ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成28年1月号(テキスト版)6~9ページ お知らせ1

本文

奈良しみんだより平成28年1月号(テキスト版)6~9ページ お知らせ1

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

マイナンバー詐欺かも!?と思ったら「消費者ホットライン188番」へお電話を!

マイナンバー制度・「個人番号カード」の交付開始について

申請者には、平成28年1月以降、「交付通知書」でお知らせします

1.「個人番号カード」(マイナンバーカード)受取りまでの流れ

交付申請は任意です(申請方法は、通知カードに同封の説明書をご覧ください)。

「個人番号カード交付申請書」で申請した人に交付通知をします。

  1. 市から、「個人番号カード交付通知書」(はがき)を申請者宛てに送付します。個人番号カードの交付場所、交付期限等をお知らせします。
  2. 本人確認書類等を持って、指定された交付窓口に本人がお越しください。運転免許証等により本人確認後、暗証番号を設定してもらい、カードをお渡しします。本人確認書類は、通知カードに同封の説明書やホームページでご確認ください。
  • 指定交付窓口(場所)
    ※最寄窓口=住所所管の窓口で交付します。(例 学園前に在住の人は西部出張所の窓口)市役所市民課(二条大路南一丁目)、西部出張所(学園南三丁目)、東部出張所(大柳生町)、北部出張所(右京一丁目)、月ヶ瀬行政センター(月ヶ瀬尾山)、都祁行政センター(都祁白石町)
  • カード交付の日曜開庁も実施
    1月10日(日曜日)・24日(日曜日)、2月14日(日曜日)・28日(日曜日)、3月13日(日曜日)・27日(日曜日)午前9時~午後1時
  • 持ち物
    交付通知書(はがき)、通知カード、本人確認書類、持っている場合は住基カード(引き換えになります)
    ※本人確認書類は、運転免許証、旅券等公的な顔写真付き証明書であれば1点、無い場合は健康保険証、年金手帳等、氏名と生年月日又は住所が確認できるもの2点以上が必要です。
  • その他
    原則本人がお越しください(15歳未満の人などの代理権を持っている場合でも、本人の確認が必要ですので一緒にお越しいただく必要があります)。入院等でやむなく代理人がお越しになる場合は、本人と代理人の本人確認が必要です。くわしくは、交付場所にお問い合わせください。窓口で交付申請(申請時来庁方式)した人には、個人番号カードを「本人限定受取書留郵便」で送付します。
  • 暗証番号の設定
    暗証番号 4種類の暗証番号設定が必要ですが、以下のB・C・D(4桁数字)は同一でも可能です。
    A:署名用の電子証明書の暗証番号→英数字6文字以上16文字以下
    B・C・D:利用者証明書、電子証明書等の暗証番号→数字4桁

 「申請時来庁方式」でのカード交付申請について
申請時来庁方式(市の窓口で本人確認をして交付申請書を受け付けて、後日できあがった個人番号カードを郵送する交付のやりかた)が利用しやすくなりました。これまでは、本人確認が顔写真付き公的証明書がなければ受付できませんでしたが、健康保険証などの本人確認書類2点以上と照会回答書の記入により申請受付ができるようになりました。

2.「通知カード」を受取っていない人はいませんか?

個人番号は、生涯使用する重要な番号です。まだお手元に通知カードが届いていない人は、至急市民課に問合せ・ご相談ください。

3.「日曜開庁」実施日の変更について(市役所市民課、西部出張所住民課で実施)

1月からは、第2・第4日曜日に「日曜開庁」を行います。これまでは、第1・第3日曜日に実施していましたが、今後は第2・第4日曜日に変更します(国の個人番号カード交付システムのメンテナンスのため)。1月の「日曜開庁」実施日は10日(日曜日)、24日(日曜日)午前9時~午後1時です。取り扱う業務は、住民票の写し等・証明書発行、住民異動届出、印鑑登録事務、戸籍届出等及び個人番号カード交付業務等です(休日のため取り扱えない業務があります)。

問合せ 市民課(個人番号カード交付申請手続きなど)電話番号:0742-34-4730
市専用ナビダイヤル電話番号:0570-078-743(平日午前8時半~午後5時15分)
マイナンバー総合フリーダイヤル(無料)電話番号:0120-95-0178
(平日午前9時半~午後10時、土曜日・日曜日、祝日午前9時半~午後5時半)

