ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年9月号(テキスト版)お知らせ(8~17ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年9月号(テキスト版)お知らせ(8~17ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市民のうごき(8月1日現在)

  • 総人口 364,220人
  • 世帯 157,996世帯(男:171,694人、女:192,526人)

9月15日~30日は国民健康保険料(第4期分)の納期です。

保険料はみなさんの健康を守る大切な財源です。

水道漏水調査にご協力ください

貴重な水資源の有効利用のため実施します。調査は道路に埋設した水道管の漏水を探知するため、各家庭のメータに音聴棒をあてて行います。市企業局漏水調査業務委託の腕章をつけた調査員が訪問しますので、ご協力ください。

  • とき 9月初旬~来年1月下旬(予定)の午前8時半~午後5時
  • 調査校区 佐保川、佐保、鼓阪、鼓阪北、大宮、椿井、飛鳥、大安寺西、大安寺、済美、済美南、辰市、明治、東市、帯解、左京、都跡、朱雀、平
  • 城、六条、伏見、伏見南、西大寺北の各小学校区
  • 問合せ 市企業局漏水対策課(電話番号:0742-34-5200(代表))

奈良市農業委員が決まりました

任期満了による農業委員会委員の選挙が行われ、公選委員30人が選出されました。また、農業協同組合・農業共済組合・土地改良区・市議会推薦の7人と合わせ、37人の新しい委員が決まり、平成29年7月19日までの間、農業委員として活動します。

  • 農業委員会長 大西崇夫
  • 副会長 大畑稔、巽(己が巳)一孝、岡田嘉文、久保田清隆
  • 農地部会長 西井隆
  • 農地副部会長 武野義男
  • 農政部会長 嶋田圭堂
  • 農政副部会長 山中浩
  • 委員 平田芳道、中田武文、北中正純、吉村信男、加藤(くさかんむりが十と十)次夫、長谷川義廣、今中初(ころもへんがしめすへん)雄、谷口清志、大西繁實、今里勝亮、松村楢(4画目と5画目がやね)太郎、中尾義永、須川章夫、荻田精吾、山中正三、中田清文、辰巳貢、小西功、藤岡正則、吉井茂(くさかんむりが十と十)次、今(やねの中がテ)井勝美、吉松道雄、松本嘉平、出口礼次郎、今(やねの中がテ)西正延、北良晃、小川正一、高杉美根子

問合せ 農業委員会事務局(電話番号:0742-34-4776)

老春手帳優遇事業の入浴補助券の交付

70歳以上の人が使用できる入浴補助券(10月~来年3月分)を9月26日から長寿福祉課(9月26日・29日・30日は市役所玄関ホール)、出張所、行政センター、連絡所で交付します。
希望者は老春手帳と印鑑を持参してください。
交付枚数は月5枚でさかのぼっての交付や紛失等による再交付はできませんのでご注意ください。3月27日から交付している入浴補助券(黄色)は、引き続き使用できます。
問合せ 長寿福祉課(電話番号:0742-34-5439)

都市計画(案)の縦覧

次の都市計画(案)を縦覧できます。
生産緑地地区の変更案 大森町、大倭町、学園赤松町、杏町、西大寺赤田町一丁目、西大寺北町四丁目、菅原町、大安寺六丁目、中山町、南京終町四丁目及び南登美ヶ丘の各一部

  • 縦覧期間 9月22日(月曜日)~10月6日(月曜日)の執務時間内(土曜日・日曜日、祝日を除く)
  • 縦覧場所 都市計画課
  • 意見書の提出 この都市計画(案)について意見書を提出する場合は、意見の要旨とその具体的な理由を書いて、住所、氏名、連絡先を併記した市長あての文書1通を都市計画課に10月6日必着で提出してください。
  • 問合せ 都市計画課(電話番号:0742-34-4748)

公有財産の売却(不動産・自動車)

市の財産をインターネットで売却します。くわしくは、「Yahoo!官公庁オークション」に9月3日(水曜日)から掲載予定です。ホームページにも掲載
問合せ 管財課(電話番号:0742-34-4724)

屋外広告物講習会の開催について

屋外広告業を営む者は、その営業所に同講習会修了者等の業務主任者を置くことが義務付けられています。

  • とき 11月13日(木曜日)
  • ところ 市役所6階正庁
  • 定員 100人
  • 申込 景観課備え付けの用紙(ホームページからもダウンロード可)に必要事項を書いて、9月30日までに同課へ
  • 問合せ 同課(電話番号:0742-34-5209)

