ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成28年10月号(テキスト版)7~11ページ 秋のイベント特集

本文

奈良しみんだより平成28年10月号(テキスト版)7~11ページ 秋のイベント特集

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

平城宮跡菊花大会

  • とき 10月26日(水曜日)~11月17日(木曜日)
  • ところ 市庁舎玄関前・玄関ホール
  • 市民1鉢の部(大菊3本立)作品募集
    • 対象 県菊花連盟非会員で市内在住、在勤で自己搬入・搬出できる人
    • 作品搬入 10月24日(月曜日)・25日(火曜日)午前9時~午後5時
    • 審査 11月7日(月曜日)
    • 作品搬出 11月18日(金曜日)午前9時~午後5時
    • 申込 電話で10月14日までに観光振興課へ。
  • 菊づくり何でも相談コーナー(会場にて)
    • とき 10月27日(木曜日)・28日(金曜日)、11月15日(火曜日)・16日(水曜日)
    • 午前9時~正午
      問合せ 同課(電話番号:0742-34-5135)

ならまち格子の家 上方舞鑑賞会

  • とき 11月6日(日曜日)午後2時~3時
  • ところ ならまち格子の家(元興寺町)
  • 内容 風情のある町家で、山村流上方舞を鑑賞
  • 出演 山村若女さん、山村若日女さん、地方に菊央裕司さん、菊央梛ゆかりさん
  • 費用 500円
  • 定員 40人
  • 申込・問合せ 電話で10月25日までに、ならまち振興事業部門(電話番号:0742-27-1820)へ。多い場合は抽選

みつきうまし祭り~平城京天平祭・秋~

  • とき 10月29日(土曜日)~11月6日(日曜日)午前10時~午後4時
  • ところ 平城宮跡
  • 内容 花のアート展示(天平花絵巻・花の遣唐使船等)、古代行事の再現(伎楽・衛士隊の再現等)、ステージイベント(ミュージカル阿倍仲麻呂伝・石見神楽等)、飲食物販(地元名店による奈良の食・地酒販売等)、オリジナル御朱印帳販売(限定710)
    ※来場者用の駐車場はありません。イベント内容は変更の場合あり。くわしくは
    同祭ホームページに掲載
  • 問合せ 平城京天平祭実
    行委員会(電話番号:0742-25-0707)

奈良の魅力発見ツアー

400年前の剣術が息づく里「柳生」を体感

  • とき 11月16日(水曜日)・19日(土曜日)
  • ところ 近鉄・JR奈良駅集合・解散
  • 内容 剣聖の里を訪れ、刀鍛冶や柳生新陰流の見学、座禅や忍術体験等、「剣」にまつわる本物の柳生を一日体感。添乗員同行
  • 費用 9,900円
  • 定員 20人(最少催行人数12人)
  • 申込・問合せ やまとびとツアーズ(電話番号:0744-55-2221 ※くわしくはホームページに掲載)、観光振興課(電話番号:0742-34-5135)

春日大社第六十次式年造替記念奉祝行事

「奉祝稚児行列」参加者募集

  • とき 11月26日(土曜日)・27日(日曜日)午後1時開始(午後4時終了予定)
  • ところ 春日大社飛火野~表参道~幣殿~御本殿
  • 内容 稚児衣装をまとって神職とともに行列・参拝、御本殿の完成と正遷宮を祝う
  • 費用 6,000円(衣装レンタル代、記念品付)
  • 定員 満3歳~小学校3年生まで、各日200組。参加1人につき保護者1人の付添い要(保護者の服装は、和服またはスーツ等)
  • 申込 市観光協会(電話番号:0742-27-8866 ※午前9時~午後6時。土曜日・日曜日、祝
    日を除く)へ。くわしくは、春日大社第六十次式年造替奉祝行事実行委員会ホームページに掲載

教育相談親子交流イベント「カプラでGO!」

  • とき 10月29日(土曜日)
  • ところ はぐくみセンター (三条本町)
  • 内容 ワンサイズの木製ブロックでさまざまなものを作れる積み木「カプラ」のワークショップ。講師を招き、いろいろな建物や動物を作りながら親子で交流
  • 定員 市内在住の小・中学生とその保護者30組程度
  • 申込・問合せ 電話で10月25日までに教育相談課(電話番号:0742-93-8197)へ。

