ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成28年6月号(テキスト版)10~17ページ お知らせ2

本文

奈良しみんだより平成28年6月号(テキスト版)10~17ページ お知らせ2

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市民のうごき(5月1日現在)
総人口/361,570人世帯(男170,076人女191,494人)
世帯159,804

市では各家庭等を訪問して現金で市税を領収することは行っておりません。
問合せ 滞納整理課(電話番号:0742・34・4965)

中小企業融資制度について

奈良県信用保証協会が保証を行い(その際の保証料の7割は市が負担)金融機関が融資を行う制度です。比較的低保証料・低利で融資を受けることができます。
問合せ 商工労政課(電話番号:0742・34・4741)

生ごみ処理機器購入助成制度

(1)電気式生ごみ処理機
(2)生ごみ堆肥化容器

  • 対象 市の認定を受けた市内の取扱指定店から購入予定で、次の要件を満たしている人(事業所は除く)
  • 市内に住所がある。処理機器を市内に設置し、適正に維持管理できる。堆肥化された生ごみを適正に処理できる
  • 受付 6月13日から。募集件数に達し次第終了(過去に購入助成を受けた世帯は、5年を経過すると申請可)
  • 件数・助成額 (1)50件・購入費の2分の1(上限2万円)(2)100件・購入費の2分の1(上限5千円)
  • 申込 電話で購入前にリサイクル推進課(電話番号:0742・61・9900)へ。

農林課からのお知らせ

  • ミニ直売所設置補助金の案内
    市内の農業者団体(代表者の定め・規約があり、1年以上の直売所の経験がある団体)と市内の住民団体が共同し、農林畜産物を販売する直売イベントを年2回以上行う場合、補助金を受けられることがあります。
  • 狩猟免許試験費用の一部助成
    対象 市内在住の人で平成28年度に狩猟免許を取得した人(助成には諸条件があります)
  • ナラ枯れ被害対策道路や公園等の公共施設に隣接した倒木の危険のあるナラ枯れ被害木について、伐倒に係る費用の一部(上限5万円)を助成します。(助成には危険木として認定が必要ですので事前に農林課へ要相談)
  • 巨樹・巨木に申請しませんか自宅等の身近にある巨樹・巨木(高さ15m以上・幹周2メートル以上)を奈良市指定保存樹として申請できます。
  • 有害防除施設の設置一部補助
    • 対象 有害野生獣による農産物被害を防ぐために電気柵、防除網の資材を購入し市内の農地等に設置した市内農林業従事者
    • 申込 最寄りの農協各支店
    • 問合せ 農林課(電話番号:0742・34・5142)

奈良ブランド推進課からのお知らせ

  • 空き家管理・活用セミナー・相談会
    • とき セミナー:6月25日(土曜日)午後1時~2時。相談会:午後2時15分~4時15分
    • ところ はぐくみセンター(三条本町)
    • 定員 セミナー50人(申込不要)、相談会5組(要申込)
  • 空き家・町家バンク活用住宅支援補助金
    対象 空き家・町家バンクに登録された奈良市東部地域の空き家または奈良町地域の町家補助費用 住宅取得、リフォーム工事費用の2分の1(上限50万円)、荷物撤去費用の全額(上限20万円)
    ※予算(700万円)に達し次第終了。補助には条件あり。申請前に要相談
  • 三世代同居・近居住宅支援補助金
    • 条件 市外在住の子育て世帯(18歳未満の子がいる世帯)が市内在住の親世帯と同居・近居する場合補助
    • 費用 住宅取得、リフォーム工事費用(上限20万円)
      ※予算(600万円)に達し次第終了。補助には条件あり。申請前に要相談
    • 問合せ 奈良ブランド推進課(電話番号:0742・34・5172)

住宅用火災警報器の設置をお願いします

市では、平成21年6月1日から住宅用火災警報器の設置を義務付けています。早期に火災に気付くことで、スムーズに避難することや初期消火ができます。

  • 定期的な作動確認の実施
  • 悪質業者に注意してください。消防職員・団員が販売することは絶対にありません。

問合せ 中央消防署(電話番号:0742・22・7051)
南消防署(電話番号:0742・35・1149)
西消防署(電話番号:0742・45・7621)
北消防署(電話番号:0742・71・9119)
東消防署(電話番号:0743・82・0513)
消防局予防課(電話番号:0742・35・1192)

ごみの収集にご協力ください

燃やせないごみのスプレー缶は、残ったガスが爆発して火災が発生することがあります。中身を使い切って、風通しの良い場所で数か所穴を空け、収集日の午前7時半までに出してください。

6月の燃やせないごみの収集日・収集区域

区域A・F、B・E

  • 燃やせるごみ 月曜日・木曜日の地域
  • 燃やせないごみ(6月) 8日・22日の水曜日

区域C・H、D・G

  • 燃やせるごみ 火曜日・金曜日の地域
  • 燃やせないごみ 1日・15日・29日の水曜日

問合せ 収集課(電話番号:0742・71・3012)・市清美公社(電話番号:0742・33・8782)

6月は「環境月間」、5日は環境の日です

  • 地球温暖化防止のために
    世界に誇る歴史的文化遺産や豊かな自然を守り将来の子どもたちに引き継いでいくため、一人ひとりが二酸化炭素の排出を減らすエコライフを心がけましょう。
  • 気候変動キャンペーン「FuntoShare」
    FuntoShare公式サイトに取組を掲載(夏場のクールビズ等)
  • 市役所での「エコスタイル」実施
    5月1日~10月末まで全職場で「エコスタイル」に取り組んでいます。ご理解とご協力をお願いします。
    • 適正冷房を推進します市の施設では、冷房を概ね28℃とし過度にならないよう調整します。
    • 軽装で勤務します暑さをしのぎやすいノー上着・ノーネクタイ等で勤務します。
      問合せ 環境政策課(電話番号:0742・34・5642)

