ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成27年8月号(テキスト版)6~17ページ お知らせ

本文

奈良しみんだより平成27年8月号(テキスト版)6~17ページ お知らせ

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

なら燈花会

  • とき 8月5日(水曜日)~14日(金曜日)
  • 点灯時間 午後7時~9時45分※雨天・強風時、中止の場合あり
    くわしくは、ホームページ<外部リンク>に掲載
  • 問合せ なら燈花会の会事務局(平日午前10時~午後4時)

電話番号:0742-21-7515ファックス番号:0742-21-7520

  • 一客一燈
  • 期間中、ろうそくの点灯体験ができます。
    • 受付時間 午後7時~9時15分※混雑・天候等により点灯できない場合があります。
    • 費用500円
    • ところ 浮雲園地会場
  • 公式グッズ販売「燈屋」
    オリジナル手持ち提灯・うちわ等、ここでしか入手できない燈花会公式グッズがいっぱい!
    • とき 午後7時~9時45分
    • ところ 浮雲園地特設ブース
  • 燈Café
    期間中、全国の美味しいグルメやスイーツが楽しめます。
    • とき 午後6時~9時45分
    • ところ 奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~等

「なら燈花会」×アニメ「境界の彼方」
「なら燈花会」と、アニメ「境界の彼方」が今年もコラボ!特別書き下ろしによる数量限定グッズ等を販売します。

  • とき 午後6時~9時45分
  • ところ シルクロード交流館

周囲地図
※奈良市駐車場案内システムで、周辺駐車場情報をリアルタイムで確認できます。

当日の問合せ
NTTテレドーム電話番号:0180-997-515

平城京天平祭☆夏2015

  • とき 8月28日(金曜日)~30日(日曜日)午後5時半~9時(フードコートは4時~)
  • ところ 平城宮跡

平城宮跡の夜を光と灯りで彩る毎年恒例のイベント

  • 燈花会@大極殿 幻想的なろうそくの優しい灯りが大極殿を包みます。
  • 特設ステージ スペシャルイベントを上演(28日は午後6時~、29・30日は午後5時半~)
  • フードコート 奈良ならではのオリジナルメニュー等
    • その他 朝堂院エリアを彩る光のアートや「光の天平行列」(8月28日・30日)等、さまざまなイベントが盛りだくさん。普段と違った夜の平城宮跡の魅力が楽しめます。
    • 問合せ 平城京天平祭実行委員会電話番号:0742-25-0707

9月24日(木曜日)から住民票の写しなどの様式が変わります

新しい住民記録システムの導入に伴い、これまでの世帯単位の住民票から、個人(世帯構成員)を基礎にした住民票様式で住民票の写しを発行します。くわしくは市ホームページをご覧ください。

  1. 個人の異動履歴を備考欄に記載します。従来よりくわしい表示が可能になります。
  2. これまでと同様に「世帯全員の写し」・「世帯一部の写し」が選択できます。
  3. 手数料の変更はありません。1通:300円

新しい住民票のレイアウト
2種類から選択できます

  1. 個人票(1人につき1枚で世帯人数分が1セットになっています)
  2. 世帯連記入

奈良市ポイント付プレミアム商品券の予約申込を開始!

市内在住の人を対象に、12,000円分の商品券と奈良市ポイント1,000ポイント引換券の綴りを10,000円で販売します。(販売冊数3万冊予定。申込冊数が発行冊数を上回った場合は抽選)

予約申込期間
8月1日(土曜日)~31日(月曜日)(消印有効)
はがき裏面に希望冊数(3冊以内)、郵便番号、住所、氏名、下記引換希望店舗番号を書いて、奈良市プレミアム商品券事務局(〒630-8586登大路町36-2奈良商工会議所内)へ。1人1枚限り。記入漏れ、重複記載等は無効。希望冊数・引換希望店舗の変更不可

引換期間
10月1日(木曜日)~7日(水曜日)
当選した人に9月中旬に当選通知はがきを発送しますので下記引換販売店舗で商品券を購入してください(上記期間中に引換されない商品券があった場合、当選しなかったはがきから再抽選を行い11月14日(土曜日)~18日(水曜日)に引換販売を実施します)。
※個別の当落確認等はできません。

利用期間
10月1日(木曜日)~来年1月31日(日曜日)利用可能店舗はホームページやコールセンターで確認してください。

1人上限3冊まで

引換販売店舗番号

  1. イオン奈良店(ならファミリー内)
  2. イズミヤ学園前店
  3. イトーヨーカドー奈良店
  4. 近鉄百貨店奈良店
  5. コープおしくま
  6. コープ学園前
  7. コープ朱雀
  8. コープ六条
  9. 小西通商店街振興組合
  10. サンタウンプラザすずらん館
  11. ジョーシン富雄南イオンタウン店
  12. ジョーシン奈良店
  13. ダイエー富雄店
  14. TSUTAYAWAY奈良押熊店
  15. デイリーカナートイズミヤ新大宮店
  16. DCMダイキ富雄南店
  17. ならファミリー専門店
  18. 奈良もちいどのセンター街協同組合
  19. ハッスル1学園前店
  20. パラディ学園前
  21. マザーピア新大宮店
  22. ライフ学園前店
  23. ロイヤルホームセンター奈良
  24. ロイヤルホームセンターロイヤルビックス押熊
  25. 月ヶ瀬商工会
  26. 都祁商工会
  27. 奈良商工会議所(近鉄奈良駅1番出口徒歩1分)
  28. オークワ古市店
    問合せ 同コールセンター(平日午前10時~午後5時電話番号:050-3786-7518)

空き家の管理は所有者の責任です。

適正な管理が行われていない空き家が、防災、衛生、景観等の面から地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしています。平成27年5月26日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が本格施行され、市は管理が著しく不適切な空き家(特定空家)の所有者に対して必要な措置をとることができるようになりました。

「特定空家」とは?
「特定空家」に対する措置下記の状態の空き家が法律上の「特定空家」となります。

  1. 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
  2. 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
  3. 著しく景観を損なっている状態
  4. 周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

「特定空家」に対する措置

  • 指導・助言 所有者
  • 指導・助言 勧告 固定資産税等の住宅用地特例を除外 所有者
  • 指導・助言 勧告 命令 命令違反の場合50万円以下の過料所有者 所有者
  • 指導・助言 勧告 命令 行政代執行 費用の徴収 所有者
    *立入調査(拒み、、妨げ、忌避は20万円以下の過料)

問合せ 空き家の総合窓口は 住宅課電話番号:0742-34-5175
空き家の利活用については 奈良ブランド推進課電話番号:0742-34-5172

奈良市全域の空き家の外観調査を実施中です(11月末までの予定です)。

空き家の危険度判定や利活用可能かの判断のために、家屋の屋根や壁等の破損具合を外観目視し、実態を把握するための調査を行っています。

  • 実施事業者 国際航業株式会社・NPO法人空き家コンシェルジュ(共同事業体)
  • 問合せ 奈良ブランド推進課電話番号:0742-34-5172

今後、市は「特定空家」に対する法律に基づく措置を実施する上で必要な制度を整備します。

第31回全国自治体政策研究交流会議・第29回自治体学会奈良大会

市、県、自治体学会等が協力・連携して、「人口減少時代における地域の自治と連携の力~歴史と文化の“まほろば”奈良で考えよう~」を大会テーマに、多くの市民、研究者や自治体職員等が全国から集う奈良大会を開催します。
大会概要
全国自治体政策研究交流会議
〈要申込〉

