ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年2月号(テキスト版)6~18ページ お知らせ1

本文

奈良しみんだより平成29年2月号(テキスト版)6~18ページ お知らせ1

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市民のうごき(1月1日現在)
総人口:360,459人(男169,500人 女190,959人)
世帯:160,033世帯

受賞者決定
第2回入江泰吉記念写真賞、第2回ならPHOTOCONTEST

平成28年6月1日~8月31日に募集した同賞について、受賞者が決定しました。また、作品展について、下記のとおり開催します。

入江泰吉記念写真賞

私たちの心に深く記憶される、普遍的な生の眼差しを持った写真の作り手を支援することを目的に、「写真集」を製作します。応募点数101点(101人)の中から、田淵三菜さんの「Intotheforest」が選ばれました。

田淵三菜(たぶちみな/女性27歳)
プロフィール:1989年神奈川県生まれ/2012年青山学院大学文学部史学科卒業/群馬県吾妻郡嬬恋村在住展覧会:artistofthemonth(HFLギャラリー/長野/2015年3~5月の作家として参加)、写真展(marucafe/長野/2015年)、企画展「TouchwithSkin内在する触感」展出品(山ノ内町立志賀高原ロマン美術館/長野/2016年)、「AKAAKAスライドショーin渋谷~写真の種をまく~」(ヒカリエ/東京/2015年)、「田淵三菜写真展」(ルオムの森/群馬/2016年)

ならPHOTOCONTEST<カテゴリー1>

募集テーマ:大和は国のまほろば応募点数:424点(136人)
※ひとり5点まで応募可
第2回受賞作品
やまと賞(1人)「大和の輝き」(3枚組写真)山中典朝(やまなかのりとも/和歌山男性69歳)日本経済新聞社賞(1人)「神苑の鹿」(4枚組写真)吉川皓三(きっかわこうぞう/奈良男性71歳)入選(20作品)

ならPHOTOCONTEST<カテゴリー2>

募集テーマ:愛しのいぬ・ねこ・しか応募点数:いぬ賞68点(24人)、ねこ賞55点(28人)、しか賞149点(62人)
※ひとり5点まで応募可
第2回受賞作品
※投票には観覧券が必要です。展覧会会期中に観覧者による投票を行い決定(投票期間:平成29年2月7日~28日)

今後のスケジュール

入江泰吉記念写真賞受賞作品「Intotheforest」写真集出版・受賞作品展

  • とき 2月7日(火曜日)~4月9日(日曜日)(3月26日(日曜日)午後1時田淵三菜ギャラリートーク
    ※申込不要、観覧券要)
  • ところ 入江泰吉記念奈良市写真美術館(高畑町)

入江泰吉記念写真賞巡回展

  • とき 未定
  • ところ 東京会場(PlaceM/新宿)/大阪会場(日本経済新聞社大阪本社)

ならPHOTOCONTEST〈カテゴリー1〉巡回展

  • とき 未定
  • ところ 奈良まほろば館(東京・日本橋)/奈良市役所/奈良市観光センター/橿原市観光交流センターかしはらナビプラザ授賞式(招待者のみ)
  • とき 3月26日(日曜日)午後3時(予定)
  • ところ 入江泰吉記念奈良市写真美術館
    ※入江泰吉の「吉」の「士」は「土」[主催]入江泰吉記念写真賞実行委員会[共催]奈良市/一般財団法人奈良市総合財団/入江泰吉記念奈良市写真美術館[特別協力]日本経済新聞社

問合せ 入江泰吉記念奈良市写真美術館(電話番号:0742-22-9811)

しあわせ回廊なら瑠璃絵

2月8日(水曜日)~14日(火曜日)午後6時~9時雨天決行(荒天時中止)

春日大社、興福寺、東大寺、奈良国立博物館を光の回廊でつなぎ、美しい瑠璃色の世界に誘います。

オープニングセレモニー

  • とき 2月8日(水曜日)午後5時半~6時
  • ところ 奈良春日野国際フォーラム甍能楽ホール前(春日野町)

ライトアップ・光のオブジェ

  • とき 2月8日(水曜日)~14日(火曜日)午後6時~9時
  • ところ 奈良公園一帯
    ※奈良春日野国際フォーラム甍内・冬七夕ロードエリアは花たんざく(500円)を購入して入場

夜間拝観・夜間開館

  • とき 2月8日(水曜日)~14日(火曜日)
  • 春日大社 御本殿夜間拝観*・燈籠点灯、国宝殿夜間開館(2月11日、12日の2日間。最終入館午後8時、閉館午後8時半)*
  • 興福寺 五重塔ライトアップ・東金堂夜間拝観(最終入堂・入場午後7時45分。午後8時まで)*
  • 東大寺 大仏殿中門・観相窓の開扉、大仏殿中門・大仏殿大屋根・南大門ライトアップ、八角燈籠点灯(午後8時半まで)、金剛力士像ライトアップ(午後9時まで)、東大寺ミュージアム夜間開館(最終入館午後8時、閉館午後8時半)*
  • 奈良国立博物館夜間開館 特別陳列「お水取り」、名品展「珠玉の仏教美術」、名品展「珠玉の仏たち」(最終入館午後8時、閉館午後8時半)
    ※終了時間は各寺社、施設で異なる。

*は有料

しあわせココアの販売

  • とき 2月8日(水曜日)~14日(火曜日)午後5時半~8時半
  • ところ 春日野国際フォーラム甍前
  • 費用 500円奈良公園

バースデー花火・ライブ

  • とき 2月14日(火曜日)午後7時~7時半
  • ところ 春日野園地(雑司町)
    ※花火は午後7時半から(荒天時中止、順延なし)
  • 問合せ なら瑠璃絵実行委員会(電話番号:0742-20-0214)

派遣留学生を募集!(奨学金支援)

平成29年度後期官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~「地域人材コース」「奈良を『開く』人材」グローカル人材育成プロジェクト

本市の産学官で構成する奈良市留学支援コンソーシアムは、グローバルな視点を持ちながら地域(ローカル)で活躍する人材の育成をめざし、市内大学生(※)の海外留学を支援しています。支給される奨学金は、独立行政法人日本学生支援機構の交付金、地域企業等からの寄附金、奈良市により賄われています。平成28年12月1日現在で、55の企業・団体等から賛同を受けています。この度、本地域の第3期となる派遣留学生を募集します。
※対象者を含む制度詳細や募集要項については、市ホームページに掲載

  • 支援内容 奨学金月額12~16万円、往復渡航費10~20万円、授業料30万円まで(地域により異なる)
  • 留学期間 28日以上6か月以内(8月18日~30年1月20日までの間に留学が開始されるものに限る)
  • 応募方法 留学計画書等(所定様式)を作成し在籍大学に提出。提出期限は在籍大学によって異なるため、早めに大学に確認してください。

第1期生(奈良女子大学の伊藤茜さん)からのメッセージ

私は夏休みを利用し、語学学校に通いながらドイツのドレスデンで歴史的建築について学び、古都奈良のまちづくりにいかせることを考えるというプランを計画し、1か月間留学しました。地域人材コースでは、奈良市留学支援コンソーシアムの地域企業の人々との交流や留学以外のさまざまなプログラムを通して、自分の留学の意義について改めて考える機会が多くあります。私は今回初めての留学経験でしたが、このコースに参加することで、海外留学での学びを有意義で密度の濃いものにすることができました。留学をしたいと考えているあなたも、この「奈良を『開く』人材」グローカル人材育成プロジェクトで留学に挑戦してみませんか?

