ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成27年10月号(テキスト版)6~11ページ お知らせ1

本文

奈良しみんだより平成27年10月号(テキスト版)6~11ページ お知らせ1

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

秋のイベント特集

ならまちの落語館で大笑い!

  • とき・出演・演目
    • 10月2日(金曜日)笑福亭純瓶「禁酒関所」桂坊枝「つぼ算」
    • 10月3日(土曜日)笑福亭生寿「幽霊の辻」笑福亭純瓶「蛇含草」
    • 10月9日(金曜日)笑福亭純瓶桂三歩「川路左衛門尉聖謨伝/桜楓の記」「悲しみよ、ありがとう」
    • 10月10日(土曜日)笑福亭生寿「みかん屋」笑福亭純瓶「替り目」
    • 10月16日(金曜日)笑福亭純瓶「青菜」桂坊枝「鹿政談」
    • 10月17日(土曜日)笑福亭純瓶「源助徳利」桂三歩「世界ふしぎ体験」
    • 10月23日(金曜日)笑福亭純瓶「犬の目」桂坊枝「野ざらし」
    • 10月24日(土曜日)笑福亭純瓶「歌詠み寺」桂三歩「生まれ変わり」
    • 10月30日(金曜日)笑福亭生寿「胴切り」笑福亭純瓶「応挙の幽霊」
  • 時間 午後6時~7時
  • ところ 奈良町落語館(中新屋町)
  • 定員 各日40人
  • 費用 大人500円、小学生250円
  • 申込 当日の午後5時までに、奈良町落語館(電話番号:0742-22-7227)か田中さん(電話番号:080-5313-8764)へ。要予約

秋のならまちナイトカルチャー

  • とき・内容・費用・ところ
    • 10月25日(日曜日)ならまち能鑑賞・500円・ならまちセンター(東寺林町)
    • 10月27日(火曜日)雅楽鑑賞・500円・ならまちセンター(東寺林町)
    • 10月28日(水曜日)落語鑑賞・500円。・ならまちセンター(東寺林町)
    • 10月29日(木曜日)町家で座敷舞鑑賞・500円・奈良町にぎわいの家(中新屋町)
    • 10月31日(土曜日)町家で狂言鑑賞・1,000円・奈良町にぎわいの家(中新屋町)
    • 11月1日(日曜日)ならまち能鑑賞・500円・ならまちセンター(東寺林町)
    • 11月4日(水曜日)狂言鑑賞・1,000円・ならまちセンター(東寺林町)
    • 11月5日(木曜日)落語鑑賞・500円・ならまちセンター(東寺林町)
    • 11月6日(金曜日)雅楽鑑賞・500円・ならまちセンター(東寺林町)
  • 時間 午後7時~8時
  • 定員 各日70人(29・31日は40人)
    申込 当日の午後5時までに、ならまちナイトカルチャー受付窓口(電話番号:0742-27-1820)へ。予約可
    ※10月1日から、市総合観光案内所(JR奈良駅旧駅舎)、市観光センター(上三条町)でもチケットを先行販売します。

新企画 外国人限定カルチャー

  • とき・内容・ところ
    • 10月24日(土曜日)・町家で三味線体験・奈良町にぎわいの家
    • 10月30日(金曜日)・墨遊び書とすずり体験・ならまちセンター
    • 11月3日(祝日)楽彫り工芸体験・なら工藝館(阿字万字町)
  • 時間 午後5時半~6時半(11月3日は午後5時~6時)
  • 定員 各日15人
  • 費用 500円
    申込 当日の午後4時までに、ならまちナイトカルチャー受付窓口(電話番号:0742-27-1820)へ。要予約
  • 問合せ 市総合財団ならまち振興事業部門(電話番号:0742-27-1820※月曜日休み)

きたまち正倉院探訪

  • とき 11月8日(日曜日)午後1時~4時
  • 費用 200円
  • ところ 奈良女子大学(北魚屋西町)集合
  • 定員 100人
  • 内容 きたまちをめぐり、正倉院にて現地説明会を行います。
  • 申込 往復はがきかFax、Eメール(shoso@kitamachi.info)に参加者全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いて、旧鍋屋交番きたまち案内所(〒630-8284半田横町37-2「正倉院探訪」係電話番号、ファックス番号:0742-23-1928)へ。