  • とき 8月21日(金曜日)午後1時~4時45分
  • ところ 奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~(旧・県新公会堂)
  • 内容 記念講演:「聖武天皇の政治と盧舎那大仏の造立」東大寺長老の森本公誠さん。鼎談:「地方自治への思い」奈良県知事、法政大学法学部教授の廣瀬克哉さん他
  • 定員 500人
  • 費用 県内在勤・在住は無料

問合せ 同実行委員会事務局(県市町村振興課)電話番号:0742-27-8422
実行委員会(協働推進課)電話番号:0742-34-5193
くわしくは、大会ホームページに掲載

自治体学会特別企画〈要申込〉
古都の夜なべ~世界遺産・興福寺で自治体の未来を語ろう~

  • とき 8月21日(金曜日)午後8時~10時半
  • ところ 興福寺会館(途中退席可)
  • 定員 100人
  • 費用 500円

自治体学会〈要申込〉
※資料代要
とき 8月22日(土曜日)午前9時~午後4時半

  • 午前10時~午後0時15分
    共通セミナー「人口減少への対応を地方分権の視点から考える」
    内容 特別講演:東京大学名誉教授の神野直彦さん。パネルディスカッション:東京大学名誉教授の大森彌さん、仲川げん奈良市長、大阪市立大学准教授の松永桂子さん、読売新聞編集委員の青山彰久さん(コーディネーター)
    • ところ なら100年会館(三条宮前町)
    • 定員 400人
  • 午後1時半~4時半分科会、研究発表セッション等
    ところ はぐくみセンター(三条本町)

エクスカーション〈要申込〉

  1. 神職のご案内で巡る春日大社とご加護を授かる旅
  2. 飛鳥の民家ステイと桜井市初瀬門前町まちづくり視察(1泊2日)
  3. 景勝の地川上村の古民家宿泊と水源地の森散策(1泊2日)
    とき 8月22日(土曜日)~23日(日曜日)
    ※くわしくは、同実行委員会へ。

自治体学会地元企画分科会1〈要申込、入場無料〉
「資源をより合わせ、地域力を高める」

  • とき 8月22日(土曜日)午後1時半~4時半
  • ところ なら100年会館(三条宮前町)
  • 内容 基調報告:高市早苗総務大臣。パネルディスカッション:奈良県立大学学長の伊藤忠通さん、白藤学園理事長の綿谷正之さん、読売奈良ライフ代表取締役社長の朝廣佳子さん、ホテルサンルート代表取締役社長の中野聖子さん、同志社大学大学院教授の新川達郎さん(コーディネーター)
  • 定員 400人。多い場合は抽選

自治体学会地元企画分科会2
〈要申込、入場無料〉

  • とき 8月22日(土曜日)午後1時半~4時半
  • ところ 観光案内所前(JR奈良駅旧駅舎)
    内容 ならまちフィールドワーク・パネルディスカッション:市奈良町にぎわい課長の徳岡健治さん、奈良まちづくりセンター初代理事長の木原勝彬さん、元興寺住職の辻村泰善さん、奈良ドットFM代表取締役の中川直子さん、奈良まちづくりセンター前理事長・学会顧問の室雅博さん(コーディネーター)
  • 定員 50人。多い場合は抽選

台風・豪雨期に備えて

夏期に1時間に数十ミリから100ミリ近い雨を降らせる局地的大雨は突発的に発生するため、予測が難しく、都市部では低地や道路が冠水する浸水害等の被害が出ています。これから秋にかけては広範囲に影響を及ぼす台風や集中豪雨等による甚大な被害も毎年発生しています。

  • 台風や集中豪雨等に備えて、家の周りをチェック
    屋外
    • 屋根 瓦のひび割れ・ズレ・はがれ、アンテナのがたつきはないか
    • 雨どい・雨戸 詰まりやぐらつきはないか
    • 外壁 亀裂や板壁の劣化等はないか
    • 窓ガラス ひび割れや窓枠のがたつきはないか、飛来物への備えはできているか
    • ベランダ 鉢植えや物干し竿等、飛びやすい物は室内へ入れる
      屋内
      • 停電に備えて 懐中電灯や携帯ラジオを準備
      • 断水に備えて 飲料水を確保
      • 避難に備えて 貴重品等の非常持出品を準備
      • 正しい情報の入手 台風等の防災気象情報に注意
        ※くわしくは奈良地方気象台のホームページを確認
      • 最寄りの避難場所と避難経路 家族で事前に確認
  • 都市型水害に備える6つの心得
    1. 日頃から側溝等を掃除
    2. 水害発生時を想定して、日頃から土のう等を準備
    3. 避難の前に必ず火の始末
    4. 水圧でドアが開かなくなることも。戸外への避難は早めに
    5. 川や水路が溢れたら、急いで高い所へ移動(地下空間は危険。建物なら2階以上へ移動)
    6. 車やバイクは流されたり、転倒したりするので歩いて避難
  • 避難準備情報・避難勧告・避難指示とは
    • 避難準備情報
      避難に時間がかかる高齢者や障がい者のために、避難勧告や避難指示に先立って発令され、いち早く安全な場所に逃げてもらうための情報
    • 避難勧告
      災害が発生する恐れのある場合に発令され、地域住民に避難を勧めたり、促したりするための情報・避難指示災害による危険が目前に迫っている場合に発令され、地域住民に危険区域等から安全な場所に避難してもらう、避難勧告よりも拘束力が強い情報
    • 問合せ 危機管理課電話番号:0742-34-4930

国民健康保険加入者のみなさんへ

整骨院・接骨院・鍼灸・マッサージの正しいかかり方

柔道整復師(整骨院・接骨院)、鍼灸師、マッサージ師は“医師”ではないため、施術行為が限定されています。また、国民健康保険が適用されない場合があります。

国民健康保険が使える
柔道整復(整骨院・接骨院)

  • 〇外傷性のねんざ、打撲、肉離れ
  • 〇医師の同意がある場合の骨折・脱臼の施術
  • 〇応急処置で行う骨折・脱臼の施術(応急手当後の施術には医師の同意が必要)

国民健康保険が使える
鍼灸院・マッサージ施術院

  • 〇医師の同意書か診断書がある
  • 〇対象の病気(リウマチ・腰痛症・神経痛・五十肩・頸腕症候群・頸椎捻挫後遺症等)である(鍼灸院)
  • 〇関節拘縮・筋麻痺等関節が自由に動かなかったり、筋肉が麻痺したりする等の症状があり、治療上マッサージが必要と認められる場合(マッサージ施術院)国民健康保険が使えない柔道整復(整骨院・接骨院)

国民健康保険が使えない
柔道整復(整骨院・接骨院)

  • ×日常生活の疲労や肩こり・腰痛・体調不良等
  • ×病気(ヘルニア・神経痛等)からくる痛み
  • ×脳疾患後遺症等の慢性病×スポーツ等による肉体疲労
  • ×慰安目的のマッサージ×仕事中や通勤途上に起きた負傷(労災保険から給付)

国民健康保険が使えない
鍼灸院・マッサージ施術院
×下記以外のもの
医師の同意書か診断書がある
対象の病気(リウマチ・腰痛症・神経痛・五十肩・頸腕症候群・頸椎捻挫後遺症等)である(鍼灸院)
関節拘縮・筋麻痺等関節が自由に動かなかったり、筋肉が麻痺したりする等の症状があり、治療上マッサージが必要と認められる場合(マッサージ施術院)国民健康保険が使えない柔道整復(整骨院・接骨院)