問合せ 教育委員会事務局教育政策課(奈良市留学支援コンソーシアム事務局)(電話番号:0742-34-5386 Eメール:tobitate@city.nara.lg.jp

3月12日(日曜日)から改正道路交通法が施行されます

高齢運転者対策の推進

  • 「臨時認知機能検査」の新設75歳以上の運転者が、認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為(信号無視、通行区分違反、一時不停止等)をしたときは「臨時認知機能検査」を受けなければなりません。
  • 「臨時高齢者講習」の新設臨時認知機能検査を受け、認知機能の低下が運転に影響するおそれがあると判断された高齢者は、「臨時高齢者講習(個別指導と実車指導)」を受けなければなりません。
  • 臨時適性検査制度の見直し更新時の認知機能検査又は臨時認知機能検査で認知症のおそれがあると判定された人は、臨時適性検査(医師の診断)を受け、又は、命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。
    ※医師の診断の結果、認知症と判断された場合は運転免許の取消等の対象となります。
  • 高齢者講習の合理化・高度化認知機能検査の結果によって講習内容等が変わります。75歳未満の人や、認知機能低下のおそれがないと判定された人は、高齢者講習が2時間に短縮されます。その他の人は、個別指導を含む3時間の講習となります。

準中型免許の新設(18歳から取得可能)

  • 免許の区分、受験資格等の概要について
    改正後 普通免許:車両総重量3.5トンまで最大積載量2トンまで準中型免許(18歳以上):車両総重量3.5トン~7.5トン最大積載量2トン~4.5トン中型免許(20歳以上。普通免許等保有2年):車両総重量7.5トン~11トン最大積載量4.5トン~6.5トン大型免許(21歳以上。普通免許等保有3年):車両総重量11トン~最大積載量6.5トン~
  • すでに普通免許を保有している人は 引き続き車両総重量5トン未満の自動車を運転することができます。さらに、限定解除審査(※)に合格すれば、車両総重量5トン以上7.5トン未満の自動車の運転も可能となります。
    ※審査は、指定自動車教習所で最低4時限の教習等を受けた上での審査又は免許試験場での技能審査等のいずれかになります。
  • いま普通免許を取得しようとしている人は 平成29年3月10日(金曜日)までに普通免許を取得しておいてください。改正後は運転できる自動車の車両総重量の上限が小さくなり、従来5トン未満が3.5トン未満になります。指定自動車教習所の普通免許の卒業証明書を持っている人は、3月10日までに運転免許センターでの学科試験・適性試験に合格するように努めてください。
    ※土曜日・日曜日、祝日の閉庁日には、学科試験等は行っていません。

問合せ 運転免許センター(電話番号:0744-25-5224,7744)

グリーンサポート制度~公園内の清掃等、維持管理団体を募集します~

  • 活動内容 月1回以上の清掃、年2回以上の除草、年1回の低木剪せんてい定。公園内の施設点検で異常があった場合等の速やかな市への報告。その他自主的に行う維持管理作業等
  • 対象団体 概ね10人以上で構成される地域の団体。複数の団体から申込があった場合は、審査のうえ決定
  • 対象公園 市が管理する街区公園・児童遊園・ちびっ子広場等。複数ある場合は、面積を合計し一契約とします。
  • 申込 市役所北棟4階協働推進課に備え付けの申請書(市ホームページからダウンロード可)に必要事項を書いて、3月15日までに同課へ。
  • その他 要項に基づき報奨金を交付します。ただし、次の場合は報奨金の額の変更・返還等を求めることがあります。(1)適正に維持管理活動が行われなかった(2)団体が解散した、活動を停止・中止した(3)公園が廃止された場合
    ※継続して活動する団体も更新手続きが必要です。
  • 問合せ 協働推進課(電話番号:0742-34-5193)

農業委員・農地利用最適化推進委員候補者の選出方法が変わります

農業委員会等に関する法律改正に伴い、選出方法が公選制から市長が議会の同意を得て任命する方法になります。あらかじめ地域の農業者や農業団体等に候補者の推薦を求め、併せて公募も行います。

  • 応募資格・募集人員 農業委員:農業に関する識見を有し、農地等の利用の最適化の推進に関する事項その他の農業委員会の所掌に属する事項に関しその職務を適切に行う事ができる人19人農地利用最適化推進委員(以下、推進委員):農地等の利用の最適化の推進に熱意と識見を有する人18人
    ※両委員とも次のいずれかに該当する人は除く。破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない人および禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
  • 任命の期間 農業委員:平成29年7月20日から3年推進委員:委嘱日から農業委員の満了日まで
  • 職務内容 農業委員:農地の権利移動や転用に係る許認可業務および担い手への農地の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進等に伴う現地調査、指導および監視業務等推進委員:担い手への農地の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進、農地の現地確認
    ※受付・選考方法等くわしくは市ホームページに掲載
  • 問合せ 農業委員会事務局(電話番号:0742-34-4776)

パブリックコメント意見を募集します

「平成29年度食品衛生監視指導計画(案)」の意見を募集します。内容は2月3日(金曜日)~28日(火曜日)に保健所生活衛生課、総務課、出張所、行政センターで閲覧できます(土曜日・日曜日、祝日を除く)。市ホームページにも掲載。応募内容は、住所、氏名を除いて公開する場合があります。意見への個別対応はできません。
応募資格 市内に在住・在勤・在学の人、食品等事業所を有する個人・法人、その他団体
応募方法 意見名と意見を明記し、個人は住所・氏名・年齢、法人その他団体は法人(団体)名・所在地を書いて、2月28日必着で保健所生活衛生課へ。 ファックス、 Eメール、市ホームページの「意見(パブリックコメント)・委員募集」からも可。電話不可
問合せ 保健所生活衛生課(〒630-8122三条本町13-1 電話番号:0742-93-8395 ファックス番号:0742-34-2485 Eメール:hoken-seikatu@city.nara.lg.jp

都市計画原案の閲覧と公聴会のお知らせ

  • 次の都市計画原案を閲覧できます。都市計画火葬場(新斎苑)の決定原案
    • 閲覧期間 2月2日(木曜日)~16日(木曜日)の執務時間内(土曜日・日曜日・祝日を除く)
    • 閲覧場所 新斎苑建設推進課
  • 公聴会の開催
    • とき (1)2月25日(土曜日)午前9時30分(2)2月27日(月曜日)午後7時
    • ところ 市役所6階正庁
    • 問合せ 新斎苑建設推進課(新斎苑建設事業について: 電話番号:0742-34-5161)都市計画課(都市計画手続きについて: 電話番号:0742-34-4748)

公述申出書の提出 この公聴会で意見を述べることを希望する人(ただし市の住民とその他利害関係者に限る)は、住所、氏名、年齢、職業、 電話番号、意見の要旨とその理由および公述を希望する公聴会の開催日を記載した公述申出書を2月16日必着で、都市計画課に提出してください。公聴会で公述ができる人は、公述申出書を提出した人のうちから市長が選定し、その旨を通知した人とします。また、公述申出書の提出がなかった場合は、公聴会の開催を中止します(開催の有無は2月17日以降に新斎苑建設推進課へ)。

平成29年度(28年分)の市・県民税と所得税の申告が始まります

申告期間とその前後は問い合わせが集中し、電話がつながりにくくなる場合があります。申告書は3月15日(水曜日)までに提出してください

市・県民税の申告が必要な人

*平成29年1月1日現在、市内に住所がある人
*市内に住所はないが、市内に事務所・事業所か家屋敷がある人
以下の人は申告の必要はありません

  1. 所得税の確定申告をする人
  2. 平成28年中の収入が給与のみで勤務先から給与支払報告書が提出されている人(勤務先で確認してください)
  3. 収入が公的年金のみで源泉徴収票に記載の扶養親族や社会保険料等に追加して申告するものがない人
  4. 前年無収入で同一世帯の親族の税法上の扶養親族になっている人(勤務先の年末調整や確定申告等で扶養親族として申告されている人。他の手続きの関係で必要な場合もあります)など