講座「発達障害の気づきと支援」

発達障害は、子どもに関わる大人の理解が大切です。発達障害への理解を深めましょう。

  • とき 10月8日(水曜日)午前10時~正午(受付は9時半~)
  • ところ はぐくみセンター(三条本町)
  • 講師 家森クリニック院長の小児・小児神経科医の家森百合子さん
  • 定員 190人
  • 申込 電話かファックス・Eメールに住所、氏名(ふりがな)、電話番号、託児(平成22年4月2日以降生まれ)希望の場合は、子どもの氏名(ふりがな)・年齢・性別を書いて、9月19日必着で子ども発達センター(電話番号:0742-20-2100 Eメール:kosodatesoudan@city.nara.lg.jp)へ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡
  • その他 来場は、公共交通機関をご利用ください。

不登校を考えるつどい

  • とき 9月20日(土曜日)午後1時半~4時
  • ところ はぐくみセンター(三条本町)
  • 内容 カウンセラーの話、参加者との話し合い・意見交換
  • 対象 市立小・中・高等学校に通う児童・生徒の保護者・教職員
  • 申込 電話かファックス(申込用紙はホームページに掲載)で、9月12日までに教育相談課(電話番号:0742-93-8197ファックス番号:0742-36-0405)へ。

ファミリー・サポート・センター

  • 依頼会員 おおむね生後3か月~小学6年生の子どもがいる人
  • 援助会員 育児や保育の経験がある20歳以上の心身ともに健康な人
  • 両方会員 依頼会員と援助会員を兼ねたい人

説明会

  • とき 9月10日(水曜日)・25日(木曜日)、10月8日(水曜日)午前10時~正午
  • 対象 依頼・援助・両方会員

スキルアップ講座

  • とき
    1. 9月18日(木曜日)
    2. 9月26日(金曜日)午前10時~正午
    3. 10月10日(金曜日)午前9時半~午後零時半
  • 対象 援助・両方会員、ファミリー・サポート・センター事業に興味のある人
  • 内容
    1. 楽しくみんなで手作りおもちゃ講習会
    2. 子どもの栄養と食生活
    3. 乳幼児の応急手当
  • 講師
    1. 保育士
    2. 管理栄養士
    3. 救急救命士

ところ はぐくみセンター(三条本町)
申込 ファミリー・サポート・センター(電話番号:0742-34-3305)へ。説明会の託児(就学前)の申込は1週間前まで

防災センター

〒630-8145 八条五丁目404-1 電話・ファックス番号:0742-35-1106

ちびっこレスキューチャレンジ

  • とき 10月18日(土曜日)・19日(日曜日)午前10時~正午
  • 内容 救助訓練体験(ロープ渡過等)、三角巾を使用した応急処置体験、消防車・救急車の車両見学、地震体験等。雨天時は内容に変更あり
  • 定員 園児・小学生各日20人(保護者同伴)
  • 申込 往復はがきに参加希望日、住所、氏名(ふりがな)、学年、電話番号、保護者の氏名を書いて、9月30日必着で同センターへ。多い場合は抽選

応急手当講習

(1)成人に対する手当の講習(普通救命講習1)
(2)乳幼児に対する手当の講習(普通救命講習3)

  • とき (1)9月10日(水曜日)・28日(日曜日)、10月8日(水曜日)・26日(日曜日)午後1時~4時(2)9月18日(木曜日)午前9時半~午後零時半
  • 内容 心肺蘇生法、自動体外式除細動器(AED)の使用法等
  • 定員 中学生以上各20人
  • 申込 電話で各開催日の前日までに同センターへ。

入江泰吉記念奈良市写真美術館

〒630-8301 高畑町600-1 電話番号:0742-22-9811 ファックス番号:0742-22-9722

初心者のためのデジタルカメラ教室(応用編)

講義
A:11月5日(水曜日)・11月26日(水曜日)午前10時~正午
B:11月5日(水曜日)・11月26日(水曜日)午後2時~4時
撮影(春日大社~ささやきの小径等)
A:11月30日(日曜日)午前10時~午後3時
B:12月2日(火曜日)午前10時~午後3時
作品講評・質疑応答
A:12月17日(水曜日)午前10時~正午
B:12月17日(水曜日)午後2時~4時