産業廃棄物等種届出・報告書の提出期限は6月30日です

電子申請での提出も可能です。くわしくは、ホームページに掲載
 産業廃棄物多量排出事業者関連法等に基づき、市内の産業廃棄物多量排出事業者は昨年度に提出した産業廃棄物処理計画書にかかる実施状況報告書と今年度の処理計画書を市長あてに提出してください。(平成22年度提出分から報告書の様式が変わっています)
多量排出事業者
(1~4)1つでも該当する場合

  1. 前年度の産業廃棄物の総排出量が500トン以上の事業場を市内に有する
  2. 資本金が4千万円以上の建設業者であって、市内で工事を行う
  3. 前年度の特別管理産業廃棄物の総排出量が50トン以上の事業場を市内に有する
  4. 医療法に定める許可病床数が150床以上ある病院を市内に有する

※昨年度新たに多量排出事業者となった場合は、今年度の処理計画書を提出してください。

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の保管事業者

関連法に基づき、PCB廃棄物を市内に保管する事業者は、保管状況等を市長あてに届け出てください。

産業廃棄物・特別管理産業廃棄物排出事業者(産業廃棄物中間処理業者を含む)

関連法に基づき、前年度の産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の管理票(マニフェスト)交付等状況報告書を市長あてに提出してください。
対象期間 平成27年4月1日~平成28年3月31日までの交付状況(電子マニフェストを活用している事業者は提出不要)

建設工事に伴い生じる産業廃棄物の排出事業者

関連法に基づき、排出事業者は、建設工事に伴い生じる産業廃棄物を排出した事業場の外において自ら保管(保管の用に供される場所の面積が300平方メートル以上の場所で行うものに限る)を行おうとするときは、あらかじめ市長あてに届け出てください。
問合せ 廃棄物対策課(電話番号:0742・71・3001/2226)

環境保全と安心・快適なまちづくりのために

「野焼き」は法律で禁止されています

「野焼き」は、一部の例外を除き、禁止されています。建設廃材等の産業廃棄物や家庭ごみを野焼きすると、法律により罰せられます。また、法律で定められた設備がない簡易な焼却炉で焼却することも、野焼きをしていると見なされます。なお、家庭で剪定した枝木なども焼却は行わず、環境清美センターに自己搬入するか、「大型ごみ」として申し込んでください。(市収集地域:電話番号:0742・71・9011,清美公社収集地域:電話番号:0742・33・8782)
問合せ 廃棄物対策課(電話番号:0742・71・3001/2226)

光化学スモッグにご注意を

空に白いモヤがかかったような「光化学スモッグ」という現象が起きます。濃度に応じ、予報、注意報等が発令されますが、その場合はできるだけ屋外での運動を避けてください。また、目がチカチカする、のどが痛む等の症状が出た場合は、洗眼やうがいをしてください。環境省ホームページ「そらまめ君」で市内の光化学オキシダント濃度等が確認できます。また、県ホームページ「エコなら」に登録すると、注意報等の情報がメールマガジンで配信されます。9月末日までは市ホームページにも掲載
問合せ 保健・環境検査課(電話番号:0742・93・8477)

雨水タンク設置一部補助

  • 対象 次の要件をすべて満たす人
    1. 今年4月1日以降に自分が住む市内の住宅(共同住宅を除く)に、地上据え置き型で貯水容量が100リットル以上の市販の雨水タンクを設置
    2. 市税の滞納がない
    3. 設置したタンクを適切に維持管理し、貯留した雨水を散水等に利用(補助金は同一の住宅につき1回限り)
  • 補助額 タンクの購入費・配送費の2分の1(上限2万円。予算額(140万円)に達し次第終了)
  • 申込 環境政策課、各出張所・行政センターに備え付けの用紙(ホームページに掲載)に必要事項を書いて、6月1日~来年3月31日(午前9時~午後5時。土曜日・日曜日、祝日、年末年始は除く)に環境政策課へ持参
  • 問合せ 環境政策課(電話番号:0742・34・5642)

下水道への関心が安全な下水処理につながります

大雨の日に大量の雨水が汚水管へ流れ込み、マンホールから下水が溢れ出たり、水圧で舗装等が破損する事故が起きています

  • 原因 宅内の雨水管の誤接続や雨天時に汚水ますの蓋を開けて宅内の雨水を排除する行為等です
  • 対策 宅内の雨水配管の確認および雨天時に汚水ますの蓋を開けないことです。故意に行うと罰則があります。工事が必要な場合は市の指定した排水設備指定工事店で行ってください。
  • 問合せ 企業局下水道計画管理(電話番号:0742・34・5248)へ。

6月15日~30日は市・県民税(全期・第1期分)の納期です。納税は便利な口座振替(銀行窓口で手軽にできます)をご利用ください。

犬の登録と狂犬病予防注射は、飼い主の義務です。
問合せ 保健所生活衛生課(電話番号:0742・93・8395)

水道料金の減免申請の受付を6月20日(月曜日)から開始します

市に住民登録(外国人含む)をしている世帯で次の条件に該当する人は申請し承認されると、納付額の一部を減免します(生活保護世帯、中国残留邦人等への生活支援給付を受給している世帯を除く)。なお現在減免承認を受けている人には申請書類を送付します。7月になっても書類が届かない場合は連絡してください。