『奈良工芸フェスティバル2016』

~創る・伝える・つなぐ~

  • とき 11月1日(火曜日)~6日(日曜日)午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)
  • ところ なら工藝館(阿字万字町)
  • 申込 往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号、制作体験名(竹細工は(1)(2)の別)、希望日時(第1~3希望まで)を書いて、10月15日までに同館へ。1枚に1教室限り。多い場合は抽選
    問合せ 同館(〒630-8346阿字万字町1-1電話番号:0742-27-0033)
  • 奈良伝統工芸展(特別企画展示)
    一刀彫・赤膚焼等、奈良工芸品の新たな取組を展示
  • 奈良工芸品販売
    奈良工芸品を特別価格で販売
  • 工芸相談
    工芸品に関する質問や、工芸作家をめざす人の相談に専門家が応じる
  • 春日大社第六十次式年造替記念特別展
    春日大社の協力による、特別作品と写真パネル展示
  • 地酒の試飲販売
    • とき 11月5日(土曜日)、6日(日曜日)午前11時~午後5時
    • 内容 市内の全蔵元のお酒を楽しむ
  • 奈良工芸品が当たるお楽しみ抽選会
    1,500円以上購入毎に1回(上限6回まで)の抽選。期間中、景品がなくなり次第終了
  • お茶席
    • とき 11月3日(祝日)、6日(日曜日)午前11時~午後4時
    • 費用 一席500円
  • 制作実演(日時変更の場合あり)
    内容とき
    • 一刀彫11月2日(水曜日)・4日(金曜日)午後0時半~4時半
    • 奈良筆11月5日(土曜日)・6日(日曜日)午後0時半~4時半
    • 陶芸11月5日(土曜日)午後0時半~4時半
    • 奈良漆器11月2日(水曜日)・4日(金曜日)・5日(土曜日)午後0時半~4時半
    • 奈良団扇11月3日(祝日)午後0時半~4時半
  • 申込不要の制作体験(日時変更の場合あり)
    • 透かし楽彫り(30分)
      • 内容 木製コースター等の制作
      • とき 11月1日(火曜日)・2日(水曜日)午前10時半~午後4時半
      • 費用 500円
    • 奈良筆(20分)
      • 内容 穂先をフノリで固め成形
      • とき 11月5日(土曜日)・6日(日曜日)午後0時半~4時半
      • 費用 1,000円~
  • 申込が必要な制作体験(日時変更の場合あり)
    体験(所要時間)
    • 一刀彫(6時間)
      • 内容 来年の干支「酉」づくり
      • とき 11月1日(火曜日)・3日(祝日)・6日(日曜日)午前10時~午後4時
      • 定員 各30人
      • 費用 2,500円
    • 秋篠手織(1時間)
      • 内容 木綿のテーブルセンターづくり
      • とき 11月2日(水曜日)~6日(日曜日)(1)午前10時~11時(2)午前11時~正午(3)午後1時半~2時半(4)午後2時半~3時半
      • 定員 5人
      • 費用 1,000円
    • 奈良晒(1時間)
      • 内容 麻のテーブルセンターづくり
      • とき 11月3日(祝日)(1)午前10時~11時(2)午前11時~正午(3)午後1時半~2時半(4)午後2時半~3時半
      • 定員 各5人
      • 費用 1,000円
    • とんぼ玉(1時間)
      • 内容 とんぼ玉づくり
      • とき 11月3日(祝日)(1)午前10時半~11時半(2)正午~午後1時(3)午後1時半~2時半(4)午後3時~4時
      • 定員 各4人
      • 費用 2,500円
    • 古楽面(2時間半)
      • 内容 伐折羅大将の彩色
      • とき 11月5日(土曜日)(1)午前10時~午後0時半(2)午後1時半~午後4時
      • 定員 各15人
      • 費用 2,500円
    • 木工(5時間)
      • 内容 組子の行灯づくり
      • とき 11月4日(金曜日)午前10時~午後3時
      • 定員 各10人
      • 費用 3,000円
    • 陶芸(2時間)
      • 内容 粘土1キログラムで湯呑や茶碗等自由制作
      • とき 11月2日(水曜日)(1)午前10時~正午(2)午後1時半~3時半
      • 定員 各10人
      • 費用 2,500円(小学生2,000円)
    • 竹細工(2時間)
      • とき 11月4日(金曜日)(1)茶杓づくり午前10時~正午(2)箸づくり午後1時半~3時半
      • 定員 各10人
      • 費用 (1)1,500円(2)700円
    • 奈良団扇(2時間)
      • とき 11月5日(土曜日)(1)午前10時~正午(2)午後1時半~3時半
      • 定員 各20人
      • 費用 1,620円

