ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成27年5月号(テキスト版)2~5ページ 平成27年度の予算をお知らせします

本文

奈良しみんだより平成27年5月号(テキスト版)2~5ページ 平成27年度の予算をお知らせします

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

平成27年度は、第4次総合計画の後期基本計画の策定等、本市の将来に向けての方向性を決める重要な年です。
特に基幹産業である観光や、超高齢化社会を迎える中での健康寿命への取り組み等、重要な施策を一層進める必要があります。そのために、未来の奈良市を見据えてすべての施策の「質的転換」を図るとともに、人件費の削減や民間委託の拡大など行財政改革に積極的に取り組み、本市の魅力向上につながる施策に対して重点的に予算配分をしました。

平成27年度予算規模

一般会計

福祉、教育、道路整備などを進める基本的会計
…1,273億円(対前年度比1.0%増)

特別会計

特定事業を行う10会計(国民健康保険、介護保険など)
…783億9,560万円(対前年度比9.5%増)

公営企業会計

自治体が経営する企業の5会計
(水道、簡易水道、下水道、市立病院)…270億4,963万円(対前年度比3.6%減)

総額

27年度予算の総額は、対前年度比3.1%の増です。
…2,327億4,523万円(対前年度比3.1%増)

一般会計

歳入(1,273億円)

市税
516億6,935万円(構成比…40.6%)<対前年度比…1.2%減>

内訳 平成27年度予算額 構成比 対前年度比
個人市民税 227億8,095万円 44.1% 0.3%増
法人市民税 35億705万円 6.8% 5.0%減
固定資産税 189億1,614万円 36.6% 2.4%減
軽自動車税 4億5,016万円 0.9% 3.1%増
市たばこ税 18億9,562万円 3.7% 1.1%減
特別土地保有税 19万円 0.0% 26.8%減
入湯税 647万円 0.0% 5.7%減
事業所税 9億3,450万円 1.8% 0.2%減
都市計画税 31億7,827万円 6.1% 1.8%減
合計 516億6,935万円 100% 1.2%減
  • 国庫支出金
    233億2,028万円(構成比…18.3%)<対前年度比…2.3%増>
  • 地方交付税
    145億5,000万円(構成比…11.4%)<対前年度比…5.5%減>
  • 市債
    143億8,520万円(構成比…11.3%)<対前年度比…1.6%減>
  • 県支出金・地方消費税交付金・地方譲与税・地方特例交付金
    131億7,283万円(構成比…10.4%)<対前年度比…19.5%減>
  • 繰入金・使用料及び手数料・諸収入等
    102億234万円(構成比…8.0%)<対前年度比…3.5%増>

歳入の主な特徴

市税全体は減少するものの、交付金の増加などにより、前年度比1.0%(構成比…13億円)の増

  • 市税 個人市民税が前年度に比べ0.3%増となるものの、家屋の評価替えによる固定資産税
    の減など、前年度に比べ1.2%(構成比…6億4,100万円)の減少となりました。
  • 地方交付税 国からの地方交付税総額が減少となること等から、前年度に比べ5.5%
    (構成比…8億5,000万円)の減少となりました。
  • 各種交付金 平成26年4月消費税率引き上げによる地方消費税交付金の増加等により、前年
    度に比べ38.0%(構成比…21億1,000万円)の増加となりました。
  • 市債 工事等借り入れが必要となる事業の精査を行うとともに、退職手当支給のための借り入れ
    の減少により、前年度に比べ1.6%(構成比…2億3,100万円)の減少となりました。

歳出(1,273億円)

  • 扶助費
    298億848万円(構成比…23.4%)<対前年度比…2.7%増>
    社会保障制度の一環として行う児童・高齢者・障がい者・生活困窮者等の支援に要する経費
    • 生活保護費の支給125億2,050万円<対前年度比…1.1%増>
    • 生活介護などの障害者自立支援サービスにかかる経費57億5,900万円<対前年度比…10.5%増>
  • 人件費
    242億5,249万円(構成比…19.1%)<対前年度比…2.0%減>
    職員の給料や手当など
    超過勤務手当、退職手当等の職員への手当100億1,852万円<対前年度比…4.6%減>
  • 物件費
    229億4,069万円(構成比…18.0%)<対前年度比…4.6%増>
    委託料や光熱水費・消耗品購入等にかかる経費
    • 情報システム最適化によるシステム改修経費10億4,641万円<対前年度比…42.2%増>
    • 社会保障・税番号制度対応事業関連経費2億5,379万円<対前年度比…皆増>
  • 公債費
    174億583万円(構成比…13.7%)<対前年度比…0.9%減>
    • 借入金(構成比…元金)の返済148億5,396万円<対前年度比…0.8%増>
    • 借入金(構成比…利子)の返済25億5,187万円<対前年度比…9.8%減>
  • 補助費等
    113億5,957万円(構成比…8.9%)<対前年度比…5.8%減>
    • 後期高齢者への医療費の給付(市負担分)30億6,860万円<対前年度比…6.2%増>
    • 下水道事業会計への補助金20億4,600万円<対前年度比…3.8%減>
    • 消費税率引き上げに伴う影響緩和のための給付金6億円<対前年度比…57.1%減>
  • 繰出金
    95億4,560万円(構成比…7.5%)<対前年度比…6.8%増>
    • 介護保険特別会計への繰出39億4,135万円<対前年度比…2.9%増>
    • 国民健康保険特別会計への繰出28億7,301万円<対前年度比…22.4%増>
  • 投資的経費
    89億3,294万円(構成比…7.0%)<対前年度比…2.7%増>
    • 小学校施設の整備(構成比…校舎改築等)にかかる経費13億5,840万円<対前年度比…3.9%減>
    • 南部埋立処分地の整備にかかる経費7億1,100万円<対前年度比…1,949.0%増>