  • 受付時間 午前9時半~正午、午後1時~4時
  • ところ 企業局庁舎内お客さまセンター
  • 減免期間 承認された月分~翌年7月分
  • 対象 メータの口径が13~25ミリメートルで平成27年中の合計所得金額が次の額以下の世帯(非課税所得を含む)。1人世帯は125万円。2人世帯は158万円(1人増えるごとに33万円を加算)
  • 減免額 口径別基本料金の2分の1に相当する額(税込)
  • 口径(ミリメートル) 13
  • 1か月の使用水量
  • 8立方メートル以下 394円
  • 8立方メートル超 502円
  • 口径(ミリメートル) 20
  • 1か月の使用水量
  • 8立方メートル以下 675円
  • 8立方メートル超 885円
  • 口径(ミリメートル) 25
  • 1か月の使用水量
  • 8立方メートル以下 950円
  • 8立方メートル超 1269円

※8月分からの減免は7月19日(火曜日)までに申請してください。
※集合住宅等に住んでいる人は、減免期間中の領収書等の確認後に減免額分を還付します。
必要書類 (1)世帯全員の住民票(続柄入)(2)世帯全員の所得証明書(3)非課税所得(遺族年金、障害年金、雇用保険の給付等)がある人は金額が確認できる書類かその写し
※(1)(2)は不要の場合あり
申込 企業局お客さまセンターに備え付けの申請書(企業局ホームページにも掲載)に必要事項を書いて、必要書類と印鑑、本人確認できるもの(運転免許証、保険証等)を持参
問合せ 企業局お客さまセンター(電話番号:0742・35・6825)

水道週間優秀作品展

6月1日~7日の水道週間にちなんだ応募作品のうち優秀作品を展示します。

  • とき (1)6月1日(水曜日)~6月4日(土曜日)(2)6月5日(日曜日)~7日(火曜日)
  • ところ (1)はぐくみセンター(三条本町)(2)企業局(法華寺町)
  • 問合せ 企業局経営管理課(電話番号:0742・34・5200(企業局代表))

建築基準法に基づく定期報告のお知らせ

国および特定行政庁が指定する建築物の所有者等は、定期に専門技術をもつ資格者に調査等をさせて、その結果を特定行政庁に報告する必要があります。建築基準法及び奈良市建築基準法施行細則の改正に伴い、対象建築物が新たに追加されました。

  • 追加 平成28年度から飲食店・遊技場等、平成30年度から防火設備・小荷物専用昇降機※くわしくはホームページに掲載
  • 問合せ 建築指導課(電話番号:0742・34・4750)

遊休土地の活用にはご注意して下さい

建設資材置き場や残土仮置き場に使用すると称して賃借契約を結び、解体工事等による建設廃棄物が長期間放置され、廃棄物処理法違反となる事象が多発しています。場合によっては、土地所有者が自ら適正処理を行う必要があります。
問合せ 廃棄物対策課(電話番号:0742・71・3001/2226)

全国一斉「子どもの人権110番」強化週間・電話相談

いじめ、体罰、不登校、児童虐待等子どもの人権に関わる問題について、無料・秘密厳守で相談に応じます。

電話相談(電話番号:0120・007・110)

  • とき 6月27日(月曜日)~7月1日(金曜日)午前8時半~午後7時、7月2日(土曜日)~3日(日曜日)午前10時~午後5時
  • 対象 県内在住の児童・生徒とその保護者
  • 相談員 人権擁護委員、法務局職員
  • 問合せ 奈良地方法務局人権擁護課(電話番号:0742・23・5457)

全国一斉「人権擁護委員の日」特設人権相談所

6月1日は「人権擁護委員の日」です。その日にちなみ、特設人権相談所を開設します。

  • とき 6月3日(金曜日)午後1時~4時
  • ところ 市役所市民相談窓口
  • 相談員 人権擁護委員
  • 問合せ 奈良地方法務局人権擁護課(電話番号:0742・23・5457)

マイナンバー制度のお知らせ

マイナンバーの通知は簡易書留で市内の各世帯に昨年11月に送付しています。転居や不在等で配達できなかった通知カードは市民課で保管しています。まだ受け取っていない場合は市民課へ。マイナンバーカードを申請した人には、交付準備ができ次第はがきを送付しています。届くまで約3か月程度かかります。はがき表面の交付場所で受け取ってください。
問合せ 市民課(電話番号:0742・34・4730,市専用ナビダイヤル電話番号:0570・078・743(平日午前8時半~午後5時15分)

ファミリー・サポート・センター

  • 説明会
    • とき 6月22日(水曜日)、7月7日(木曜日)午前10時~11時
    • その他 会員登録には、顔写真(縦3センチメートル×横2.5センチメートル)2枚と印鑑が必要。
  • 講習会
    • とき 7月8日(金曜日)午前9時半~午後4時半
    • 対象 援助・両方会員
    • 内容 乳幼児の応急手当、子どもの成長と発達、子どもとの接し方
  • スキルアップ講座
    • とき (1)6月24日(金曜日)(2)7月1日(金曜日)午前10時~正午
    • 内容 (1)ヨガで心もからだもリフレッシュ(2)バルーンアートを楽しもう
  • ふれあいデイ
    • とき 7月7日(木曜日)午前11時~正午
    • ところ はぐくみセンター(三条本町)
      申込 電話で同センター(電話番号:0742・34・3305)

就学援助の申請は6月30日までに

小・中学校の学用品費・給食費等の就学援助費を次の基準に基づいて支給します。希望者は6月1日(水曜日)~30日(木曜日)に教育総務課か市立学校へ申請してください。前年度に引き続き受給希望の場合も再度申請が必要です。
認定基準
平成28年度市民税所得割額が左表の金額以下で、義務教育に要する費用の支払が困難であると認められる市内の世帯。特別な事情で生計が困難な場合は要相談