都祁交流センター 音楽の里づくり事業

  • X'mas(クリスマス)コンサート
    • とき 12月24日(土曜日)午後2時開演
    • 出演 HONS(サックスホーンカルテット)
    • 費用 自由席一般 800円/ペア1,000円/小・中・高校生・70才以上500円 ※未就学児は無料
    • チケット 10月9日午前9時発売
  • X'mas ミニファミリーコンサート
    • とき 12月25日(日曜日)午後2時開演
    • 内容 ワークショップ体験・X'mas ソングの歌と演奏
    • 出演 モリエンドカフェ「Mori end café」
    • その他 全席自由席(0 才から入場可)
      問合せ 都祁交流センター(〒632-0221都祁白石町1133番地 電話番号:0743-82-2112)

親子農業体験 秋の収穫祭

  • とき 10月15日(土曜日)
  • ところ 市青少年野外活動センター(阪原町)
  • 内容 サツマイモの収穫とポップコーン作り等、秋の味覚を味わう
  • 費用 親子2人1組3千円
  • 定員 30人
  • 申込・問合せ 氏名、性別、年齢、住所、幼稚園(保育園)、学校名、電話番号(あればファックス番号)、Eメールを書いて、10月10日までにファックスかEメールで同センター(ファックス番号:0742-93-0029、Eメール:chiiki-manabi@kcn.jp)へ。

ふれあい大会

「みんなの願い33☀~あなたの思いやりがみんなの笑顔につながる~」(入場自由)

  • とき 11月12日(土曜日)午前10時~午後3時。雨天決行
  • ところ 総合福祉センター(左京五丁目)
  • 内容 手話や点字等の体験、障がい者施設・団体による模擬店、パネル展示、各団体によるステージ、平城東中学校吹奏楽部による演奏、田原地区伝統芸能保存会による千本つき等 (要約筆記、手話通訳あり)
  • その他 障がい者用駐車場はありますが、台数に限りがあるので公共交通機関を利用してください
  • 問合せ 同センター(電話番号:0742-71-0770 ファックス番号:0742-71-0773)

秋のならまちナイトカルチャー

  • ガラス細工オリジナル勾玉アクセサリー作り体験
    • とき 10月22日(土曜日)午後6時~7時
    • 定員 8人
    • 費用 1,000円
    • ところ とんぼ玉工房空歩 元興寺前(鵲町)
  • ならまち能鑑賞
    • とき 10月23日(日曜日)午後7時~8時
    • 定員  70人
    • 費用 500円
    • ところ ならまちセンター(東寺林町)
  • 狂言鑑賞
    • とき 10月25日(火曜日)午後7時~8時
    • 定員 70人
    • 費用 1,000円
    • ところ ならまちセンター(東寺林町)
  • 100年の町家で「和菓子作り体験」
    • とき 10月26日(水曜日)午後6時~7時
    • 定員 16人
    • 費用 1,000円
    • ところ ならまち中西与三郎(脇戸町)
    • とき 10月27日(木曜日)午後6時~7時
    • 定員 16人
    • 費用 1,000円
    • ところ ならまち中西与三郎(脇戸町)
  • 落語鑑賞
    • とき 10月28日(金曜日)午後7時~8時
    • 定員 70人
    • 費用 500円
    • ところ ならまちセンター
  • 雅楽鑑賞
    • とき 10月29日(土曜日)午後7時~8時
    • 定員 70人
    • 費用 500円
    • ところ ならまちセンター
  • ならまち能鑑賞
    • とき 10月30日(日曜日)午後7時~8時
    • 定員 70人
    • 費用 500円
    • ところ ならまちセンター
  • 狂言鑑賞
    • とき 11月1日(火曜日)午後7時~8時
    • 定員 70人
    • 費用 1,000円
    • ところ ならまちセンター
  • 落語鑑賞
    • とき 11月2日(水曜日)午後7時~8時
    • 定員 70人
    • 費用 500円
    • ところ ならまちセンター
  • 邦楽・三味線体験(外国人限定)
    • とき 11月3日(祝日)午後5時半~6時半
    • 定員 15人
    • 費用 500円
    • ところ 奈良町にぎわいの家(中新屋町)
  • 雅楽鑑賞
    • とき 11月4日(金曜日)午後7時~8時
    • 定員 70人
    • 費用 500円
    • ところ ならまちセンター

