ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年8月号(テキスト版)市政ニュース(28~29ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年8月号(テキスト版)市政ニュース(28~29ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

奈良の魅力を高校生の視点で発信

高校生観光特派員の委嘱式

6月14日に、新たに16人の高校生観光特派員の委嘱式を行いました。観光特派員は世界遺産のまち奈良の魅力を若い世代間で広く発信していくことを目的としています。委嘱式では、仲川市長より委嘱状と名刺が手渡されました。その後、現役特派員から昨年度の活動内容の報告がありました。
新特派員からは「奈良にいる人に奈良の魅力をもっと知ってほしい」「ならまちの魅力を全国に発信していきたい」等の意気込みを聞くことができました。

(写真:右)委嘱状を受け取る新観光特派員
(写真:左)フレッシュな視点で奈良市の魅力を発信していこう!

奈良の特産品を味わって!

近鉄奈良線マルシェ

6月14日に、大阪上本町駅で「近鉄奈良線マルシェ」を開催しました。
このイベントは近鉄奈良線の開業100周年を記念して開催したもので、奈良線の歴史を紹介するヒストリートレインを駅に留め置き、車内で奈良線沿線の都市(奈良市・生駒市・東大阪市)の特産品を展示・販売しました。奈良市の車両では、樹齢100年を超える貴重な大和茶や自然栽培の大和茶、月ヶ瀬・都祁の旬の野菜や加工品等の展示・販売を行いました。

(写真:右)お茶畑をイメージした車内のブースで自慢のお茶を飲んでみて!
(写真:左)車内に奈良市の特産品を所狭しと展示・販売

世界遺産を永遠に守るために

春日山原始林での林野火災訓練

(写真:右上)若草山二重目と三重目で白煙を発見したという想定で訓練
(写真:左上)放水する消防署員
(写真:右下)消火後に結集した署員

6月24日に、春日山原始林で火災訓練を行いました。この訓練は昭和53年に春日山原始林で発生した火を教訓に、山林火災予防を一層効果的に推進することを目的としています。訓練では若草山二重目と三重目の大谷付近で白煙を発見したと想定し、放水消火訓練を行いました。市中央消防署森嶋署長からは「市の消防署員は永久に世界遺産を守っていく義務がある。そのことを職員により強く意識してもらうようにこの訓練を行っている」とのコメントがありました。

タブレットで楽しくわかりやすく授業

済美小学校で授業公開

(写真:右)タブレットを使ってお互いの考えをまとめる児童たち
(写真:左上)タブレットを使って発表
(写真:右下)「発表する人!」「はい!」

7月3日に済美小学校でタブレット端末を使ったICT(情報通信技術)教育モデル実証校事業の公開授業を行いました。公開授業は5年2組で行われました。「東大寺を案内するスペシャリストになる」ことをテーマに調べ、インタビューしたことをタブレットを使用して発表した後、議論をしました。児童からは「タブレットは考えたことをすぐにまとめて表現できるから楽しい」といった声がありました。

天まで届け★みんなの願い

大宮保育園リニア短冊飾り付け

7月4日に市立大宮保育園でリニアへのお願いを短冊にして飾りつける、七夕とリニア新幹線誘致PRを兼ねたイベントを開催しました。園児たちは「リニア新幹線に乗っておじいちゃんやおばあちゃんに会いに行きたい」等の願いを書いた短冊を4メートルの竹に飾りつけていました。イベントの最後には、園児たちが太鼓と踊りを交えた演技で花を添えてくれました。

(写真:上)真剣に短冊を結ぶ園児
(写真:下)園児たちの太鼓演奏

奈良市の最新情報を動画で配信

CHANNEL NARA

市政ニュースで掲載した行事は、市ホームページの「奈良市動画チャンネル」で動画形式でご覧いただけます。同ページの「奈良市ニュース」では毎週金曜日にその週に行われた主な行事を紹介していますので、ぜひご覧ください。
CHANNEL NARA

福井副市長退任式

7月11日に福井重忠さんが任期満了により副市長を退任されました。福井さんは昭和43年4月に市職員に採用され、秘書課長、広報公聴課長などを経て、平成15年に経済部長、平成16年に総務部長等の要職を歴任。その後、平成17年に収入役、平成18年7月からは助役(現在の副市長職)を勤められ、約46年間にわたり市政の発展に尽力されました。
同日に市役所正庁で行われた退任式には仲川市長、津山副市長をはじめ多くの職員が出席、福井さんは「生まれ変わっても、またここにいる皆さんと一緒に仕事をしたい」とあいさつをされました。

(写真:右)退任の挨拶
(写真:左)職員による花束の贈呈

しみんだより平成26年8月号 一覧へ戻る