・0029

親子農業体験(全3回)

  • とき (1)5月13日(土曜日)午前10時~正午(2)6月11日(日曜日)午前10時~正午(3)10月14日(土曜日)午前10時~午後3時
  • 内容 (1)サツマイモやポップコーン等の植付体験(2)田植え体験(3)秋の大収穫祭※イベント終了後も、同センター利用可
  • 定員 年少園児~小学6年生と保護者20人
  • 費用 1家族につき1500円(3回分)
  • 申込 同センターホームページの申込フォームに必要事項を書いて、5月11日までに送信

防災センター

〒630ー8145八条五丁目404ー1 電話番号・ファックス番号:0742・35・1106

普通救命講習

(1)成人に対する手当の講習(普通救命講習【1】)
(2)乳幼児に対する手当の講習(普通救命講習【3】)

  • とき (1)5月10日(水曜日)・28日(日曜日)午後1時~4時(2)5月18日(木曜日)午前9時半~午後0時半
  • 内容 心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の使用法等
  • 定員 中学生以上各20人
  • 申込 電話で、各開催日の前日までに同センターへ

ボランティアインフォメーションセンター

〒630ー8122三条本町13-1(はぐくみセンター1階) 電話番号:0742・93・8435ファックス番号:0742・34・2336

ボランティア入門講座~あなたの気になることから始めるボランティア~ 奈良市ポイント100

  • とき 5月27日(土曜日)午前10時~正午
  • 定員 30人。在勤・在学も可
  • 申込 電話かファックス、Eメール(volunt-info@city.nara.lg.jp)に講座名、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、5月20日までに同センターへ。多い場合は抽選

くろかみやま自然塾~自然と遊ぶ・自然に学ぶ~

  • こんにちは自然塾
    • とき 5月28日(日曜日)午前10時~午後3時
    • 内容 芋の苗植え、探検ハイク、お釜でご飯と野草の天ぷら等
    • 費用 800円(保険料、食材費等)
    • 締切 5月18日
  • 竹取ものがたり
    • とき 6月25日(日曜日)午前10時~午後3時
    • 内容 竹を切って工作、竹飯ごうでご飯と豚汁等
    • 費用 800円(保険料、食材費等)
    • 締切 6月15日
  • ところ 黒髪山キャンプフィールド(奈良阪町)
  • 定員 小学生各60人
  • 講師 ボーイスカウト指導者、奈良・人と自然の会、奈良まほろばネイチャーゲームの会他
  • その他 くわしくは、チラシや市ホームページに掲載
  • 申込 往復はがきに講座名、住所、氏名(ふりがな)、性別、学年、電話番号、保護者氏名を書いて、各締切日必着で同塾(〒630?8106佐保台西町139)へ。多い場合は抽選。兄弟姉妹で申込の場合は1枚の往復はがきで申込可
  • 問合せ 生涯学習課(電話番号:0742・34・5471)

奈良町にぎわいの家

〒630ー8333中新屋町5 電話番号:0742・20・1917

  1. かまど体験
    • とき 5月12日(金曜日)・19日(金曜日)午前10時~午後0時半
    • 内容 かまどでご飯、季節のお味噌汁を作って食べる
    • 定員 5人
    • 費用 500円
  2. 二十四節気講座~夏
    • とき 5月13日(土曜日)午前11時~正午
    • 内容 夏の節気と和歌の紹介
    • 講師 文化創造アルカの倉橋みどりさん
    • 定員 20人
  3. 町家で楽しむ古楽の世界
    • とき 5月14日(日曜日)午後2時~3時半
    • 内容 古楽器の演奏とお話
    • 講師 SAKAMOTO古楽コンソート
    • 定員 40人
    • 費用 500円
  4. 河東けい・ひとり語り「母」
    • とき 5月20日(土曜日)午後2時~3時半
    • 定員 40人
    • 費用 前売り2千円、当日2500円
  5. 四季の茶会~小満
    • とき 5月28日(日曜日)午前10時~午後3時
    • 内容 橋本宗玲社中による四季の茶会
    • 定員 50人
    • 費用 700円

申込 電話かEメール(nigiwainoie@gmail.com)に、(1~5)の別、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、参加人数を書いて、開催日の1週間前までに同施設へ。多い場合は抽選

