ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成28年9月号(テキスト版)6~9ページ お知らせ1

本文

奈良しみんだより平成28年9月号(テキスト版)6~9ページ お知らせ1

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

「東アジア文化都市2016奈良市」コア期間

-時空を超えたアートの祭典古都祝奈良(ことほぐなら)
ついに9月3日(土曜日)から「東アジア文化都市2016奈良市」のコア期間である「古都祝奈良~時空を超えたアートの祭典」がはじまります。「舞台芸術」、「美術」、「食」3つの切り口で奈良を発信します。舞台芸術部門では、SPACと維新派が平城宮跡に特設ステージを組み上げる野外舞台公演や、遣唐使をテーマとした万葉オペラの新作を上演。また、美術部門では、市内の八社寺やならまちでのアートプロジェクトを開催。食部門では、NaraFoodCaravanProjectと題して市内に“ゲル”が出現。くわしくは、「古都祝奈良」公式ホームページ(東アジア文化都市2016奈良市<外部リンク>)へ。

維新派の舞台公演「アマハラ」チケットを発売

  • 公演日時 10月14日(金曜日)~24日(月曜日)(11回)午後4時45分客席開場・5時15分開演
  • ところ 平城宮跡(東区朝堂院)
  • 費用 入場料:一般5,500円、25歳以下3,000円
  • チケット発売場所 維新派公式サイト(維新派オフィシャルウェブサイト<外部リンク>)、維新派事務所(電話番号:06-6763-2634)チケットの
  • 問合せ 舞台芸術部門チケットデスク(電話番号:090-9983-9469。平日の午前10時半~午後5時半)

「ならまちアートプロジェクト」

にぎわい・アートトーク「アートの風@奈良」

  • とき 9月10日(土曜日)午後5時~7時
  • ところ 奈良町にぎわいの家(中新屋町)
  • 内容 同プロジェクト作家等によるトーク出演者 岡田一郎さん(美術家)、林和音さん(美術家)他
  • 定員 30人
  • 申込 不要

にぎわい・ワークショップ「編む」

  • とき 9月22日(祝日)午後2時~4時
  • ところ 奈良町にぎわいの家(中新屋町)
  • 内容 古着を裂いた布を編み、作品にする
  • 講師 林和音さん(美術家)
  • 費用 300円
  • 定員 10人
  • 申込 電話か Eメールに住所、氏名、 電話番号を書いて、同施設(電話番号:0742-20-1917 Eメール:nigiwainoie@gmail.com)へ。

「NaraFoodCaravanProject」

PopupRestaurant

  • とき (1)9月2日(金曜日)午後6時半~8時(2)9月3日(土曜日)午後4時~8時(3)9月17日(土曜日)~25日(日曜日)午後4時~8時
  • ところ ならまちセンター(東寺林町)
  • 内容 シルクロードを通じた東アジアの食の変遷、歴史等を食の世界で表現。会場には“ゲル”がポップアップし、奈良を感じられるレシピを楽しめます(有料)。
  • 申込 不要

連携事業「春日野音楽祭」

オープニング:さだまさしさんと「北の国から」を大合奏!

  • とき 9月18日(日曜日)午前11時~正午
  • ところ 奈良公園登大路園地(県庁前)
  • 内容 子どもたちによる鍵盤ハーモニカの大合奏

まちなかステージ

  • とき 9月18日(日曜日)、19日(祝日)午前11時~午後4時半
  • ところ JR・近鉄奈良駅前、三条通り、奈良公園、春日大社境内等の10か所
  • 内容 公募されたミュージシャンやパフォーマーによる演奏

日中韓Musicフェスタin春日野音楽祭

  • とき 9月18日(日曜日)、19日(祝日)午後2時半~4時半
  • ところ 近鉄奈良駅前行基広場
  • 内容 中国寧波市、韓国済州道からミュージシャンを迎え、各国の伝統音楽や、ヴァイオリン・チェロ・ピアノの三重奏

一夜限り!「林檎の庭特別奉納演奏」

  • とき 9月19日(祝日)午後6時半~7時半
  • ところ 春日大社本殿前「林檎の庭」
  • 内容 グラミー賞受賞ギタリストのウィリアム・アッカーマンさんと、押尾コータローさん、尺八奏者の三橋貴風さんが一夜限りの競演

フィナーレ:吹奏楽参加者募集中!