柔道整復、鍼灸、マッサージにかかるときは…

  • 必ず領収書をもらい、金額を確認
  • 療養費支給申請書の内容(負傷名、施術日数、金額等)を確認して署名・捺印
  • 往療(自宅での施術に伴う訪問費用)は、歩行困難等やむを得ない理由で通院が困難な場合以外は使えません。また、往療については医師の同意が必要です。
    ※保険適用が認められないと、全額自己負担になります。
  • 柔道整復では負傷原因を正確に伝えましょう。
  • 柔道整復での施術が長期にわたる場合は、内科的要因も考えられます。医師の診断を受けてください。

医療費支給申請書(レセプト)の内容点検の確認にご協力を

奈良市国民健康保険では年々増加する医療費の適正化の一環として、専門業者に委託し療養費(柔道整復、鍼灸、マッサージ)支給申請書の内容点検を実施しています。整骨院、接骨院、鍼灸院、マッサージ施術院などで施術を受けた人の保険給付の請求内容について確認・点検します。点検委託業者「株式会社オークス」が施術内容について文書で確認する場合がありますので、ご理解・ご協力をお願いします。

問合せ 国保年金課電話番号:0742-34-4736

8月15日~8月31日は国民健康保険料(第3期分)の納期です。国民健康保険料の納付はコンビニでもできます。

市民のうごき(7月1日現在)
総人口/362,970人(男170,835人女192,135人)
世帯/158,885世帯

市営住宅入居者募集

募集住宅

  • 一般向 第2号市営住宅(東之阪)1戸、第4号市営住宅(般若寺)1戸、第18号市営住宅(五条山)1戸、第1号コミュニティ住宅(JR奈良駅前)1戸
  • 子育て世帯向 第2号市営住宅(東之阪)1戸、第4号市営住宅(般若寺)1戸、第9号市営住宅(紀寺)1戸、第20号市営住宅(松陽台)1戸、第1号コミュニティ住宅(JR奈良駅前)1戸
  • 高齢者向 第20号市営住宅(松陽台)1戸

申込 住宅課、出張所、行政センター、市民サービスセンターで7月31日~8月14日に配布する申込書に必要事項を書いて、8月14日必着で住宅課へ送付か持参。
※申込資格については申込案内を確認してください。
抽選 8月21日(金曜日)に公開抽選
問合せ 住宅課(電話番号:0742-34-5174)

ななまるカード運転免許証自主返納ポイントについて

70歳以上の人のみ奈良市ポイント2000

  • 対象 70歳以上で、平成27年4月1日以降に免許証を自主返納し、運転経歴証明書の交付を受けた、ななまるカードを持っている人。申請については対象者1人につき1回限りです。
  • 申請期間 9月1日~30日の午前8時半~午後5時15分(土曜日・日曜日、祝日を除く)
  • 手続き 運転経歴証明書とななまるカード(老春手帳優待乗車証)、印鑑を持って、長寿福祉課へ。
  • その他 申請受理から一か月以内に、本人のななまるカードへ2千ポイントを付与します。
  • 問合せ 長寿福祉課(電話番号:0742-34-5439)

※運転経歴証明書 自動車等を運転しないので免許証を返却したいという人は、所轄の警察署や運転免許試験場で免許を返納し、運転経歴証明書の交付を受けることができます。交付手数料として千円が必要です。くわしくは、所轄の警察署(奈良署電話番号:0742-20-0110、奈良西署電話番号:0742-49-0110、天理署電話番号:0743-62-0110)へ。

特別弔慰金が支給されます

戦没者等の死亡当時の遺族で平成27年4月1日現在で公務扶助料や遺族年金等を受ける人がいない場合に、第10回特別弔慰金として額面25万円、5年償還の記名国債が支給されます。
対象
次の順番による先順位の遺族一人(1)弔慰金の受給権者(2)戦没者等の子(3)戦没者等と生計関係を有し、かつ、戦没者等と氏が同じである(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹(4)(3)以外の(1)父母(2)孫(3)祖父母(4)兄弟姉妹(5)(1)~(4)以外で、戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上生計関係を有していた三親等内の親族

  • 期間 平成30年4月2日まで
  • 問合せ 福祉政策課(電話番号:0742-34-4994)

新たに選挙人名簿などに登録された人の名簿の縦覧

新しく奈良市の選挙人名簿と在外選挙人名簿に登録された人を記載した書面を、次のように縦覧できます。

  • とき 9月3日(木曜日)~7日(月曜日)午前8時半~午後5時
  • ところ 選挙管理委員会事務局(市役所北棟4階)
  • 問合せ 同事務局(電話番号:0742-34-3501)

都市計画(案)の縦覧

県と市において、次の都市計画(案)を作成しましたので、次のとおり縦覧します。

  1. 西日本旅客鉄道関西線(JR関西本線)の変更案
  2. 西九条佐保線、八条紀寺線、六条奈良阪線の変更案
  3. JR高架側道4号線の新規決定案
  4. 四条線、大森西町線の変更案
    • 縦覧期間 8月7日(金曜日)~21日(金曜日)までの執務時間内(土曜日・日曜日を除く)
    • 縦覧場所 県都市計画室か市都市計画課(県と市のホームページにも掲載)
    • 意見書の提出 この案に対して意見のある人は、意見の要旨とその理由を具体的に記載し、住所、氏名、連絡先を併記した文書を、(1)(2)については、県知事宛で県都市計画室(〒630-8501登大路町30)へ、(3)(4)については、市長宛で市都市計画課(〒630-8580二条大路南一丁目1―1)へ8月21日必着で提出してください。
    • 問合せ (1)(2)は県都市計画室(電話番号:0742-27-7520)か市都市計画課(電話番号:0742-34-4748)、(3)(4)は市都市計画課へ。

排水設備工事責任技術者試験・講習

  • 習受験講習(希望者のみ)
    • とき 10月28日(水曜日)午後1時~4時
    • 費用 3千円(テキスト、問題集は別途購入)
  • 試験
    • とき 11月4日(水曜日)午後2時~4時
    • 費用 8500円
    • ところ かしはら万葉ホール(橿原市)
      申込 企業局下水道維持課備え付けの用紙に必要事項を書いて、8月24日~9月4日に同課へ(電話番号:0742-34-4837)

吹付けアスベスト等分析調査の補助金

アスベスト等による被害の未然防止とその早急な除去等を図るために行う建築物の吹付けアスベスト等の分析調査に対し補助します。
※分析調査の前に申請してください。

  • 対象 吹付けアスベスト等が施工されている可能性のある市内の建築物(募集件数になり次第終了)
  • 問合せ 建築指導課(電話番号:0742-34-4750)

国民年金のお知らせ

保険料の申請免除・納付猶予の受付を7月1日から開始しています。

今年度の国民年金保険料は月額15590円です。経済的な事情などで保険料の納付が困難な人のために、免除・猶予制度があります。

平成27年度国民年金保険料免除申請免除の種類

※()内は月額保険料

  • 全額免除(0円)
  • 4分の3免除(3900円)
  • 半額免除(7800円)
  • 4分の1免除(11690円)