ダム見学会参加者募集

市の重要な水源・比奈知ダム(三重県名張市)の見学会を開きます

  • とき 6月22日(木曜日)午前9時半~午後5時頃
  • ところ 市役所中央棟6階正庁集合~滝谷花しょうぶ園~比奈知ダム(貸切バス利用)
  • 定員 80人(平成26~28年度の参加者と未就学児の参加不可)
  • 費用 2千円(昼食付)
  • 申込 往復はがきに全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いて、5月18日必着で企業局経営管理課(〒630-8001法華寺町264-1 電話番号:0742・34・5200(企業局代表))へ。1枚に2人まで可。多い場合は抽選

猫の室内飼育をおすすめします【問合せ】生活衛生課(電話番号:0742・93・8395)

動物の遺棄・虐待は犯罪です【問合せ】生活衛生課(電話番号0742・93・8395)

奈良町からくりおもちゃ館

〒630-8338陰陽町7 電話番号:0742・26・5656

からくりおもちゃ製作体験講座「はしごくだり」を作ろう

  • とき 5月27日(土曜日)午前10時~正午
  • 定員 小学生以上24人(低学年は保護者同伴)
  • 費用 700円
  • 申込 往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢(小・中学生は学年も)、電話番号を書いて、5月17日必着で同館へ。1枚のはがきに2人まで可。多い場合は抽選。同館ホームページからの申込も可

NEW10周年 記念講演会

悠久の歴史から見える先人の思い薬師寺東塔の修理現場から

  • とき 5月20日(土曜日)午後1時半3時半(午後1時開場)
  • ところ 薬師寺まほろば会館(西ノ京町)
  • 講師 環境文明21共同代表の加藤さん、薬師寺執事の松久保さん
  • 問合せ 環境政策課(電話番号0742・34・4591)

「菜の花エコプロジェクト」ボランティア募集

奈良市地球温暖化対策地域協議会(NEW)で行っている菜の花エコプロジェクトで、一緒に活動しませんかとき 5月下旬から1年間(平日を中心に7,8回程度)
※北永井フィールドの作業は主に土曜日・日曜日

  • ところ 北永井フィールド(北永井町)、鼓阪北小学校、鼓阪小学校、東市小学校、六条幼稚園、富雄北幼稚園等内容 菜の花の栽培活動。刈り取り、脱穀と搾油、種まき等。4月の菜の花まつりでは、菜の花の天ぷら試食等
  • 対象 環境保全活動に興味を持ち、年間を通しておおむね参加できる人
  • 申込 はがきかファックス、Eメールに、住所、氏名、年齢、電話・ファックス番号、Eメールアドレスを書いて、NEW事務局(環境政策課電話番号0742・34・4591 0742・36・5466 Eメール:new-nara@city.nara.lg.jp)へ

勤労者総合福祉センター(サン・アクティブ奈良)

〒630ー8106佐保台西町115 電話番号:0742・71・2444

  • 陶芸教室
    • とき 6月7日~8月9日の原則毎週水曜日 午後6時15分~8時45分、7月16日(日曜日)午前10時半~午後5時。10回
    • 内容 陶芸の基礎を学ぶ。湯呑み・皿等を作陶
    • 定員 16人。在勤も可
    • 費用 8千円
  • 韓国語会話初級
    • とき 6月16日~8月25日の原則毎週金曜日 午後7時~8時半。10回
    • 内容 連体形、複文を学ぶ定員 ハングルが読める人20人。在勤も可
    • 費用 6555円
  • メディカルアロマテラピ-講座
    • とき 6月7日~7月5日の原則毎週水曜日午前10時半~正午。4回
    • 内容 薬剤を使わない虫よけ、カビよけ対策
    • 定員 16人。在勤も可
    • 費用 6200円