奈良町にぎわいの家開催イベント

  1. 奈良町「くらし」講座
    • とき 10月10日(土曜日)午後2時~3時半
    • 内容 奈良の食文化、茶粥、奈良茶飯、奈良茶碗のお話
    • 講師 奈良民俗文化研究所所長の鹿谷勲さん
    • 定員 30人
  2. にぎわい秋のコンサート企画~馬頭琴~シルクロードを渡る音
    • とき 10月24日(土曜日)午後2時~3時半
    • 演奏者 馬頭琴奏者の嵯峨治彦さん
    • 定員 50人
    • 費用 2,000円
      申込 電話かEメール(nigiwainoie@gmail.com)に、(1)(2)の別、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、参加人数を書いて、開催週の月曜日までに同館(中新屋町電話番号:0742-20-1917)へ。多い場合は抽選

ならまちからわらべうたを発信

~ならまちわらべうたフェスタ2015~

  • とき 10月18日(日曜日)午前11時~午後5時まで
  • ところ 近鉄奈良駅から音声館までの道筋を「わらべうたロード」と題して、ならまちセンター(東寺林町)をメイン会場とする「ならまち」界隈の各会場
  • 内容 模擬店や物産展。竹トンボ作り、輪投げ、お手玉段位認定コーナー、折り紙教室やお手玉つくり、昔のおもちゃで遊べるコーナー、自転車紙芝居や大道芸、飴細工等
  • 問合せ 同実行委員会(電話番号:0742-27-1820)

ならまち格子の家上方舞鑑賞会

  • とき 11月15日(日曜日)午後2時~午後3時
  • 費用 500円
  • ところ ならまち格子の家(元興寺町)
  • 定員 40人
  • 内容 風情のある町家で、山村流上方舞を鑑賞
  • 出演 山村若女、山村若乙女、地方に菊原光治
  • 申込 10月25日までに、電話でならまち振興事業部門(電話番号:0742-27-1820)へ。多い場合は抽選

秋の撮りかたワンポイントアドバイス

  • とき 11月3日(祝日)~12月23日(祝日)
  • ところ 入江泰吉記念奈良市写真美術館地階ギャラリー(高畑町)
  • 解説 11月21日(土曜日)~23日(祝日)午後1時・3時
  • 申込 不要

入江泰吉の眼を歩く―東大寺と奈良きたまち―

  • とき 11月7日(土曜日)午前10時~午後3時半。雨天決行
  • ところ 入江泰吉旧居(集合)~般若寺(解散)
  • 内容 入江泰吉の作品制作地を訪ね、写真家の心を追体験。講話。午後から東大寺と奈良きたまちを散策
  • 講師 奈良大学名誉教授の浅田隆さん
  • 費用 500円。別途拝覧料。昼食は各自用意
  • 定員 成人30人。在勤も可
  • 申込 往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、10月25日必着で入江泰吉記念奈良市写真美術館(〒630-8301高畑町600-1電話番号:0742-22-9811)へ。1枚に1人限り。多い場合は抽選

トークイベント「回顧入江泰吉の仕事」

  • とき 10月18日(日曜日)午後2時~3時
  • ところ 入江泰吉旧居(水門町)
  • 内容 入江泰吉奈良市写真美術館開催中の展覧会関連イベント。入江泰吉作品の魅力と軌跡を紹介
  • 講師 同館の兼古健悟さん
  • 定員20人
  • 申込 不要
  • その他 入館料要

入江旧居で「はじめの一句」講座

  • とき 10月25日(日曜日)、12月27日(日曜日)、来年2月28日(日曜日)午後2時~4時
  • ところ 入江泰吉旧居(水門町)
  • 内容 初心者向けに俳句の作り方をレクチャー
  • 講師入江泰吉旧居コーディネーター(俳人協会幹事)
  • 定員 10人
  • 費用 各1,000円(入館料要)
  • 申込 各開催日前日までに電話か直接同旧居へ。
  • 問合せ 同旧居(電話番号:0742-27-1689開館時間:午前9時半~午後5時(入館は4時半まで))

日本書紀を語る講演会

  • とき 来年2月27日(土曜日)午後1時~2時半
  • ところ ならまちセンター
  • 内容 奈良県立橿原考古学研究所所長の菅谷文則さんによる「奈良市内の大型古墳と天皇系譜」をテーマにした講演
  • 定員 300人(要申込。定員に達し次第受付終了)
  • その他 同日午前中には古墳をめぐるエクスカーションを実施予定
  • 問合せ 日本書紀を語る講演会事務局(SAP内)(電話番号:03-5226-8537)へ。