全額免除以外は、承認を受けても保険料を納付しないと、その期間は未納扱いとなります。

平成27年度国民年金保険料若年者納付猶予

30歳未満の第1号被保険者は、申請して承認されると、保険料の納付が猶予されます(期間内に30歳に到達する人は誕生月の前月まで)。
受付 7月1日から受付中
ところ 国民年金係、出張所、行政センター
期間 7月から来年6月
申請に必要なもの 年金手帳、印鑑、免除申請者・配偶者・世帯主(猶予申請者は不要)の平成26年中の所得を証明するもの(課税証明か税務署の受付印のある確定申告書の写し。ただし平成27年1月1日現在で奈良市に住民登録をし、確定申告・市県民税申告済の人は所得の証明が不要)。
※退職した人の特例申請に必要なもの…右記の添付書類に加え、雇用保険の「雇用保険受給資格者証」か「雇用保険被保険者離職票」の写し(平成26年1月以降の離職日に限る)、離職者支援資金の貸し付けを受けた場合は、「貸付決定通知書」の写し(平成26年1月以降の事業廃止に限る)
審査・承認 免除申請者・配偶者・世帯主(猶予申請者は不要)の平成26年中の所得をもとに、日本年金機構が保険料の負担能力を審査し承認します。
継続免除・猶予 失業等特例承認以外の全額免除承認者・納付猶予承認者で継続を希望する人は、来年度以降の免除申請・納付猶予申請を継続審査できます。

任意加入

次の人も希望すれば加入することができます。
(1)20歳以上65歳未満で、海外に滞在している日本人(2)国内に住所のある60歳以上65歳未満の人(65歳まで任意加入しても受給資格を満たせない人は特例として70歳まで加入できます)
必要なもの 年金手帳、預貯金通帳、届出印(60歳以上の任意加入は口座振替が原則です)
その他 保険料の支払いは口座振替も可能です(各金融機関の窓口、年金事務所で受付)。くわしくは、奈良年金事務所(電話番号:0742-35-1370)へ。

バンビーホーム(学童保育)の指導員募集

  • 資格 (1)昭和26年4月2日以降に生まれた人(2)奈良市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例第11条第3項の各号に定める保育士などの資格を持つ人
  • 試験内容 1次:書類選考、2次:グループワーク・個人面接(9月上旬~中旬)
  • 採用人数 若干名
  • 任用期間 10月1日~来年3月31日(任用を更新する場合もあり)
  • 申込 申込に必要な書類を8月3日~19日必着で地域教育課へ送付。採用試験の実施要項等は地域教育課で配布(ホームページからもダウンロード可)
  • 問合せ 地域教育課(電話番号:0742-34-5441)

保育士の現場復帰を促進する研修会

  • とき 9月8日(火曜日)午前9時半
  • ところ 右京保育園(右京五丁目)
  • 内容 保育園見学と保育についての説明
  • 定員 30人
  • 申込 電話かファックスに講座名、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、8月28日までにこども園推進課(電話番号:0742-34-5493、ファックス番号:0742-36-7671)へ。

もったいない陶器市

家庭で不要になった陶磁器製食器を回収・配布します。持ち込みのみ、持ち帰りのみもできます。

  • 回収できるもの 家庭で不要になった陶磁器製食器のみ(割れていても可。食べ物が付着している食器は洗ってから持ち込み)
  • 回収できないもの 事業で使用したもの、陶磁器製の食器でも、素焼きや耐熱食器(土鍋など)、ガラス・プラスチック・金属・木・コレール製の食器、ゴム底や取っ手等が付いているもの(取り外せば可)、花瓶や置物、灰皿等食器ではないもの
  • 回収方法 午後12時半までに回収拠点に持ち込んでください。検品し、回収できないものについては返却します。また、新聞紙やプラスチックシート等に包まず、食器のみ裸の状態で持ち込んでください。

定期開催イベント

  • とき 毎月第1水曜日の午前10時~午後1時(8月は5日、9月は2日開催)
  • ところ コープおしくま(押熊町)
  • 問合せ 企画総務課(電話番号:0742-71-3001)

8月17日~8月31日は市・県民税(第2期分)の納期です。納税は便利な口座振替をご利用ください。

ひとり親家庭のための就業相談・養育費等相談

児童扶養手当等の更新手続きに合わせて、相談の実施日を増やします。

  • ひとり親家庭等出張就業相談
    • とき 8月6日(木曜日)・7日(金曜日)・14日(金曜日)・21日(金曜日)・25日(火曜日)・28日(金曜日)午前10時~午後3時
    • ところ 子育て相談課内相談室
    • 内容 母子家庭等の就職・転職にまつわる相談
    • 相談員 奈良県母子家庭等就業・自立支援センター就業相談員
    • 申込 電話で同センター(電話番号:0742-24-7624)へ。
  • 養育費等相談
    • とき 8月20日(木曜日)・27日(木曜日)(1)午後1時(2)午後2時(3)午後3時
    • ところ 子育て相談課内相談室
    • 内容 離婚や別居に伴う子どものための養育費等にまつわる相談
    • 相談員 家庭問題情報センター大阪ファミリー相談室相談員
    • 申込 電話で8月3日から実施日までに子育て相談課へ
    • 問合せ 子育て相談課(電話番号:0742-34-4804)

ひとり親家庭のための生活支援講習会

悩み相談や役立つ情報の提供、楽しいイベントを実施しています。託児可。くわしくは、ホームページに掲載

  • 法律講座「離婚に関わる法律の知識を学ぶ」
    • とき 9月6日(日曜日)午後1時~3時
    • 内容 離婚に関わる知っておきたい情報について
  • 法律講座「養育費について」
    • とき 10月4日(日曜日)午後1時~3時
    • 内容 離婚や別居に伴う子どものための養育費等費用について
    • ところ 中部公民館(上三条町)
    • 講師 女性共同法律事務所弁護士の乘井弥生さん
    • 対象 母子家庭、父子家庭、寡婦
    • 問合せ 子育て相談課(電話番号:0742-34-4804)

ファミリー・サポート・センター

育児の援助を受けたい人と援助を行いたい人が会員(依頼・援助・両方)として登録し、助け合いを行う組織です。

  • 説明会
    • とき 8月25日(火曜日)、9月16日(水曜日)午前10時~正午
    • 対象 依頼・援助・両方会員
    • その他 援助・両方会員は後日講習会あり。会員登録には、顔写真(縦3cm×横2.5cm)2枚と印鑑が必要
  • スキルアップ講座
    • とき 8月27日(木曜日)午前10時~正午
    • 対象 援助・両方会員、同センター事業に興味のある人
    • 内容 色育講座
    • 講師 色育インストラクター西川ユカさん
    • ところ はぐくみセンター(三条本町)
      申込 電話で同センター(電話番号:0742-34-3305)へ。

母子家庭等日常生活支援事業の利用登録

母子家庭等日常生活支援事業を利用するには、市への事前登録が必要です。登録は一年毎に更新しますので、継続利用の場合も登録申請が必要です。登録期間は8月~来年7月です。
母子家庭等日常支援事業…母子家庭・父子家庭、寡婦の人が就職活動や疾病等のため、一時的に日常生活に支障が生じる場合に、訪問介護員、保育士、看護師等の資格を持った家庭生活支援員が保育サービス、身の回りの世話等を行う事業です(支援内容と世帯所得の状況により、費用がかかることがあります)。
問合せ 子育て相談課(電話番号:0742-34-4804)

子ども発達センター出張相談

  • とき・ところ 8月14日(金曜日)西部公民館(学園南三丁目)8月17日(月曜日)富雄南こども園(中町)、9月28日(月曜日)伏見保育園(宝来三丁目)各日午後1時半~2時半、午後2時45分~3時45分
  • 対象 市内在住の0歳~就学前の子とその保護者
  • 内容 保健師、心理判定員、保育士による助言。必要に応じて専門相談・発達検査等
  • 申込 電話かファックス・Eメール(kodomohattatsu@city.nara.lg.jp)で相談申込みシート(ホームページからダウンロード可)に必要事項を書いて、同センターへ。後日センターから連絡
  • 問合せ 子ども発達センター療育相談室(電話番号:0742-20-2100、ファックス番号0742-24-0780)