市・県民税の申告書の提出は郵送等がおすすめです

*申告会場は大変混雑します。相談の必要がない場合は郵送等で申告書を提出してください。
市・県民税の申告書 市役所市民税課(〒630-8580二条大路南一丁目1-1)
所得税の確定申告書 奈良税務署(〒630-8567登大路町81)

市・県民税の申告

問合せ 市役所市民税課(電話番号:0742-34-4973)

市役所第16会議室(北棟2階) 2月3日(金曜日)~3月3日(金曜日)午前8時半~午後5時
西部公民館(学園南三丁目) 2月22日(水曜日)~24日(金曜日)午前9時~正午、午後1時~5時
北部出張所(右京一丁目) 3月2日(木曜日)・3日(金曜日)午前9時~正午、午後1時~5時
月ヶ瀬行政センター(月ヶ瀬尾山) 2月21日(火曜日)午前9時~正午、午後1時~5時
都祁行政センター(都祁白石町) 2月20日(月曜日)
(土曜日・日曜日・祝日は除く)
※3月6日(月曜日)以降は市役所東棟2階市民税課で受付(スペースに限りがあります。3月3日(金曜日)までの相談受付にご協力をお願いします)
※所得税の確定申告に関する相談は奈良税務署へ(上記会場では行いません)。市・県民税の申告書は市役所市民税課、各申告受付会場にあります。市ホームページからダウンロードも可

市・県民税の計算と申告書は市ホームページで作成できます

給与収入額等を入力すると、市・県民税の税額を計算し、申告書を作成できます。作成した申告書は添付資料とともに市民税課へ送付するか、申告受付会場に持参してください。

公的年金等を受給している人の申告

収入が公的年金のみで支払額(複数ある場合は合計額)が400万円以下の人は確定申告が不要となっていますが、以下の人は市・県民税に影響することがあるので、市・県民税の申告が必要です。

  1. 「公的年金にかかる源泉徴収票」に記載のない各種控除を受けたい人(扶養・障害者・寡婦(夫)・医療費・生命保険料控除、納付書や口座振替で納めた社会保険料等がある等)
  2. 公的年金以外に所得がある人(20万円以下)など

※この他にも申告が必要になる場合があります。
次の人は確定申告が必要です

  1. 所得税の還付を受ける
  2. 公的年金以外の所得が20万円を超える
  3. 外国の年金等を受け取っている
  4. 株式の譲渡損失の繰越をする

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)を受ける人の申告

所得税から控除しきれない住宅ローン控除可能額がある人は一定の額を市・県民税から控除します。市役所への申告は不要ですが、期限内に確定申告か年末調整(入居した最初の年は確定申告が必要)で所得税の住宅借入金等特別控除の手続きをしてください。期限を過ぎると市・県民税から控除できません。
対象 平成19年~28年中に入居している人(平成19年・20年中の入居は所得税のみの控除)

「申告が必要?」「申告はどこに?」迷ったときは、市ホームページに申告フローチャートを掲載しています。

所得税の確定申告

問合せ 奈良税務署(電話番号:0742-26-1201)
土曜日・日曜日・祝日は除く。受付時間は混雑の状況により早めに受付を終了する場合があります。

奈良税務署(登大路町)*駐車場は利用できません。 2月16日(木曜日)~3月15日(水曜日)※2 午前9時~午後4時
県立図書情報館(大安寺西一丁目)*駐車場300台(1時間超は有料) 2月2日(木曜日)~15日(水曜日)午前9時半~午後3時*最終日は午後2時まで
※2 2月19日(日曜日)・26日(日曜日)に限り日曜日も申告相談受付を行います。確定申告会場の開設日は、2月16日(木曜日)です。2月15日(水曜日)以前は、確定申告会場での相談を行いません。

  • 奈良市役所では確定申告書の提出のみ可能です(奈良税務署の受付印が必要な人は、直接奈良税務署に提出してください)。
  • 都祁行政センター、生駒市図書会館、いかるがホール、西奈良県民センターの地区相談会場は開設しません。確定申告の用紙は国税庁ホームページ<外部リンク>からダウンロードできます。譲渡所得(株式等を含む)や贈与税・相続税の相談は奈良税務署のみとなります。

所得税の確定申告が必要な人

  • 所得税を申告しなければならない人 所得金額の合計額から基礎控除、配偶者控除等の所得控除の合計額を差し引いて残額がある人のうち(1)事業、不動産収入のある人、土地や建物を売った人(2)サラリーマンで給与の年収が2000万円を超える人、給与以外の所得が20万円を超える人、2か所から給与を受けている人など
  • 所得税の還付を受ける人 所得税が源泉徴収される人のうち(1)マイホームをローン等で取得し、住宅借入金等の特別控除を受ける人(勤務先で年末調整をしていない人)(2)病気やけが等で一定額以上の医療費を支払った人(3)災害や盗難等で損害を受けた人など

確定申告書は国税庁HP「確定申告書等作成コーナー」で作成できます(国税庁ホームページ<外部リンク>

パソコン画面の案内に従って給与収入額等を入力すると、税額等が自動計算されます。作成した確定申告書を印刷して、添付資料を同封して奈良税務署へ送付してください。

復興特別所得税の申告もお忘れなく

平成25年~49年分は所得税と合わせて復興特別所得税を申告・納付する必要があります(所得税額の2.1%)。確定申告書の「復興特別所得税額」・「所得税及び復興特別所得税の額」の欄に記入してください(「確定申告書等作成コーナー」で作成すると自動的に計算されます)。

高齢者等の自力作成困難者限定の所得税の確定申告相談会(事前予約制・無料)

問合せ・予約 奈良納税協会(電話番号:0742-22-2457)
西部公民館(学園南三丁目) 2月28日(火曜日)・3月1日(水曜日)午前10時~正午、午後1時~4時
※近畿税理士会奈良支部派遣の税理士が、相談に応じます。2月1日(水曜日)から事前予約の受付を開始します。

次のような申告誤りや記入漏れにご注意を

  1. 源泉徴収票に記載のある社会保険料控除は本人の申告にのみ適用できます。例:妻の年金から天引きされた介護保険料を、夫の社会保険料控除に含めて申告することはできません(納付書や口座振替で夫が妻の健康保険料等を納めた場合は可)。
  2. 確定申告書第二表の「住民税に関する事項」への年少扶養親族・配当割額控除額・株式等譲渡所得割額控除額・寄附金控除額等(ふるさと納税等)の記載漏れに注意してください。市・県民税の税額に影響する場合があります。くわしくは市ホームページにも掲載

※「日本国外に居住する親族に係る扶養控除等の書類の添付等義務化」等の法律改正については、市役所ホームページに掲載しています。

申告書へのマイナンバーの記載等について

マイナンバー制度の導入に伴い、平成28年分以降の所得税等の確定申告書および平成29年度以降の市・県民税の申告書には「マイナンバー(12桁)の記載」+「本人確認(認)書類の提示または写しの添付」が必要になります。

個人事業者の消費税と地方消費税の申告・納税は3月31日までです。

償却資産の申告はお済みですか?市内で事業をしている人は申告漏れに注意してください。

問合せ 資産税課(電話番号:0742・34・4961)

