ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年3月号(テキスト版)28~30ページ 市政ニュース・市長コラム・リニア新駅を奈良市に

本文

奈良しみんだより平成29年3月号(テキスト版)28~30ページ 市政ニュース・市長コラム・リニア新駅を奈良市に

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

まほろば健康ウォーク過去最高の参加者!

70歳以上が対象のまほろば健康ウォーク。毎月、観光ボランティアガイド解説のもと奈良の各所を巡り、逸話などを聞きながら楽しく歩きます。平成25年から始まったこの事業は初心者でも気軽に参加できることから参加者が増加。通算24回目の開催となった1月18日は、きたまちや奈良阪を巡り、これまでで最高の169人が参加しました。3月の開催予定は、11ページに掲載しています。

都跡こども園が最優秀園を受賞!

市立都跡こども園がソニー幼児教育支援プログラムの最優秀園を受賞し、1月21日に授賞式がありました。この賞は、「科学する心を育てる~豊かな感性と創造性の芽生えを育む~」をテーマに、全国から教育実践論文を募集し、特に優れた取り組みを表彰するものです。同園は、子ども達が自分たちで遊びを創れるようにと平成25年に園庭をリニューアル。子ども達の遊びが深まっていくプロセスを独自の視点で可視化し、子どもらしい発想を実現するための環境づくりなど、熱心な取り組みが高く評価されました。今後の子ども達の成長が楽しみです。

市内各中学校区が独自の取り組みを発表!

1月28日に、なら100年会館で地域教育推進事業「交流の集い」を開催しました。各中学校区の地域教育協議会が実施している「地域で決める学校予算事業」や「放課後子ども教室」を広く市民のみなさんに知ってもらう機会とし、活動の輪を広げることが目的です。集いでは、パネルディスカッションのほか、文部科学大臣表彰を受賞した富雄第三中学校区と平城西中学校区の地域教育協議会が実践発表を行いました。

被災者支援に強い味方!

2月2日に、市と県行政書士会が災害(被災者支援)協定を締結しました。この協定書を締結したことで、災害発生時に市が同会に対して、書類作成等の行政書士業務について協力を要請することができるようになります。今回締結した内容は「基本協定」の位置づけとなります。例えば、災害発生時に被災者が市に「罹災証明書」の発行を申請するにあたり、行政書士の無料支援窓口を設置する等、具体的な支援内容については今後話し合いを重ねていきます。

コミュニティーワークの拠点がリニューアル!

市役所1階にある「カフェ鹿ろくと都」が、2月にリニューアルオープンしました。同店は平成24年12月に開業し、喫茶店業のほか、市内12か所の障がい者支援施設で作られたクッキー等の食品や雑貨等を販売しています。障がいに対する理解を深めるため、障がいのある人とない人がともに働き、商品やサービスを通して、自然に交流できることがコンセプトです。市内の授産施設と同店の運営スタッフからは「コミュニティーワーク(地域福祉)の視点から、授産施設も地域の一員としてますます地域に根差していきたい」という声がありました。

市長コラムVol.70

2月5日に市役所で行われた「ストップいじめなら子どもサミット」には約40人の中学生が参加しました。きっかけは昨年度から施行した「奈良市子どもにやさしいまちづくり条例」に基づく子ども会議での議論。ネットやSNS等これまで以上に密室化する環境の中で、いじめの未然防止や早期発見には、実態を最もよく知る当事者の声や行動が重要になってきます。そこで子ども達による自主的な活動として、市内の中学生約7千人を対象にアンケート調査を実施。その中では、学年ごとにいじめの被害・加害の経験を聞くとともに、加害者がどんな気持ちかを聞く設問も設けられており、私も大変驚きました。ともすれば「ダメ、絶対」と禁止の掛け声だけを振りかざしてしまう大人達に対し、より現実を直視し具体的な行動を起こそうとする彼らの熱意に希望を感じました。
仲川げん

リニア新駅を奈良市に

リニア中央新幹線奈良駅設置推進会議で決議県知事・県議会へ要望書を提出しました
1月20日(金曜日)、4回目となる「平成28年度リニア中央新幹線奈良駅設置推進会議」を開催し、「県都・奈良市に中間駅を設置すること」等の内容を盛り込んだ決議を採択しました。同日に開催された「リニア奈良駅を考えるシンポジウム」でも同決議が公開され、参加者とともに、誘致に向け一丸となることを改めて確認しました。また2月1日(水曜日)には、当会議の会長である仲川市長と副会長2名(乾昌弘奈良市観光協会会長、谷口宗男奈良商工会議所副会頭)が、荒井正吾奈良県知事と奈良県議会建設委員会委員長の乾浩之議員(議長代理)を訪問。決議と要望書を手渡し、奈良市へのリニア中間駅設置を強く訴えました。「決議」については、リニア推進課のホームページに掲載しています。
問合せ リニア推進課(電話番号:0742-34-5607)

しみんだより平成29年3月号 一覧へ戻る