児童扶養手当・特別児童扶養手当の更新手続き

児童扶養手当・特別児童扶養手当の受給者に、今年度も受給資格が継続するかを確認するため、7月末日(特別児童扶養手当受給者は8月上旬)に手続きの方法などを通知しています。全額支給停止の人も手続きが必要ですので、児童扶養手当受給資格者は8月3日~31日、特別児童扶養手当受給資格者は8月11日~9月10日の間に必ず更新の手続きをしてください(特別児童扶養手当は2年連続所得制限超過の人に限り手続き不要)。また、児童扶養手当の受給開始から5年を経過した場合等の手当の減額措置解除の対象の人には別途通知していますので、8月中に必ず手続きをしてください。遅れると手当が半額に減額される場合がありますのでご注意ください。
問合せ 子ども育成課(電話番号:0742-34-5042)

ボランティアセンター

〒630ー8113法蓮町1702‐1 電話番号:0742-26-2270 ファックス番号:0742-26-2003

夏のボランティアスクール~ひとへの「おもいやり」・ものへの「おもいやり」ってどんなこと~奈良市ポイント20

  • とき 8月22日(土曜日)午前9時半~午後3時半
  • 内容 午前の部:「目の見えない人の話を聞こう」、午後の部:「自然にやさしくすることを学ぼう」
  • 対象 小学4~6年生20人と参加児童の保護者・学校関係者(希望者のみ)
  • 持ち物 筆記用具、1リットルの空牛乳パック、タオル、ハサミ、昼食
  • 申込 はがき、ファックス、Eメール(naravc@citrus.ocn.ne.jp)に住所、氏名、学年、学校名、電話番号、保護者付添の有無を書いて、8月15日(当日消印有効)までに同センターへ。多い場合は抽選

西福祉センター

〒631ー0024百楽園一丁目9―13 電話番号:0742-41-3151 ファックス番号:0742-41-3150

  • 健康講座暑さに負けない!カラダに適した水分を!
    70歳以上の人のみ奈良市ポイント20
    • とき 8月18日(火曜日)午後1時~2時
    • 内容 人間と水分の関係、水分補給のタイミング、熱中症対策とスポーツドリンクの特徴等
    • 講師 コカ・コーラウエストCSR統括部の樋田哲也さん
    • 定員 60歳以上の人80人
    • 申込 8月11日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡
  • 女子力アップの「美メイク」セミナー
    70歳以上の人のみ奈良市ポイント20
    • とき (1)9月3日(木曜日)午前10時半~午後0時半(2)9月4日(金曜日)午前10時半~午後0時半(3)午後2時~4時
    • 内容 実演を交え、ベースメイク等のお化粧の基本テクニックや明るい色を使ったメイク法を学ぶ
    • 講師 ファンケルのスタッフ
    • 対象 60歳以上の女性各15人
    • 持ち物 髪止めピン・タオル(ノーメイクで参加してください)
    • 申込 往復はがきにセミナー名、(1)~(3)の別、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、8月27日必着で同センターへ。多い場合は抽選(昨年度、受講者は不可)。
  • 最期の時を満足いくかたちで家族葬セミナー
    • とき 9月9日(水曜日)午後1時半~2時半
    • 内容 家族葬は何人から?家族葬の費用、良い点、気をつける点等
    • 講師 公益社1級葬祭ディレクターの池田貴和さん
    • 定員 60歳以上の人40人
    • 申込 9月2日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

ごみ減量キャラバン

  • とき 8月28日(金曜日)午前10時~正午
  • ところ 登美ヶ丘南公民館(中山町西二丁目)
  • 定員 20人程度
  • 締切 8月26日
  • とき 9月6日(日曜日)午前10時~10時半
  • ところ 二名公民館(学園赤松町)
  • 定員 20人程度
  • 締切 9月3日
  • とき 9月8日(火曜日)午後1時半~3時
  • ところ 若草公民館(川上町)
  • 定員 30人程度
  • 締切 9月4日
  • 内容 ごみの分別、ごみの減らし方のお話、質疑・応答(その他にもごみの分別・減量を楽しく学べる催しを用意しています)
  • 申込 電話かファックス、Eメールに氏名、電話番号を書いて、各締切日までに企画総務課(電話番号:0742-71-3001ファックス番号0742-71-1621Eメール:kan-kikaku@city.nara.lg.jp)へ。
  • 問合せ 同課

総合福祉センター

〒631ー0801左京五丁目3―1電話番号:0742‐71‐0770 ファックス番号0742‐71‐0773

「視覚障がい者サポートボランティア入門講座」

  • とき 9月2日~来年1月27日の毎週水曜日午前10時~正午((1)9月2日・9日、1月27日(2)9月16日~11月11日(3)11月18日~1月20日)
  • 定員 20人。在勤・在学も可
  • 内容 (1)総論(視覚障がい者の生活と支援)(2)外出サポート(外出支援の基礎)(3)情報支援(代読・点訳の基礎)
    ※(1)は全員受講、(2)(3)は選択(両方選択も可)
  • 費用 テキスト代等
  • その他 (2)の外出サポートを受講する人は課外授業として同センター主催事業「ふれあいハイキング」(10月30日開催予定)に参加してもらいます。
  • 申込 往復はがきに講座名、選択科目、住所、氏名、年齢、電話・ファックス番号、在勤・在学者はその旨を書いて、8月20日必着で同センターへ。多い場合は抽選

東福祉センター

〒630ー8113法蓮町1702―1電話番号:0742―24-3151ファックス番号:0742-27-9028

  • 世代間交流事業「スポーツ吹矢体験教室~腹式呼吸で体内バランスを整えよう~」
    70歳以上の人のみ奈良市ポイント50
    • とき 8月20日(木曜日)午後1時半~3時半
    • 内容 スポーツ吹矢式呼吸法の習得(世代間交流)
    • 講師 県スポーツ吹矢協会奈良佐保川支部
    • 定員 60歳以上の人と、高齢者との交流に興味のある小学校高学年以上の人20人
    • 申込 8月13日までに電話、ファックスか直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡
  • 世代間交流事業「おじいちゃんおばあちゃんと一緒に夏休みの工作をしませんか?」
    • とき 8月22日(土曜日)午後1時半~3時半
    • 内容 奈良県の銘木である吉野杉を使った工作(コースターとペン立て、写真立て等)
    • 講師 吉野杉透かし楽彫り工房木楽の中瀬悦さん
    • 定員 60歳以上の人と中学生以下の孫20組40人
    • 申込 8月15日までに電話、ファックスか直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡。
  • 世代間交流事業「電気の省エネルギー~わが家の防災チェック~」
    • とき 9月3日(木曜日)午後1時半~3時
    • 内容 家庭での身近な節電対策や、自然災害時の電気製品の取扱について解説
    • 講師 関西電気保安協会スタッフ
    • 定員 60歳以上の人と3歳までの子どもとその保護者50人
    • 申込 8月27日までに電話、ファックスか直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡。
      ※3歳までの子どもとその保護者は、子育てスポットすくすく広場にて来館時に受付

南福祉センター

〒630ー8443南永井町45―1電話番号:0742-62-3730ファックス番号:0742‐62‐3780

健康のつどい「ボディタッチケア」

70歳以上の人のみ奈良市ポイント50

  • とき 8月28日(金曜日)午後1時~2時
  • 内容 高齢者と子どものふれあいあそび・簡単なヨガ等
  • 対象 60歳以上の人とその家族と概ね3歳までの子どもとその保護者
  • 申込 不要