姉妹都市小浜市海産物展

~針テラスに小浜の魚がやってくる~

  • とき 10月18日(日曜日)午前10時~
  • ところ 針テラス情報館(針町)
  • 内容
    1. 焼鯖の実演販売
    2. 若狭のとれたて魚袋詰め放題
    3. 若狭のとれたて魚と若狭の醤油干の販売
    4. 七輪焼での一夜干試食会
    5. 煙の出ない一夜干の焼き方教室
    6. 小浜市紹介のパネル展
      問合せ 針テラス情報館電話番号:0743-82-5633

福祉職魅力発見バスツアー参加者募集

  • とき 11月25日(水曜日)午前10時半(市役所集合)
  • 内容 福祉職セミナーと介護老人保健施設アンジェロ(帝塚山二丁目)、特別擁護老人ホーム西ノ京苑(六条西五丁目)の見学・質疑応答(くわしくは申込書等に記載)
  • 定員 50歳未満の福祉職に関心のある人20人。大学・短大・専門学生可。資格・経験不問
  • 申込 商工労政課、ハローワーク奈良(法蓮町)に備え付けの申込書(ホームページにも掲載)に必要事項を書いて、11月18日必着で商工労政課へ。ファックス、Eメールも可
    ※参加の可否等、くわしくは同課からお知らせします。
  • 問合せ 商工労政課電話番号:0742-34-4741 ファックス番号:0742-36-4058Eメール:shoukourousei@city.nara.lg.jp

「平城京天平祭・秋2015」花と古のフェスティバル

秋の「平城京天平祭」は、平城宮跡が鮮やかな花のオブジェで彩られます。かつて平城京内を警護していた衛士隊の再現など歴史を体感できる催しや、みなさんご存知のアーティストによるステージ等催しが盛りだくさん!

  • とき 10月31日(土曜日)~11月8日(日曜日)午前10時~午後4時
  • ところ 平城宮跡
  • 内容
    • 花のオブジェ「天平花絵巻」「花の遣唐使船」など
    • 「衛士隊の再現」「伎楽の披露」
    • 「ステージイベント」「食とものづくりの天平マルシェ」など
  • その他 公共交通機関をご利用ください。イベント内容は変更の場合があります。くわしくは同祭ホームページに掲載
  • 問合せ 平城京天平祭実行委員会(電話番号:0742-25-0707)

平城宮跡菊花大会

  • とき 10月21日(水曜日)~11月20日(金曜日)
  • ところ 市役所玄関前・玄関ホール
    • 一般市民自由出品の部・作品募集
      1. 大菊3本立1鉢の部
      2. 初心者の部((1)以外で、品種・仕立ては自由、異種で3鉢まで)
        作品搬入 10月19日(月曜日)~20日(火曜日)午前9時~午後5時
        審査 11月6日(金曜日)
        作品搬出 11月20日(金曜日)午後3時以降
        申込 電話で10月9日までに観光振興課(電話番号:0742-34-5135)へ。
    • 菊づくり何でも相談コーナー(会場にて)
  • とき 10月26日(月曜日)~28日(水曜日)、11月16日(月曜日)~18日(水曜日)午前9時~正午

文化・歴史・自然

埋蔵文化財調査センター イベント

  • 秋季特別展「近世奈良の開幕~多聞城と郡山城~」
    • とき 10月16日(金曜日)~12月28日(月曜日)午前9時~午後5時(土曜日・日曜日、祝日は休館。11月7日は開館)
    • 内容 戦国の風雲児、松永久秀が奈良に築いた城、多聞城の発掘調査成果と、大和最大の近世城郭、郡山城の発掘調査成果をいっきょに公開
  • 埋蔵文化財講演会
    • とき 11月7日(土曜日)午後1時半~4時半
    • 定員 50人
    • 講師・内容 大和郡山市教育委員会の十文字健さんによる「郡山城天守台の発掘調査」、同センターの中島和彦による「多聞城と奈良」
    • 申込 往復はがきか、Eメールに住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、10月23日必着で同センターへ。1通につき1人限り。多い場合は抽選
    • 問合せ 同センター(〒630‐8135大安寺西二丁目281電話番号:0742-33-1821Eメール:maizoubunka@city.nara.lg.jp

奈良の魅力発見ツアー(柳生)

徳川家剣術指南役として知られる柳生一族の地に、昔懐かしいボンネットバスで訪れ、一族にまつわる史跡や、美しい自然、受け継がれる柳生新陰流など、歴史・味・伝承を通じて、柳生の新たな魅力を発見してみませんか。