  • とき 9月19日(祝日)午後4時~5時半
  • ところ 奈良公園登大路園地(県庁前)
  • 内容 指揮者のキダ・タローさん、サックス奏者の雲井雅人さんらを招き、大合奏・大合唱。参加者全員で御蓋山に音楽を奉納
  • 問合せ 春日野音楽祭実行委員会(電話番号:0742-22-7788 Eメール:info@kasuganofes.jp ホームページ:春日野音楽祭<外部リンク>

連携事業日本中国学会大会の特別講演会

  • とき 10月8日(土曜日)午後2時開演
  • ところ 奈良女子大学講堂(北魚屋西町)
  • 内容 「寧楽と中国-古代文字資料の世界」
  • 定員 100人︎
  • 申込 不要(午後1時から整理券を配布)
  • 問合せ 東アジア文化都市推進課(電話番号:0742-27-0120)

なら国際映画祭

第4回なら国際映画祭

NaraInternationalFilmFestival 9月17日(土曜日)~22日(祝日)

オープニングセレモニー

  • とき 9月17日(土曜日)午後5時
  • ところ 春日野園地
  • 費用 大人(前売4,500円、当日5,000円)子ども(前売2,000円、当日2,500円)
  • 内容 鮮やかなレッドカーペットで彩られた会場を、映画監督や俳優、レッドカーペットクラブ会員が歩く

NARAtive2016「東の狼」プレミア上映

  • とき 9月17日(土曜日)午後6時45分
  • ところ 春日野園地
  • 費用 前売1,000円、当日1,300円(1回券)
  • 内容 キューバの新星カルロス監督によるオリジナル映画(東吉野村が舞台)を世界初公開。上映後、舞台挨拶あり
    ※9月21日(水曜日)にも上映
  • ところ ならまちセンター市民ホール(東寺林町)
  • 時間 午後3時半

インターナショナルコンペティション

  • とき 9月18日(日曜日)~21日(水曜日)
  • ところ ならまちセンター市民ホール(東寺林町)、県文化会館小ホール(登大路町)
  • 費用 前売1,000円、当日1,300円
  • 内容 日本初公開の国内外新人監督作品を、各会場にて上映。最高賞「ゴールデンSHIKA賞」の受賞監督は次回NARAtiveを制作する権利を得る。審査員は俳優の三上博史さん等
    ※NARAtive 日本の第一線で活躍するスタッフ等のサポートのもと、奈良を舞台にした映画を制作するプロジェクト

尾花座復活上映会

  • とき 9月18日(日曜日)~21日(水曜日)
  • ところ ホテルサンルート奈良(高畑町)
  • 費用 1,000円(当日券のみ)
  • 内容 かつて愛された映画館「尾花劇場」。当時の雰囲気を再現し、映画祭期間限定で復活

星空上映会

  • とき 9月18日(日曜日)、19日(祝日)
  • ところ 春日野園地
  • 費用 大人(前売1,000円、当日1,500円)子ども(前売700円、当日1,000円)
  • 内容 若草山の麓、大仏殿隣の芝生で夕涼みをしながら、特設スクリーンで映画鑑賞。食や雑貨の店も並び、子供から大人まで楽しめるイベント

その他イベント

自転車発電で映画を見よう!大人も子どもも楽しめる参加型の「自転車発電上映会」(無料)や、奈良の夜を映像芸術で彩る「ならアートナイト」(猿沢池。当日券(500円)立ち見のみ)など盛り沢山NARAtive2016「東の狼」監督:カルロス・M・キンテラ(キューバ)主演:藤竜也撮影地:奈良県東吉野村


シンポジウム「アジアから世界へ」

東アジア文化都市2016シンポジウムシリーズ

  • とき 9月18日(日曜日)午後6時半~8時
  • ところ ならまちセンター市民ホール(東寺林町)
  • 内容 日中韓、それぞれ魅力ある映画の歴史。未来を担う若手映画人をいかに発見し、育んでいくべきか?海を越えていく機会を与える為の施策とは?アジアの第一線で活躍する映画人の討論から未来を探る。
  • 出演者 別所哲也(ショートショートフェスティバル&アジア代表)、河瀬直美(なら国際映画祭エグゼクティブ・ディレクター)、ジェイコブ・ウォン(香港国際映画祭キュレター・香港)、オ・ジュンワン(映画プロデューサー・韓国)
  • 申込 当日先着(午後5時半~整理券配布)。
  • 無料主催 「東アジア文化都市2016奈良市」実行委員会、文化庁
  • 共催 なら国際映画祭
  • 問合せ なら国際映画祭事務局(電話番号:0742-95-5780)
    ※くわしくはホームページに掲載

派遣留学生を募集!(奨学金支援)

平成29年度前期(第6期)官民協働海外留学支援制度
~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~
地域人材コース」「奈良を『開く』人材」グローカル人材育成プロジェクト