市民サービスセンターでの戸籍証明書発行休止について

2月18日(土曜日)午前9時~午後5時は停電に伴い戸籍システムが停止します。戸籍全部・個人事項証明書および戸籍各種証明書等の戸籍証明書が発行できません。
問合せ 市民サービスセンター(奈良ファミリー5階 電話番号:0742・36・5913)

新たに選挙人名簿などに登録された人の名簿の縦覧

新しく奈良市の選挙人名簿と在外選挙人名簿に登録された人を記載した書面を縦覧できます。

  • とき 3月3日(金曜日)~7日(火曜日)午前8時半~午後5時
  • ところ 市役所(選挙管理委員会事務局)
  • 問合せ 同局(電話番号:0742・34・3501)

奈良市大規模盛土造成地マップについて

大地震時の宅地の安全性を今後調べていくため、大規模に盛土造成された宅地のおおむねの位置や規模を調査し、マップを掲載しています。災害の未然防止等に役立ててください。市役所で配布。ホームページにも掲載
問合せ 開発指導課(電話番号:0742・34・5237)

ごみ収集場所・時間について

2月の燃やせないごみの収集日・収集区域

  • A・F・B・E 燃やせるごみ:月曜日・木曜日の地域、燃やせないごみ:8日・22日の水曜日
  • C・H・D・G 燃やせるごみ:火曜日・金曜日の地域、燃やせないごみ:1日・15日の水曜日
    ※A~Dは市の収集区域、E~Hは市清美公社の区域です。一部地域ではごみ収集の曜日が違うためホームページ等で確認してください。
  • 収集場所の変更などは、必ず事前に連絡をして、協議してください。収集作業に支障がある場合は、希望に添えないことがあります。
  • 収集場所付近での工事やその日のごみの量によって、収集時間が早くなることや、遅くなることがあります。当日の午前7時半までにごみの搬出をお願いします。
  • クリーニングの袋は、破れやすく、ごみが飛び散ることがあるので、ごみ袋として使用しないでください。
    問合せ 収集課(電話番号:0742・71・3012)市清美公社(電話番号:0742・33・8782)

2月は水質改善強化月間

大和川の汚れの原因の約70パーセントは食べ残しや洗剤などの家庭から出る生活排水です。汚れた水は流さないよう心がけ、美しい奈良の川にしましょう。くわしくはホームページにも掲載

川を汚さないための工夫

  1. (1)台所では水切り袋をつけたり、排水口に細かい網をつけたりするなど調理くずや食べ残しを流さないようにする。
  2. 食用油は新聞紙などでふき取り、油を流さないようにする。
  3. 洗剤は適量を使用する。
  4. 浄化槽は法律で義務づけられた保守点検・清掃・法定検査を行い、適正に維持管理する。
  5. 下水道が整備された区域では早期に接続する。

問合せ 保健・環境検査課(電話番号:0742・93・8477)企業局下水道計画管理課(電話番号:0742・34・5340)

空き家セミナー

  • 空き家セミナー&個別相談会
    • とき 3月2日(木曜日)セミナー:午後1時~2時。相談会:午後2時15分~4時15分
    • ところ 市役所(6階第1研修室)
    • 定員 セミナー30人(申込不要)。相談会5組(要申込)
  • 空き家出前セミナー・相談会空き家の専門家が出張し無料相談会を開催します(随時受付)。
    • 対象 自治会・各種地域団体等10人以上の団体
    • 講師 空き家コンシェルジュ
      申込 電話か直接奈良ブランド推進課(電話番号:0742・34・5172)へ。

市営住宅入居者募集

  • 募集住宅
    一般向 第3号市営住宅(桜町)1戸、第4号市営住宅(般若寺)2戸、第18号市営住宅(五条山)1戸、第1号コミュニティ住宅(JR奈良駅前)1戸子育て世帯向 第20号市営住宅(松陽台)1戸、第1号コミュニティ住宅(JR奈良駅前)1戸シルバーハウジング 第9号市営住宅(紀寺)1戸
    ※申込資格は申込案内に記載
  • 申込 住宅課、出張所、行政センター、市民サービスセンターで2月1日~15日に配布する申込書に必要事項を書いて、2月15日必着で住宅課へ送付か持参
  • 抽選 2月22日(水曜日)に公開抽選
    問合せ 住宅課(電話番号:0742・34・5174)

若者就労支援のためのしごと無料相談会

  • とき 2月21日(火曜日)午後1時~5時。1人1時間以内
  • ところ 市役所
  • 定員 40歳前半までの人とその家族。1日4人
  • 申込 電話か直接商工労政課(電話番号:0742・34・4741)へ。

ファミリー・サポート・センター

育児の援助者、依頼者が会員として登録し、助け合いを行う組織です。

  • 説明会
    • とき 2月24日(金曜日)、3月7日(火曜日)午前10時~11時、3月14日(火曜日)午前9時半~10時半
    • その他 会員登録には、顔写真(縦3センチメートル×横2.5センチメートル)2枚と印鑑が必要
  • 講習会
    • とき 3月14日(火曜日)午前10時半~午後4時半
    • 対象 援助・両方会員
    • 内容 子どもの成長と発達、救命入門コース、子どもとの接し方
  • スキルアップ講座
    • とき 2月14日(火曜日)午前10時~正午
    • 内容 3B体操
    • 講師 日本3B体操協会の篭本美智代さん
  • ふれあいデイ
    • とき 3月7日(火曜日)午前11時~正午
    • ところ はぐくみセンター(三条本町)
      申込 電話で同センター(電話番号:0742・34・3305)へ。

市立奈良病院駐車場の利用について

8月中旬まで施設整備工事に伴い、臨時駐車場の一部が利用できなくなります。公共交通機関で来院してください。
問合せ 同病院(電話番号:0742・24・1251)

障がい者控除対象者の認定について

市内在住の65歳以上の人で、寝たきりや認知症の状態が一定の基準該当し「身体障がい者又は知的障がい者に準ずる」と認められるときは、身体障害者手帳などの交付を受けていなくても所得税や市・県民税の障害者控除を受けることができます。

  • 必要書類 (1)申請書(2)医師の意見書。要介護認定がある場合は同意書でも可※意見書は医療機関規定の文書作成料が必要
  • 対象 平成28年中に65歳以上の人
  • その他 非課税・生活保護受給の場合は、認定を受けても税の還付等はありません。
  • 問合せ 長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439)くわしくはホームページにも掲載

障害児・者理解促進研修

成人をみこした家族支援について

  • とき 3月8日(水曜日)午前9時半~11時
  • ところ 市役所
  • 内容 県地域生活定着支援センター所長の西田利昭さんによる講話
  • 定員 80人。在勤・在学も可
  • 申込 ファクスに住所、氏名、連絡先を書いて、2月24日までに障がい福祉課(電話番号:0742・34・4593 ファックス番号:0742・34・5080)へ。手話通訳・要約筆記が必要な人は要申込

まほろば健康ウォーク(70歳以上限定)

なら・観光ボランティアガイドの会が案内します。

きたまちの魅力にふれる

70歳以上の人のみポイント50

  • とき 2月15日(水曜日)午前9時半~正午。雨天決行。警報等発令の場合は中止
  • コース 近鉄奈良駅前行基広場集合~慈眼寺~法蓮造りの家~奈良女子大学記念館~普光院~北山十八間戸~夕日地蔵~細川家住宅~五却院~空海寺~知足院~戒壇院~近鉄奈良駅解散(約5.7キロメートル)
  • 費用 200円
  • 対象 ななまるカード(優待乗車証、老春手帳)所持の70歳以上の人
  • 持物 ななまるカード、動きやすい服装・靴、タオル、お茶など。前回参加者はスタンプカード
  • ポイント 後日自動的に付与。ボーナスポイント:平成28年度に6回以上参加で100ポイント、全回参加で200ポイント付与
  • 申込 電話かはがき、ファックス、Eメールに事業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、2月10日までに長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439ファックス番号:0742・34・1161 Eメール:choujufukushi@city.nara.lg.jp)へ。