  • 内容 デジタルカメラの使い方と撮影の基本を初心者にも分かりやすく同館技術員が解説
  • 定員 全日参加できる成人各30人。在勤も可
  • 費用 千500円
  • 持物 デジタルカメラ、取扱説明書
  • その他 撮影日は雨天決行、昼食持参
  • 申込 往復はがきに講座名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号、ABの別を書いて、10月20日必着で同館へ。1枚に1人限り。多い場合は抽選

特定任期付職員募集

募集人数 特定任期付職員(弁護士) 2人
任期 採用から3年以内(着任日は応相談)
受験資格 弁護士の資格を有し、弁護士名簿に登録している人で、弁護士としての実務資格がある人
*地方公務員法に定める欠格条項に該当する人、日本国籍を有しない人で在留資格において就職等が制限されている人は受験できません。
*任期中は地方公務員法が適用され、現在の業務を停止し、公務に専念すること。
選考方法
第1次選考=書類選考
第2次選考=第1次選考合格者を対象に試験あり
応募方法 送付は9月1日(月曜日)~30日(火曜日)必着、持参は9月29日(月曜日)、30日(火曜日)に市職員任用試験委員会へ。
試験案内・申込書 市職員任用試験委員会で配布。ホームページからダウンロードも可。送付による請求は封筒の表の左下に「特定任期付職員(弁護士)の受験用紙請求」と赤字で書いて、140円切手(1部の場合)を貼った、宛先と郵便番号を明記した返信用封筒(角型2号:長さ33.2センチメートル、幅24.0センチメートル程度、折り曲げ可)を同封して、同委員会へ。
※試験案内を熟読して手続してください。
問合せ 市職員任用試験委員会(市役所中央棟5階人事課内)電話番号:0742-34-4821

8~10月はスズメバチが最も活発になるシーズンのため、いっそうの注意が必要です。

奈良市ボランティアインフォメションセンター

〒630-8122 三条本町13-1 電話番号:0742-93-8435 ファックス番号:0742-34-2336

ボランティア入門講座~自然や子どもたちの、豊かな未来のために~

  • とき 9月27日(土曜日)午前10時~正午
  • 定員 15人。在勤・在学も可

市民公益活動入門講座「ホワイトボード・ミーティング入門講座~いきづまり会議の問題解決法~」

  • とき 9月28日(日曜日)(1)入門編:午後零時半~2時20分(2)実践編:午後2時半~4時半
  • 対象 市内を中心に活動するボランティア・NPO等の市民公益活動団体の関係者や、市民公益活動に関心のある人。在勤・在学も可
  • 内容 ホワイトボード・ミーティングの基礎から実践まで、講義とワークショップ形式で実施
  • 講師 ひとまち講師の宝楽陸寛さん
  • 定員 各40人(両方またはどちらか一方も可)

申込 電話かファックス・Eメール(volunt-info@city.nara.lg.jp)に講座名、(1)(2)の別、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、9月20
日までに同センターへ。多い場合は抽選

NPOとボランティア団体パネル展

  • とき 9月20日(土曜日)午後2時~11月15日(土曜日)午後1時(2週間ごとに展示替え)
  • 展示団体 子ども・環境・福祉・まちづくり等、さまざまな分野の約40団体

井戸端サロン

  • とき (1)10月4日(土曜日)(2)11月1日(土曜日)午後2時~3時
  • 内容 団体と市民の交流や情報交換

なら工藝館

〒630-8346 阿字万字町1-1 電話番号:0742-27-0033

工芸相談と実演

時間 正午~午後5時

  • 実演 9月14日(日曜日):陶芸、28日(日曜日):一刀彫
  • 工芸相談 9月14日(日曜日):陶芸の西祐攝さん、28日(日曜日):仏像彫刻の本谷定尚さん

北部会館市民文化ホール

〒631-0805 右京一丁目1-4 電話番号:0742-71-5747

高の原文化講座(10月~来年3月)

火曜日

  1. フラダンス
    • 時間 A午前9時~10時半B午前10時45分~午後零時15分C午後1時~2時半D午後7時~8時半
    • 講師 ABC田附正子さんD森本美千代さん
    • 費用 3か月9千円
  2. 陰陽ヨガ
    • 時間 午後2時45分~4時15分
    • 講師 和田里香さん
    • 費用 3か月9千円
  3. 親子ビクス(2・3歳児と保護者)
    • 時間 午前10時~11時
    • 講師 山本三歌代さん
    • 費用 3か月6千円
  4. キッズビクス(4~6歳児)
    • 時間 午後4時~5時
    • 講師 山本三歌代さん
    • 費用 3か月6千円
  5. 手芸・ストレッチ編
    • 時間 午前10時~午後3時
    • 講師 西田由美子さん
    • 費用 3か月9千円、材料費
  6. 押し花
    • 時間 午後2時~4時
    • 講師 平尾清美さん
    • 費用 3か月6千円、材料費