仕事や健康、滞納などでお困りの人へ
一人で悩まずに、まずはご相談ください

次のようなことで困っていませんか

仕事のこと

  • 理由もなく解雇された
  • 働く意欲はあるが自信がない
  • 仕事が続かない
  • 就職活動は何から始めれば良いかわからない

お金のこと

  • 家計の状況で悩んでいる
  • 家賃や電気・ガスなどの公共料金を滞納している
  • 借金の返済が大変だ

生活のこと

  • 家庭のことで相談したい
  • 社会参加したいが、どうすれば良いかわからない
  • 周囲に頼る人がいない

健康のこと

  • こころの病気で働けなくなった
  • 重い病気になってしまった
  • 入院費用の支払いなど、将来が不安だ

そんな時は一人で悩まずに、くらしとしごとサポートセンターへ

相談員があなたの悩みに寄り添って、どうしたら良いか一緒に考え、解決へのお手伝いをします。ご家族等周りの人からの相談でもかまいません。お気軽にご相談ください。
※相談無料 秘密厳守

くらしとしごとサポートセンター(市役所中央棟2階くらしとしごと支援室)
電話番号:0120-372-310Eメール:kurashi-support@city.nara.lg.jp
受付時間 月曜日~金曜日午前8時半~午後5時15分(土曜日・日曜日、祝日、年末年始は休み)

相談支援の流れ

生活や仕事などで困っている人に対して専門のスタッフが話を聴き、一人一人の状況に応じて相談や就労を含めた支援を行います。どんなことでもご相談ください。自立に向けて一緒に歩んでいきましょう。

ステップ1:生活上の問題・悩みを確認・整理します
ステップ2:一緒に自立に向けたプランを作成します
ステップ3:プランに沿った支援を行います
ステップ4:継続的に支援を行います
ステップ5:仕事の決定、自立した暮らし

家庭で取り組む冬の節電

電力需要が増加する冬季において、
12月1日(火曜日)~3月31日(木曜日)の平日午前9時~午後9時の間
無理のない範囲で節電にご協力をお願いします。(年末12月29日(火曜日)~31日(木曜日)を除く)

(1)冬季平日の電気の使われ方(イメージ)

節電をお願いしたい時間帯午前9時~午後9時
特に家庭の電気使用が増える夕方以降の時間帯の節電にご協力をお願いします。

(2)家庭における冬の夕方(午後7時頃)の消費電力例

  • エアコンを使用する家庭
    • エアコン30パーセント
    • 照明13パーセント
    • 冷蔵庫11パーセント
    • 待機電力5パーセント
    • 洗濯・乾燥機2パーセント
    • ジャー炊飯器2パーセント
    • パソコン2パーセント
    • 電気こたつ1パーセント
    • 食器洗い乾燥機2パーセント
    • 電気ポット2パーセント
    • 温水洗浄便座2パーセント
    • 電気カーペット4パーセント
    • テレビ6パーセント
    • その他18パーセント
  • ガス・石油ストーブ等を使用する家庭
    • 照明19パーセント
    • 冷蔵庫16パーセント
    • テレビ9パーセント
    • 電気カーペット6パーセント
    • 温水洗浄便座3パーセント
    • 洗濯・乾燥機2パーセント
    • ジャー炊飯器2パーセント
    • パソコン2パーセント
    • 電気こたつ2パーセント
    • 食器洗い乾燥機3パーセント
    • 電気ポット3パーセント
    • 待機電力7パーセント
    • その他26パーセント

家庭の主な節電メニュー

節電メニュー
通常、エアコンを使用する家庭の場合 節電効果(削減率)

  • エアコン
    • 重ね着等をして、室温20度を心掛ける 7パーセント※1
    • 窓には厚手のカーテンを掛ける 1パーセント
  • 照明
    不要な照明をできるだけ消す4パーセント
  • テレビ
    • 画面の輝度を下げる 2パーセント
    • 必要な時以外は消す 2パーセント※2
  • 冷蔵庫
    • 冷蔵庫の設定を「弱」にする 1パーセント
    • 扉を開ける時間をできるだけ減らす 1パーセント
    • 食品をつめこまないようにする 1パーセント
  • 待機電力
    • リモコンではなく本体の主電源を切る 1パーセント
    • 使わない機器はプラグを抜いておく 1パーセント


節電メニュー
通常、ガス・石油ストーブ等を使用する家庭の場合 節電効果(削減率)

  • 照明
    不要な照明をできるだけ消す 6パーセント
  • テレビ
    画面の輝度を下げる・必要な時以外は消す 3パーセント※2
  • 冷蔵庫
    • 冷蔵庫の設定を「弱」にする 2パーセント
    • 扉を開ける時間をできるだけ減らす 2パーセント
    • 食品をつめこまないようにする 2パーセント
  • ジャー炊飯器
    • 早朝にタイマー機能で1日分をまとめて炊く 2パーセント
    • 保温機能を使用せず、よく冷まして冷蔵庫に保存する 2パーセント
  • 待機電力
    • リモコンではなく本体の主電源を切る 2パーセント
    • 使わない機器はプラグを抜いておく 2パーセント

