ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成27年4月号(テキスト版)人権コラム(11ページ)

本文

奈良しみんだより平成27年4月号(テキスト版)人権コラム(11ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

人権コラム

毎月11日は「人権を確かめあう日」です。
奈良県や県内の各市町村では、毎月11日を「人権を確かめあう日」として、「人権について考え、行動しましょう」と呼びかけ、命の大切さや人権尊重の意識を高める啓発活動を行っています。

「自尊感情」をご存じですか?

「自分はかけがえのない大事な存在だ」と思える気持ちのことを「自尊感情」といいます。自分の長所や短所も含めてありのままの姿を肯定的に認め、「自分らしさ」を好きになり、身近な人間関係の中で自分を価値あるものとして思えるようになることです。自尊感情は、人が生きていく上で最も大切な感情のひとつです。自分はここにいるべきであり、周りにいる他の人も自分の存在を喜んでいる。そんな自分でいることがうれしいという感覚。存在することへの自信です。自尊感情は幼いときに形成されるといわれます。このため、周りの大人に受け入れられ、育まれることが重要な意味を持ちます。

互いの人権尊重につながる自尊感情

私たちは、日常の言葉や行動の中で、気付かないうちに人を傷つけていることがあります。こうした状況のなかで、自分が価値あるものとして受け入れられていれば、他の人の存在もきちんと受け止めることができ、逆に自分が大切にされた経験がなければ、他の人のことを大切に思うことが難しくなりやすいといわれています。こうしたことから、自尊感情はすべての人の人権を尊重するためには欠かせない感情であるといえます。

人権啓発ポスターと標語を募集

人権を基本とした人間関係が広く社会に根付く、「豊かな人権文化の創造」をめざして、県民の人権意識の高揚を図るため、作品を募集します。

  • 対象
    県内に在住、在勤、在学の小学生以上
  • 部門
    (1)ポスター(四つ切り画用紙で画材は自由)(2)標語(規格指定なし)
  • 応募方法
    作品の裏面に、小学生~高校生は氏名(ふりがな)、学校名、学年(作品作成時で明記)を、一般は住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号を記入して、市立の学校の児童生徒…学校経由で5月7日までに市人権政策課(〒630-8580二条大路南一丁目1番1号)へ。市立以外の学校の児童生徒、一般…5月13日までに県人権施策課(〒630-8501登大路町30)へ。標語はファックス(0742-27-8721)、Eメール(jinkens@office.pref.nara.lg.jp)も可。
  • その他
    県提出のポスター作品は、優秀作品は年度末に、それ以外の作品は審査終了後に返却します。応募作品の著作権は主催者に帰属し、啓発資料や広報紙、ホームページ等に掲載します。
  • 問合せ
    市人権政策課電話番号:0742-34-4733 県人権施策課電話番号:0742-27-8719

しみんだより平成27年4月号 一覧へ戻る