  • とき 11月19日(木曜日)・21日(土曜日)
  • コース 近鉄奈良駅(午前9時)発→しいたけ狩り→地元ガイドと散策(天石立神社、一刀石)→昼食→芳徳寺(講和、柳生家の墓散策)→正木坂剣禅道場(座禅・新陰流体験)→柳生観光駐車場(お土産)→近鉄奈良駅(午後5時頃)
  • 費用 6,900円
  • 定員 24人
  • 申込 奈良交通総合予約センター(電話番号:0742-22-5110午前8時半~午後7時)
  • 問合せ 同センター、市観光振興課(電話番号:0742-34-5135)
  • その他 イベント企画:奈良市、柳生観光協会旅行企画・実施:奈良交通株式会社

「奈良工芸フェスティバル2015」~四季のくらしを彩る~

問合せ なら工藝館(電話番号:0742-27-0033)

  • とき 10月27日(火曜日)~11月3日(祝日)午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)
  • ところ 同館(〒630-8346阿字万字町1-1)
    • 奈良伝統工芸展(特別企画展示):新たな取組のテーマ展示
    • 奈良工芸品販売:一刀彫・赤膚焼等を特別価格で販売
    • 工芸相談(10月27日(火曜日)~11月3日(祝日)午前10時~午後6時)工芸品に関する質問、工芸作家をめざす人の相談に応じます。
    • 制作実演(日時変更の場合あり)
  • 内容 一刀彫
  • とき 10月28日(水曜日)・29日(木曜日)午後0時半~4時半
  • 内容 奈良筆
  • とき 10月31日(土曜日)、11月1日(日曜日)午後0時半~4時半
  • 内容 陶芸
  • とき 10月29日(木曜日)午後0時半~4時半
  • 内容 奈良漆器
  • とき 10月28日(水曜日)・30日(金曜日)午後0時半~4時半
  • 内容 奈良団扇
  • とき 10月30日(金曜日)午後0時半~4時半

申し込み不要の制作体験(日時変更の場合あり)

  • 内容(所要時間) 透かし楽彫り(30分)木製コースター等の制作
  • とき(費用) 10月27日(火曜日)~30日(金曜日)、11月2日(月曜日)・3日(祝日)午前10時半~午後4時半(500円~)
  • 内容(所要時間) 奈良筆(20分)穂先をフノリで固め成形
  • とき(費用) 10月31日(土曜日)、11月1日(日曜日)午後0時半~4時半(500円~)

申し込みが必要な制作体験(日時変更の場合あり)

  • 内容(所要時間) 一刀彫(6時間)来年の干支「申」づくり
    • とき 10月27日(火曜日)・30日(金曜日)、11月3日(祝日)午前10時~午後4時
    • 費用 2500円
    • 定員 30人
  • 内容(所要時間) 秋篠手織(1時間)木綿のテーブルセンターづくり
    • とき 10月28日(水曜日)~11月3日(祝日)(1)午前10時~11時(2)午後11時~正午(3)午後1時半~2時半(4)午後2時半~3時半
    • 費用 1,000円
    • 定員 各5人
  • 内容(所要時間) 奈良晒(1時間)麻のテーブルセンターづくり
    • とき 11月3日(祝日)(1)午前10時~11時(2)午前11時~正午(3)午後1時半~2時半(4)午後2時半~3時半
    • 費用 1,000円
    • 定員 各5人
  • 内容(所要時間) とんぼ玉(1時間)とんぼ玉づくり
    • とき 11月1日(日曜日)(1)午前10時半~11時半(2)正午~午後1時(3)午後1時半~2時半(4)午後3時~4時
    • 費用 2,500円~
    • 定員 各4人
  • 内容(所要時間) 古楽面(2時間半)多聞天の彩色
    • とき 10月31日(土曜日)(1)午前10時~午後0時半(2)午後1時半~4時
    • 費用 2,500円
    • 定員 15人
  • 内容(所要時間) 木工(5時間)組子を使った小箱
    • とき 10月29日(木曜日)午前10時~午後3時
    • 費用 3,000円
    • 定員 10人
  • 内容(所要時間) 陶芸(2時間)粘土1キログラムで湯呑や茶碗等自由制作
    • とき 10月28日(水曜日)(1)午前10時~正午(2)午後1時半~3時半
    • 費用 2,500円(小学生2,000円)
    • 定員 各10人
  • 内容(所要時間) 竹細工(2時間)
    1. 茶杓づくり
    2. 箸づくり
      • とき 11月2日(月曜日)(A)茶杓=午前10時~正午(B)お箸=午後1時半~3時半
      • 定員 各10人
      • 費用 (A)1,500円(B)700円
  • 内容(所要時間) 奈良団扇(2時間)
    • とき 11月1日(日曜日)(1)午前10時~正午(2)午後1時半~3時半
    • 費用 1,620円
    • 定員 各20人