申込 当日午後5時までに、ならまちナイトカルチャー受付窓口(電話番号:0742-27-1820)へ
※10月22日、26日、27日、11月3日の体験カルチャーは要予約
問合せ 市総合財団ならまち振興事業部門(電話番号:0742-27-1820 ※月曜日休み)

田原やま里博物館オープン工房

  • とき 10月29日(土曜日)・30日(日曜日)※時間は会場により異なる
  • ところ 田原公民館、田原ふる里ほっとステーション、田原やま里博物館
  • 内容 「田原やま里博物館」として公開(事前予約制)している住民の農園や工房等が、体験イベントを開催。りんご狩りや闘茶会(利き茶会)、木工工芸体験等。また、田原公民館では作品展示やわら細工等の体験、田原ふる里ほっとステーションでは各博物館の作品や商品の販売も行う
  • 費用 見学無料、体験イベントにより有料
  • 問合せ 観光振興課(電話番号:0742-34-5135)、田原公民館(電話番号:0742-81-0888)

ごみ減量・リサイクルキャンペーン ならクリーンフェスタ

10月は「3R(スリーアール)推進月間」です
Reduce(リデュース):発生抑制(ごみになるものは貰わない、買わない)/Reuse(リユース):再使用(使えるものは捨てずに繰り返し使う)/Recycle(リサイクル):再生利用(もう一度「資源」として利用)

  • とき 10月23日(日曜日)午前10時~午後1時(開門は午前9時半。交通の事情等により変更になる場合あり)
    ※雨天の場合、ごみゼロ啓発作品表彰式のみ。当日開催の問合せは(電話番号:0180-991-977)へ。午前8時から受付)
  • ところ 環境清美センター(左京五丁目)
  • 内容 ごみゼロ啓発作品表彰式/民間団体(非営利)による3Rへの取組の紹介/せん定チップ配布/衛生浄化センター肥料「畑楽(はたらく)」抽選配布/山辺環境衛生組合山辺衛生センター炭化肥料PRブース/小型家電リサイクル広報コーナー/環境清美工場施設見学会/リサイクルフリーマーケット/リサイクル機関車100年号運行/環境啓発コーナー/奈良市ポイント制度による本・おもちゃ交換会等
  • 問合せ 廃棄物対策課(電話番号:0742-71-3001)

同時開催イベント
リユース促進のための交換コーナー。持ち込みのみ、持ち帰りのみも可

  • 靴・鞄・ぬいぐるみの回収・配布
    ペアで揃った靴・鞄・ぬいぐるみの交換コーナー
    問合せ 奈良エコライフ研究会の倉本さん(電話番号:090-7097-6604)
  • もったいない陶器市
    内容等は下記イベント記事を参照

もったいない陶器市

とき・ところ

  1. 10月5日(水曜日)コープおしくま(押熊町)
  2. 10月12日(水曜日)イトーヨーカドー奈良店5階(二条大路南一丁目)
  3. 10月19日(水曜日)はぐくみセンター(三条本町)
  4. 10月26日(水曜日)都跡公民館(五条町)午前10時~午後1時、回収は午後0時半まで
  • 内容 家庭で不要になった陶磁器製食器の回収・配布
  • 回収できるもの 家庭で不要になった陶磁器製食器(市内のもののみ。食べ物が付着している食器は洗ってから)
  • 回収できないもの 事業で不要になったもの、素焼きや耐熱食器(土鍋等)、ガラス・プラスチック・金属・木製の食器、ゴム底や取っ手等が付いているもの(取り外せば可)、灰皿、花瓶、置物等食器でないもの
  • 回収方法 回収日時に回収場所へ持ち込み。検品し、回収できないものは返却。新聞紙やプラスチックシート等に包まず、食器のみの状態で持ち込み。持ち帰りの際はマイバッグ等を持参

問合せ NPO 法人関西ワンディッシュエイド協会(電話番号:080-8313-8201)、
環境政策課(電話番号:0742-34-4591)