水曜日

  1. 日本刺繍
    • 時間 午前10時~午後3時
    • 講師 大久保好江さん
    • 費用 3か月9千円、用具代1万4千650円、材料費
  2. エアロビクス
    • 時間 午前9時20分~10時半
    • 講師 大月奈美さん
    • 費用 3か月9千円
  3. デューク式ウォーキング
    • 時間 午前10時45分~午後零時15分
    • 講師 武當倭人さん
    • 費用 3か月1万500円
  4. ヨガ
    • 時間 午後1時10分~2時40分
    • 講師 上原みちえさん
    • 費用 3か月9千円
  5. ハワイアンフラ
    • 時間 午後3時~4時10分
    • 講師 石本早苗さん
    • 費用 3か月9千円
  6. 高の原水彩画
    • 時間 午前9時半~午後零時半
    • 講師 杉浦美佐緒さん、岡田俊一さん
    • 費用 3か月6千円、材料費

木曜日

  1. 高の原コーラス(~来年2月)
    • 時間 午前10時~11時半
    • 講師 上司直子さん
    • 費用 3か月6千円
  2. リズム元気体操
    • 時間 午後1時半~3時
    • 講師 青山実智子さん
    • 費用 3か月9千円
  3. 座式太極気功運動
    • 時間 午後3時半~4時40分
    • 講師 呂育維さん
    • 費用 3か月9千円
  4. シェイプボクササイズ
    • 時間 午後7時~8時10分
    • 講師 藤井里佳さん
    • 費用 3か月9千円
  5. ゆる体操
    • 時間 午前9時~10時10分
    • 講師 荒木孝二さん
    • 費用 3か月6千円
  6. ゆる体操入門
    • 時間 午前10時20分~11時半
    • 講師 荒木孝二さん
    • 費用 3か月6千円
  7. 楽しく英会話
    • 時間 A(入門編)午後1時~2時半B午後3時~4時半C午後7時~8時半
    • 講師 バンダビルト和子さん
    • 費用 3か月9千円

金曜日

  1. ストレッチ体操
    • 時間 午前9時~10時半
    • 講師 本西真理さん
    • 費用 3か月9千円
  2. 気功体操
    • 時間 午前10時45分~午後零時15分
    • 講師 山内式気功体操講師
    • 費用 3か月9千円
  3. ピラティス
    • 時間 午後1時~2時10分
    • 講師 和田里香さん
    • 費用 3か月6千円
  4. デトックスヨガ
    • 時間 午後2時半~4時
    • 講師 和田里香さん
    • 費用 3か月9千円
  5. 和紙ちぎり絵
    • 時間 午後1時半~3時半
    • 講師 小西恵子さん
    • 費用 3か月6千円、材料費

※開催は月3回((5)(7)(12)は月1回、(6)(9)(13)(17)(18)は月2回)

定員 18歳以上(高校生不可。(3)(4)を除く)各50人((5)(6)(12)(24)各24人、(3)20組(4)25人(7)15人(13)120人(19)各20人(21)40人(22)30人
締切 9月21日
その他 費用は3か月分を前納。原則として返金しません。各講座とも初回は体験会

高の原カルチャーサロン(後期)「奈良大学地理学講座~大都市周辺部の過去と現在~」

  • とき・講師・演題
    • 10月11日(土曜日) 准教授の稲垣稜さん「郊外住宅地の変容」
    • 10月18日(土曜日) 教授の三木理史さん「大正期の郊外電車開通と大阪市近郊」
    • 10月25日(土曜日) 教授の高橋春成さん「農村の生活とイノシシの被害問題」
  • 時間 午前10時~11時半
  • 定員 200人(1枚のはがきで全3回出席可)
  • 締切 9月25日
  • 申込 同ホール備え付けの用紙か往復はがきに講座名((1)(19)はA~Dのボランティアインフォメーションセンター〒630-8122三条本町13-1(はぐくみセンター1階)電話番号:0742-93-8435ファックス番号:0742-34-2336)

8~10月はスズメバチが最も活発になるシーズンのため、いっそうの注意が必要です。

敬老の日は臨時開館します(東・西・北・南福祉センター)

