ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成27年2月号(テキスト版)市政ニュース、市長コラム、リニア新駅を奈良市へ(28~30ページ)

本文

奈良しみんだより平成27年2月号(テキスト版)市政ニュース、市長コラム、リニア新駅を奈良市へ(28~30ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

清酒発祥の地フェスタ

協力して日本酒文化の振興を

11月30日に「清酒発祥の地フェスタ」を開催しました。清酒発祥の地を標榜する奈良市と伊丹市が協力して、両市の酒造りの歴史や清酒の楽しみ方等を紹介しました。近鉄奈良駅前の行基広場では両市のお酒を飲み比べる試飲会や、大安寺の境内以外で初めて振る舞われた笹酒を楽しむ人で賑わいました。

奈良マラソン2014

1万6千人が古都奈良を駆ける

12月13日・14日に奈良マラソンを開催しました。第5回記念大会となる今回は全国から約1万6千人が参加しました。ランナーは鴻ノ池運動公園をスタートし奈良の魅力的な景色の中を力強く駆け抜けました。沿道では多くの人がランナーを応援しました。また、鴻ノ池運動公園ではマラソン参加者だけではなく誰でも楽しめるイベントとして「奈良マラソンEXPO2014」を開催。奈良の名物やB級グルメ、スポーツ用品等が販売されました。

地域のみなさんや沿道で大きな声援をいただいたみなさんをはじめ、各関係団体のみなさんに対しまして、マラソン開催にご理解・ご協力をいただき心よりお礼申し上げます。

奈良マラソン実行委員会事務局 電話番号:0742-81ー8752

「なら教育の日」記念集会

世界に羽ばたく子どもたちを育む

市では未来を担う子どもたちの育成をめざし12月2日を「なら教育の日」と定め、市民一人ひとりが市の教育を考える機会としています。19日には、市の教育について、より理解を深めてもらうため、なら100年会館で、記念集会を開催しました。
世界無形文化遺産に登録された和食に関する講演や「自分の思いを世界に!」をテーマにした子どもたちによるプレゼンテーション等がありました。登壇した子どもたちはサッカーの中国遠征やロボットコンテスト世界大会出場、途上国でのボランティアといった海外での活動経験から学んだことや将来の夢等、伝えたい思いを自分の言葉で語りました。

消防出初式

災害に強い奈良をめざして

1月8日に消防出初式を鴻ノ池運動公園1帯で行いました。陸上競技場外周道路では消防団広報指導分団カラーガード隊を先頭に、消防音楽隊、消防職員、幼年消防クラブ員、女性防災クラブ員、消防団員等1,500人と33台の消防車両による分列行進を行いました。また中央体育館内では表彰等式典を行ったほか、消防職員と消防団員による合同放水演習や市民ふれあいコーナーでは防災展、物産展、消防車両の展示、炊きだしを実施しました。

市長コラムVol.45

2月は珠光茶会の季節です。長男の通う幼稚園でも先日、親子でお茶会を楽しむ企画がありました。奈良ゆかりの「わび茶」の祖の名を冠したこの茶会は、南都の社寺とならまちを舞台に、1週間にわたって開催します。この事業は全国の茶人に奈良の文化の奥深さや、奈良とお茶のつながりを感じていただくとともに、お茶に関わる幅広い伝統工芸や食文化に光を当てることを狙いとしています。また1年で最も観光業が冷え込む閑散期に合わせたのも、特に経営が厳しい2月の旅館・ホテルに需要を喚起し、飲食・物販等、関連する産業を活性化することを期待しています。今後も年間を通して安定した集客を図る取組を生み出していきたいと思います。
仲川げん

一直線に、天平の都へ。

「リニア新駅を奈良市に!」推進会議での取り組み

昨年10月14日に「第2回奈良市リニア中央新幹線奈良駅設置推進会議」を開催しました。市内の社寺や商工会議所等の会員17団体、県議会議員や市議会議員で構成する顧問8人が参加、「奈良市に中間駅を設置すること」等の決議を採択しました。また、12月10日には、推進会議会長である仲川市長と、副会長の矢追商工会議所副会頭が荒井県知事を訪問し、当会議で採択された決議を手渡しました。今後も官民が1致団結して、リニア新駅誘致に取り組んでいきます。

※推進会議の詳細や決議については、ホームページに掲載

【問合せ】リニア推進課 電話番号:0742-34-5607

しみんだより平成27年2月号 一覧へ戻る