北福祉センター

〒631ー0805右京一丁目1―4(北部会館2階)電話番号:0742-71-3501ファックス番号:0742-71‐3548

  • ベンチャーズサウンド
    • とき 8月22日(土曜日)午後1時半~2時半
    • 出演 梅野浩二&WooPs
    • 対象 60歳以上の人とその家族
    • 申込 不要
    • その他 駐車場に限りがありますので、来場は公共交通機関をご利用下さい。
  • デュークズウォーキング~素敵に歩こう~
    70歳以上の人のみ奈良市ポイント50
    • とき 8月26日(水曜日)午後1時半~3時
    • 内容 筋肉や関節に負担をかけない正しい歩き方
    • 講師 デューク更家公認の武當倭人さん
    • 対象 60歳以上の人50人
    • 申込 8月13日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

ボランティアインフォメーションセンター

〒630ー8122三条本町13ー1(はぐくみセンター1階)電話番号:0742‐93‐8435 ファックス番号0742-34-2336

  • ボランティア入門講座
    奈良市ポイント20
    ~ボランティアよろず相談会~
    • とき 8月22日(土曜日)午前10時~正午
    • 内容 (1)ボランティアの基本的な考え方について(2)さまざまな立場からの疑問、相談のグループワーク
    • 定員 30人。在勤・在学も可
    • 申込 電話かファックス、Eメール(volunt-info@city.nara.lg.jp)に講座名、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、8月15日までに同センターへ。多い場合は抽選
  • 絵本リサイクル
    奈良市ポイント20
    • とき 8月1日(土曜日)~9月30日(水曜日)午前10時~午後4時
    • 内容 リサイクルのため、使用しない絵本の持ち込みを募集
    • 問合せ 同センター

史料保存館

〒630ー8337脇戸町1―1電話番号:0742-27-0169

ならまち歳時記奈良奉行と春日大社万燈籠

  • とき 8月4日(火曜日)~9月6日(日曜日)午前9時半~午後5時(入館は4時半まで)。月曜日は休館。8月11日(火曜日)~13日(木曜日)は午後9時まで開館
  • 内容 石燈籠を奉納した奈良奉行等に関する史料を展示・紹介

なら工藝館

〒630ー8346阿字万字町1―1電話番号:0742-27-0033

  • 夏季制作体験
    1. 透かし楽彫り(コースターの制作他)
      • とき 8月7日(金曜日)~9日(日曜日)午後1時~6時
      • 定員 1時間につき10人まで(体験時間は1時間)
      • 費用 500円~
    2. 秋篠手織(木綿のテーブルセンターづくり)
      • とき 8月7日(金曜日)~9日(日曜日)午後1時~6時
      • 定員 1時間につき3人まで(体験時間は1時間)
      • 費用 千円
    3. バーナーワークによるガラス細工
      (A)動物細工(B)ガラスペン(C)ガラスペンダント
      • とき 8月8日(土曜日)・9日(日曜日)午前11時~午後4時
      • 内容 (A)~(C)の好きな種類を選び、ガラス棒を溶かして制作
      • 費用 1回3千円(小学4年生以上)
    4. マクラメアクセサリー
      • とき 8月7日(金曜日)・8日(土曜日)午前11時~午後4時
      • 内容 ワックスコードを使用して編み込みのアクセサリーを制作
      • 費用 1回1500~3千円(小学2年生以上)
        申込 (1)(2)は電話で同館へ。空きがあれば当日申込も可。(3)(4)は申込不要。随時開催。最終受付は各1時間前まで
      • ※混雑する場合あり
  • ランプワーク展2015
    国内のガラス工芸バーナーワーク作家43人によるガラス作品の展示
    とき 8月7日(金曜日)~13日(木曜日)午前10時半~午後6時(最終日は午後4時まで。8月10日は休館)

おとなの算数・数学教室

  • とき 9月2日・16日、10月14日・28日、11月11日・25日午前10時~正午。全6回
  • 定員 50人。在勤・在学も可
  • ところ はぐくみセンター(三条本町)
  • 内容 大人を対象に算数・数学をわかりやすく講義
  • 講師 元奈良市教育長の冷水毅さん
  • 申込 往復はがきかEメールに事業名、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、8月13日必着で保健所・教育総合センター管理課(〒630-8122三条本町13-1電話番号:0742-34-2303Eメール:hokenshokyouikuc-kanri@city.nara.lg.jp)へ。1枚に2人まで可。多い場合は抽選

奈良の文化財をもっと知る講座2015

昔のくらし体験

~かまどでごはんを炊こう!~

  • とき 8月22日(土曜日)午前10時~午後4時
  • ところ 旧田中家住宅・昔のくらし館、都跡公民館(五条町)
  • 内容 かまどを使った炊飯・掃除・薪割り、うちわ・水てっぽう作り、旧田中家住宅・昔の民具の解説等
  • 講師 すずらんクラブ、文化財課職員
  • 定員 小学生と保護者8組(最大20人)
  • 費用 参加費1人300円、うちわ代1本200円
  • その他 雨天開催、気象警報発令時中止
  • 申込 往復はがきかファックス、Eメールに参加者全員の住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号、うちわの本数を書いて、8月12日午後5時必着で文化財課(電話番号:0742-34-5369ファックス番号0742-34-4859Eメールbunkazai@city.nara.lg.jp)へ。1通に2組まで可。多い場合は抽選

男女共同参画課

〒630ー8245西之阪町12電話番号:0742‐81‐3100ファックス番号0742‐25‐0600

  • プチ起業をめざす!簡単ホームページ作成講座
    • とき 9月8日(火曜日)・10日(木曜日)・15日(火曜日)・17日(木曜日)午前10時~正午
    • 内容 起業に役立つホームページ作成
    • 定員 文字入力ができてwebメールアドレスを持っている女性10人。在勤・在学も可
    • 費用 8千円(資料代含む)
    • 講師 キャリアコンサルティングから派遣
    • 締切 9月1日
  • あすなら市民講座「一生涯を元気に自分らしく~老いても、病んでも、すこやかに生きる~」市国際女性交流協会と開催します。
    • とき 9月12日(土曜日)午後1時半~3時半
    • 講師 大阪府老人大学講師の浅野和代さん
    • 定員 50人。在勤・在学も可
      ※託児はありません
    • 締切 9月3日
      申込 電話、ホームページの電子申請か往復はがき、ファックスに講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、託児(1歳~就学前)希望者は幼児の名前(ふりがな)、年齢、性別を書いて、各締切日までに同センターへ。多い場合は抽選

勤労者総合福祉センター(サン・アクティブ奈良)

〒630‐8106佐保台西町115電話番号:0742-71-2444

  • 韓国語教室「初級【2】」
    • とき 9月9日~12月2日の原則毎週水曜日、午後7時~8時半。10回
    • 内容 書き言葉、接続詞、作文を学ぶ
    • 定員 20人。在勤も可
    • 費用 6555円
  • アロマテラピー教室(秋のアロマケア)
    • とき 9月16日~10月14日の原則毎週水曜日、午前10時半~正午。4回
    • 内容 夏の疲れや季節の変わり目のトラブルにアロマでの対処法を基礎から学ぶ
    • 定員 16人。在勤も可
    • 費用 6200円
      申込 往復はがきに教室名、住所、氏名、電話番号、勤務先を書いて、8月16日必着で同センターへ。1枚に1人1教室限り。多い場合は抽選
  • 社交ダンス
    • とき 8月8日(土曜日)・15日(土曜日)・23日(日曜日)、9月6日(日曜日)・12日(土曜日)・23日(祝日)・27日(日曜日)、10月3日(土曜日)午後1時半~4時半。午後2時から3時は講師常駐、8月15日と9月23日は30分の団体レッスンあり
    • 費用 各日一人500円
    • 申込 不要
    • その他 パートナーチェンジあり
    • 持物 ダンスシューズ。室内用スニーカーも可
      その他 同センターのトレーニング室に8月から新しいランニングマシンとエアロバイクを導入します。