認知症サポーター養成講座

認知症を正しく理解し、認知症の人や家族のよき理解者、温かく見守る応援者を養成する講座です。

  • とき 2月28日(火曜日)午前10時~11時半
  • ところ 市役所(北棟6階第22会議室)
  • 定員 50人
  • 申込 電話かファックスに住所・氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号を書いて、2月22日までに福祉政策課(電話番号:0742・34・5196ファックス番号:0742・34・5014)へ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

歩数計でななまるウォーキング

70歳以上の人のみポイント50~

  • 参加者に歩数計を貸与し、1週間の歩数を計測した合計歩数に応じてポイントを付与します。
  • とき 2月20日(月曜日)~26日(日曜日)に歩数計をつけて各自ウォーキングを実施し、27日に長寿福祉課へ返却
  • 対象 70歳以上で、ななまるカード(優待乗車証、老春手帳)を持っている人30人(当年度1人1回限り)ポイント 3万歩以上5万歩未満50ポイント、5万歩以上7万歩未満100ポイント、7万歩以上200ポイント
  • 申込 往復はがきに、事業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、2月8日(当日消印有効)までに長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439)へ。多い場合は抽選

勤労者総合福祉センター(サン・アクティブ奈良)

〒630-8106佐保台西町115 電話番号:0742・71・2444

社交ダンス

  • とき 2月4日(土曜日)・11日(祝日)・18日(土曜日)、3月4日(土曜日)・12日(日曜日)午後1時半~4時半。午後2時~3時は講師常駐、2月11日と3月12日は30分の団体レッスンあり
  • 費用 各日1人500円
  • 申込 不要
  • その他 パートナーチェンジもあり
  • 持物 ダンスシューズ。室内用スニーカーも可

市にはバス路線は約70路線ありますが、その内約40路線は赤字であり、存続が危ぶまれてます。公共交通を利用しましょう。

問合せ 交通政策課

2月15日(水曜日)~28日(火曜日)は固定資産税・都市計画税(第4期分)の納期です。納税は便利な口座振替(銀行窓口で手軽にできます)を利用してください。

男女共同参画センター「あすなら」

〒630-8245西之阪町12 電話番号:0742・81・3100 ファックス番号:0742・25・0600

(1)男のスターティング・ノート~これからの男の活き方セミナー~

  • とき 3月4日(土曜日)午後1時~4時半
  • 内容 同年代の参加者と語り合いながら、自分のスターティングノートを作成
  • 講師 シニア産業カウンセラーの吉岡俊介さん
  • 定員 50~60代の男性20人(在勤・在学も可)
  • ※託児なし

(2)健康プチセミナー「東洋医学で免疫力アップ!」

  • とき 3月7日(火曜日)午後1時半~3時
  • 内容 身体を温めるポイント、婦人科トラブルの緩和、自宅でできるツボ・セルフケア等
  • 講師 鍼灸師の富田涼子さん
  • 定員 女性20人。在勤・在学も可

申込 往復はがきに講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、託児(1歳~就学前)希望者は幼児の名前(ふりがな)・性別・年齢を書いて、(1)2月23日(2)2月28日までに同センターへ。電話、ファックス、ホームページの電子申請からも可。多い場合は抽選

ボランティアセンター

〒630-8113法蓮町1702-1 電話番号:0742・26・2270 ファックス番号:0742・26・2003

ボランティアコーディネーター研修会~ボランティアとのより良い協働をめざして~

  • とき 2月15日(水曜日)午後1時半~4時半
  • 内容 ボランティア受入の際に心がけておくこと他
  • 持物 筆記用具
  • 定員 市内の福祉施設や医療機関に所属するボランティア受入担当者30人
  • 申込 ファックスか Eメール(naravc@citrus.ocn.ne.jp)に施設名、住所、氏名、役職、担当業務、電話番号を書いて、2月10日必着で同センターへ。多い場合は抽選

市民交流さろん

奈良市ポイント100

  • とき 2月18日(土曜日)午前10時~正午
  • 内容 ボラセンで学ぶ「文化財保護」~被災文化財を救う市民ボランティアのチカラ~
  • 定員 30人
  • 申込 電話かファックス、Eメール(naravc@citrus.ocn.ne.jp)に氏名、連絡先を書いて、2月15日までに同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

なら工藝館

〒630-8346阿字万字町1-1 電話番号:0742・27・0033

  • 雛人形特別展雛人形を題材にした奈良伝統工芸作品の展示販売
    とき 2月1日(水曜日)~3月3日(金曜日)午前10時~午後6時(入館は5時半まで)
  • 「心の古里古赤膚焼茶道具名品展」~木洩れ日庵辻井由紀子コレクション~江戸末期から明治初頭に活躍した陶芸家で、赤膚焼の中興の祖と呼ばれる名工、奥田木白の作品を中心に展示
    • とき 2月1日(水曜日)~26日(日曜日)午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)作品解説 2月7日(火曜日)・19日(日曜日)午後2時からいずれも30分程度
    • ところ 当館
      ※常設展示作品は期間中展示していません。
  • 臨時休館のお知らせ特別展開催に伴い常設展示室の作品入替のため、1月31日(火曜日)と2月28日(火曜日)は臨時休館します。

北福祉センター

〒631-0805右京一丁目1-4(北部会館2階) 電話番号:0742・71・3501 ファックス番号:0742・71・3548

デュークズウォーキング~素敵に歩こう~

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50

  • とき 2月22日(水曜日)午後1時半~3時
  • 内容 腰や膝に負担をかけない足の運び方、美しい歩行姿勢など
  • 講師 デューク更家公認の武當倭人さん
  • 定員 60歳以上の人50人
  • 申込 2月10日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

世代間交流~楽しくリズム体操!~

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50

  • とき 2月25日(土曜日)午後1時半~2時半
  • 講師 リズム体操研究会の健康運動指導士の有安弥生さん
  • 定員 60歳以上の人とその家族、子どもと保護者60人
  • 申込 2月10日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

西福祉センター

〒631-0024百楽園一丁目9-13 電話番号:0742・41・3151 ファックス番号:0742・41・3150

健康「チェック」&「相談」

70歳以上の人のみ奈良市ポイント20

  • とき 2月21日(火曜日)午後2時
  • 内容 吉田病院看護師などによる骨密度・体脂肪・血圧測定など
  • 定員 60歳以上の人50人
  • 申込 2月14日までに電話か直接同センターへ。去年6月に受講していない人を優先して抽選し、漏れた人のみ連絡

らくらく健康体操

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50

  • とき 3月7日(火曜日)午後1時半~2時45分
  • 内容 東洋医学のツボと経絡を使って無理なくできる自彊術・ペア体操
  • 講師 体と心の健康体操健生会奈良支部長の辰己良子さん
  • 定員 60歳以上の人60人
  • 申込 2月25日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

いきいきアップ♪「美メイク」セミナー

70歳以上の人のみ奈良市ポイント20

  • とき 3月22日(水曜日)午前10時半~午後0時半、3月23日(木曜日)午前10時半~午後0時半・午後2時~4時
  • 内容 化粧の基本テクニックやメイク法、ネイル体験など
  • 定員 60歳以上の女性15人
  • 持物 髪留めピン・タオル1枚(ケープ代わりに使用)、ノーメイクで来館してください。
  • 申込 往復はがきにセミナー名、希望日時、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、3月8日必着で同センターへ。