申込 往復はがきに教室名、住所、氏名、電話番号、勤務先を書いて、5月16日必着で同センタ-へ。1枚に1人1教室限り。多い場合は抽選

70歳以上限定まほろば健康ウォ-ク

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50

平城山周辺の古を訪ねる

  • とき 5月17日(水曜日)午前9時半~正午。雨天決行(暴風・大雨・洪水警報等の発令の場合は中止)
  • ところ JR平城山駅前西口集合~大山守命墓~狭岡神社~八峰神社~常陸神社~長慶寺跡~近鉄奈良駅前解散
  • 対象 ななまるカ-ドを所持している70歳以上の人
  • 費用 200円
  • 持物 ななまるカ-ド(優待乗車証、老春手帳)、ウォ-キングしやすい服装・靴、タオル、お茶等
  • その他 ポイントは後日自動的に付与されます。今年度実施する全10回のうち6回以上参加で100ポイント、全回参加で200ポイントのボ-ナス進呈
  • 申込 電話かはがき、ファックス、Eメ-ルに、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、「まほろば申込」を書いて、5月12日までに長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439 0742・34・1161 Eメ-ル:choujufukushi@city.nara.lg.jp)へ

消費生活や消費環境等を考える

  • 中央生活学校
    • とき 毎月第2水曜日
    • ところ 生涯学習センタ-(杉ヶ町)他
  • あやめ池生活学校
    • とき 毎月第4木曜日
    • ところ 伏見公民館あやめ池分館(あやめ池南一丁目)

申込 はがきに希望学校名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、5月10日までに産業振興課(電話番号0742・34・4741)へ

史料保存館

〒630-8337脇戸町1-1 電話番号:0742・27・0169

企画展 奈良町の信仰 ~講の行事とその史料~

  • とき 前期5月2日(火曜日)~6月18日(日曜日)、後期6月20日(火曜日)~8月6日(日曜日)※月曜日(祝日は除く)と7月18日(火曜日)は休館
  • 内容 近世奈良町の信仰について、前期は春日永代神楽講、観音講、富士講、後期は地蔵講、山上講の行事にゆかりの品や町の記録を展示して紹介
  • 展示解説 5月20日(土曜日)、7月15日(土曜日)午後1時半から各30分程度

東福祉センタ-

〒630-8113法蓮町1702-1 電話番号:0742・24・3151 ファックス:0742・27・9028

演劇公演

  • とき 5月20日(土曜日)午後1時半~3時
  • 内容 演劇サ-クル「集」による劇「アンチゴ-ヌ」の公演
  • 対象 60歳以上の人とその家族

ボランティアセンタ-

〒630-8113法蓮町1702-1 電話番号:0742・26・2270 ファックス:0742・26・2003

市民交流さろん

奈良市ポイント100

  • とき 5月13日(土曜日)午前10時~正午
  • 内容 ボラセンでリフレッシュ!~健康のツボお教えします~
  • 定員 30人
  • 申込 電話かファックス、Eメ-ル(naravc@citrus.ocn.ne.jp)に氏名、連絡先を書いて、5月10日までに同センタ-へ。多い場合は抽選、漏れた人のみ連絡

西福祉センタ-

〒631-0024百楽園一丁目9-13 電話番号:0742・41・3151 ファックス:0742・41・3150

健康のつどい「健康リズム体操」

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50

足腰丈夫で若さUP!

  • とき 5月23日(火曜日)午後2時~3時半
  • 講師 リズム体操研究会インストラクタ-
  • 定員 60歳以上の人50人
  • 申込 5月16日までに、電話か直接来館。多い場合は抽選、漏れた人のみ連絡

総合福祉センタ-

〒631-0801左京五丁目三-一 電話番号:0742・71・0770 ファックス:0742・71・0773

手話奉仕員養成入門講座

  1. はじめてコ-ス
    奈良市ポイント50
    • とき 6月6日(火曜日)・13日(火曜日)午後6時40分~8時40分。全2回
    • 定員 手話学習未経験者70人。在勤・在学も可
  2. 入門コ-ス
    • とき 6月20日~12月19日の毎週火曜日 午後6時40分~8時40分。全24回
    • 定員 はじめてコ-スを1回以上受講した人40人
    • 費用 テキスト代3240円
    • 申込 はじめてコ-ス2回目に希望者を募集

手話奉仕員養成基礎講座

  • とき 6月6日~来年2月13日の毎週火曜日 午後1時40分~3時40分。全32回
  • 定員 手話での簡単な日常会話が可能で、おおむね1年市内で手話活動している人20人。在勤・在学も可
  • 費用 テキスト代3240円