采女祭・お稚児さん

  • とき 9月27日(日曜日)午後4時半~6時
  • 対象 3歳~小学3年生
  • 費用 5千円
  • 申込 市観光センター(上三条町)か市総合観光案内所(JR奈良駅旧駅舎)備え付けの用紙に必要事項を書いて、費用を添えて9月18日までに直接各案内所へ。
  • 問合せ 市観光センター(電話番号:0742-22-3900)

キッズホリデークラブ

  • 夏の夜の光の不思議体験
    • とき 8月22日(土曜日)午後6時半~8時20分
    • 内容 ナイトプラネタリウム投影、光がテーマの実験・工作、夏休み工作相談
    • 申込 不要
  • 多目的ラックを作ろう
    • とき 8月27日(木曜日)(1)午後1時~2時半(2)午後3時~4時半
    • 定員 20人
    • 申込 往復はがきに住所、氏名、電話番号を書いて、8月7日までに教育支援課(〒630-8122三条本町13-1)へ。(共に保護者同伴)
    • ところ はぐくみセンター(三条本町)
    • 問合せ 同課(電話番号:0742-36-0401)。くわしくは、ホームページに掲載

世界の平和を願って非核平和都市 奈良

市では、核兵器廃絶と平和をめざす「非核平和都市宣言」が昭和60年12月に市議会で決議されました。平成18年に長崎市を中心とした「日本非核宣言自治体協議会」に、平成21年に広島市を中心とした「平和首長会議」に加入し、平和な社会の実現に向けて取り組みを進めています。

  • 平和の鐘をつき鳴らします広島・長崎に原爆が投下された日時に、世界の平和を祈って、市役所塔屋の平和の鐘をつき鳴らす他、市内の寺院へも撞鐘をお願いしています。市役所で平和を祈念して1分間の黙祷を行います。みなさんの家庭や職場等でも黙祷をお願いします。
    • 広島原爆被爆の日 8月6日(木曜日)午前8時15分
    • 長崎原爆被爆の日 8月9日(日曜日)午前11時2分
  • 被爆記録写真展
    • とき 8月3日(月曜日)~7日(金曜日)午前8時半~午後5時15分
    • ところ 市役所1階正面玄関ホール

奈良町からくりおもちゃ館

〒630-8338陰陽町7電話番号:0742-26-5656

  • 夏休み子ども講座「知恵の板」製作体験講座
    • とき 8月23日(日曜日)午前10時~正午
    • 定員 小学生24人(低学年は保護者同伴)
    • 費用 500円
    • 申込 同館ホームページの電子申請か往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢、学年、電話番号を書いて、8月10日必着で同館へ。1枚で2人まで可。多い場合は抽選
  • 夏休み特別展示「昭和のなつかしいおもちゃで遊ぼう!」
    メンコやベーゴマ、だるまおとし等の懐かしいおもちゃを一堂に展示。自由に遊べます。
    とき 8月13日(木曜日)~16日(日曜日)午前10時~午後4時半

奈良町にぎわいの家

〒630ー8333中新屋町5 電話番号:0742-20-1917

  1. 親子で竃体験
    • とき 8月7日(金曜日)・21日(金曜日)・28日(金曜日)午前10時~午後0時半
    • 定員 各日親子で10人(子どもの単独参加不可)
    • 内容 かまどでご飯を炊いて、カレーライスを作る
    • 費用 500円
  2. 夕涼み「にぎわい映画会」
    • とき 8月8日(土曜日)午後7時半~9時
    • 内容 映画「大佛さまと子供たち」(1952年製作)の上映
    • 定員 40人
    • 費用 500円
  3. 町家講座「子ども町家探検」
    • とき 8月22日(土曜日)午前10時~正午
    • 定員 親子20組
    • 講師 奈良まちづくりセンターの吉田昌さん、何左昌範さん、なら・町家研究会の渡邊有佳子さん
  4. 音声館共催イベント「子ども茶会」
    • とき 8月23日(日曜日)午前10時半~午後0時半
    • 定員 50人
      申込 (1)~(3)は電話かEメール(nigiwainoie@gmail.com)に(1)~(3)の別、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、参加人数を書いて、同館へ。多い場合は抽選。(4)は申込不要

防災センター

〒630ー8145八条五丁目404―1電話番号、ファックス番号:0742‐35‐1106

  • 夏休み特別企画
    「夏休みお天気フェア&暴風雨体験」
    奈良地方気象台と共催で実施
    • とき 8月15日(土曜日)午前9時半~午後3時半
    • 内容 防災体験(消火・煙避難・暴風雨・地震
      ※暴風雨体験を希望の場合は、雨具(上下、フード付きの物)、長ぐつ、タオルを持参)、気象(地震と大雨)に関するビデオ上映、地震・大雨を観測する機器、温暖化パネル、防災グッズ等の展示、竜巻や雲を発生させる実験や工作、雲の観察会、その他自由体験コーナーあり
    • 申込 不要気象台に関する
    • 問合せ 同気象台(電話番号:0742-22-4445)
  • 夏休み特別講座応急手当救命入門コース
    • とき 8月26日(水曜日)午前10時~11時半
    • 内容 児童・生徒向けの救命講習、心肺蘇生法・自動体外式除細動器(AED)の取扱い方等
    • 定員 小学4年生~中学生30人
    • 申込 電話で8月18日までに消防局救急課(電話番号:0742-35-1190)へ。
  • 上級救命講習
    • とき 9月10日(木曜日)午前9時~午後5時
    • 内容 心肺蘇生法、自動体外式除細動器(AED)の使用法、傷病者管理法、外傷の手当、搬送法等
    • 定員 中学生以上30人。在勤・在学も可
    • 申込 電話で9月2日までに消防局救急課(電話番号:0742-35-1190)へ。

埋蔵文化財調査センター

〒630ー8135大安寺西二丁目281電話番号:0742ー33-1821

夏休み親子考古学体験~はじめての考古学~

  • とき 8月23日(日曜日)午後1時~4時
  • 内容 出土品に触れて観察し、クイズや瓦の拓本に挑戦。拓本は持ち帰り可
  • 定員 小学4年生以上の児童とその保護者10組
  • 申込 往復はがきかEメール(maizoubunka@city.nara.lg.jp)に住所、氏名(ふりがな)、年齢、学年、電話番号を書いて、8月7日必着で同センターへ。1通につき1組限り。多い場合は抽選

人権の歴史入門講座~なら楽学遊歩~

  • とき 9月30日(水曜日)午後1時~4時(半日)
  • 内容 奈良町西部の人権スポットを訪ねて
  • 場所 JR奈良駅
  • とき 11月18日(水曜日)午前10時~午後4時(1日)
  • 内容 南山城の人権スポットを訪ねて
  • 場所 JR上狛駅
  • 定員 成人40人
  • 費用 施設入場料等要
  • 講師 天理大学講師の吉田栄治郎さん
  • 申込 往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、8月31日までに東人権文化センター(〒630-8424古市町1226電話番号:0742-61-2236)へ。多い場合は抽選
    ※少雨決行

ならまちのまち歩きと落語館で大笑い!

