ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成27年2月号(テキスト版)平成26年分の所得税、市・県民税の申告が始まります(8~9ページ)

本文

奈良しみんだより平成27年2月号(テキスト版)平成26年分の所得税、市・県民税の申告が始まります(8~9ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

平成26年分の所得税、市・県民税の申告が始まります

※所得税には復興特別所得税を含む

  • 受付
    2月16日(月曜日)~3月16日(月曜日)
    申告は昨年の所得を自分で計算し、申告書を提出する制度です。少額の所得でも「申告をする必要がない」と判断しないでください。
    申告期限間近になると会場が混雑します。また、申告期限を過ぎると適用できない控除もありますので、できるだけ早めに申告しましょう。
  • 問合せ
    所得税の確定申告…奈良税務署 電話番号:0742-26-1201
    市・県民税の申告…市役所市民税課 電話番号:0742-34-4973
    *申告期間中とその前後は問合せが集中し、電話がつながりにくい場合があります。

所得税の申告

確定申告(税務署へ提出)をしなければならない人

所得金額の合計額から基礎控除、配偶者控除、扶養控除等の所得控除の合計額を差し引いて残額がある人のうち

  • 事業収入や不動産収入のある人、土地や建物を売った人
  • サラリーマンで、給与の年収が2千万円を超える人、給与所得以外の所得金額が20万円を超える人、2か所以上から給与を受けている人等

所得税が還付される場合がある人

所得税が源泉徴収される人のうち

  • マイホームをローン等で取得し、住宅借入金等の特別控除を受ける人
  • 病気やけが等で一定額以上の医療費を支払った人
  • 災害や盗難等で資産に損害を受けた人等

※還付申告は2月16日以前でも提出できます。

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)を受ける人の申告

所得税から控除しきれない住宅ローン控除可能額がある人は、一定の額を市・県民税から控除します。市役所への申告は不要ですが、期限内に確定申告か年末調整(入居した年は確定申告のみ)で所得税の住宅借入金等特別控除の手続をしてください。

対象…平成12年~13年6月・17年~26年中に入居している人。ただし、平成19・20年中の入居は所得税のみの控除

公的年金等を受給している人の申告

収入が公的年金のみで、支払額(複数ある場合は合計額)が400万円以下の人は確定申告が不要です。ただし、所得税の還付を受ける場合や公的年金以外の所得が20万円を超える場合は確定申告が必要です。

【注意】確定申告が不要でも、以下の人は市・県民税に影響することがあるので、市・県民税の申告が必要です。

  • 「公的年金にかかる源泉徴収票」に記載のない各種控除がある人(扶養・障害者・寡婦・医療費・生命保険料控除、納付書や口座振替で納めた社会保険料がある等)
  • 公的年金以外に所得がある人(20万円以下)
    など

※この他にも申告が必要になる場合があります。

消費税の申告

個人事業者の消費税と地方消費税の申告・納税は3月31日までです。帳簿等では、新・旧税率ごとに区分し、計算する必要があります。

市・県民税の申告

申告(市役所へ提出)をしなければならない人

  • 平成27年1月1日現在、市内に住所のある人
  • 市内に住所はないが、市内に事務所・事業所か家屋敷を持っている人

*次の人は申告の必要がありません。

  • 所得税の確定申告をした人
  • 平成26年中の収入が給与のみで、勤務先から給与支払報告書が提出されている人(勤務先でご確認ください)
市のホームページで市・県民税の計算と申請書作成ができます

給与収入額等を入力すると、市・県民税の税額を計算し、申告書を作成することができます(白紙の申告書も印刷可)。作成した申告書は添付資料とともに申告受付会場へ持参するか、市民税課へ送付してください。

市のホームページに申告のフローチャートを掲載しています。「申告が必要?」「申告はどこへ提出?」迷ったときの参考にしてください。

申告相談会場の案内

確定申告の相談が必要な人は次の相談会場をご利用ください。
※市役所では所得税の申告相談を原則行いません。
【注意事項】

  • 確定申告と市・県民税申告では、会場と日時が異なります。
  • 各会場とも初日と午前中は大変混み合うことが予想されます。混雑状況により早めに受付を終了する場合があります。
  • 譲渡所得(株式を含む)や贈与税等の相談は奈良税務署のみで受け付けます。
  • 筆記用具、電卓、印鑑等を必ずご持参ください。

所得税還付申告・申告相談会場(問合せ:奈良税務署)

