ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成28年8月号(テキスト版)24~26ページ 健康

本文

奈良しみんだより平成28年8月号(テキスト版)24~26ページ 健康

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

健康健康増進課 電話番号:0742-34-5129,ファックス番号:0742-34-3145
保健予防課 電話番号:0742-93-8397,ファックス番号:0742-34-2486
〒630-8122三条本町13-1(はぐくみセンター)

乳幼児の健診

健診名(対象)・とき・ところ

  • 4か月児健診 平成28年5月生まれの子
  • とき 満4か月になった日から1か月以内に受診してください
  • ところ 市内指定医療機関
  • 10か月児健診 平成27年11月生まれの子
  • とき 満10か月になった日から1か月以内に受診してください
  • ところ 市内指定医療機関
  • 1歳7か月児健診 平成27年1月生まれの子
  • とき 9月1日・9月8日・9月15日・9月29日の木曜日。受付は午後1時15分~2時15分。番号札は午後0時45分から配布
  • ところ 中央保健センター
  • 3歳6か月児健診 平成25年2月生まれの子
  • とき 9月6日・9月13日・9月27日・10月4日の火曜日。受付は午後1時15分~2時15分。番号札は午後0時45分から配布
  • ところ 中央保健センター
  • 持物 問診票、母子健康手帳。問診票は8月中旬に送付しますが、8月1日以降の転入者等で届かない人は当日直接会場へ(4か月・10か月児健診は健康増進課へ連絡)
  • 問合せ 健康増進課

乳幼児のための各種教室

5か月児ぱくぱく教室(離乳食)

  • 対象 平成28年4月生まれの子(第1子)と保護者
  • とき 9月7日(水曜日)・21日(水曜日)午前10時~11時半
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 栄養士による離乳食の話、保健師による子育ての話
  • 持物 母子健康手帳、4か月児健診の問診票に同封の離乳食リーフレット等
  • 定員 各日40人

1歳0か月児歯ぴか教室(むし歯予防)

  • 対象 平成27年9月生まれの子(第1子)と保護者
  • とき 9月13日(火曜日)・27日(火曜日)午前10時~11時
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 生え始めた歯の手入れの話、実習
  • 持物 母子健康手帳、口ふきガーゼ
  • 定員 各日30人
  • 【申込】電話かファックスに教室名、住所、子どもの氏名・生年月日、保護者氏名、電話番号、希望日を書いて、健康増進課へ。多い場合は別の日で受付

妊産婦・乳幼児健康相談

妊娠中の生活、母乳育児、乳幼児の発達・発育等をご相談ください。
※申込不要。母子健康手帳を持参

保健師による巡回相談

  • とき・ところ
    • 8月(5日以前は7月号に掲載)
    • 8日(月曜日)伏見公民館あやめ池分館
    • 9日(火曜日)若草公民館、平城公民館
    • 10日(水曜日)南部公民館
    • 15日(月曜日)辰市ふれあい会館
    • 17日(水曜日)平城西公民館
    • 25日(木曜日)富雄南公民館
    • 9月2日(金曜日)平城東公民館*
  • 時間 午前9時半~11時半(*は午後1時半~3時半)
    平日の午前8時半~午後5時15分で健康増進課での電話・来所相談あり

助産師による相談

西部会館2階相談室(来所相談)

  • とき 平日の午前10時~午後2時(受付時間:午後1時半まで)
    ※保健師の場合もあります。〈健康増進課(電話・来所相談)〉
  • とき 平日の午前9時~午後3時
  • 問合せ 健康増進課

フッ化物塗布

  • 対象 平成26年9月生まれの子
  • とき 9月16日(金曜日)午前9時半~11時半
  • ところ 中央保健センター
  • 持物 母子健康手帳、歯ブラシ、タオル
  • 内容 歯科健診、フッ化物塗布、歯磨き指導
  • 申込 電話、ホームページの電子申請かファックスに事業名、子どもの氏名・生年月日、電話番号を書いて、8月25日までに健康増進課へ。

がん検診推進事業

子宮頸がん・乳がん検診を無料で受診できるクーポン券を通知しています。

  • 検診名 子宮頸がん検診(女性)
  • 年齢 20歳
  • 生年月日 平成7年4月2日~平成8年4月1日
  • 検診名 乳がん検診(女性)
  • 年齢 40歳
  • 生年月日 昭和50年4月2日~昭和51年4月1日
  • 実施期間 来年2月末日まで
  • 内容 子宮頸がん検診は子宮頸部細胞診。乳がん検診はマンモグラフィ、視触診の併用
  • ところ 登録医療機関
  • 問合せ 健康増進課

20日ならウォーク

奈良市ポイント50
夏休み 家族みんなでスタンプラリー~体を動かせ!リフレッシュ~

  • とき 8月20日(土曜日)午前9時半~11時半
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 体力チェック、ストレッチ講座、チアダンス・フラダンス・ラフターヨガ・3B体操・太極拳の体験、親子食育講話、がんクイズラリー等
  • 持物 水分補給できるもの、動きやすい服装・靴
  • 申込 電話、ホームページの電子申請かはがき、ファックスに事業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、8月17日までに健康増進課へ。