9月15日の敬老の日に各福祉センターを臨時開館(お風呂も利用可)し、9月23日(祝日)は臨時休館します。
また、9月25日(木曜日)は正午から午後4時までお風呂を利用できます。
問合せ 東福祉センター(電話番号:0742-24-3151)、西福祉センター(電話番号:0742-41-3151)、北福祉センター(電話番号:0742-71-3501)、南福祉センター(電話番号:0742-62-3730)

南福祉センター

〒630-8443 南永井町

健康太極拳入門教室

  • とき 10月~来年2月の第1・3火曜日の午後1時半~3時(11月のみ第2・4火曜日)。全10回
  • 内容 気をコントロールし疾病予防に役立てる健康法
  • 対象 60歳以上の人35人

創作折り紙教室

  • とき 10月~12月の第1・4木曜日の午前10時~11時半。全5回
  • 内容 創作折り紙(一部子育て親子との交流含む)
  • 定員 60歳以上の人20人
  • 費用 材料費500円程度

申込 往復はがきに教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、9月15日必着で同センターへ。1人1教室限り。多い場合は各教室別に抽選

東福祉センター

〒630-8113 法蓮町1702-1 電話番号:0742-24-3151 ファックス番号:0742-27-9028

暮らしに役立つ講座「防災のつどい」大災害への備えは万全ですか?

  • とき 9月12日(金曜日)午後1時半~3時
  • 内容 県安全・安心まちづくり推進課職員による、災害に関する高齢者の対策と準備の基礎講座、防災グッズの展示
  • 対象 60歳以上の人とその家族
  • 申込 不要(30人程度)

西福祉センター

〒631-0024 百楽園一丁目9-13 電話番号:0742-41-3151 ファックス番号:0742-41-3150

円満に進める「墓じまい」セミナー~墓じまいはエンディングノートと遺言書を活用しよう~

  • とき 9月19日(金曜日)午後1時半~3時
  • 内容 墓じまいって知っていますか?墓じまいに対する考え方やエンディングノートの活用法等について
  • 講師 行政書士の藤本忠相さん
  • 定員 60歳以上の人35人
  • 申込 9月12日までに電話か直接同センターへ。多い場合は抽選し、漏れた人のみ連絡

意見募集

奈良市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例(案)

市では、平成27年度から「子ども・子育て支援制度」が施行されるにあたり、国が定める「放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準」を踏まえ、条例で基準を定めることとしましたので意見を募集します。

  • 閲覧期間 9月1日(月曜日)~30日(火曜日)
  • 応募方法 個人は住所・氏名・年齢・電話番号、法人は法人名・所在地・電話番号を書いて、9月30日必着で地域教育課へ。ファックス、Eメールも可。電話不可
  • 応募資格 市内に在住・在勤・在学の人・事業所を有する個人・法人・その他の団体
  • 問合せ 地域教育課 電話番号:0742-34-5441 ファックス番号:0742-34-4764 Eメール:chiikikyouiku@city.nara.lg.jp

バンビーホームの指導員(臨時職員)募集

  • 資格 保育士資格か教員免許を持つ人または学童保育施設等で勤めた経験が2年以上ある人
  • 勤務時間 放課後~午後7時、または午前8時~午後7時の間の8時間程度。勤務日数・勤務時間は応相談
  • 申込 必要に応じて登録者の中から随時選考。登録を希望する人は、履歴書と資格証の写しを地域教育課へ。市立幼稚園常勤講師の登録者
  • 問合せ 地域教育課 電話番号:0742-34-5441

市立幼稚園 常勤講師の登録者募集

  • 資格 有効な幼稚園教諭免許を所有している人
  • 申込 登録を希望する人は、履歴書と免許状の写しをこども園推進課へ。書類選考および面接により随時採用を決定

※くわしくはお問い合わせください。ホームページにも掲載

市立保育園臨時職員の募集

  • 資格 保育士資格のある人
  • 勤務時間 月曜日~土曜日のうち週5日、午前7時~午後7時の間で実働7時間45分。時差勤務
  • 給与 日給8,400円
  • 交通費 自宅からの通勤最短距離2キロメートル以上から支給(徒歩通勤は除く)
  • 手当等 休日・時間外勤務手当、雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
  • 申込 随時登録を受け付け。履歴書と保育士証の写しをこども園推進課へ。書類選考、面接後に採用を決定
  • 問合せ こども園推進課 電話番号:0742-34-5493

犬の登録と狂犬病予防注射は、飼い主の義務です。

問合せ 保健所生活衛生課(電話番号:0742-93-8395)