制作体験申込
往復はがきに住所、氏名、年齢、電話番号、講座名((A)・(B)の別)、希望日時(○数字の別。第3希望まで)を書いて、10月15日必着で同館へ。1枚に1教室限り。多い場合は抽選

その他の催し

  • 奈良工芸品が当たるお楽しみ抽選会
    とき 10月31日(土曜日)~11月3日(祝日)
  • お茶席(1席300円、お菓子付き)
    とき 11月2日(月曜日)・3日(祝日)午前11時~午後4時

お酒・スイーツ・うつわ展
とき 10月31日(土曜日)~11月3日(祝日)最終日は午後5時まで
※10月31日、11月1日午前11時~午後5時はお酒やスイーツの販売もします。
問合せ なら工藝館(電話番号:0742-27-0033)

なら工藝館その他のイベント

  • 工芸制作体験教室(制作基礎技術を学ぶ)『秋篠手織』
    • とき 11月6日~翌年3月4日の金曜日。14回。午後1時半~4時半(初日は午後1時から)
    • 定員 10人
    • 費用 2万8千円、材料費8千円
      申込 往復はがきに教室名、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、10月15日必着で同館(〒630-8346阿字万字町1-1)へ。1枚に1人限り。多い場合は抽選
  • 奈良筆作り体験教室 伝統工芸士による奈良筆の制作実演と体験(無料)
    • とき 10月16日(金曜日)~18日(日曜日)午前10時~午後4時半
    • ところ 当館個展展示コーナー
      内容 (1)仕上げ(2)繰り込み仕上げ(高校生以上)
      申込 当日申込(材料が無くなり次第終了)
    • 問合せ 同館(電話番号:0742-27-0033)

春日大社第六十次式年造替

  • 祓戸神社「本殿遷座祭」
    • とき 11月18日(水曜日)午後6時~7時半
    • ところ 祓戸神社(春日大社二之鳥居横)
    • 定員 120人
      申込 往復はがきに参列人数全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いて、10月23日(消印有効)までに春日大社渉外部(〒630-8212春日野町160)へ。多い場合は抽選。1枚で2人まで可
      ※抽選にもれた人は、座席は用意できませんが、立っての参列は可能です。
  • 二之鳥居くぐり初め
    • とき 11月19日(木曜日)午前10時
    • ところ 春日大社二之鳥居
      申込 不要
    • 問合せ 春日大社渉外部の千鳥・岡さん(電話番号:0742-22-7788)
  • 春日野音楽祭プレイベント
    • とき 10月18日(日曜日)午前10時半~午後4時(飛火野、登大路園地は12時~)、フィナーレ午後4時~5時
      1. まちなかステージ
        ところ JR奈良駅前、近鉄奈良駅前、旭水公園、南都銀行本店、OK広場、飛火野、浮雲園地
      2. 音楽ワークショップ/うまいもの・奈良もんブース
        ところ JR奈良駅前広場、飛火野、浮雲園地、登大路園地
      3. フィナーレ(午後4時~)奉納大合奏~未来へのSingSingSing~
        ところ 登大路園地
        問合せ 春日野音楽祭事務局の吉岡さん(電話番号:0742-27-7755、Eメール:info@kasuganofes.jp

幻の大仏鉄道ウォーク

100年以上前、奈良と加茂を結ぶ「大仏鉄道」がわずか9年間走っていました。路線跡に点在する橋台や隧道などの遺構は、当時の様子を知る数少ない手掛かりとなっています。「大仏鉄道研究会」「なら・観光ボランティアガイドの会」等のガイドが、解説付きで案内します。

  • とき 11月14日(土曜日)午前8時半集合。小雨決行(荒天中止)
  • ところ JR加茂駅東公園
  • 費用 200円(当日徴収)
  • 定員 200人
  • コース JR加茂駅~JR奈良駅(約13キロメートル)
  • その他 昼食・飲み物は持参してください。
  • 申込・問合せ 10月30日までに、電話で市観光振興課(電話番号:0742-34-5135)、木津川市観光商工課(電話番号:0774-75-1216)へ。多い場合は抽選