  • 出演 笑福亭純瓶
  • とき 8月6日(木曜日)・7日(金曜日)・14日(金曜日)・15日(土曜日)・23日(日曜日)・28日(金曜日)・29日(土曜日)・9月10日(木曜日)・13日(日曜日)
  • 出演 笑福亭生寿
  • とき 8月9日(日曜日)・13日(木曜日)・20日(木曜日)・22日(土曜日)・27日(木曜日)、9月3日(木曜日)・4日(金曜日)・11日(金曜日)・12日(土曜日)
    ※都合により出演者変更の場合あり
  • とき 午後5時45分・奈良町にぎわいの家集合(中新屋町)、午後6時・落語家の案内でならまち歩き、午後7時~7時半・落語鑑賞(奈良町落語館)
  • 定員 各日15人
  • 費用 大人500円、小学生250円
  • 申込 当日の午後5時までに、奈良町落語館(電話番号:0742-22-7227)か田中さん(電話番号:080-5313-8764)へ。要予約

鴻ノ池ソフトテニス教室

  • とき 9月5日(土曜日)午前9時半~正午、原則毎週土曜日全10回
  • ところ 鴻ノ池コート(法蓮佐保山四丁目)
  • 定員 小学3年生以上35人程度、中学生以上35人程度
  • 費用 5800円(保険料含む)
  • 持ち物 スポーツのできる服・ラケット・テニスシューズ・飲み物・タオル
  • その他 ラケット20本程度レンタル可
  • 申込 往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、8月31日必着で鴻ノ池陸上競技場(〒630-8180法蓮佐保山四丁目5‒1電話番号:0742-22-0001ファックス番号0742-26-0265)へ。

バンビシャス奈良バスケットボールスクール

  • とき 来年3月末までの原則水曜日午後6時45分~8時45分(無料体験あり)
  • ところ 中央第二体育館(法蓮佐保山四丁目)
  • 定員 中学生20人
  • 費用 7560円(4回分)。別途ボール、傷害保険料要
  • 申込 電話で同館(電話番号:0742-24-1501)へ。随時募集
    ※体育館では体育館シューズを使用

スポーツ教室を開催します

中央体育館(法蓮佐保山四丁目)

  • ソフトテニス教室
    • とき 9月8日から火曜日の午前9時半~11時半。9回
    • 定員 60人
    • 費用 4320円
  • バドミントン教室(昼の部)
    • とき 9月8日から火曜日の午後1時半~3時半。9回
    • 定員 60人
    • 費用 3600円
  • バドミントン教室(小学生の部)
    • とき 9月8日から火曜日の午後4時半~6時。9回
    • 定員 小学3年~6年生50人
    • 費用 3510円
  • バドミントン教室(夜の部)
    • とき 9月8日から火曜日の午後6時半~8時半。9回
    • 定員 25人
    • 受講料 5850円
      中央第二体育館(法蓮佐保山四丁目)
  • 健康体操教室
    • とき 9月8日から火曜日の午前10時~11時半。9回
    • 内容 音楽を使ったリズム体操
    • 定員 女性80人
    • 受講料 2790円
  • 少年少女体操教室
    • とき 9月8日から火曜日の午後4時半~6時。9回
    • 定員 小学生40人
    • 受講料 3410円
  • 卓球教室
    • とき 9月11日から金曜日(1)昼の部:午後1時半~3時半(2)夜の部:午後6時半~8時半。各10回
    • 定員 各40人
    • 受講料 各4千円

申込 往復はがきに教室名、(1)(2)の別、住所、氏名(ふりがな)、年齢(小学生は学年・生年月日・保護者名)、電話番号を書いて、8月17日必着で中央体育館(〒630-8108法蓮佐保山四丁目1‒3)へ。多い場合は抽選。体育館では体育館シューズを使用。用具のある人は持参。
問合せ 中央体育館(電話番号:0742-24-1501)

学童水泳記録会

  • とき 9月6日(日曜日)午後1時から
  • ところ ならやま屋内温水プール(左京五丁目)
  • 参加資格 学校長か保護者の承認を得た小学生。在学も可
  • 種目(男女共通) 自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライ(25メートル・50メートル・100メートル)、一人2種目まで
  • 申込 往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、学校名、学年、性別、年齢、電話番号、出場種目、エントリータイム、保護者名(押印)を書いて、8月23日必着で市水泳連盟理事長の上阪功さん(〒631-0044藤ノ木台一丁目8‒28‒307)へ。

西部生涯スポーツセンター温水プール監視員パートの募集

  • 期間 9月1日(火曜日)~来年2月29日(月曜日)
  • 勤務時間 (1)午後1時~5時(2)午後5時~9時
  • ところ 西部生涯スポーツセンター温水プール(中町)
  • 定員 5人(18歳以上。高校生を除く)
  • 賃金 時給800円(交通費の支給あり)
  • 申込 履歴書に写真を貼って、8月15日までに同センター(〒631-0052中町4860電話番号:0742-52-0100)へ。

総合福祉センター体育館

〒631ー0801左京五丁目3番1号電話番号:0742‐71‐0775ファックス番号0742‐71‐0773

ふれあいバドミントン大会

  • とき 9月6日(日曜日)午後1時半~4時半
  • 定員 中学生以上の知的障がい児・者と保護者20組。高校生以上の健常者10人
  • 内容 試合はダブルスゲームで、保護者とペア。個人参加は健常者とペア
  • 申込 同館備え付けの用紙か往復はがき、ファックスに大会名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号、障がいの有無・等級、未成年者は保護者名を書いて、8月28日必着で同館へ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

市民硬式テニススクール

  • とき 9月6日(日曜日)・13日(日曜日)・20日(日曜日)・22日(祝日)・23日(祝日)
  • ところ 柏木テニスコート(柏木町)
  • 定員 小学4年生以上120人。在勤・在学も可。経験不問
  • 費用 一般3千円、小~高校生2千円(初日に徴収)
  • 申込 往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号、経験年数、所属クラブ、学校を書いて、8月20日必着で市テニス協会の清水敏夫さん(〒631-0062帝塚山6-8-208電話番号:090-4640-1928)へ。

耐震診断・耐震改修の補助金

いつ起きてもおかしくない大地震に備え、住宅の耐震化を促進するため、耐震診断や耐震改修工事に対し補助します。
※5月号に掲載しましたが、募集件数に満たなかったため、引き続き申し込みを受付
*診断・改修の前に申請してください。
対象 昭和56年5月31日以前に建築された住宅。ただし、昭和56年6月1日以降に増築した住宅は除く。

診断・補助事業名…
無料耐震診断※木造住宅(専用か併用の一戸建て住宅)
内容・補助額…
耐震診断員を派遣し一般耐震診断を行う。募集件数…34件

診断・補助事業名…
耐震改修工事補助※木造住宅(専用か併用の一戸建て住宅)
内容・補助額…
上部構造評点を1.0以上とするために施工する耐震改修工事に要した費用に3分の1を乗じて得た額(1,000円未満切り捨て)。限度額は50万円。
募集件数…3件

診断・補助事業名…
耐震診断補助
住宅(専用か併用の一戸建て住宅)
内容・補助額…
耐震診断に要した費用に3分の2を乗じて得た額(1,000円未満切り捨て)。限度額は86,000円。ただし、木造は精密診断法に限る。
募集件数…2件

診断・補助事業名…
耐震診断補助
長屋住宅・共同住宅
内容・補助額…
くわしくは、建築指導課へ。

※募集件数に達し次第終了
問合せ 建築指導課電話番号:0742-34-4750

しみんだより平成27年8月号 一覧へ戻る