16歳未満の扶養親族(*2)0人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)0人 0円
16歳未満の扶養親族(*2)0人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)1人 11,100円
16歳未満の扶養親族(*2)0人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)2人 22,200円
16歳未満の扶養親族(*2)0人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)3人 33,300円
16歳未満の扶養親族(*2)1人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)0人 31,300円
16歳未満の扶養親族(*2)1人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)1人 42,400円
16歳未満の扶養親族(*2)1人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)2人 53,500円
16歳未満の扶養親族(*2)1人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)3人 64,600円、
16歳未満の扶養親族(*2)2人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)0人 52,600円
16歳未満の扶養親族(*2)2人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)1人 63,700円
16歳未満の扶養親族(*2)2人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)2人 74,800円
16歳未満の扶養親族(*2)2人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)3人 85,900円
16歳未満の扶養親族(*2)3人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)0人 73,900円
16歳未満の扶養親族(*2)3人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)1人 85,000円
16歳未満の扶養親族(*2)3人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)2人 96,100円
16歳未満の扶養親族(*2)3人、16歳~19歳未満の扶養親族(*1)3人 107,200円

*1平成9年1月2日~12年1月1日生まれの人
*2平成12年1月2日以降生まれの子

  • 例 小・中学生2人、高校生1人を扶養している家庭の市民税所得割額の上限額は6万3700円
  • 必要な物 教育総務課、市立小・中学校に備え付けの就学援助費受給申請書(ホームページからもダウンロード可)、認め印、通帳等

問合せ 教育総務課(電話番号:0742・34・5297)へ。

児童手当・特例給付現況届は今月中に提出を

市から「児童手当・特例給付現況届」が届いたら必要事項を書いて、6月30日までに子ども育成課へ。この届は毎年6月1日現在における状況で、児童手当・特例給付受給資格の確認をする大切な届です。期日までに提出がないと、引き続き受給資格があっても6月以降の手当が受けられなくなる場合があります。
※6月中旬になっても現況届の案内が届かない場合は、同課分室へ。
問合せ 子ども育成課分室(電話番号:0742・34・5160)

奈良市子ども・子育て会議委員募集

市の子ども・子育て支援に関する施策に、子育て当事者のみなさんの意見を反映するため委員を募集します。

  • 定員 20歳以上の子育て支援に関心のある人で、就学前児童を持つ保護者1人と就学児童生徒を持つ保護者1人。在勤も可
  • 任期 委嘱日から3年(再任を妨げない)
  • 審査 書類・面接審査(6月中旬~下旬)
  • ※書類は返却しません。
  • 申込 子ども政策課等備え付けの応募用紙(ホームページからダウンロード可)に必要事項を書いて、小論文「奈良市の子ども・子育て支援について考えること」(1200字程度)等を添えて、6月17日必着で送付、ファックス、Eメールか持参で、子ども政策課(電話番号:0742・34・4792 0742・34・4798 Eメール:kodomoseisaku@city.nara.lg.jp)へ。

ひとり親家庭のためのライフアップセミナー

奈良市のひとり親家庭支援制度を知る

  • とき 6月5日(日曜日)午後1時~3時
  • 内容 市のひとり親家庭支援制度について
  • 講師 神戸学院大学教授の神原文子さん

離婚に関わる法律の知識を学ぶ 養育費について

  • とき 8月7日(日曜日)午後1時~3時
  • 内容 離婚や別居に伴う子どものための養育費等について
  • 講師 弁護士の乘井弥生さん
  • ところ 生涯学習センター(杉ヶ町)
    対象 母子家庭、父子家庭、寡婦
  • 問合せ 子育て相談課(電話番号:0742・34・4804)。ホームページにも掲載

子ども発達センター

〒630-8306紀寺町580-2 電話番号:0742-20-2100 ファックス番号:0742-24-0780

出張相談を行っています

  • 対象 市内在住の0歳~就学前の子とその保護者
  • 内容 保健師、心理判定員、保育教育士による助言。必要に応じて専門相談・発達検査等につなげます。
  • とき、ところ
    • 6月17日(金曜日)北福祉センター(右京一丁目)
    • 7月15日(金曜日)西部公民館(学園南三丁目)
    • 8月19日(金曜日)北福祉センター(右京一丁目)
  • 時間 (1)午後1時半~2時半(2)午後2時45分~3時45分
  • 申込 電話かファックス・Eメールで相談申込シート(ホームページからダウンロード可)に必要事項を書いて、同センター(〒630-8306紀寺町580-2 電話番号:0742・20・2100 ファックス番号:0742・24・0780 Eメール:kodomohattatsu@city.nara.lg.jp)へ。後日センターから連絡

在宅要介護者 紙おむつ等支給事業

6月から支給方法がカタログから商品を選択する方式に変わり、配達周期が2か月に1回となります。

  • 対象 以下のすべてに該当する人
    1. 市内在宅(入院、入所中の人は利用不可)
    2. 介護保険の要介護認定が「要介護4,5」
    3. 本人及び同居者全員(世帯分離も含みます。)が市民税所得割非課税
  • 注意 奇数月に申請があった場合は、翌月の偶数月から2か月分を配達。偶数月に申請があった場合は、奇数月に1か月分を配達し、翌々月から2か月分を配達
  • 申込 申請書に必要事項を書いて、長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439)へ。ホームページにも掲載

育てられないなら増やさない。ペットの不妊・去勢手術も愛のひとつ。
問合せ 保健所生活衛生課(電話番号:0742・93・8395)