もしもペットが迷子になってしまったときは、保健所までご連絡ください。

問合せ 保健所生活衛生課(電話番号:0742-93-8395)

9月21日~30日は秋の交通安全県民運動

交通事故のない やすらぎの 大和路づくり~大和の交通マナーを高めよう~

運動の基本 子どもと高齢者の交通事故防止
運動の重点

  1. 夕暮れ時と夜間の交通事故防止
  2. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  3. 飲酒運転の根絶
  4. 二輪車、原付車、自転車の事故防止

9月30日は交通事故死ゼロを目指す日
近年、交通事故死者数は減少傾向ですが、死者数に占める高齢者の割合が高くなっています。

  • 夜間の外出には、ピカピカグッズの着用を!
  • 高齢者に対する思いやりのある運転を!

秋の交通安全運動市民決起大会

  • とき 9月21日(日曜日)午後1時半
  • ところ 学園前ホール(学園南三丁目)

問合せ 交通政策課 電話番号:0742-34-5351

福祉センターでの交通安全関連イベント

北福祉センター(右京一丁目 電話番号:0742-71-3501)

ほのぼの交通安全教室

  • とき 9月26日(金曜日)午後1時半~3時
  • 内容 交通安全講話、歩行体験システムを利用した交通安全教室、れいかさんのコンサート

東福祉センター(法蓮町 電話番号:0742-24-3151)

交通安全フェスティバル

  • とき 9月30日(火曜日)午後1時半~3時
  • 内容 交通安全講話、アトラクション

対象 60歳以上の人とその家族
申込 不要

総合福祉センター

〒631-0801 左京五丁目3-1 電話番号:0742-71-0770 ファックス番号:0742-71-0773

市障がい者・児作品展の作品募集

11月8日(土曜日)~16日(日曜日)に開催する作品展の出品作品を募集します。

  • 資格 在住・在勤・在学、各種施設に在籍の障がい者・児
  • 部門 写真、絵画、書道、手工芸。過去1年以内に完成した作品で1部門1点。複数部門への応募可
  • 作品規格 全部門、額装の場合は前面にガラスを使用しないこと(アクリル板は可)。合同作品の規格は要相談。写真=六ツ切以上、半切以内。絵画=画用紙四ツ切以内(デジタルアート含む)。書道=縦書きは半切以内、横書きは半切2分の1以内(裏打ち、表装の規定なし)。手工芸=陶芸の立体作品は幅・奥行き(直径)・高さ30センチメートル以内、平面作品は縦30センチメートル・横80センチメートル以内、陶芸以外の立体作品は幅・奥行き(直径)・高さ50センチメートル以内、平面作品は縦・横100センチメートル以内(織物等、折りたためるものは上記サイズ内で展示。被服作品はこの限りでない)
  • 搬入 同センターに備え付けの申込書を添えて、10月26日~11月2日午前9時~午後8時半に同センターへ(水曜日は午前9時~午後4時半。10月27日は休館)。

ボランティアセンター

〒630-8113 法蓮町1702-1 電話番号:0742-26-2270 ファックス番号:0742-26-2003

ボランティアサロン

  • とき 9月13日(土曜日)午前10時~正午
  • 内容 「若者の生きづらさと支援の輪」について~地域社会のネットワークでどう支えるか~
  • 申込 不要

マジック入門講座~ボランティアでマジック披露を~

  • とき 9月27日(土曜日)、10月4日(土曜日)、午前10時~正午。2日間
  • 内容 マジックの基礎知識・演技を取得する
  • 講師 関西奇術連合会元理事の安井浩さん
  • 定員 18歳以上でボランティア活動に関心のある人15人。在勤・在学も可
  • 申込 はがき・ファクス・Eメール(naravc@citrus.ocn.ne.jp)に住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、9月16日(消印有効)までに同センターへ。多い場合は抽選

勤労者総合福祉センター

〒630-8106 佐保台西町

感謝DAY2014

  • とき 10月19日(日曜日)午前10時~午後4時
  • 内容 フリーマーケット、球技大会(バドミントン・ソフトバレー・テニス)、屋台、飴のつかみ取り、パソコン・ヨガ・フラダンス・アロマテラピー体験、作品展示(絵画・書道等)、トレーニングルーム・シャワーの開放
    ※当日は午後4時に閉館