自然ふれあい隊

  • とき 10月17日(土曜日)午前10時~午後3時半
  • 内容 大柳生・阪原地区周辺の自然にふれあう収穫体験と倒木体験(森林整備での間伐の必要性を考えるため)
  • 定員 小学生以上50人(親子参加可)
  • 申込 電話かファックス・Eメール(chiiki-manabi@kcn.jp)に住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、学校名、学年、生年月日を書いて、10月15日必着で青少年野外活動センター(〒630-1241阪原町25-1電話番号、ファックス番号:0742-93-0029)へ。

秋の季節のまちかど景観散策(まち歩き)

  • とき 11月6日(金曜日)午後1時~5時
  • ところ 近鉄西ノ京駅集合
  • 内容 西ノ京周辺のスポットをゆめみあーと(景観まちづくり団体)の案内で散策
  • 定員 20人程度。在勤・在学も可(小学生は保護者同伴)
  • 申込 はがき、ファックス、Eメールに住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、10月14日必着で景観課(〒630-8580二条大路南一丁目1-1電話番号:0742-34-5209ファックス番号:0742-34-4885Eメール:keikan@city.nara.lg.jp)へ。

「田原・やま里フォトラリー」

~カメラを片手に、秋の里山で宝探し~

  • とき 11月7日(土曜日)午前9時50分
  • ところ 田原ふる里ほっとステーション(茗荷町)現地集合
  • 内容 写真の撮り方講座・地図でポイントを歩いて探しながら写真撮影
  • 定員 30人
  • 持ち物 デジタルカメラ・保険証
  • その他 各店舗主催の収穫体験等もあり(自由参加、一部有料)。
  • 申込 電話かはがき、ファックス、Eメールに住所、氏名(ふりがな)、生年月日、年齢、性別、電話番号、集合場所までの交通手段を書いて、10月16日までに奈良ブランド推進課へ。多い場合は抽選。くわしくは、ホームページに掲載
  • 問合せ 同課(電話番号:0742-34-5172ファックス番号:0742-34-5182Eメール:narabrandsuishin@city.nara.lg.jp

ふれあい大会みんなの力でよっこいしょ

  • とき 11月14日(土曜日)午前10時~午後3時(雨天決行)
  • ところ 総合福祉センター(左京五丁目)
  • 内容 田原地区伝統芸能保存会による千本つき、平城東中学校吹奏楽部の演奏、各団体によるステージ、障がい疑似体験、盲導犬とのふれあい、模擬店、スタンプラリー等(要約筆記、手話通訳あり)
  • その他 障がい者用駐車場はありますが、駐車台数に限りがありますので公共交通機関をご利用ください。
  • 問合せ 総合福祉センター(電話番号:0742-71-0770ファックス番号:0742-71-0773)

電気柵を見かけた人へ。むやみに近づいたり、触れたりしないでください。
問合せ 農林課(電話番号:0742-34-4740)

10月4日(日曜日)の「日曜開庁」(市民課・西部出張所住民課)は休止します。(マイナンバー制度対応準備のため)
問合せ 市民課(電話番号:0742-34-4730)

マイナンバー制度の「通知カード」を“簡易書留郵便”でお届けします。

~重要なお知らせですので確認して大切に保管してください。~

奈良市に住民票があるみなさんに12桁の個人番号をお知らせします。10月5日に付番を行い、「通知カード」を住所地に世帯単位でまとめて世帯主宛てに簡易書留郵便で送付します。
※全国一斉配送になりますので、配達は11月中旬までずれこむことも予想されます。
封書には、(1)個人番号と住所氏名等が記載された「通知カード」(紙製)+「個人番号カード交付申請書」(住所氏名等は印刷済み)(2)申請書返信用封筒(3)個人番号及び個人番号カード交付申請等についての説明書が入っています。
通知カード
今後、行政手続等で個人番号の利用に必要となりますので、内容を確認して大切に保管してください。個人番号カードを希望しない人は生涯保管していただく重要な書類です。なお、紛失等で再発行する場合は再交付手数料が必要です。
個人番号カード
交付を希望する人は、次の(A)または(B)の方法で申請してください。