申込 往復はがきに講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号、在勤・在学者はその旨を書いて、5月26日必着で同センタ-へ。多い場合は抽選

南福祉センタ-

〒630-8443南永井町45-1 電話番号:0742・62・3730 ファックス:0742・62・3780

  • 健康の集い「柔軟体操&脳トレ」
    70歳以上の人のみ奈良市ポイント50
    • とき 5月11日~来年3月8日の毎月第2木曜日 午前9時半~10時半
    • 対象 60歳以上の人
  • 介護予防運動 「生き生き健康ヨガ」
    70歳以上の人のみ奈良市ポイント50
    • とき 6月~10月の毎月第2金曜日 午前11時~正午
    • 持物 持っている人はヨガマット
    • 対象 60歳以上の人
  • ストレッチでやさしくボディケア
    70歳以上の人のみ奈良市ポイント50
    • とき 6月~来年3月の毎月第3水曜日 午後1時半~2時半
    • 持物 飲み物、タオル
    • 対象 60歳以上の人

申込 電話か直接来館で、随時受付

総合福祉センタ-体育館

〒631-0801左京五丁目3-1 電話番号:0742・71・0775 ファックス:0742・71・0773

  • ストレッチ体操
    • とき 5月16日~来年3月6日の火曜日(1)午前10時10分~11時(2)午前11時10分~正午。各20回
    • 定員 18歳以上の障がい者と健常者120人
  • 陸上教室
    • とき 5月13日~来年3月10日の土曜日 午前10時10分~正午。20回
    • 定員 中学生以上の知的障がい児・者70人
  • 親子体操教室
    • とき 6月3日~来年3月10日の土曜日(1)午後1時40分~3時(2)午後3時10分~4時半。各25回((1)(2)の両方に参加も可)
    • 定員 小学生以上の知的障がい児・者とその家族80組

申込 同館に備え付けの用紙か往復はがき、ファックスに、教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号、障がいの有無・種別・等級、未成年者は保護者氏名、ストレッチ体操は(1)(2)の別を書いて、5月10日必着で同館へ。多い場合は抽選

市民体育大会レガッタ(ボ-ト)競技会

ナックルフォア(少年男女、一般男女)

  • とき 6月18日(日曜日)午後0時半
  • ところ 月ヶ瀬湖ボート場(月ヶ瀬月瀬)
  • 対象 中学生以上。在勤・在学も可
  • 内容 ナックルフォア艇に4人1組で、500メートルタイムレー
  • その他 ナックルフォア艇は通常転覆するようなことはなく、特別な技術を必要としません
  • 申込 スポーツ振興課備付けの申込書に、参加者全員の氏名、年齢、性別、代表者の住所・電話番号を書いて、6月6日までに同課へ
  • 問合せ 市ボート協会の福岡嘉人さん(電話番号:0743・92・0031)

市民体育大会についてのお願い

5月14日(日曜日)ならでんアリーナで、市民体育大会総合開会式を開催します。会場の奈良電力鴻ノ池パーク内の駐車場は混雑が予想されます。公共交通機関の利用にご協力をお願いします。

問合せ スポーツ振興課(電話番号:0742・34・5376)、14日のみ臨時電話(電話番号:070・1350・8992)

歩数計でななまるウォーキング

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50~

  • 内容 5月22日(月曜日)~28日(日曜日)に歩数計をつけて各自ウォーキングを実施し、5月29日(月曜日)に長寿福祉課へ返却
  • ポイント数 3万歩以上5万歩未満50ポイント、5万歩以上7万歩未満100ポイント、7万歩以上200ポイント
  • 対象 70歳以上で、ななまるカード(優待乗車証、老春手帳)を持っている人30人※今年度は7・8月を除き実施予定。年度で1人1度限り
  • 申込 往復はがきに、「歩数計申込」、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、5月10日必着で同課(電話番号0742・34・5439)へ。多い場合は抽選

善意銀行 2月分敬称略

  • 一般
    • 奈良新堀ギター音楽院7万9200円
    • 中南滿知子(白毫寺町)30万円
  • 指定
    • 市ボランティア連絡協議会5万円
    • ボーイスカウト奈良第18団6万8000円