簡易専用水道設置者の皆様へ。年1回の法定点検は設置者の義務です。問合せ 保健所生活衛生課(電話番号:0742・93・8395)

ななまるカードの利用内容の変更について

70歳以上の人は、ななまるカードの提示で市内社寺・文化施設等が無料・割引拝観できますが、5月1日から法華寺の拝観は、無料から半額の割引料金に変更となりました。
問合せ 長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439)

70歳以上~まほろば健康ウォーク

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50
なら・観光ボランティアガイドの会がご案内します。

古人が遺した北・山辺の道

  • とき 6月15日(水曜日)午前9時半~正午。雨天決行(暴風・大雨・洪水警報等の発令の場合は中止)
  • コース 市写真美術館前(集合)~鏡神社~白毫寺~八嶋地蔵尊等を巡り、円照寺バス停(解散)約6km対象・
  • 費用 ななまるカード(優待乗車証・老春手帳)を持っている70歳以上の人・200円・白毫寺拝観料250円
  • 持物 ななまるカード、前回参加者はスタンプカード
  • その他 ポイントは、後日自動的に付与。ボーナスポイントもあります。
  • 申込 電話かはがき、Fax、Eメールに事業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、6月10日までに長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439 ファックス番号:0742・34・1161 Eメール:choujufukushi@city.nara.lg.jp)へ。

奈良県高齢者美術展の出品作品を募集

9月2日~7日に県文化会館開催の同展への出品作品を募集します。

  • 資格 県内在住で昭和33年4月1日以前に生まれたアマチュア
  • 部門 日本画、洋画、書、工芸、手芸、写真の6部門で、作品は、出品者により創作されたもので、1部門につき1人2点までとし未発表のものに限る
  • 費用 1点千円(振込手数料除く)
  • 振込先 奈良県社会福祉協議会すこやか長寿センター事務局長山田享子南都銀行神宮前支店普通2075775
  • 申込 出品料を振り込み、振込受付書等を市役所長寿福祉課、各出張所・連絡所・行政センターに備え付けの用紙に添付のうえ、6月30日までに申し込んでください。
  • 問合せ 長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439)
    ※搬入等は、8月初旬頃に連絡します。

歩数計でななまるウォーキング

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50~
歩数計を貸与し、1週間の合計歩数に応じてポイントを付与します。

  • 対象 70歳以上で、ななまるカードを持っている人30人(当年度は1人1回限り)
  • とき 6月20日(月曜日)~26日(日曜日)に歩数計をつけて各自ウォーキングを実施、6月27日(月曜日)に長寿福祉課へ返却
  • ポイント数 3万歩以上5万歩未満:50P、5万歩以上7万歩未満:100P、7万歩以上:200P
  • 申込 往復はがきに、事業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、6月8日までに長寿福祉課(電話番号:0742・34・5439)へ。当日消印有効。多い場合は抽選

総合福祉センター

〒631ー0801左京五丁目3-1 電話番号:0742-71-0770 ファックス番号:0742-71-0773

視覚障がい者サロン

  • とき 6月10日、7月8日、9月9日、10月14日、12月9日、来年1月6日、2月10日、3月10日の金曜日午前10時10分~正午
  • 内容 工作や音楽活動で交流
  • 対象 視覚障がい者と家族等
  • 費用 年会費1500円
  • 申込 初めての場合は、事前に電話で同センターへ。

視覚障がい者サポートボランティア入門講座点字入門コース

  • とき 7月3日・17日・31日、8月21日、9月4日・18日、10月2日・16日の日曜日午前10時~正午
  • 内容 (1)点字の基本(ひらがな・数字等)(2)分かち書きの基本(3)視覚障がい者と点字等の生活支援
  • 定員 20人。在勤・在学も可
  • 費用 648円
  • 申込 往復はがきに講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号、在勤・在学者はその旨を書いて、6月18日必着で同センターへ。

ボランティアセンター

〒630ー8113法蓮町1702‐1 電話番号:0742-26-2270 ファックス番号:0742-26-2003

市民交流さろん

奈良市ポイント100

  • とき 6月11日(土曜日)午前10時~正午
  • 内容 やさしい点字の講座
  • 定員 30人
  • 申込 電話かファックス、Eメール(naravc@citrus.ocn.ne.jp)に氏名を書いて、6月7日必着で同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

東福祉センター

〒630ー8113法蓮町1702―1 電話番号:0742―24-3151 ファックス番号:0742-27-9028

70歳以上のひとのみ奈良市ポイント20

世代間交流・暮らしに役立つ講座「これだけは知っておきたい!!熱中症からカラダを守ろう!!」

  • とき 6月23日(木曜日)午後1時半~3時半
  • 内容 水分補給の重要性と熱中症対策
  • 講師 コカ・コーラウエストスタッフ
  • 対象 60歳以上の人と0~3歳の子どもとその保護者
  • 定員 50人
  • 申込 電話か直接来館で6月18日までに申込。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡。
    ※0~3歳の子どもとその保護者は、子育てスポットで受付

西福祉センター

〒631ー0024百楽園一丁目9―13 電話番号:0742-41-3151 ファックス番号:0742-41-3150

演劇公演朗読劇「23分間の奇跡」・演劇「ベニスの商人」

  • とき 6月18日(土曜日)午後1時半
  • 対象 市内在住の60歳以上の人とその家族
  • 出演 演劇サークル「集」
  • 申込 不要

健康「チェック」&「相談」

70歳以上の人のみ奈良市ポイント20

  • とき 6月28日(火曜日)午後2時
  • 内容 吉田病院看護師等の各種測定等の健康チェックと相談
  • 対象 60歳以上の人50人
  • 申込 6月21日までに電話か直接同センターへ。多い場合抽選し、漏れた人のみ連絡