参加者募集

Aフリーマーケット出店者

  • 時間 午前10時半~午後3時
  • 募集数 16ブース(1ブース2.5メートル×3メートルか2メートル×3.5メートル)。机等の設備は出店者で準備
  • 出店商品 家庭で不要になった日用雑貨、衣類、手芸品等。コピー商品、くじびき等は出店不可
  • 費用 1ブース500円
  • B球技大会出場者
  • 種目 (1)バドミントン(午前10時半~午後零時半)(2)ソフトバレー(午後1時半~3時半)(3)テニス(午後1時~4時)
  • 定員 (1)6組(ダブルス)、(2)6組(4人1組)(3)4組(ダブルス)
  • Cフラダンス・ヨガ・パソコン・アロマテラピー体験
  • 時間 (1)フラダンス=午前10時半~正午(2)ヨガ=午後1時~2時半(3)パソコン(クリスマスカード作成)=午後1時~3時(4)アロマテラピー(リップクリームを作る)=午前11時~正午、午後1時~2時
  • 定員 (1)(2)(3)15人、(4)各10人
    申込 往復はがきにA~C・○数字の別、Cの(4)は希望時間、住所、氏名、電話番号、Aは出品物内容を書いて、9月15日必着で同センターへ。1枚に1人1催し限り。多い場合は抽選

社交ダンス教室

(1)入門教室(2)初級教室

  • とき 10月11日(土曜日)・13日(祝日)・26日(日曜日)、11月3日(祝日)・8日(土曜日)・15日(土曜日)・24日(休日)・30日(日曜日)、
  • 12月7日(日曜日)・13日(土曜日)(1)午前9時半~10時半(2)午前10時40分~正午。各10回
  • 内容 (1)タンゴ・ルンバ他(2)スローフォックストロット・チャチャチャ他
  • 定員 各男女15人。在勤も可
  • 費用 (1)3千500円(2)5千円
  • 持物 ダンスシューズ。室内用スニーカーも可

パソコン入門教室

(1)ワード (2)エクセル

  • とき (1)9月27日~11月1日の毎週土曜日(2)9月28日~11月9日の原則毎週日曜日、午後1時~3時(各6回)
  • 内容 (1)ローマ字入力、漢字変換、基本的なビジネス文書作成(2)データ入力・計算式・簡単な表の作成、基本関数、書式設定等
  • 定員 初心者各15人。在勤も可
  • 費用 各7千500円

書道教室

  • とき 10月15日~来年2月18日の原則毎月第1・3・5水曜日、午前10時~正午。10回
  • 内容 漢字・かなの基本から入り、漢字は千字文の楷書・かなは俳句、年賀状、実用書を練習
  • 定員 20人。在勤も可
  • 費用 3千500円

ヨガ教室

  • とき 10月2日~12月18日の原則毎週木曜日。午後1時半~2時45分。10回
  • 内容 日頃の疲れを癒し、肩こり・腰痛等を緩和
  • 定員 15人。在勤も可
  • 費用 5千円

申込 往復はがきに教室名(()数字の別)、住所、氏名、電話番号、勤務先を書いて、9月15日必着で同センターへ。1枚に1人1教室限り。多い場合は抽選

奈良の文化財をもっと知る講座2014

ユネスコ無形文化遺産 題目立見学~民俗芸能へのいざない~

  • とき 10月12日(日曜日)午後5時~10時頃
  • ところ 近鉄奈良駅(往復貸切バス)~八柱神社
  • 内容 都祁で民俗芸能の題目立を市文化財課職員の案内で見学。観覧席なし
  • 定員 中学生以上20人
  • 申込 往復はがき・ファックス・Eメールに2人までの住所、氏名、年齢、電話・ファックス番号を書いて、9月26日必着で文化財課(電話番号:0742-34-4859 Eメール:bunkazai@city.nara.lg.jp)へ。多い場合は抽選

からくりおもちゃ館

〒630-8338 陰陽町7 電話番号:0742-26-5656

からくりおもちゃ「鯉の滝のぼり」製作体験講座

  • とき (1)9月21日(日曜日)(2)10月25日(土曜日)(2)午前10時~正午
  • 定員 小学生以上各24人(低学年は保護者同伴)
  • 費用 700円
  • 申込 往復はがきに(1)(2)の別、住所、参加者全員の氏名(ふりがな)、年齢(小・中学生は学年も)、電話番号を書いて、(1)9月10日(2)10月11日必着で同館へ。1枚のはがきに2人まで可。多い場合は抽選。同館ホームページからの電子申請も可