南福祉センター

〒630-8443南永井町45-1 電話番号:0742・62・3730 ファックス番号:0742・62・3780

みなみ落語

  • とき 2月11日(祝日)午後1時~2時
  • 内容 奈良大学落語研究会「古都家」による落語
  • 対象 60歳以上の人とその家族
  • 申込 不要

2月15日(水曜日)~28日(火曜日)は国民健康保険料第2月期(第9期)の納期です。納付には便利な口座振替を利用してください。

東福祉センター

〒630-8113法蓮町1702-1 電話番号:0742・24・3151 ファックス番号:0742・27・9028

世代間交流事業・暮らしに役立つ講座「AEDで救える命~その時あなたは?」

  • とき 2月18日(土曜日)午前10時~11時半
  • 内容 佐保地区自主防災会の人とともにAED使用方法を学ぶ
  • 講師 市中央消防署佐保分署員
  • 定員 60歳以上の人とその家族・子育てスポットすくすく広場利用者50人
  • 申込 2月11日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

暮らしに役立つ講座「『家族葬とお墓』の正しい知識と選び方」

  • とき 2月28日(火曜日)午後1時半~3時半
  • 内容 エンディングノートを使った終活の方法や、家族葬と永代供養や散骨について
  • 講師 泉屋スタッフ
  • 定員 60歳以上の人とその家族50人
  • 申込 2月18日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

認知症予防講座(応用編)「もっと元気に楽しく認知症予防しませんか?」70歳以上の人のみ奈良市ポイント20

  • とき 3月4日(土曜日)午後1時半~3時半
  • 内容 認知症の話や脳機能を高めるリハビリゲーム等
  • 講師 認知症ケア専門士の田中裕子さん
  • 定員 60歳以上の人とその家族・認知症予防に関心のある人50人
  • 申込 2月25日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

奈良の文化財をもっと知る講座2016

歴史探訪大安寺と八幡神社

  • とき 3月18日(土曜日)午後1時半~4時
  • ところ 大安寺、大安寺旧境内塔跡、八幡神社
  • 内容 古代の仏像と塔跡、市指定文化財八幡神社中門の修理現場などの見学
  • 講師 文化財課職員
  • 定員 中学生以上30人。在勤・在学も可
  • 費用 大人500円、高校生400円、中学生300円(拝観料)
  • 申込 往復はがきか ファックス、Eメールに参加者全員の住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、3月8日必着で文化財課(電話番号:0742・34・53690742・34・4859 Eメール:bunkazai@city.nara.lg.jp)へ。1通に2人まで可。多い場合は抽選

ボランティアインフォメーションセンター

〒630-8122三条本町13-1(はぐくみセンター1階) 電話番号:0742・93・8435 ファックス番号:0742・34・2336

ボランティア入門講座感動を分かち合う喜び!~スポーツボランティア~

奈良市ポイント100

  • とき 2月25日(土曜日)午前10時~正午
  • 定員 30人。在勤・在学も可
  • 申込 電話かファックス、Eメール(volunt-info@city.nara.lg.jp)に講座名、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、2月18日までに同センターへ。多い場合は抽選

出会いウィーク2017

NPO・ボランティアフェスタ~ボランティア、できることから始めませんか~

奈良市ポイント50

  • とき 2月18日(土曜日)午前10時~午後5時、2月19日(日曜日)午前10時~午後4時
  • ところ 中部公民館(上三条町)
  • 内容 NPO法人、ボランティア団体、企業、学生があなたにできるボランティアを紹介。ボランティア体験もできます。くわしくは奈良NPOセンターホームページに掲載
  • 問合せ 同センター事務局(電話番号:0742・20・5027)

もったいない陶器市

  • 回収できるもの 市内の家庭で不要になった陶磁器製食器
  • 回収できないもの 市外の家庭や事業で不要になったもの、素焼きや耐熱食器(土鍋など)、ガラス・プラスチック・金属・木製の食器、ゴム底や取っ手などが付いているもの(取り外せば可)、灰皿、花瓶、置物など食器でないもの
  • 回収方法 回収日時に回収場所へ持ち込む。
  • 回収場所・回収日 (1)2月1日(水曜日)・コープおしくま(押熊町)(2)2月8日(水曜日)・イトーヨーカドー奈良店5階(3)2月22日(水曜日)・都跡公民館(五条町)。午前10時~午後1時、回収は午後0時半まで
  • 問合せ 環境政策課(電話番号:0742・34・4591)

ごみ減量キャラバン

とき・ところ・定員・締切

2月14日(火曜日)午前9時半~11時半・伏見公民館(青野町二丁目)・10人程度・2月10日

市民団体「奈良市ごみ懇談会」とともに、ごみの減量手法の紹介や提案
申込 電話か ファックス、 Eメールに氏名、 電話番号などを書いて、各締切日までに廃棄物対策課(電話番号:0742・71・3001 ファックス番号:0742・71・1621 Eメール:haikibutsutaisaku@city.nara.lg.jp)へ。

はぐくみセンター~にぎわい市場~

  • とき 2月25日(土曜日)午前9時半~正午
  • ところ はぐくみセンター(三条本町)
  • 内容 オープニング(津軽三味線の演奏)、新鮮野菜など地場産品の販売、ハンドメイドの雑貨・お菓子などの販売、お遊びコーナー(子ども向けゲーム)、工作コーナー、紙芝居、プラネタリウムの特別投影、おはなしの会など
  • 問合せ はぐくみセンター管理課(電話番号:0742・34・2303)

ペットにも受動喫煙の悪影響があります。気をつけましょう。

問合せ 保健所生活衛生課(電話番号:0742・93・8395)

史料保存館

〒630-8337脇戸町1-1 電話番号:0742・27・0169

ならまち歳時記~早春~月ヶ瀬の梅

  • とき 前期:2月7日(火曜日)~3月12日(日曜日)、後期:3月14日(火曜日)~31日(金曜日)午前9時半~午後5時(入館は4時半まで)。3月20日を除く月曜日(祝日は除く)と3月21日(火曜日)は休館
  • 内容 前期は文人画家富岡鉄斎の作品など、後期は明治時代の写真、案内図などで紹介展示解説 2月26日(日曜日)、3月12日(日曜日)午後1時半から各30分程度
  • 申込 不要

史料保存館史料によるタイムトラベル奈良町~月ヶ瀬の梅~

  • とき 3月5日(日曜日)午後1時~4時。史料解説は午後2時から30分程度
  • ところ 奈良町にぎわいの家(中新屋町)
  • 内容 近代の月ヶ瀬梅渓を紹介する案内図や富岡鉄斎作品の写真を展示紹介・解説
  • 申込 不要
  • 問合せ 同館

埋蔵文化財調査センター

〒630-8135大安寺西二丁目281 電話番号:0742・33・1821

平成28年度春季発掘調査速報展

  • とき 3月1日(水曜日)~31日(金曜日)午前9時~午後5時(土曜日・日曜日、祝日は休館。3月19日は開館)
  • 内容 初めて寺域内が調査された平松廃寺、大規模宅地が想定される平城京左京二条三坊一・八坪、平面規模が判明した大安寺講堂の発掘調査成果を出土品とパネルで紹介

埋蔵文化財発掘調査報告会

  • とき 3月19日(日曜日)午後1時半~4時半
  • 内容 速報展で紹介する3つの発掘調査の成果報告
  • 定員 50人
  • 申込 往復はがきか Eメール(maizoubunka@city.nara.lg.jp)に住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、3月3日必着で同センターへ。1通に1人限り。多い場合は抽選

