ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成27年4月号(テキスト版)幼稚園と保育園を一体化した市立こども園って何?(6ページ)

本文

奈良しみんだより平成27年4月号(テキスト版)幼稚園と保育園を一体化した市立こども園って何?(6ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

幼稚園と保育園を一体化した“市立こども園”って何?

4月から富雄南、都祁、左京、都跡、青和、帯解、月ヶ瀬の7園で運営を開始する“市立こども園”(幼保連携型認定こども園)についてお知らせします。

市民ニーズに対応した施設、それが“こども園”です!

市立幼稚園と市立保育園のそれぞれの良いところを生かしながら、その両方の役割を果たすことができる就学前の子どもの施設が“市立こども園”です。市立幼保施設を統合・再編することで人材や財源を生み出し、保護者が望む質の高い教育・保育を総合的に提供しています。

開園時間を延長します!

富雄南、左京、都跡、青和は、こども園への移行で、開園時間を午前7時半から午後6時半までに延長し、働いている保護者等にも利用しやすくします。

入園していなくても親子で利用できます!

地域の子育て支援の拠点として、通園している子どもだけではなく、地域の子育て中の親子の居場所や仲間づくり、子育て相談、情報提供等、さまざまな子育て支援を実施しています。

帯解こども園の例

  • 帯解幼稚園
    保育を必要としない4~5歳児対象・弁当・開園午前9時・閉園午後2時
  • 帯解保育園
    保育を必要とする0~5歳児対象・給食・開園午前7時半・閉園午後6時半
  • 帯解幼稚園+帯解保育園=帯解こども園
    • 保育を必要としない3~5歳児と保育を必要とする0~5歳児対象
    • 給食
    • 開園午前7時半・閉園午後6時半

対応しました!

  1. 老朽化した施設を改築
  2. 保育園児保護者からのニーズに応え駐車場を整備
  3. 幼稚園児保護者からのニーズに応え3歳児保育、給食や延長利用を開始

こども園Q&A

Q.どのような子どもが入園できるの?

A.0歳児から入園できる園と3歳児から入園できる園があります。0歳児から入園できる園では2歳児までは保育所のような利用となります。3歳児からは保護者の就労等に関係なく入園することができ、給食や長時間利用等が可能です。各園には定員が設定されていますが、小学校のような区域の設定はありませんので、条件を満たせばどの園でも申し込むことができます。

Q.他の市立幼稚園や保育園もこども園へ移行するの?

A.幼保再編を段階的に進めることですべての市立園をこども園へ移行する計画をしています。なお、園児数が一定基準以下となっている市立幼稚園がある地域等から優先して再編を進めています。

Q.教育・保育内容は?

A.発達段階をおさえた教育・保育内容や指導方法、小学校との円滑な接続等の観点から策定した「市立こども園カリキュラム」に基づき、「幼稚園教諭免許」と「保育士資格」の両方を持つ職員が担当します。3歳児からは、長短利用の園児たちでクラス編成し、共通の時間(午前9時~午後2時)を過ごす集団生活の中で学び合い、育ち合います。

Q.保育料はどうなるの?

A.従来の幼稚園のように利用する場合は市立幼稚園と同じ、従来の保育園のように利用する場合は保育園と同じ保育料金表です

問合せ 子ども政策課 電話番号:0742-34-4792

しみんだより平成27年4月号 一覧へ戻る