健康講座菌活で健康~きのこのチカラ~

70歳以上の人のみ奈良市ポイント20

  • とき 6月30日(木曜日)午後1時半~3時
  • 内容 体の免疫力を高めてくれる菌類について学ぶ。
  • 講師 ホクトの松田紗穂さん、管理栄養士の鶴原美沙都さん
  • 対象 60歳以上の人80人
  • 申込 6月23日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

北福祉センター

〒631ー0805右京一丁目1―4(北部会館2階) 電話番号:0742-71-3501 ファックス番号:0742-71‐3548

にこにこ体操教室

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50

  • とき 6月28日、7月12日・26日、8月9日・23日の火曜日午前10時45分~11時45分。全5回
  • 内容 ストレッチ、呼吸運動
  • 対象 60歳以上の人50人
  • 申込 6月10日までに、電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

南福祉センター

〒630ー8443南永井町45―1 電話番号:0742-62-3730 ファックス番号:0742‐62‐3780

世代間交流事業「ジャズコンサート」

  • とき 6月11日(土曜日)午後1時~2時
  • 内容 奈良女子大学JazzyClubによるジャズの演奏
  • 対象 60歳以上の人とその家族と3歳までの子とその保護者
  • 申込 不要

認知症予防ヨガ

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50

  • とき 6月23日(木曜日)午後1時15分~2時15分
  • 講師 ヒーリングフォレストスクール代表の金澤ゆりえさん
  • 対象 60歳以上の人40人
  • 申込 6月16日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

総合福祉センター体育館

〒631-0801左京五丁目3番1号 電話番号:0742-71-0775 ファックス番号:0742-71-0773

ふれあいスポーツDAY

  • とき 6月26日(日曜日)、9月11日(日曜日)午前10時10分~正午。全2回
  • 内容 軽スポーツ(風船バレー、スカイクロス他)の体験等
  • 持物 体育館シューズ
  • 定員 小学生以上の障がい児・者と健常者50人
  • 申込 同館に備え付けの申込用紙か往復はがき、ファックスに住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号、障がいの有無・種別・等級、未成年者は保護者氏名を書いて、6月22日必着で同館へ。視覚障がい者のみ電話受付可。多い場合は抽選、漏れた人のみ連絡

ボランティアインフォメーションセンター

〒630ー8122三条本町13-1(はぐくみセンター1階) 電話番号:0742-93‐8435 ファックス番号:0742-34‐2336

ボランティア入門講座

奈良市ポイント100
~きょうよう(今日用)ときょういく(今日行く)を楽しむ~

  • とき 6月25日(土曜日)午後1時半~3時半
  • 定員 30人。在勤・在学も可
  • 申込 電話かファックス、Eメール(volunt-info@city.nara.lg.jp)に講座名、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、6月18日までに同センターへ。多い場合は抽選

コミュニケーション力&表現力向上ワークショップ

奈良市ポイント100

  • とき 6月26日、7月24日、8月28日、9月18日、10月23日の日曜日午後1時半~4時
  • 内容 「俳優訓練」の要素を取り入れたワークショップ
  • 定員 各15人。在勤・在学も可
  • 申込 電話かファックス、Eメール(volunt-info@city.nara.lg.jp)に講座名、参加希望回(複数可)、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、団体名を書いて、6月17日までに同センターへ。多い場合は抽選

ならやま屋内温水プール

〒631‐0801左京五丁目3-1 電話番号:0742‐71‐0774 ファックス番号:0742‐71‐0773

  • ならやま水泳教室
    • (A)「女性の部」
      • とき 7月6日~9月14日の毎週水曜日(1)午後1時~2時(2)午後2時10分~3時10分。各10回
      • 定員 18歳以上の女性各70人
    • (B)「小学生の部」
      • とき (1)小学1~3年生:7月8日~9月16日の毎週金曜日の午後3時55分~4時50分(2)小学4~6年生:7月6日~9月14日の毎週水曜日の午後3時20分~4時15分。各10回
      • 定員 各70人
      • 費用 (A)は1万2千円(65歳以上は6千円)、(B)は9千円
        申込 往復はがきに教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、(1)(2)の別を書いて、6月11日必着で同プールへ。多い場合は抽選。受講時に健康診断書が必要
  • 臨時休館のお知らせ館内清掃、整備のため6月28日~30日は休館します。

防災センター

〒630-8145八条五丁目404-1 電話番号ファックス番号:0742-35-1106

夏休み子供消防隊体験フェア

  • とき 7月23日(土曜日)午前9時45分~午後0時15分
  • 内容 煙避難体験、消防車を使用しての放水体験、消防車搭乗体験(雨天の場合は内容に変更あり)
  • 定員 市内の園児・小学生30人と保護者
  • 申込 往復はがきで住所、氏名(ふりがな)、性別、学年、電話番号、保護者の氏名を書いて、7月10日必着で同センターへ。多い場合は抽選

男女共同参画センター

〒630ー8245西之阪町12 電話番号:0742・81・3100 Fax番号:0742・25・0600

話し方講座 ストレスフリーの会話術

  • とき 7月8日~29日の毎週金曜日午後6時半~8時半。全4回
  • 定員 男女30人。在勤・在学も可
  • 費用 2千円
  • 講師 フリーアナウンサーの福森ひとみさん
  • 申込 電話かファックス、往復はがき、ホームページの電子申請で講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、6月30日までに同センターへ。
    ※託児はありません。