きたまち正倉院探訪

  • とき 11月6日(日曜日)午後1時~4時
  • ところ 奈良女子大学(北魚屋西町)
  • 内容 同大学で正倉院の説明の後、きたまちを巡り、正倉院にて現地説明会
  • 費用 200円
  • 定員 100人
  • 申込 往復はがきかFax、Eメール(shoso@kitamachi.info)に、参加者全員の住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、旧鍋屋交番きたまち案内所(〒630-8284 半田横町37-2きたまち案内所「正倉院探訪」係)へ。
  • 問合せ 同案内所(電話番号:ファックス番号:0742-23-1928)

人権文化フェスタ・文化祭

人権問題の解決と人権の確立されたまちづくりのため、さまざまな活動に取り組んでいる人権文化センターが、日頃の活動や学習の成果を発表
※開催期間中は各センターでパネル・作品展示、各種テーマ展示等を行います。

  • とき (1)11月5日(土曜日)(2)6日(日曜日)
  • ところ 中人権文化センター(電話番号:0742-27-3019)
  • 主な内容 共に生きよう 輝ける明日へ
  • (1)作品展示(2)活動発表(佐保幼稚園児演技/佐保小学校マーチングバンド演奏/センター子ども会学習教室成果発表)、模擬店等
  • とき (1)11月5日(土曜日)(2)6日(日曜日)(3)7日(月曜日)
  • ところ 南人権文化センター(電話番号:0742-61-2029)
  • 主な内容 杏中文化祭「地域交流を通し、人権と福祉の輪を広げよう!」~ものづくりからひとづくりへ・そしてまちづくりへ!~
    (1)パネル・作品展示、オープニング(辰市保育園・幼稚園児の踊り等)、模擬店、各種テーマ展示、体験コーナー、アプリコットイベント広場等(2)幸齢者ふれあい交流会、各種テーマ展示、体験コーナー、パネル・作品展示、おもてなし等(3)作品展示、各種テーマ展示
  • とき (1)11月6日(日曜日)(2)7日(月曜日)
  • ところ 北人権文化センター(電話番号:0742-22-7776)
  • 主な内容 守ろう人権・咲かそう文化、地域からのまちづくり
    (1)パネル・作品展示、オープニング(津軽三味線/吹奏楽)、活動発表、健康コーナー、福祉交流コーナー、おもてなし、北山十八間戸と周辺のフィールドワーク(2)パネ
  • ル・作品展示、紙しばい
  • とき (1)11月19日(土曜日)(2)20日(日曜日)(3)21日(月曜日)
  • ところ 東人権文化センター(電話番号:0742-61-2236)
  • 主な内容 共に生きる社会、人権が尊重される社会の実現に向け、福祉と人権のまちづくりをみんなで進めよう
    1. なかよしファミリー劇場(人形劇)、古市児童館一輪車クラブの演技、おもてなし、元気市
    2. ふれあいシネマ、元気市、野菜市、模擬店、ふれあい講演会
    3. お地蔵さんめぐり

奈良町にぎわいの家 開催イベント

  • 奈良町の町家さんぽ
    • とき 10月15日(土曜日)午後1時~4時
    • ところ 奈良町にぎわいの家(中新屋町)
    • 内容 奈良町の特徴的な町家を説明付きで巡り、町家の良さを体感
    • 講師 なら・町家研究会代表の吉川和彦さん他
    • 定員 15人
    • 費用 お茶代実費
  • かまど体験
    • とき 10月21日(金曜日)午前10時~午後0時半
    • 内容 ご飯、お味噌汁をかまどで作って食べる
    • 定員 5人
    • 費用 500円
  • 秋のコンサート~日本のうた・世界のうた~
    • とき 10月29日(土曜日)午後2時~3時半
    • 内容 訪れた世界の歌を披露
    • 出演 歌手の松田美緒さん
    • 定員 50人
    • 費用 前売り2,000円、当日2,500円
    • 申込 電話かEメール(nigiwainoie@gmail.com)に、イベント名、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、参加人数を書いて、開催日の一週間前までに同館へ。多い場合は抽選
      問合せ 奈良町にぎわいの家(電話番号:0742-20-1917)

鹿の角きり

  • とき 10月8日(土曜日)~10日(祝日)正午~午後3時
  • ところ 春日大社境内鹿苑角きり場(春日野町)
  • 費用 要
  • 問合せ  奈良の鹿愛護会(電話番号:0742-22-2388)