がんに関する講演会

奈良市ポイント20
がんはこわくない!?がん検診のススメ
2人に1人はがんになる時代。がんを知り予防や早期発見につなげましょう。

  • とき 8月20日(土曜日)午前11時半~午後0時半
  • ところ はぐくみセンター
  • 講師 奈良県健康づくりセンター所長の大石元さん
  • 対象 小学生以上
  • 申込 電話かファックスに事業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、8月17日までに健康増進課へ。

〈臨床心理士によるこころの健康相談〉面接=8月8日(月曜日)・22日(月曜日)の午後(要予約)
問合せ 保健予防課各種検診・健診登録医療機関の変更

各種検診・健診登録医療機関の変更

  • 大腸がん検診、保険未加入者健診
    追加 興東診療所(大柳生町4254電話番号:0742・93・0130)
  • 胃がん内視鏡検診
    辞退 学園前診療所(学園北1–15–8電話番号:0742・43・2551)
  • 肺がん医療機関検診
    • 追加 都祁診療所(都祁白石町1084電話番号:0743・82・1411)
    • 問合せ 健康増進課

胃がん(内視鏡)検診と肺がん(医療機関)検診を開始

  • 対象 50歳の人(昭和41年4月1日~昭和42年3月31日生)
    ※受診票(検診パスポート)を送付しています。治療中の人等は対象外の場合があります。
  • 受診方法 市内登録医療機関に予約し受診
  • 内容(費用) 胃がん(内視鏡)検診(4千円)、肺がん(医療機関)検診(1500円)
  • 問合せ 健康増進課

結核住民検診

  • 対象 65歳以上の人
  • とき 8月20日(土曜日)午前9時半~10時半
  • ところ 市総合医療検査センター(柏木町)
  • 内容 胸部エックス線検査
  • 定員 15人
  • 申込 電話で8月1日から前日までに保健予防課へ。

運動習慣づくりスタート講座

奈良市ポイント50
(1)健診はカラダの通知表
(2)真夏の体づくり

  • とき (1)8月5日(金曜日)(2)15日(月曜日)午前9時半~11時半
  • ※体重等測定希望の場合は9時から
  • ところ はぐくみセンター
  • 申込 不要
  • 持物 動きやすい服装・靴、水分補給できる物
  • 問合せ 健康増進課

にこにこ奈良ごはん

奈良市ポイント50

あなたは足りている?たっぷり野菜でバランスアップ!

  • とき 8月25日(木曜日)午前9時半~11時半
    ※体重等測定希望の場合は9時から
  • 内容 生活習慣病と食生活の関係についての話と、大和の食材を使ったメニューの紹介。筋トレ、ストレッチ等の実技もあり。
  • ところ はぐくみセンター
  • 申込 不要
  • 持物 水分補給できる物、動きやすい服装
  • 問合せ 健康増進課

健康講座

初孫講座~イマドキじいじ・ばあばの孫育て~

  • とき 9月17日(土曜日)午前9時半~10時50分
  • 講師 総合医療検査センター保健師
  • ところ 総合医療検査センター(柏木町)
  • 内容 乳幼児期の子育ての今と昔の違いについてわかりやすく説明
  • 定員 24人
  • 費用 1家族あたり615円
  • 申込 はがき、ファックスにテーマ、住所、参加者全員の氏名・年齢・電話・ファックス番号を書いて、9月2日必着で同センター(〒630-8031柏木町519–5電話番号:0742・33・7876ファックス番号0742・33・5800)へ。多い場合は抽選

40・45・50歳の人は、胃がんリスク検診(ABC検診)で、ピロリ菌の有無と、胃の委縮度を調べましょう。
【申込】健康増進課

がん検診(9月)

*申込 電話、Fax、ホームページの電子申請で健康増進課へ。
*受付期間 8月1日~19日(電子申請は10日まで)
*生活保護世帯・市民税非課税世帯の人は無料。申込時に申し出を。

胃・肺セットがん検診

  • とき、ところ、受付時間、定員
    • 1日(木曜日)保健所、午前8時45分~9時45分、33人
    • 14日(水曜日)防災センター、午前9時15分~10時15分、27人
    • 16日(金曜日)登美ヶ丘公民館、午前9時半~10時半、24人
    • 20日(火曜日)保健所、午前8時45分~9時45分、33人
    • 21日(水曜日)市役所、午前9時~10時、30人
    • 23日(金曜日)富雄南公民館、午前9時15分~10時15分、27人
    • 26日(月曜日)北部出張所、午前9時~10時、30人
    • 27日(火曜日)保健所、午前8時45分~9時45分、33人
    • 28日(水曜日)西部図書館、午前9時45分~10時45分、21人
    • 30日(金曜日)コープおしくま、午前9時半~10時半、24人
      ※西奈良県民センターは、センターの廃止に伴い、今年度から実施がなくなりました。
  • 費用 1,500円(胃のみ1,000円、肺のみ500円)。肺がん検診の問診の結果、喀痰検査実施の場合は600円の加算(別途送付費用が必要な場合あり)