歳出の主な特徴

効率的な人員配置などで人件費抑制をしながら、社会保障や小学校改築など、必要な支出を守る

  • 人件費…退職による欠員補充の抑制と効率的な人員配置で職員数を2.8%減(79人減)とし、給料の独自カットの継続等により、前年度に比べ2.0%(4億9,100万円)の減少となりました。
  • 扶助費…障がい者や障がい児が自立した生活を送るための支援への経費増等により、前年度に比べ2.7%(7億7,400万円)の増加となりました。
  • 投資的経費…道路や街路等の整備費は減少したものの、明治小学校の校舎改築や新たな焼却灰の埋立処分地整備等を行うことにより、全体として2.7%(2億3,900万円)の増加としました。

予算のトピックス

経済

観光を中心とした地域の魅力・経済の向上

猿沢池周辺活性化…6,441万円

猿沢池周辺の活性化を図り、国際文化観光都市にふさわしい環境整備と宿泊観光客の誘致を行います。

主な事業

  • 「元林院」復興懇話会・イベントの開催
  • 第60次春日大社式年造替事業の告知・誘客

東部地域振興…1億3,836万円

東部出張所の機能強化と興東地域の診療所の整備を行います。また、地域の豊かな里山資源、農村資源を活かしたアウトドアレジャーの推進、農産物直売所の整備に取り組みます。

主な事業

  • 東部振興事業
  • 興東地域診療所整備
  • 東部出張所庁舎改修
  • RVパーク施設整備(キャンピングカー滞在施設整備)

インバウンド戦略…9,197万円

海外からの観光客の更なる誘致のため、特に東アジア諸国をターゲットとした奈良市のPRや観光客受入態勢の充実、滞在型の観光開発に取り組みます。

主な事業

  • 総合観光案内所の多言語対応強化
  • QRコードによる観光案内板等の多言語化
  • 宿泊支援制度の実施(構成比…外国人おもてなし環境整備補助)

文化・スポーツの振興 2億150万円

文化庁事業である「東アジア文化都市2016」の国内候補都市として、伝統文化・現代アート等東アジアの多様な文化を発信するイベントを行います。また、鴻ノ池運動公園の整備、陸上競技場外周のLED照明の増設、公園トイレ整備等を行います。

主な事業

  • 東アジア文化都市事業
  • 鴻ノ池運動公園活性化
  • 鴻ノ池陸上競技場メインスタンド改修

奈良町を核とした観光振興…1億2,999万円

奈良町の魅力を高めるため、新たな観光の拠点をオープンし、さらなる誘客を図ります。

主な事業

  • 奈良町南観光案内所の運営
  • 奈良町にぎわいの家の運営

奈良の食のブランド化…2,450万円

特産である大和茶、日本酒といちご「古都華」のブランド化に取り組みます。東京で食と観光のPRを行い、海外市場へも販路を開拓・拡大していきます。

主な事業

  • 古都華ブランド化戦略
  • 奈良市の食×観光PR
  • 大和茶・日本酒海外戦略

起業家支援…3,098万円

奈良発のビジネスが生まれる環境をつくることで起業家を増やし、安定した雇用と若者世代の定住化につなげます。

主な事業

  • ステップアップ補助金(店舗改修支援)
  • 起業家支援施設の整備

奈良の魅力拡大…4,700万円

観光分野で世界に通用する人材の育成を行うことで、観光マネジメントスキルやホスピタリティを向上させ、観光産業全体のレベルアップをめざします。

主な事業

  • まほろば観光大学の運営
  • (仮称)奈良市観光振興計画の策定
  • 奈良ひとまち大学の運営(5周年)