横井児童館わくわく子どもフェスタ

「広げよう!差別をなくす仲間の輪!」をテーマに仲間づくりの輪を広げ、子どもたちの交流を深めるイベントです。

  • とき 3月5日(日曜日)午前9時45分~午後3時
  • ところ 横井児童館(横井町)
  • 内容 オープニング(都南中学校吹奏楽部)、エンディング、フェイスペインティング、遊びのコーナー、模擬店、はたらく車展示など
  • 問合せ 同館(電話番号:0742・62・0307)

月ヶ瀬楽検定

月ヶ瀬楽検定受験者募集月ヶ瀬梅渓の歴史を中心に、訪れた文人墨客、自然、文化などから出題

  • 募集期間 2月19日(日曜日)~3月31日(金曜日)
  • 定員 80人
  • 費用 千円(高校生以下500円)検定日 4月9日(日曜日)午後2時(会場:月ヶ瀬梅の資料館)
  • 問合せ 月ヶ瀬観光協会(電話番号:0743・92・0300)

月ヶ瀬梅渓梅まつり

期間:2月19日(日曜日)~3月31日(金曜日)

  • 名勝月ヶ瀬梅渓資料展
    • とき 期間中の午前9時~午後4時
    • ところ 月ヶ瀬梅の資料館(月ヶ瀬長引)
      ※資料保存館でも2月7日(火曜日)~3月31日(金曜日)に開催
  • 梅渓写真展
    • とき 期間中の午前9時~午後4時
    • ところ 月ヶ瀬梅の資料館、梅の里ふれあい館
  • 写真コンクール
    • 内容 期間中に月ヶ瀬梅林内で撮影された写真
    • 締切 4月21日
  • 月ヶ瀬梅渓早春マラソン
    • とき 2月19日(日曜日)午前9時45分
    • ところ 月ヶ瀬梅林内
  • 春一番梅の郷ふれあい祭り
    • とき 2月26日(日曜日)午前11時~午後3時
    • ところ ロマントピア月ヶ瀬
  • 煎茶祭
    • とき 3月5日(日曜日)午前10時~午後3時
    • ところ 月ヶ瀬温泉
  • 俳句大会
    • とき 3月8日(水曜日)正午投句締切
    • ところ 月ヶ瀬公民館(旧文化センター)
  • 天神社知恵餅まき
    • とき 3月20日(祝日)午後1時
    • ところ 天神社境内
  • 奈良晒春の作品展
    • とき 3月17日(金曜日)、18日(土曜日)午前10時~午後3時
    • ところ ロマントピア月ヶ瀬
  • 奈良晒パネル展
    • とき 期間中の午前9時~午後4時
    • ところ 月ヶ瀬梅の資料館
  • 春の宴
    • とき 3月18日(土曜日)午前10時~午後3時
    • ところ 松田椎茸園駐車場
    • 問合せ 月ヶ瀬観光協会(電話番号:0743・92・0300)

青少年野外活動センター

〒630-1241阪原町25-1 電話番号・ファックス番号:0742・93・0029

で~っかいティラノザウルスをバルーンで作ろう!「森のピエロ体験教室」

  • とき 2月25日(土曜日)午前10時~午後3時
  • ところ 青少年野外活動センター(阪原町)
  • 内容 ジャグリングやバルーンアート、巨大なティラノザウルスの骨格標本を協力作成
  • 費用 千円(保護者参加可)
  • 定員 小学生以上7~20人
  • 申込 同センターホームページの申込フォームに必要事項を書いて、2月18日までに同センターへ。
  • その他 昼食各自持参
  • 問合せ 同センター(電話・ファックス番号:0742・93・0029 Eメール:chiiki-manabi@kcn.jp

プロバスケットボールバンビシャス奈良

奈良市ポイント100

  • とき・対戦相手
    • 2月18日(土曜日)午後6時・鹿児島レブナイズ
    • 2月19日(日曜日)午後2時・鹿児島レブナイズ
  • ところ ならでんアリーナ(中央体育館法蓮佐保山四丁目)
  • チケット 同チーム公式サイトに掲載
  • 問合せ 同チーム(電話番号:0742・20・1800 火曜日~金曜日午前10時~午後5時)

奈良県障害者スポーツ大会

全国大会出場選手の選考会を兼ねています。

  • 競技・日程
    • 4月16日(日曜日) バスケットボール(県心身障害者福祉センター)、サッカー(県立高等養護学校)、フットベースボール(県立高等養護学校)
    • 4月23日(日曜日) 卓球(県心身障害者福祉センター)、ソフトボール(県立高等養護学校)
    • 5月14日(日曜日) フライングディスク(県立高等養護学校)
    • 5月21日(日曜日) 水泳(ならやま屋内温水プール)
    • 5月28日(日曜日) 陸上競技(県立橿原公苑陸上競技場)
  • 参加資格 今年4月1日現在で満13歳以上の人で身体障害者手帳か療育手帳の交付を受けている、または取得の対象に準ずる障害のある人
  • 申込 障がい福祉課備え付けの用紙に必要事項を書いて、3月3日必着で同課(電話番号:0742・34・4593)へ。

北部会館市民文化ホール

〒631-0805 右京一丁目1-4
電話:0742・71・5747

高の原文化講座(4月~来年3月)

火曜日

  1. フラダンス
    • とき (A)午前9時~10時半(B)午前10時45分~午後0時15分(C)午後1時~2時半(D)午後7時~8時半
    • 費用 3か月9千円
  2. ウェーブ・ストレッチ・リング&ヨガ
    • とき 午後2時45分~4時15分
    • 費用 3か月9千円
  3. 親子ビクス
    • とき 午前10時~11時
    • 対象 2・3歳児と保護者
    • 費用 3か月6千円
  4. キッズビクス
    • とき 午後4時~5時
    • 対象 園児(3~6歳)
    • 費用 3か月6千円
  5. 手芸・ストレッチ編(月1回)
    • とき 午前10時~午後3時
    • 費用 3か月9千円、材料費
  6. 押し花(月2回)
    • とき 午後2時~4時
    • 費用 3か月6千円、材料費

水曜日

  1. 日本刺繍(月1回)
    • とき 午前10時~午後3時
    • 費用 3か月9千円、用具代1万4770円、材料費
  2. ウォーキングエアロビクス
    • とき 午前9時20分~10時半
    • 費用 3か月9千円
  3. デューク式ウォーキング(月2回)
    • とき 午前10時45分~午後0時15分
    • 費用 3か月1万500円
  4. ヨガ
    • とき 午後1時10分~2時40分
    • 費用 3か月9千円
  5. ハワイアンフラ
    • とき 午後3時~4時10分
    • 費用 3か月9千円
  6. ジュニア・キッズビクス(月2回)
    • とき 午後5時半~6時半
    • 対象 小学生
    • 費用 3か月6千円
  7. 整体リズムヨガ
    • とき 午後7時半~8時40分
    • 費用 3か月9千円
  8. 水彩画(月1回)
    • とき 午前9時半~午後0時半
    • 費用 3か月6千円、材料費木曜日
  9. 高の原コーラス(来年2月までの月2回)
    • とき 午前10時~11時半
    • 費用 3か月6千円
  10. リズム元気体操
    • とき 午後1時半~3時
    • 費用 3か月9千円
  11. 座式太極気功運動
    • とき 午後3時半~4時40分
    • 費用 3か月9千円
  12. ゆる体操(月2回)
    • とき (A)(中級)午前9時~10時10分(B)(初級)午前10時20分~11時半
    • 費用 3か月6千円
  13. 楽しく英会話
    • とき (A)(入門編)午後1時~2時半(B)午後3時~4時半?午後7時~8時半
    • 費用 3か月9千円、テキスト代金曜日
  14. ストレッチ体操
    • とき 午前9時~10時半
    • 費用 3か月9千円
  15. 気功体操
    • とき 午前10時45分~午後0時15分
    • 費用 3か月9千円
  16. ピラティス
    • とき 午後1時~2時10分
    • 費用 3か月9千円
  17. デトックスヨガ
    • とき 午後2時半~4時
    • 費用 3か月9千円
  18. 和紙ちぎり絵(月2回)
    • とき 午後1時半~3時半
    • 費用 3か月6千円、材料費(記載のない講座は月3回)