  1. 同封の申請書に顔写真を貼り、返信用封筒に入れて郵送
  2. スマートフォン等で申請書データを取り込み、顔写真データを添付して送信初回の交付は無料で、有効期間は成人で10年、未成年者は5年です(誕生日期限)。申請者に平成28年1月以降に通知し、窓口で交付します。
    ※「個人番号カード」は、個人番号、住所、氏名等の記載、顔写真付きのため、番号証明と本人確認が1枚ででき公的身分証明書としても利用できます。また、ICチップに搭載された電子証明書の機能を利用して公的個人認証サービスによるe-Taxなどの電子申請等が利用できます。くわしくは通知カードに同封の説明書、ホームページをご覧ください。
    問合せ 市専用ナビダイヤル(電話番号:0570-078-743、平日の午前8時半~午後5時15分)へ。

人権文化フェスタ・文化祭

人権問題の解決と人権の確立されたまちづくりのため、さまざまな活動に取り組んでいる人権文化センターがそれぞれにテーマを決め、日頃の活動や学習の成果を発表します。くわしくは各センターへ。

とき・ところ・問合せ
10月31日(土曜日)、11月1日(日曜日)中人権文化センター電話番号:0742-27-3019
テーマ・主な内容(各センターではパネル・作品展示なども行います)…
「共に生きよう輝ける明日へ」31日:作品展示のみ、1日:活動発表(佐保幼稚園児演技・佐保小学校マーチングバンド演奏・センター子ども会学習教室成果発表)、模擬店等

とき・ところ・問合せ
10月31日(土曜日)~11月2日(月曜日)南人権文化センター電話番号:0742-61-2029
テーマ・主な内容(各センターではパネル・作品展示なども行います)…
杏中文化祭「地域交流を通し、人権と福祉の輪を広げよう!」~ものづくりからひとづくりへ・そしてまちづくりへ!~31日:オープニング(辰市保育園、幼稚園児の踊り等)、模擬店、各種テーマ展示、各種コーナー、アプリコットイベント広場等、1日:幸齢者ふれあい交流会、各種テーマ展示、各種コーナー等、2日:作品展示・各種テーマ展示

とき・ところ・問合せ
11月7日(土曜日)~9日(月曜日)東人権文化センター電話番号:0742-61-2236
テーマ・主な内容(各センターではパネル・作品展示なども行います)…
共に生きる社会、人権が尊重される社会の実現に向け、福祉と人権のまちづくりをみんなで進めよう7日:なかよしファミリー劇場(人形劇)、古市児童館一輪車クラブの演技、都南中学校吹奏楽部の演奏、おもてなし、元気市、8日:ふれあいシネマ、野菜市、模擬店、ふれあいコンサート、9日:お地蔵さんめぐり

とき・ところ・問合せ
11月8日(日曜日)・9日(月曜日)北人権文化センター電話番号:0742-22-7776
テーマ・主な内容(各センターではパネル・作品展示なども行います)…
守ろう人権・咲かそう文化、地域からのまちづくり8日:転害門周辺のフィールドワーク、啓発ビデオ上映、活動発表、ドッグセラピー、健康コーナー、福祉交流コーナー、おもてなし、9日:啓発ビデオ上映等

ごみ減量・リサイクルキャンペーンならクリーンフェスタ

  • 10月は「3R(スリーアール)推進月間」です
    • Reduce(リデュース)=発生抑制ごみになるものはもらわない、買わない
    • Reuse(リユース)=再使用使えるものは捨てずに繰り返し使う
    • Recycle(リサイクル)=再生利用もう一度「資源」として利用する
      • とき 10月18日(日曜日)午前10時~午後1時
        ※開門は午前9時半(交通の事情等により開門時間が変更になることもあります。)
        ※雨天中止(当日の開催の問合せはNTTテレドーム電話番号:0180-997-003まで。午前8時から受付)
      • ところ 環境清美センター(左京五丁目)
      • 内容 ごみゼロ啓発作品表彰式、民間団体(非営利)による3Rへの取組の紹介、せん定チップ配布、衛生浄化センター肥料「畑楽(はたらく)」抽選配布、小型家電リサイクル広報コーナー、環境清美工場施設見学会、リサイクルフリーマーケット、リサイクル機関車100年号運行、住宅用太陽光発電普及啓発コーナー等
        ならクリーンフェスタ同時開催イベント
  • 靴・鞄・ぬいぐるみの回収・配布
    ペアで揃った靴・鞄・ぬいぐるみの交換コーナー
    問合せ 奈良エコライフ研究会の倉本さん電話番号:090-7097-6604
  • もったいない陶器市
    使える食器を持ち込み(家庭で不要になった陶磁器製食器のみ)、気に入った食器をお持ち帰りください。
    • 問合せ 関西ワンディッシュエイド協会の河野さん電話番号:080-8313-8201
    • 問合せ 企画総務課(電話番号:0742-71-3001)