※平成26年度3月補正予算で成立し、平成27年度に行う事業を含みます。

ここで紹介する事業以外にもたくさんの事業を実施しています。
くわしくは、奈良市ホームページ(構成比…http://www.city.nara.lg.jp/)の財政課ページ内の歳出予算説明調書をご覧ください。

子育て環境

安心して子育てのできる環境づくり

子育て支援…2億9,968万円

認定こども園の設置、市立幼稚園・保育園・バンビーホームのサービス拡充、児童虐待防止に向けた取組み強化を行います。

主な事業

  • 保育園・幼稚園の認定こども園化の推進
  • 主食提供による完全給食実施(構成比…市立保育園)
  • 地域子育て支援拠点における一時預かり実施
  • 全バンビーホーム開所時間延長(18時→19時)
  • 里親支援
  • 児童虐待再発防止訪問

次世代を見据えた公教育改革…6億8,288万円

教育施策の刷新を図ることにより、21世紀を生き抜くグローバルリーダーの育成をめざします。

主な事業

  • 外国語指導助手の増員(構成比…19人→26人)
  • フューチャースクール構想の実証
  • トビタテ留学JAPAN
  • 児童生徒支援教員の配置
  • 小中一貫教育全国サミットinならの開催

学校給食の充実…10億6,450万円

市立中学校全校での給食実施のため給食室新設を進めます。
また、9小・中学校をモデル校として市内産米での自校炊飯を実施します。

主な事業

  • 中学校給食の実施(給食室整備)
  • 地産地消の推進(モデル校での自校炊飯)
  • 調理業務委託(平成26年:28校⇒平成27年:33校)

循環型社会をめざして…10億6,853万円

環境負荷の低減や豊かな自然環境の保全にさらに努めます。

主な事業

  • 街路灯のLED化(構成比…10,000灯)
  • 陶磁器製食器類リユース・リサイクル

まち

安心・安全で住民の活力あふれるまちづくり

住みたくなる街…4,880万円

子育てファミリー等市外からの転入者に対する住宅購入・改修支援、空き家を活用した子育て仕様のリフォーム改修支援、魅力的な街づくり施策を展開します。

主な事業

  • 三世代同居・近居住宅支援
  • シティプロモーション
  • 空き家バンク設置

健康長寿の推進…5,560万円

スポーツや地域ボランティア活動等健康的な生活を送るきっかけとなる取組を行います。同時に健康管理や病気の重症化予防を推進します。

主な事業

  • 健康スポーツポイント
  • SmaNARA健康プロジェクト
  • 糖尿病等生活習慣病重症化予防対策

防災に強いまちづくり…11億7,587万円

防災行政無線・他市と連携した高機能消防指令センター等を整備していきます。また、近年のゲリラ豪雨等に備えるため浸水対策を行います。

主な事業

  • デジタル移動系防災行政無線整備
  • 奈良市・生駒市高機能消防指令センター整備
  • 消防団装備の拡充
  • 貯留浸透施設整備(構成比…水田貯留)

地域包括ケア・福祉の推進…9,903万円

家族の介護負担が軽減できるよう、地域で高齢者の生活を見守る仕組みづくりを進めます。また、生活困窮者の自立の促進に向けた支援等にも取り組みます。

主な事業

  • 高齢者見守りネットワーク
  • 行方不明高齢者GPS導入
  • 生活困窮者自立支援

快適な都市基盤の整備…19億9,629万円

まちの交通機能を高めることで快適な生活環境を整えます。また、通学路整備等子どもたちの安全対策も行います。

主な事業
都市基盤の整備

  • 近鉄菖蒲池駅南口エレベーター設置
  • 近鉄大和西大寺駅周辺整備
  • JR関西本線高架化整備

通学路・生活道路の安全対策

  • あやめ池1号踏切拡幅
  • 通学路・交通安全施設の整備(歩道整備・ゾーン30整備等)

公共施設の耐震化・長寿命化…17億530万円

平成27年度末には学校施設の耐震化がおおむね完了する予定です。また、公共施設の損傷や変状を早期に発見し、安全・円滑な施設の管理を行います。

主な事業

  • 明治小学校校舎改築
  • あやめ池小学校校舎改築
    学校園の耐震化率:平成26年度末約89%⇒平成27年度末約97%(予定)
  • 公園施設長寿命化計画策定

新斎苑整備…3,100万円

周辺環境との調和や機能性と安全性を重視した新斎苑建設に向けて、平成26年度に着手した地形調査に引き続き平成32年度完成をめざした事業を行います。

主な事業

平成27年度:用地測量、環境影響評価

しみんだより平成27年5月号一覧へ戻る