奈良税務署(登大路町)
確定申告期間中は同署の駐車場は利用できません。
期間(土曜日、日曜日、祝日を除く)…2月16日(月曜日)~3月16日(月曜日)
*還付申告は受付を開始しています
*2月22日(日曜日)、3月1日(日曜日)は臨時開庁
時間…午前9時~午後5時

〈還付申告センター(還付申告のみ受付)〉
西奈良県民センター(登美ヶ丘二丁目)
駐車場に限りがありますので、来場は公共交通機関をご利用ください。
期間(土曜日、日曜日、祝日を除く)…2月3日(火曜日)~13日(金曜日)
時間…午前9時半~午後4時

県立図書情報館(大安寺西一丁目)
駐車場:300台まで(1時間超は有料)
期間(土曜日、日曜日、祝日を除く)…2月17日(火曜日)~24日(火曜日)
時間…午前9時半~午後4時

都祁行政センター(都祁白石町)
期間(土曜日、日曜日、祝日を除く)…2月20日(金曜日)
時間…午前9時半~正午、午後1時~4時

生駒市図書会館(生駒市辻町)
駐車場に限りがありますので、来場は公共交通機関をご利用ください。
期間(土曜日、日曜日、祝日を除く)…2月25日(水曜日)~27日(金曜日)
時間…午前9時半~午後4時

*確定申告の用紙は国税庁ホームページ(国税庁<外部リンク>)からダウンロードもできます。

奈良税務署を臨時開庁します

確定申告期間中、奈良税務署では2月22日、3月1日の日曜日に限り確定申告の相談・申告書の受付を行います。その他の土曜日・日曜日は閉庁していますのでご注意ください。

*市・県民税の申告の用紙は市役所、各申告受付会場にあります。市ホームページからダウンロードも可

確定申告書の作成は国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」が便利です

計算が簡単→画面の案内に従って金額等を入力すると、税額等が自動的に計算されます。
待ち時間不要→自宅等で作成した確定申告書と添付資料を同封して奈良税務署(〒630-8567登大路町81)へ。
※e-Taxで申告するには電子証明書付の住民基本台帳カードとICカードリーダライタが必要ですが、作成・印刷のみの場合は不要です。くわしくは、国税庁ホームページに掲載

復興特別所得税の申告もお忘れなく

平成25年分~49年分は所得税と併せて復興特別所得税を申告・納付する必要があります(所得税額の2.1%)。確定申告書の「復興特別所得税額」・「所得税及び復興所得税の額」の欄に記入してください(「確定申告書等作成コーナー」で作成すると自動入力されます)。

2表の「住民税に関する事項」もご確認ください(くわしくは、1月号10ページに掲載)

市・県民税申告受付会場(問合せ:市民税課)

  • 市役所北棟2階第16会議室
    期間(土曜日・日曜日を除く)…2月16日(月曜日)~3月16日(月曜日)
    時間 午前8時半~午後5時
  • 西部公民館(学園南三丁目)
    期間(土曜日・日曜日を除く)…2月25日(水曜日)~27日(金曜日)
    時間 午前9時~正午、午後1時~5時
  • 北部出張所(右京一丁目)
    期間(土曜日・日曜日を除く)…3月3日(火曜日)・4日(水曜日)
    時間 午前9時~正午、午後1時~5時
  • 月ヶ瀬行政センター(月ヶ瀬尾山)
    期間(土曜日・日曜日を除く)…2月19日(木曜日)
    時間 午前9時~正午、午後1時~5時
  • 都祁行政センター(都祁白石町)
    期間(土曜日・日曜日を除く)…2月20日(金曜日)
    時間 午前9時~正午、午後1時~5時

次のような申告誤りにご注意を!

  1. 平成26年中に支払を受けた、上場株式等の配当等の所得税源泉徴収税率は15.315%(復興特別所得税を含む)が適用されています。確定申告書の源泉徴収税額はこの税率で行います。また、確定申告した場合同時に徴収される5%相当分は住民税(市・県民税)で、住民税計算時に控除します。
  2. 源泉徴収票に記載のある社会保険料控除は本人の申告にのみ適用できます。
    例:妻の年金から天引きされた介護保険料等を、夫の社会保険料控除に含めて申告することはできません。
    (納付書や口座振替で夫が妻の健康保険料等を納めた場合は可)

しみんだより平成27年2月号 一覧へ戻る