ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成28年10月号(テキスト版)6ページ 古都祝奈良(ことほぐなら)のお知らせ

本文

奈良しみんだより平成28年10月号(テキスト版)6ページ 古都祝奈良(ことほぐなら)のお知らせ

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

古都祝奈良

「Nara Food Caravan Project」

  • Edible Landscape(エディブルランドスケープ)
    • とき 10月10日(祝日)
    • ところ 春日大社飛火野
    • 内容 奈良で出会った食材・雄大なロケーションで“、捧げる”をテーマとした食空間を作る。参加者が制作に関わり、最後には奈良そのものを食す。“その土地の物で、その土地を味わう”インタラクティブアートイベント
  • 饗(あへ)
    • とき 10月23日(日曜日)
    • ところ 工場跡(芝辻町543)
    • 内容 奈良の食のルーツ・歴史・自然を、人々とのふれあいを通じて研究し、奈良を表現した集大成としての食事会を開催(※饗 古くは日本書紀にも記されているご馳走、もてなし料理)
      申込 「東アジア文化都市2016奈良市」公式ホームページから申込

シンポジウムシリーズ(第3回)

東大寺にみる東アジアの技術と文化

~「最先端」を積み重ねた歴史都市・奈良~

  • とき 10月23日(日曜日)午後1時~4時半
  • ところ 東大寺総合文化センター金鐘ホール
  • 内容 さまざまな分野の専門家が、東大寺と東アジアをテーマに語る
  • 第1部:講演
    1. 特別講演「華厳教学を介した新羅と日本の文化交流ー新羅学生審しんじょう詳と東大寺智ちけい憬」…韓国・東国大学校文科大学史学科教授の崔チェ・ヨンスク鉛植さん
    2. 講演【1】「寧波と宋風石造技術」~最新技術の伝来と継承~大和郡山市教育委員会主任の山川均さん
    3. 講演【2】「東大寺に伝わった唐代の文物」~正倉院宝物 金銀花盤をはじめとして~東大寺ミュージアム 学芸員の永井洋之さん
  • 第2部:パネルディスカッション
    • 「最先端」から「伝統」へ パネリスト:崔チェ・ヨンスク鉛植さん、山川均さん、永井洋之さん、コーディネーター:京都府立大学文学部歴史学科准教授の横内裕人さん
      申込 FaxかEメール(asiasympo@city.nara.lg.jp)に、住所、氏名、電話番号、シンポジウムタイトルを書いて、10月12日までに実行委員会事務局へ。
    • 当選者には、10月14日に入場券を一斉発送

市民連携事業 遷寺1300年国際文化交流週間

大安寺国際縁日

  • とき 10月23日(日曜日)午前10時~午後4時
  • ところ 大安寺境内
  • 内容 東アジアを中心に、留学生や学生、民間団体がお国自慢の音楽、舞台、食文化を紹介。入場無料
    問合せ 同国際縁日実行委員会(電話番号:0742-94-5556)

市民連携事業 学園前アートフェスタ2016

  • とき 11月5日(土曜日)~13日(日曜日)
  • ところ 学園南地区一帯(帝塚山学園、大和文華館、学園前ホール、淺沼記念館、中村邸、前部邸、村田邸、GALLERY GM-1
  • 内容 美術館・大学と連携した、地域住民による新しい芸術文化イベント。絵画等部門、音楽部門、ダンス演劇部門
  • 特別タイアップ展
    1. 大和文華館 呉越国~西湖に育まれた文化の精粋~
    2. 大和文華館 華コンサート「凜と咲く山茶花」昆劇
      • とき 11月5日(土曜日)午後1時~1時40分
      • ところ 大和文華館講堂
      • 出演 妙啼曲社
      • 費用 入館料930円
        ※当日午前10時~受付で整理券配布(先着150人)
    3. 中野美術館 秋季展「いきものを描く」「近代の洋画」
  • オープニングセレモニー
    • とき 11月6日(日曜日)午後2時~2時半
    • ところ 帝塚山学園 学園講堂(学園南三丁目)
    • 内容 西村由紀江さんのピアノコンサート
      問合せ 同フェスタ実行委員会(電話番号:0742-41-4509)

シンポジウムシリーズ関連企画

東アジア ビッグ幡ばんプロジェクトin 東大寺

  • とき 10月16日(日曜日)~23日(日曜日)
  • ところ 東大寺参道(南大門~中門)
  • 内容 「東アジア文化都市2016奈良市」、「第32回国民文化祭・なら2017」・「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」プレイベント。過去の「奈良県障害者芸術祭」で製作された作品「ビッグ幡ばん」を特別に掲揚します
    ※幡ばん 仏や菩薩を荘厳・供養するために用いられる、
  • 平和祈願や魔除けの旗。東大寺の重要な法要等で掲げられる

問合せ 「東アジア文化都市2016奈良市」実行委員会事務局(電話番号:0742-27-0120 0742-27-0121)

しみんだより平成28年10月号 一覧へ戻る