青少年野外活動センター

〒630-1241阪原町25-1 電話番号:0742-93-0029

野外料理とホタルの夕べ

  • とき 6月18日(土曜日)午後3時~9時
  • ところ 市青少年野外活動センター(阪原町)
  • 内容 ホタルの里大柳生でホタル観賞と野外料理を楽しむ
  • 定員 30人(親子参加可)
  • 費用 子ども2千円、大人千円(食材費、保険代込み)
  • その他 夜間の活動もあるので、暖かい上着等を持参してください
  • 申込 同センター(電話番号:0742・93・0029)

出前消費生活講座

消費生活相談員が出向き、消費者問題についてお話しします。

  • 対象 市内の自治会、団体、老人クラブ、PTA、学校等10人以上のグループ
  • ところ 申込者指定の場所(市内)
  • 申込 商工労政課(電話番号:0742・34・4741)

埋蔵文化財調査センター

〒630-8135大安寺西二丁目281 電話番号:0742-33-1821

平成28年度ミニ展示『奈良を掘る』「土師氏と埴輪」

  • とき (1)6月1日(水曜日)~30日(木曜日)午前9時~午後5時(土曜日・日曜日、祝日は休館)(2)7月4日(月曜日)~31日(日曜日)午前9時~午後4時半(土曜日は午前9時~正午、日曜日・祝日は休館。31日特別開館)(3)8月2日(火曜日)~31日(水曜日)午前8時半~午後5時15分
  • ところ (1)同センター(2)奈良大学博物館(山陵町)(3)市役所
  • 内容 菅原東遺跡出土品の紹介。土師質亀甲形陶棺初展示

発掘調査に参加できる市民考古学講座

  • とき 7月6日(水曜日)~来年3月8日(水曜日)の毎月1~2回。全13回
  • ところ 同センター他
  • 内容 市文化財専門職員による講義、実習、大安寺の発掘調査体験を通じて考古学の基礎を学ぶ
  • 定員 遺跡の発掘調査・見学等の野外活動に参加可能で、全回出席できる18歳以上の人25人
  • 申込 往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、6月17日まで(当日消印有効)に同センターへ。1通1人限り。多い場合は抽選

勤労者総合福祉センター(サン・アクティブ奈良)

〒630-8106佐保台西町115 電話番号:0742-71-2444

社交ダンス教室

(1)入門
(2)初級

  • とき 7月18日(祝日)~9月19日(祝日)(1)午前9時半~10時半(2)午前10時40分~正午。各10回
  • 内容 (1)ワルツ・ルンバ等(2)クイックステップ・ルンバ等
  • 定員 各男15人、女18人。在勤も可
  • 持物 ダンスシューズ。室内用スニーカーも可
  • 費用 (1)4千円(2)5千円

パソコン初級教室

(1)ワード実務
(2)エクセル実務

  • とき (1)7月2日~8月6日の毎週土曜日(2)7月3日~8月7日の毎週日曜日、午後1時~3時。各6回
  • 内容 (1)タブ・箇条書き・作表・画像等(2)書式設定・関数・グラフ・データベース等
  • 定員 基本的な文書か表の作成ができる人各15人。在勤も可
  • 費用 各7500円

絵画教室(水彩画)

  • とき 7月5日~9月13日の原則毎週火曜日、午後1時~3時。10回
  • 定員 16人。在勤も可
  • 費用 4千円

ヨガ教室

  • とき 7月2日~9月17日の土曜日(1)午前9時15分~10時半(2)午前10時45分~正午。10回
  • 定員 各15人。在勤も可
  • 費用 各5千円
  • 【申込】往復はがきに教室名、(1)(2)の別、住所、氏名、性別(社交ダンスのみ)、電話番号、勤務先を書いて、6月15日必着で同センターへ。1枚1人1教室限り。多い場合は抽選

社交ダンス

  • とき 6月11日(土曜日)・18日(土曜日)、7月3日(日曜日)・10日(日曜日)・18日(祝日)・30日(土曜日)午後1時半~4時半。午後2時~3時は講師常駐、6月11日と7月18日は30分の団体レッスンあり
  • 費用 500円
  • 申込 不要
  • その他 パートナーチェンジあり、シューズ要

奈良市DV相談ダイヤルを開設

相談先 電話番号:0742・93・3150
火曜日・木曜日・土曜日の午前10時~正午、午後1時~4時(祝日、年末年始12月28日~1月4日除く)配偶者、パートナーからの暴力の悩みに女性相談員が相談に応じます。プライバシーに配慮し秘密は厳守します。

はぐくみセンターにぎわい市場

  • とき 6月18日(土曜日)午前9時半~午後0時半
  • ところ はぐくみセンター(三条本町)、なら100年会館(三条宮前町)
  • 内容 楽器演奏、新鮮野菜等地場産品の販売、雑貨等の販売、陶器市、エコ生活発見コーナー、子ども向けのゲームとスタンプラリー、工作コーナー等
  • 問合せ 保健所・教育総合センター管理課(電話番号:0742・34・2303)

奈良町にぎわいの家

〒630ー8333中新屋町5電話番号:0742・20・1917

  1. 二十四節気講座「夏」
    • とき 6月11日(土曜日)午前11時~正午
    • 講師 文化創造アルカ代表の倉橋みどりさん
    • 定員 30人
  2. 懐かしい心の歌を~町家で唱歌
    • とき 6月12日(日曜日)午後2時~3時
    • 内容 大正~昭和の唱歌を中心とした町家コンサート
    • 出演 嶋田純子さん(歌)、小宮ミカさん(ピアノ)
    • 定員 50人
  3. 町家講座「町家のくらし環境」
    • とき 6月25日(土曜日)午後2時~3時半
    • 講師 畿央大学健康科学部の東実千代さん
    • 定員 30人
  4. 杜園忌
    • とき 6月26日(日曜日)午後2時~3時半
    • 内容 一刀彫の名人杜園についてのお話と朗読
    • 講師 作家の大津昌昭さん
    • 定員 50人