本市の産学官で構成する奈良市留学支援コンソーシアムは、平成27年7月に市町村では全国で初めて文部科学省官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~「地域人材コース」の採択を受けました。本地域における1期生である派遣留学生6人は、ガーナやフランス等で留学を開始しています。この度、2期生(平成29年度前期)となる派遣留学生を募集します。この事業を通してグローバルな視点を持ちながら奈良市(ローカル)で活躍する「グローカル」人材の育成をめざします。

  • 募集人数 4~6人程度
    ※実際の支援人数は、応募・審査の状況等によって変動します。
  • 対象者 トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの要件と、下記の(1)および(2)の要件を満たす学生(1)奈良市留学支援コンソーシアム加盟大学に在籍する大学生(学部生)、または奈良市に在住し、近隣の大学に通学する大学生(学部生)(2)奈良の未来を創造する強い意思をもつ「奈良を『開く』人材」
  • 留学期間 28日以上6か月以内(平成29年6月1日から10月31日までの間に留学が開始されるものに限る)
  • 支援内容 奨学金・往復渡航費(留学地域により異なる)、授業料等(上限あり)
  • 応募方法 留学計画書等(所定様式)を作成し、在籍大学に提出。提出期限は在籍大学によって設定されるので直接確認してください。募集要項と制度の詳細は、奈良市HP(トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム「地域人材コース」)に掲載
    問合せ 教育委員会事務局教育政策課(奈良市留学支援コンソーシ第1期の派遣留学生(壮行会での様子)アム事務局) 電話番号:0742-34-5386 Eメール:tobitate@city.nara.lg.jp

教育センターキッズ学びのフロア

〒630-8122三条本町13-1(はぐくみセンター9階) 電話番号:0742-36-0401

ミニミニサイエンス

  • とき 9月3日(土曜日)、10月1日(土曜日)(1)午後0時半~0時50分(2)午後2時半~2時50分(3)午後3時半~3時50分
  • 締切 当日受付

おはなしの会「エパミナンダス」(9月)
「アリョーヌシカとイワーヌシカ」(10月)

  • とき 9月10日(土曜日)、10月8日(土曜日)午後1時~1時半
  • 締切 当日受付

ロボット教室「つくって動かそう(4)」
(定員:子ども10人。ロボットは持ち帰れません)

  • とき 9月17日(土曜日)、25日(日曜日)
    (1)午前9時半~11時半
    (2)午後1時~3時
  • 締切 9月2日、9日

映画上映「シートン動物記『ちび犬チンク』」(9月)「シートン動物記『森を守る小さな赤リス』」(10月)

  • とき 9月25日(日曜日)、10月30日(日曜日)(1)午後1時~1時半(2)午後3時~3時半
  • 締切 当日受付

科学実験教室「3D万華鏡作り」

  • とき 10月8日(土曜日)午前10時~11時半
  • 締切 9月23日

ものづくり体験教室「へんしん!お面作り」

  • とき 10月9日(日曜日)(1)午前10時~11時半(2)午後1時~2時半
  • 締切 当日受付

ロボット教室「つくって動かそう(5)」(定員:子ども10人。ロボットは持ち帰れません)

  • とき 10月15日(土曜日)、30日(日曜日)(1)午前9時半~11時半(2)午後1時~3時
  • 締切 9月30日10月14日

科学実験教室「空き缶の底を磨いて太陽光を集めよう」

  • とき 10月16日(日曜日)(1)午前9時半~11時半(2)午後1時~3時
  • 締切 9月30日

科学実験教室「ひっつきむしの科学」

  • とき 10月23日(日曜日)(1)午前10時~11時半(2)午後1時~2時半
  • 締切 10月7日

プラネタリウム「ニジーロと月探検!」(9月)「ニジーロと天王星&海王星探検!」(10月)

  • とき 9月、10月の土曜日・日曜日・祝日(1)午前11時40分~午後0時20分(2)午後1時40分~2時20分(3)午後2時40分~3時20分
  • 締切 当日受付

ちびっこプラネタリウム
※小さい子ども向け

  • とき 9月11日(日曜日)、10月9日(日曜日)午前10時40分~11時
  • 締切 当日受付

ナイトプラネタリウムとちょこっとあそび(簡単なおりがみ)、「ニジーロと月探検!」(9月)、「ニジーロと天王星&海王星探検!」(10月)
※大人だけの参加可

  • とき 9月23日(金曜日)、10月28日(金曜日)午後6時半~7時10分
  • 締切 当日受付
  • 定員 子ども各20人(保護者同伴)
  • 申込 往復はがきに教室名、実施日、(1)(2)の別、住所、子どもの氏名(ふりがな)・学校園名・学年、保護者か引率者の氏名(ふりがな)、 電話番号を書いて、各締切日必着で同センターへ。1枚に1講座限り。多い場合は抽選
    ※上記以外のプログラムも開催。内容や実施日が変更になる場合あり(館内チラシ、ホームページに掲載)。