安全・安心のまちづくり

10月11日~20日は全国地域安全運動実施期間
おはようおかえりこんにちは声かけ気にかけ笑顔かけ
犯人は人に見られること、声をかけられることを嫌います。

振り込め詐欺

奈良県下の発生件数(平成27年7月末まで)
特殊詐欺 49件
被害額 2億6,850万円

  • 「私は大丈夫」と過信せず、あせらずに信頼できる親族・友人や警察に相談する。
  • 家族の中で合言葉を決めておく。
    こんなフレーズはまず疑う
  • 「風邪で声が変わっている」
  • 「電話番号が変わった」
  • 「還付金を受け取るためATMを操作してほしい」
  • 「社債購入の権利があなたにあります」
  • 「お名前をお借りして○○を購入しました」
  • 「現金の支払いがなければ警察沙汰になります」
  • 「裁判になります。訴訟になります」
  • 「会社にバレて首になるのでお金を貸して」
  • 「ゆうパック、レターパック、宅配で現金を送って」

※市役所・年金事務所等が電話で還付金の話をすることはありません。

オートバイ・自転車泥棒

被害に遭った自転車の6割以上が無施錠、オートバイの5割以上がハンドルのロック忘れ。・駐車するときは必ず鍵をかける。ツーロックが有効。

  • 管理人のいる駐輪場を利用し、路上や空き地での駐車はしない。
  • 盗難自転車の早期発見のため防犯登録をする。

車上荒し

  • 駐車する場合は、必ず鍵をかける。
  • 車内に貴重品など荷物を置いたままにしない。
  • 駐車場にセンサーライトや警報機を設置する。

住宅対象侵入窃盗(空き巣・忍び込み・居空き等)

犯人は無施錠玄関や窓ガラスを割って侵入します。

  • 外出中・在宅時・就寝時も必ず施錠。雨戸を閉める。防犯ガラス・フィルムや補助錠、センサーアラーム等の防犯機器を活用し侵入に時間がかかるようにする。
  • 県警が提唱する声かけ運動「チャレンジ“絆”」にご協力ください。

ひったくり

自転車の前かごや女性、高齢者等が狙われています。周囲に対する警戒心をおろそかにしないことが一番重要。

  • 人通りの少ない道や暗い道は避ける。
  • 歩道を歩くときは鞄は車道の反対側に持ち、ショルダーバックはたすき掛けにする。
  • 自転車や単車の前かごに防犯ネット・カバーをつける。

ご相談ください

犯罪やその予兆を見聞きしたとき、地域やご自身・ご家族に危険や不安を感じたときは、最寄りの交番・警察署にご相談ください。

  • 奈良警察署(電話番号:0742-20-0110)
  • 奈良西警察署(電話番号:0742-49-0110)
  • 天理警察署(電話番号:0743-62-0110)
  • 警察総合相談電話(電話番号:♯9110)
  • ナポくん相談コーナー(電話番号:0742-23-1108)

防犯パネル展

  • とき 10月13日(火曜日)~16日(金曜日)午前8時半~午後5時15分(16日は午後3時まで)
  • ところ 市役所1階玄関ホール

休日夜間応急診療所の小児科医を増員配置します

10月から月曜日の夜間診療について、午後10時から午前0時までの間、小児科医1人・看護師1人を増員配置します。今後も市民サービスの向上・住民ニーズへの対応のため、一次救急診療の充実を図ります。
〈10月からの小児科医診療時間〉

  • 夜間の診療時間
    • 休日、水曜日の午後10時~翌午前6時
    • 月曜日、金曜日の午後10時~午前0時
  • 休日・土曜日の診療時間
    • 日曜日、祝日の午前10時~午後7時
    • 土曜日の午後3時~7時

<休日夜間応急診療所>
柏木町519-28電話番号:0742-34-1228

※火曜日・木曜日・土曜日の夜間診療の午後10時~翌午前6時は小児科も診られる内科医が診療しています。内科の診療時間は従来どおり変更ありません。
問合せ 病院管理課(電話番号:0742-26-7611)

しみんだより平成27年10月号 一覧へ戻る