肺がん検診

  • とき、ところ、受付時間、定員 23日(金曜日)保健所午後2時~3時、60人
  • 費用 500円。問診の結果、喀痰検査実施の場合は600円の加算(別途送付費用が必要な場合あり)
    • 対象 40歳以上の人(今年度から胃がん検診も40歳以上が対象になりました)。ただし、妊娠中、胃・肺・腸等の病気で現在治療中か過去に手術を受けた人、バリウムによる過敏症や誤えんをしたことがある人(肺がん検診は可)、腸閉塞・憩室炎・腸ねん転の既往がある人(肺がん検診は可)、勤務先等で同様の検診がある人は除く
    • その他 精密検査を受けた人、ペースメーカーを使用中の人は主治医に相談。授乳中の人は申込時に申出。検診は年度中1回限り
  • 問合せ 健康増進課

乳幼児健康診査を受診できない時は、必ず健康増進課へ連絡を。連絡がない場合は電話・訪問します。
問合せ 健康増進課

奈良市が行う定期予防接種(子ども)スケジュール

標準的な接種年齢

  • ヒブ感染症 1回目2か月、2回目3か月、3回目4か月、4回目1歳
    接種開始時期によって接種回数が変わります。くわしくはかかりつけ医へ。
  • 小児肺炎球菌 1回目2か月、2回目3か月、3回目4か月、4回目1歳
  • ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ 1回目3か月、2回目4か月、3回目5か月、4回目 1歳5か月
    4種混合は必ず生後3か月になってから受けましょう。
  • BCG  1回目5か月~8か月
  • 麻しん・風しん混合(MR) 1回目1歳(1歳になったら早めの接種を)、2回目5歳(平成22年4月2日〜平成23年4月1日生まれの人)
  • 水痘(水ぼうそう) 1回目1歳、2回目1歳6か月
  • ※ 日本脳炎 1回目、2回目3歳、3回目4歳、(第1期:標準的接種年齢は3歳~)4回目10歳(第2期:標準的接種年齢は小学4年生)
  • ジフテリア・破傷風(二種混合) 1回目12歳(平成16年4月2日〜平成17年4月1日生まれの人(小学6年生))
  • ヒトパピロー、マウイルス 13歳(現在、積極的に接種を勧めることを差し控えています。くわしくは、ホームページに掲載。)

実際のスケジュールと異なる場合があります

※日本脳炎の経過措置対象者

1:平成19年4月1日生まれ以前の人は20歳の誕生日前日まで定期接種として無料で接種できます。
2:平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人で9歳以上13歳未満の間に第2期を接種。また、第1期不足分を同期間に接種できます。

平成25年8月生まれの人の日本脳炎予防接種が始まっています。

第1期(初回接種2回、追加接種1回)を受けましょう!(予診票綴りを確認してください)

  • 対象期間 3歳~7歳6か月になる前日まで(無料で接種できます)
  • 接種方法 標準的には初回接種は1~4週間の間隔をあけて行い、追加接種は2回目から1年後に行います。
  • 受け方 市ホームページに掲載している予防接種登録医療機関に予約し、接種当日に予診票綴り、母子健康手帳、健康保険証等の身分証明書を忘れず持参してください。接種当日、奈良市に住民登録がない人は受けられません。

8月個別通知対象者(平成28年7月下旬に発送しています)

  • 予診票綴り(平成28年6月生まれ):接種時に予診票綴り、母子健康手帳と健康保険証等を持参すれば接種できます。転入等で予診票綴りがない場合は保健予防課へ。
  • 日本脳炎第2期(平成19年8月生まれ)の案内はがき

問合せ 保健予防課(電話番号:0742−93−8397)

食中毒シーズン本番注意しましょう!

<8月は食品衛生月間>8月31日まで夏期食品一斉取締りを実施しています。

お肉はよく焼いて食べましょう

生肉(ユッケ、刺身など)や加熱不十分な食肉料理(たたきなど)を食べ、カンピロバクターや腸管出血性大腸菌(O157,O111,O26)による食中毒が発生しています。下記の点に注意してください。(1)生肉や加熱不十分な食肉料理は食べない。(2)料理の前、食べる前には手をしっかり洗う。(3)調理器具(包丁やまな板等)は、洗浄後、十分に消毒する。(4)焼肉やバーベキュー等自分で肉を焼きながら食べる場合も、十分加熱し生焼けのまま食べない(焼く箸と食べる箸を区別する)。(5)肉や脂をつなぎ合わせた結着肉や挽肉、筋切りした肉、タレ等に漬け込んだ肉、レバー等の内臓は、内部まで十分に加熱してから食べる。

食中毒予防の3原則ここがポイント!

  1. つけない手洗いをこまめに、包丁・まな板等はよく洗浄
  2. 増やさない調理はすばやく、室温で長時間放置しない(冷蔵保存)
  3. 殺菌する食品中心部が75℃で1分間以上加熱

問合せ 生活衛生課(電話番号:0742−93−8395)

成人用23価肺炎球菌予防接種は過去に1回でも受けた人は対象外となります。
問合せ 保健予防課

しみんだより平成28年8月号 一覧へ戻る