【申込】電話かEメール(nigiwainoie@gmail.com)に、(1~4)の別、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、参加人数を書いて、開催日の1週間前までに同館へ。多い場合は抽選

☆奈良クラブJFL(日本フットボールリーグ)セカンドステージ

奈良市ポイント100

  • とき・対戦相手 (1)6月26日(日曜日)午後1時・ブリオベッカ浦安(2)7月10日(日曜日)午後2時・流経大ドラゴンズ龍ケ崎
  • ところ 鴻ノ池陸上競技場(法蓮佐保山4丁目)
  • チケット 同クラブ公式サイトに掲載
  • 問合せ 同クラブ(電話番号:0742・93・3815火~金曜日午前10時~午後5時)

青山プールアルバイトの募集

  • 期間 7月16日(土曜日)~8月31日(水曜日)
  • 勤務時間 午前8時半~午後5時15分
  • ところ 青山プール(青山三丁目)
  • 定員 切符係員4人程度(18歳以上、高校生を除く)、監視係員10人程度(18歳以上、高校生を除く)、看護師(要免許)4人程度
  • 賃金(1日) 切符係員:6100円、監視係員:7300円、看護師:1万2千円(交通費の支給なし)
  • 申込 履歴書に写真を貼り、(就労が制限されている人などは不可)6月14日までに、市西部生涯スポーツセンター(〒631-0052中町4860電話番号:0742・52・0100)へ。履歴書の返却なし

武道・坐禅教室

〈中央武道場(法蓮佐保山四丁目)〉

  • 剣道教室(小学生の部)
    7月1日(金曜日)から毎週月曜日・火曜日・金曜日の午後5時半~6時半開催。小学生30人。8千円
  • (親子体験の部)
    7月9日・30日、8月13日・20日、9月10日・24日土曜日の午前9時半~10時半開催。5歳~6歳児と保護者15組(子どものみの参加可)。2千円
  • (中学生以上の部)
    7月1日(金曜日)から毎週月曜日・火曜日・木曜日・金曜日の午後7時~8時開催。中学生以上の経験者20人。4千円
  • なぎなた教室
    7月7日(木曜日)から毎週火曜日の午前10時~正午・木曜日の午後4時半~6時半・土曜日の午後1時~3時開催(高校生以下は木曜日・土曜日のみ)。小学生以上20人。4千円
  • やり教室
    (宝蔵院流)7月2日(土曜日)から毎週土曜日の午前10時~正午開催。高校生以上の男性10人。6千円
  • 坐禅教室
    7月3日(日曜日)から毎週日曜日の午前7時~8時半開催。高校生以上10人。2千円

〈中央第二武道場〉

  • 柔道教室(小学生の部)
    7月5日(火曜日)から毎週火曜日・木曜日の午後5時~6時半・土曜日の午後1時半~3時開催。小学生20人。4500円
  • (親子体験の部)
    7月14日(木曜日)から第2・3・4木曜日の午後3時半~4時半開催。5歳~6歳児と保護者15組(子どものみの参加可)。3千円
  • (中学生以上の部)
    7月5日(火曜日)から毎週火曜日・木曜日の午後6時~7時半・土曜日の午後2時半~4時開催。中学生以上20人。4500円
  • (女性の部)
    7月12日(火曜日)から第2・4火曜日の午前10時~11時半開催。18歳以上の女性20人。4千円

〈弓道場〉

  • 弓道教室
    (中・高校生の部)7月1日(金曜日)から毎週月曜日・金曜日の午後4時半~6時半。弓道部の無い学校に在籍する中・高校生20人。6千円
  • (高校生以上の部)
    7月2日(土曜日)から毎週土曜日の午後5時~7時開催。
    高校生以上の初心者20人。3千円
  • その他 費用は3か月分。くわしくはお問い合わせください。
  • 申込 往復はがきに教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢(学校名、学年も)、性別、電話番号を書いて、6月13日必着で市総合財団(〒630-8108法蓮佐保山四丁目6-3中央第二武道場内)へ。多い場合は抽選
    問合せ 剣道・なぎなた・やり・坐禅教室は中央武道場(電話番号:0742・26・1060)。柔道、弓道教室は中央第二武道場(電話番号:0742・27・6163)

市民体育大会「水泳競技会」は9月11日に開催します。
問合せ スポーツ振興課(電話番号:0742・34・5376)

奈良市認知症ケアパスができました

「認知症とはどんな病気?」「認知症の相談先は?」と思ったとき、認知症の人やその家族を中心に地域生活をおくるため、生活の工夫や対応方法、利用できるサービス等を示したガイドブック(認知症ケアパス)を作成しました。ホームページにも掲載しています。
問合せ 福祉政策課(電話番号:0742−34−5196)

善意銀行(3月分)敬称略

  • 一般
    • 登美ヶ丘地区社会福祉協議会7,056円
    • 帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科藤原ゼミ一同3万8,213円
    • 匿名1,248円
    • ボランティアグループウインドウズ1万円
  • 指定
    • 奈良カトリック教会8,500円
    • 今西利也(針町)10万円
    • 大西成繁(都祁白石町)10万円
    • ボーイスカウト奈良第18団5万円
    • 村上良則(都祁小山戸町)10万円

しみんだより平成28年6月号 一覧へ戻る