認知症相談窓口

  1. 毎週月曜日・市役所市民相談窓口
  2. 毎週木曜日・西部会館相談室

問合せ 福祉政策課(電話番号:0742・34・5196)

こうのいけジョイトレクラブ

  • 筋曜日ビルディング
    • とき 6月2日・9日・16日・23日の金曜日 午前9時半~10時半。4回
    • 費用 4800円
    • 定員 12人
  • 魅せる男の胸、腕、腹筋教室
    • とき 6月2日・16日・30日、7月14日・28日の金曜日午後1時半~3時半。5回
    • 費用 1万4600円
    • 定員 12人
  • 美しい姿勢教室
    • とき 6月17日・24日の土曜日(1)基礎コース:午後3時~3時50分(2)実践コース:午後4時~4時50分
    • 費用 1200円
    • 定員 各12人

申込 はがきに教室名、コース名、住所、氏名、性別、年齢、電話番号、要望を書いて、5月23日消印有効で同クラブ(〒630‐8108法蓮佐保山四丁目5-1 電話番号:0742・22・0001)へ

奈良マラソン2017ランナー募集

  1. マラソン(42.195キロメートル)
  2. 10キロメートル
  3. 3キロメートル ジョギング
  • とき 12月9日(土曜日):3キロメートルジョギング。12月10日(日曜日):マラソン(42.195キロメートル)、10キロメートル
  • ところ ならでんフィールド(スタート・フィニッシュ)
  • 内容 自然や文化財に恵まれたコースを快走しませんか
  • 申込 先着順インターネット申込(runnet.jp):奈良県民枠(マラソンのみ)受付は6月7日(水曜日)午後8時~、一般枠受付は6月14日(水曜日)午後8時~。郵便払込による申込(抽選。専用払込用紙に必要事項を書いて申込):受付は6月14日(水曜日)~28日(水曜日)
    ※くわしくは、同大会ホームページに掲載
  • 問合せ 同実行委員会事務局(電話番号:0742・81・8752)

奈良クラブJFLファーストステージ

奈良市ポイント100

  • とき・対戦相手
    1. 5月28日(日曜日)午後1時・FCマルヤス岡崎
    2. 6月10日(土曜日)午後1時・ホンダロックSC
  • ところ ならでんフィールド(法蓮佐保山四丁目)
  • チケット 同クラブ公式ホームページに掲載
  • 問合せ 同クラブ(電話番号:0742-93-3815 火曜日~金曜日の午前10時~午後5時)

私道整備要綱が新しく生まれ変わります

  1. これまで:市が工事を施行し地元のみなさんが工事費の一部(2割~2割5分)を負担
    これから:みなさんが私道整備の施行主になり、市が工事費の一部(5割~9割)を補助
  2. 自らが行う私道の穴ぼこ補修の材料を市が支給

1.私道整備事業補助金交付要綱

くわしくは補助制度の手引きを参考にしてください。

  • 舗装工事の補助率が道路状況により9割~6割支給されます。
    通り抜け道路:幅員4メートル以上 9割、幅員4メートル未満 8割
    行き止まり道路:幅員4メートル以上かつ住居6戸以上 7割、それ以外 6割
  • 道路反射鏡(カーブミラー)・区画線が
    新たに補助対象になり5割の補助があります。
  • その他工事もあります。
    5割補助(例)道路排水の補修工事
  • 私道の最低幅員が2メートルから1.8メートルに緩和されました。

2.私道の整備に伴う原材料支給基準

  • 市民が自ら行うアスファルト道の穴ぼこや砂利道のへこみ等の軽微な補修に対し補修材料を支給します。
    <支給材料> アスファルト常温合材、クラッシャーラン(砕石)
    市道・里道等の道普請の共同作業(出合)を地元で行う場合は、市が資材を支給します
    道普請事業原材料支給基準
  • 市道・里道等の道普請に資材を支給します。
    地域住民のみなさんが労力を提供して(出合作業)自分たちの通行する道路を整備するとき、市は申請により道路補修資材を支給します。
    <支給材料>アスファルト常温合材、生コンクリート、クラッシャーラン(砕石)、杭、板、その他

問合せ 道路維持課 電話番号:0742-34-5387

しみんだより平成29年5月号 一覧へ戻る