プラネタリウム
定員 各回40人当日受付

平成28年度臨時福祉給付金及び

年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)
申請期間 9月1日~来年1月31日

 臨時福祉給付金対象者1人につき3,000円
対象者イメージ
住民税が課税されていない人(課税者に扶養されている人・生活保護の受給者を除く)

 年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)
対象者1人につき30,000円
平成28年5月分の障害基礎年金または遺族基礎年金等を受給している人
※2つの給付金のどちらの要件にも該当する人は、両方受け取ることができます。

臨時福祉給付金

  • 給付額 対象者1人につき3,000円
  • 給付対象者 次のいずれにも該当する人
    1. 平成28年1月1日時点で奈良市の住民基本台帳に登録されている人
    2. 平成28年度分の市民税(均等割)が課税されていない人
    3. 平成28年度分の市民税(均等割)が課税されている人の扶養になっていない人
    4. 生活保護制度の被保護者になっていない人

年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)
給付額 対象者1人につき30,000円(臨時福祉給付金と併せて33,000円)
給付対象者 平成28年度臨時福祉給付金の給付対象者(左記)に該当する人のうち、平成28年5月分の障害基礎年金または遺族基礎年金を受給している人
※平成28年年金生活者等支援臨時福祉給付金(高齢者向け)を受給した人は対象外

申請方法
※期間を過ぎると申請受付ができなくなりますので注意してください。

  • 期間中は申請窓口の混雑が予想されますので、郵送での申請に協力してください。
  • 臨時福祉給付金、年金生活者等支援臨時福祉給付金(障害・遺族基礎年金受給者向け)の対象者と思われる人に8月下旬から関係書類を順次送付します。
  • 申請書(請求書)に記入し、必要な書類を添えて地域福祉課臨時給付金係(〒630–8580二条大路南一丁目1番1号)へ返送してください。なお、給付金対象者に該当すると思われる人で、9月15日(木曜日)までに関係書類が届いていない場合は下記の専用ダイヤルへ
  • 受付場所 地域福祉課
  • 受付期間 9月1日(木曜日)~来年1月31日(火曜日)
  • 受付時間 午前9時~午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)
  • 受付場所 西部会館・北部・東部出張所月ヶ瀬・都祁行政センター
  • 受付期間 9月1日(木曜日)~10月28日(金曜日)
  • 受付時間 午前9時~午後5時(土曜日・日曜日・祝日を除く)

問合せ 臨時福祉給付金お問い合わせコールセンター(電話番号:0742–34–9292)

市立幼稚園と市立保育所の再編方針が決定しました

市立幼稚園と市立保育所を再編し、幼保連携型認定こども園への移行を計画的に進めています。くわしくはホームページに掲載

  • <再編前>施設名称 東登美ヶ丘幼稚園東登美ヶ丘幼稚園東
  • <再編後>
    • 活用園舎 東登美ヶ丘幼稚園舎
    • 移行年 平成30年4月※登美ヶ丘幼稚園は平成31年4月に移行
    • 対象 1~2号認定
  • <再編前>施設名称 平城幼稚園
  • <再編後>
    • 活用園舎 平城幼稚園舎
    • 移行年 平成30年4月※平城西幼稚園との再編を予定平城西幼稚園の閉園年度について、現在協議中
    • 対象 1~2号認定
  • <再編前>施設名称 あやめ池幼稚園伏見幼稚園
  • <再編後>
    • 活用園舎 伏見幼稚園舎
    • 移行年 平成31年4月
    • 対象 1~3号認定
  • <再編前>施設名称 三碓幼稚園学園南保育園
  • <再編後>
    • 活用園舎 学園南保育園舎
    • 移行年 平成31年4月※三碓幼稚園は平成32年4月に移行
    • 対象 1~3号認定
  • <再編前>施設名称 右京保育園
  • <再編後>
    • 活用園舎 右京保育園舎
    • 移行年 平成32年4月に民間移管し、「私立幼保連携型認定こども園」へ移行
    • 対象 1~3号認定
  • <再編前>施設名称 鶴舞幼稚園
  • <再編後>
    • 活用園舎 鶴舞幼稚園舎
    • 移行年 平成32年4月に民間移管し、「私立幼保連携型認定こども園」へ移行 ※平成29年4月より「市立こども園」へ移行
    • 対象 1~3号認定

※六条幼稚園と京西保育園の平成29年4月の再編は、工事着工のめどが立っていないため、延期となりました。
問合せ 子ども政策課(電話番号:0742–34–4792)

しみんだより平成28年9月号 一覧へ戻る