奈良ひとまち大学 ホームページ<外部リンク>

第235 回いざ潜入、西大寺検車区!その2

~憧れの聖域、車庫内部を見学~

  • とき 10月23日(日曜日)午後1時半~3時半
  • ところ 近畿日本鉄道株式会社西大寺検車区(尼辻北町)
  • 定員 成人20人

第236 回なんと、素敵な、レトロ建築 その2

~南都銀行、その歴史と経営理念~

  • とき 10月28日(金曜日)午後3時~4時半
  • ところ 南都銀行本店(橋本町)
  • 定員 20人

第237 回興福寺国宝館とことん探訪!その2

~またまた国宝館独占、しちゃいます!~

  • とき 10月30日(日曜日)午前8時~9時
  • ところ 興福寺国宝館(登大路町)
  • 定員 30人
  • 費用 600円

第238 回「カメラマン」という生き方について

~世界を駆け抜けた男が撮る、奈良~

  • とき 10月30日(日曜日)午後7時~9時
  • ところ 氷室神社(春日野町)
  • 定員 40人
  • 費用 500円

申込 往復はがきに授業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、10月13日必着で同大学事務局へ。1枚に1人1授業限り。
ホームページからも可。多い場合は抽選
問合せ 「奈良ひとまち大学」事務局(市生涯学習財団内)
〒630-8357杉ヶ町23 電話番号:0742-26-5600

からくりおもちゃ「餅つき人形」

制作体験講座

  • とき (1)10月29日(土曜日)(2)11月27日(日曜日)午前10時~正午
  • 定員 各回24人(小学生以上。低学年は保護者同伴)
  • 費用 800円
  • 申込 ホームページの電子申請か往復はがきに(1)(2)の別、住所、氏名(ふりがな)、年齢、学年、電話番号、保護者氏名を書いて、(1)10月19日(2)11月17日までに奈良町からくりおもちゃ館へ。1枚につき2人まで可。多い場合は抽選
  • 問合せ 同館(〒630-8338陰陽町7電話番号:0742-26-5656)

ならまちの落語館で大笑い!~“奈良町”の情景があらわれる落語の世界~

とき出演・演目

  • 10月7日(金曜日)笑福亭 純瓶「相撲場風景」、笑福亭 生寿「鰻屋」
  • 10月8日(土曜日)桂 坊枝「火焔太鼓」、笑福亭 生寿「金釣り」
  • 10月14日(金曜日)笑福亭 純瓶「夢八」、桂 りょうば「阿弥陀池」
  • 10月15日(土曜日)桂 坊枝「がまの油」、笑福亭 生寿「千早ふる」
  • 11月11日(金曜日)桂 坊枝「時うどん」、笑福亭 純瓶「ちりとてちん」
    • とき 午後6時~7時(開場は午後5時半)
    • ところ 奈良町落語館(中新屋町
    • 費用 大人500円、小学生(3年生以上)250円
    • 定員 各日40人
    • 申込・問合せ 当日午後5時までに、同館(電話番号:0742-22-7227)か田中さん(電話番号:080-5313-8764)へ。要予約

奈良あきない塾

  • とき 10月20日(木曜日)、11月17日(木曜日)午後1時~5時
  • ところ NARA EGG(橋本町)
  • 内容 奈良の経営者や専門家による講義
  • 定員 30人
  • 申込・問合せ 電話で各開催日1週間前までにまちづくり奈良(電話番号:0742-27-1111)へ。

みんなあつまれ!いのちかがやきフェスティバル

  • とき 10月22日(土曜日)・23日(日曜日)午前10時~午後3時
  • ところ うだ・アニマルパーク(宇陀市)
  • 内容 さまざまな体験を通して、子どもたちに「いのち」の尊さを伝えます。一条高等学校ダンス部の出演、東登美ヶ丘小学校によるいのちの教育実践発表
  • 問合せ 保健所生活衛生課(電話番号:0742-93-8395)

ならまちわらべうたフェスタ2016

  • とき 10月16日(日曜日)午前11時~午後5時
  • ところ 近鉄奈良駅~音声館までの道筋を「わらべうたロード」と題し、ならまちセンター(東寺林町)をメイン会場とする「ならまち」界隈の各会場
  • 内容 各会場での模擬店、物産展/竹トンボ作り/輪投げ/折り紙教室/お手玉作り/昔のおもちゃで遊べるコーナー/自転車紙芝居/大道芸/飴細工等
  • 問合せ 同実行委員会(電話番号:0742-27-1820)

しみんだより平成28年10月号 一覧へ戻る