※5,6,7,14,24のミニ作品展を当ホールで2月3日(金曜日)~3月3日(金曜日)に開催(入場自由)
定員 18歳以上(高校生不可、3,4,12除く)(1,8~11,13,16~18,20,23)各50人。(2,22各30人。(3)20組。(4,12)各25人。(5,6,14,24)各24人。(7)15人。(15)200人。(19)各20人。(21)40人
その他 費用は1期分(3か月、3~9回程度)を前納。全4期。原則返金不可。講座の1回目は体験会(無料)。
※一部講座除く
申込 同ホール備え付けの用紙(官製はがき持参)か往復はがきに講座名(1,18,19は(A)~?の別も)、住所、氏名(ふりがな)、年齢、 電話番号、(3,4,12)は保護者名を書いて、3月3日必着で同ホールへ。1枚に1人1講座限り。多い場合は抽選

ニュータウンフェスタたかのはら2017~知りあおう高の原、つながろう高の原~

  • とき 3月11日(土曜日)午前10時~午後5時
  • 内容 世代を超えてみんなで楽しめるパフォーマンス、展示、手作り小物・野菜販売、体験コーナー、カフェ他
  • 出演 ダンス、和太鼓、マジック&ジャグリング、ヒーローショー、吹奏楽、おやじバンド、フラダンス、人形劇、紙芝居、おはなしの会、腹話術、16ミリ映画、ボードゲーム、けん玉、コーラス他

神功音楽祭

  • とき 2月12日(日曜日)午後1時半
  • 内容 吹奏楽、コーラス、園児の合唱、輪になって歌おう他
  • 出演 平城西中学校吹奏楽部、神功小学校児童、神功幼稚園・保育園児、神功自治連合会他

動物の遺棄・虐待は犯罪です。

問合せ 保健所生活衛生課(電話番号:0742・93・8395)

奈良市ジュニアシニアスキースクール

  • とき 3月26日(日曜日)~29日(水曜日)3泊4日(車中1泊)
  • ところ 長野県志賀高原一の瀬スキー場
  • 定員 ジュニア(小学3年~中学生)、シニア(3級程度以上)35人
  • 費用 ジュニア4万7千円・シニア5万円(貸スキー・リフト代などは別途必要)
  • 申込 はがきに住所、氏名(ふりがな)、性別、生年月日、電話番号、スキーのレベル(滑走日数など)、ジュニアは学校名、学年と保護者名(捺印)を書いて、2月28日必着で市スキー協会の早瀬文雄さん(〒631‐0811秋篠町878‐2 電話番号:090・1586・8081)へ。兄弟姉妹、グループでの参加は1枚のはがきに連名で記入。多い場合は抽選。高校生以上のジュニア・リーダーも募集
  • その他 参加者決定後、説明会あり

春季市民硬式テニススクール

  • とき 3月5日(日曜日)・12日(日曜日)・19日(日曜日)・20日(祝日)・26日(日曜日)午前9時~正午
  • ところ 柏木テニスコート(柏木町)
  • 定員 小学4年生以上120人(在勤・在学も可。経験不問)
  • 費用 一般3千円、小・中・高校生2千円(スクール初日に徴収)
  • 申込 往復はがきに住所、氏名、年齢、 電話番号、テニス経験年数(所属クラブ)、学校名を書いて、2月20日必着で市テニス協会の柳澤精一さん(〒631‐0846平松二丁目8‐4 電話番号:0742・49・3356)へ。1人1枚限り。

スポーツ教室

楽しいソフトテニス

  • とき 3月4日(土曜日)午前9時半~11時45分。全10回。すべて土曜日に開催
  • ところ ならでん鴻ノ池コート(法蓮佐保山四丁目)
  • 定員 (1)初心 小学3年生以上(2)初・中級 中学生から一般各クラス30人程度
  • 費用 5800円
  • 持物 スポーツウェア、テニスシューズ、ラケット(貸出し有り)、飲み物、タオル
  • 申込 往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢、学年、電話番号、小学生は保護者名を書いて、ならでんフィールド(鴻ノ池陸上競技場〒631‐8180法蓮佐保山四丁目5‐1 電話番号:0742・22・0001)へ。

ジョイトレクラブ

リズム体操・ストレッチ教室・筋力トレーニング等、身体に必要な有酸素運動を取り入れながら、リスク予防・運動能力向上をサポートする教室です。体力年齢を計り、結果を見ながら無理なく楽しいトレーニングを指導します。

  • ところ ならでんフィールド(鴻ノ池陸上競技場法蓮佐保山四丁目)
  • 申込 ならでんフィールド(電話番号:0742・22・0001)

奈良町にぎわいの家

〒630-8333中新屋町5 電話番号:0742・20・1917

  1. かまど体験
    • とき 2月17日(金曜日)午前10時~午後0時半
    • 内容 かまどでご飯、季節のお味噌汁を作って食べる
    • 定員 5人
    • 費用 500円
  2. 二十四節気講座~春
    • とき 2月18日(土曜日)午前11時~正午
    • 内容 春の節気の説明や季節の和歌などの紹介
    • 講師 文化創造アルカ代表の倉橋みどりさん
    • 定員 20人
  3. 町家講座「町家の格子を探る」
    • とき 2月18日(土曜日)午後2時~午後3時半
    • 講師 なら・町家研究会の植田清三さん
    • 定員 20人
  4. 我が家にレコードがやってきた!~大正から昭和のレコードの話~
    • とき 2月19日(日曜日)午後2時~3時半
    • 講師 天理大学教員の加藤デビッドホプキンスさん
    • 定員 30人

申込 電話か Eメール(nigiwainoie@gmail.com)に、1~4の別、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、参加人数を書いて、開催日の1週間前までに同館へ。多い場合は抽選

ならまちナイトスクーリング

  • とき 2月18日(土曜日)午後6時半~8時
  • ところ ならまちセンター(東寺林町)
  • 講師 奈良大学名誉教授の西山要一さん
  • 定員 300人
  • 締切 2月10日
  • 問合せ 市総合財団ならまち振興事業部門(電話番号:0742・27・1820)

きたまち大学校

冥の照覧-興福寺の僧侶からみた神仏習合の世界-

  • とき 3月5日(日曜日)午後1時半~3時半
  • ところ 奈良女子大学記念館(北魚屋東町)
  • 講師 興福寺のザイレ暁英さん
  • 費用 100円(資料代)
  • 申込 不要
  • 問合せ 旧鍋屋交番きたまち案内所(電話番号:0742・23・1928)

奈良町からくりおもちゃ館

〒630-8338陰陽町7 電話番号:0742・26・5656

からくりおもちゃ「管人形」を作ろう

  • とき 2月26日(日曜日)午前10時~正午
  • 定員 小学生以上の24人(低学年は保護者同伴)
  • 費用 800円
  • 申込 往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢(小・中学生は学年も)、電話番号を書いて、2月16日必着で同館へ。1枚のはがきに2人まで可。多い場合は抽選。同館のホームページからの申込も可

しみんだより平成29年2月号 一覧へ戻る