ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成28年12月号(テキスト版)28~30ページ 市政ニュース・市長コラム・リニア新駅を奈良市に

本文

奈良しみんだより平成28年12月号(テキスト版)28~30ページ 市政ニュース・市長コラム・リニア新駅を奈良市に

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

「饗(あへ)」奈良らしさを詰め込んだご馳走を堪能

10月23日「東アジア文化都市2016奈良市」のコア期間「古都祝奈良(ことほぐなら)」最終日のこの日、warehouse工場跡倉庫で、食部門のイベントNaraFoodCaravanProject(ナラフードキャラバンプロジェクト)の集大成となる「饗(あへ)」を開催しました。(「饗」とは、古くは日本書紀にも記されるご馳走、もてなしの料理のこと)プロデューサーの船越雅代さんが奈良に約1年滞在・リサーチし蓄えてきた想いをもてなし料理で表現しました。参加者たちは奈良の秋の食材をふんだんに使った料理ともてなしの空間を堪能しました。

みつきうまし祭り~平城京天平祭・秋~

10月29日から11月6日まで、みつきうまし祭り~平城京天平祭・秋~が開催されました。「天平にぎわいゾーン」では奈良時代体験コーナーや天平衣装体験コーナー、奈良の酒と食の天平マルシェ、「花のアートゾーン」では「天平花絵巻」、「花の遣唐使船」など花で豪華に飾られた展示物が平城宮跡を彩りました。訪れた人はさわやかな秋空の下、広々とした会場でイベントを楽しんでいました。

教師をめざす学生たちが「市長と気軽にトーク」

11月5日に、奈良教育大学で「市長と気軽にトーク~学園祭編~」を行いました。「市長×未来の教師~奈良市の子どもを育む~」をテーマに市長と同大学の学生、現役教師がざっくばらんに「トーク」。市長が学生からの質問に答える場面もありました。登壇者で、市内小学校に勤務する同大学出身の岡田広美さんは「学生の頃の熱い気持ちを思い出した。新たな気持ちで現場に戻りたい。」学生の北原友人さんは「大人と話す機会が少ない中、市長や現役の教師と話すことができ、とても貴重な時間を過ごすことができた。」と話しました。

市の発展に尽くされたみなさんを顕彰

11月3日の文化の日に奈良市表彰式を開催しました。これまで市政の発展に尽力された方々75人に表彰状を贈り、功績や善行を顕彰しました。

「いざ」に備えて自主防災避難所開設訓練

11月6日に二名小学校で避難所開設訓練を実施しました。約300人が参加し、大規模地震が発生したとの想定で、自主防災防犯組織による避難所開設の行動、避難住民とともに行う避難所準備について確認しながら、実践的な訓練を行いました。この成果は各地区が作成する避難所運営マニュアルに反映させていきます。

市長コラム Vol.67

ぐっと冷え込む冷気と、美しい星空が冬の到来を告げます。我が家でもコタツで丸くなる猫のように、子どもたちが競って布団に潜り込んできます。突然の「おねしょ」さえなければ可愛い湯たんぽのような来客は大歓迎です。昨年、奈良市で生まれた子どもの数は2549人、前年に比べて26人の増でした。また1人の女性が産む子どもの数を示す合計特殊出生率は1.29となりました。これは近年で最も高い数値です。過去最低を記録した平成16年は1.09でしたので、約10年間で18パーセントも急回復したといえます。また同期間の全国の伸びが13パーセント、奈良県が16パーセントである事と比べても奈良市の伸びは著しい状況です。一方、2人の人口(父親と母親)から生まれる子どもが1.29人とすると、当然のことながら人口は減少していきます。市でも今年度は女性の就労支援に力を入れており、働きながら子育てしやすい環境づくりをさらに進めたいと思います。
 仲川 げん

リニア新駅を奈良市に

リニア奈良駅を考えるシンポジウム「夢の超特急」と言われた時代から、いよいよ実現に向けて動き出したリニアについて考えます。

  • とき 1月20日(金曜日)午後2時~4時半
  • ところ ホテル日航奈良(三条本町)
  • 内容 明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科長・教授の市川宏雄さんによる基調講演、パネルディスカッション(市川さん、春日大社宮司の花山院弘匡さん、斉藤雪乃さん、仲川市長)
  • 申込 はがき、Faxに申込者全員の氏名・年齢・ファン倶楽部入部の可否、代表者の住所・電話番号を書いて、12月22日必着でインパクト株式会社「リニアシンポジウム係」(〒630-8014四条大路一丁目3-450742−33−6441)へ。多い場合は抽選
  • 問合せ リニア推進課(電話番号:0742−34−5607)

奈良市職員(任期付職員)を募集します

  • 募集人数
    • 特定任期付職員(看護専門学校長):1人
    • 一般任期付職員(徴収業務指導員):2人程度
    • 一般任期付職員(税務専門員:滞納徴収員):3人程度
  • 任期
    • 特定任期付職員:平成29年4月1日~平成32年3月31日
    • 一般任期付職員:平成29年4月1日(同年8月1日までで応相談)~平成32年3月31日
  • 選考方法
    書類選考、個別面接等
  • 申込
    市職員任用試験委員会(市役所中央棟5階人事課内)で配布の申込書(ホームページからダウンロードも可)に必要事項を書いて、締切日必着で同委員会へ送付。持参不可
  • 問合せ
    同委員会(電話番号:0742−34−4821)

しみんだより平成28年12月号 一覧へ戻る