※1設定温度を2℃下げた場合
※2標準→省エネモードに設定し、使用時間を3分の2に減らした場合
(資源エネルギー庁推計)
問合せ エネルギー政策課電話番号:0742-34-5642

安全・安心のまちづくり

「おはよう おかえり こんにちは 声かけ 気にかけ 笑顔かけ」

マナーの遵守と規範意識の向上
奈良市安全安心まちづくり条例と同基本計画では防犯・交通安全とともにマナーの遵守を基本方針として、安全安心で快適なまちづくりをめざしています。自分の住むまちを住みよいまちにしていくためには、マナーを守るという一人ひとりの心掛けが大切です。
次の点に注意しましょう

  1. 一般の通行・日常生活の妨げとなる自動車等の駐車
  2. 公共の場所・他人の所有地への自動車等の放置
  3. 公共の場所の占用
  4. 空き缶等のポイ捨て・ごみの不法投棄
  5. 灰皿がない場所での路上喫煙
  6. 他人に危害・迷惑を及ぼす愛玩動物の飼育
  7. 公共施設や他人の建物等への落書き

奈良市の取組
市ではマナー向上の活動を実施しています。

  • 国際文化観光都市として美観の形成・維持を図るとともに、安全で快適な生活環境を確保し、美しいまちづくりを進めています。(奈良市路上喫煙防止に関する条例及び奈良市ポイ捨て防止に関する条例)
  • 駅前の美観を損ねたり、交通安全上の支障となる放置自転車等の対策に取り組み、良好な生活環境の確保と、生活の安全を保持しています。(奈良市自転車等の安全利用に関する条例)
  • はり紙等の簡易広告物の除却作業を進めているとともに、市民のみなさんも主体的に広告物等を除却できる制度
    古都奈良・美守り隊(随時募集中) を定めて、違法な広告物の追放運動を行っています。(奈良市屋外広告物条例)

防災とボランティアの日(1月17日)防災とボランティア週間(1月15日~21日)

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに災害時の防災ボランティア活動や自主的な防災活動について認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的として設けられました。平成23年3月11日に発生した東日本大震災でも、ボランティア活動が大きな役割を果たし、多くの人が救援や被災地の回復に貢献しています。

FMラジオで防災情報番組「なら防災防犯情報ナウ」(1回10分)
市の防災情報、自主防災組織の活動状況など身近な防災のワンポイント情報をお知らせします。
放送時間 毎週月曜日~金曜日:午前11時35分~45分、毎日:午後6時35分~45分(再放送)
放送局 ならどっとFM78.4MHz
※大規模災害が発生した時は、同放送局が緊急放送を行います。大災害時に備えてFM放送も聴けるラジオがあれば、いざという時に役立ちます。

防災写真・防災用品展
防災への関心を高め、災害時の備えとボランティア活動について考えてみませんか。阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災等のパネルを展示します。
とき 1月12日(火曜日)~15日(金曜日)午前8時半~午後5時15分
ところ 市役所正面玄関ホール

非常持出品を準備しましょう!
万一の災害に備え、非常食や必要なものをリュックサックなどにまとめておきましょう。市では乾パン・クラッカー・アルファ化米・粉ミルク等の食料や毛布・簡易トイレ・発電機等を備蓄していますが、約1週間は自力でしのげる準備をしておきましょう。また、あれこれ詰め過ぎると重くなり、避難行動に支障が出ますのでご注意ください。
問合せ 危機管理課(電話番号:0742-34-4930)

新斎苑基本計画(案)に関する意見(パブリックコメント)募集

  • 概要
    施設が狭あいで老朽化した現東山霊苑火葬場に代わり、待たせることなく心穏やかに故人をお送りできる安らぎの施設として、また周辺環境との調和や機能性と安全性を重視した新斎苑(火葬場)建設を推進するため、基本計画の策定を進めています。
  • 募集期間
    1月4日(月曜日)~29日(金曜日)
  • 応募資格
    市内に在住・在勤・在学の個人、市内に事務所・事業所を有する個人、法人とその他の団体
  • 応募方法
    「奈良市新斎苑基本計画(案)に関する意見」と明記し、意見と個人は住所・氏名・年齢・電話番号、法人は法人名・所在地・電番番号を書いて、1月29日必着で新斎苑建設推進課へ。Fax、Eメールも可。電話不可。
  • 閲覧場所
    新斎苑建設推進課、総務課、各出張所、各行政センター。募集期間中の午前8時半~午後5時15分(土曜日・日曜日、祝日を除く)。ホームページにも掲載。
  • その他
    意見は個人情報を除いて公開する場合があります。意見への個別対応はできません。
    問合せ 新斎苑建設推進課(電話番号:0742-34-51610742-34-4732Eメール:shinsaienkensetsusuishin@city.nara.lg.jp

しみんだより平成28年1月号 一覧へ戻る