9月20日~26日は動物愛護週間~動物と楽しく暮らせるみんなの街~

あなたがかわいがっている犬や猫の鳴き声、ふん尿等に迷惑している人はいないでしょうか。
動物の習性をよく理解し、周りの人に迷惑をかけることなく、最期まで責任を持って飼うことが大切です。動物愛護週間を機に、動物との触れ合い方を考えてみませんか。
飼っている動物には、迷子にならないように、名札・マイクロチップ、犬の場合は鑑札・狂犬病予防注射済票をつけましょう。万が一迷子になってしまったときは、生活衛生課と警察へ速やかにご連絡ください。

なら動物愛護フェスティバル

  • とき 9月21日(日曜日)午前10時~午後3時
  • ところ うだ・アニマルパーク(宇陀市) 電話番号:0745-83-2631
    ※13日(土曜日)~23日(祝日)に動物愛護に関するイベントを開催
  • 問合せ 保健所生活衛生課 電話番号:0742-93-8395

なら奈良まつり

  • とき 9月6日(土曜日)午前11時~午後9時、7日(日曜日)午前7時~午後9時 ※小雨決行・荒天中止
  • ところ 平城宮跡朱雀門前広場
  • 内容 縁日や盆踊り等地域から愛される「祭り」 奈良を代表する飲食店の出店、せんとくんエアドーム、大盆踊り大会、打上げ花火、早朝とくとくイベント、大ビンゴ大会
  • 問合せ 同実行委員会(奈良商工会議所青年部) 電話番号:0742-26-6222

育てられないなら増やさない。ペットの不妊・去勢手術も愛のひとつ。

9月15日(祝日)・23日(祝日)も通常通り、ごみ収集を行います。

森林体験講座

  • とき 10月4日(土曜日)午前10時~3時
  • ところ 元明天皇陵西側(奈良阪町)
  • 内容 竹林整備、栗拾い、竹を使ったバームクーヘン作り
  • 定員 小学生以上30人(保護者含む)
  • 費用 300円。弁当各自持参
  • 申込 電話で9月22日までに市地球温暖化対策地域協議会事務局環境政策課(電話番号:0742-34-4591)へ。多い場合は抽選

青少年野外活動センター

〒630-1241 阪原町25-1 電話・ファックス番号:0742-93-0029

魚のつかみ獲り&炭火焼で食べよう!

  • とき 9月20日(土曜日)午前10時~午後3時
  • 内容 アマゴのつかみ獲り体験。獲った魚を炭火で塩焼きにして食べる
  • 定員 小学生以上50人(親子参加可)
  • 費用 2千円
  • 申込 電話かファックス・往復はがき・Eメール(chiiki-manabi@kcn.jp)に住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、学校名、学年、保護者名を書いて、9月10日までに同センターへ。多い場合は抽選

くろかみやま自然塾~自然と遊ぶ・自然に学ぶ~

大冒険

  • とき 9月28日(日曜日)午前10時~午後3時
  • 内容 フリークライミング、綱渡り、バームクウヘン作り
  • 費用 800円(保険料・食材費等)
  • 締切 9月18日

自然のめぐみ

  • とき 10月26日(日曜日)午前10時~午後3時
  • 内容 いも掘り、場内ポイントハイク
  • 費用 800円(保険料・食材費等)
  • 締切 10月16日
  • ところ 黒髪山キャンプフィールド(奈良阪町)
  • 講師 ボーイスカウト指導者、奈良・人と自然の会、奈良まほろばネイチャーゲームの会他
  • 定員 小学生各60人
  • 申込 往復はがきに講座名、住所、氏名(ふりがな)、学年、電話番号、保護者名を書いて、各締切日必着で同自然塾(〒630-8106佐保台西町139)へ。多い場合は抽選。兄弟姉妹で申込の場合は1枚で可
  • 問合せ 生涯学習課(電話番号:0742-34-5471)

総合福祉センター体育館

〒631-0801 左京五丁目3-1 電話番号:0742-71-0775 ファックス番号:0742-71-0773

(1)ふれあいグラウンドゴルフ大会

  • とき 10月5日(日曜日)午前10時10分~正午
  • 定員 中学生以上の障がい児・者と健常者25人

(2)障がい児・者バイアスロン大会

  • とき 10月12日(日曜日)午前10時10分~正午
  • 内容 水泳(泳法自由)150メートル、マラソン3.5キロメートル
  • 定員 中学生以上の知的障がい児・者20人

申込 同館備え付けの用紙か往復はがき・ファックスに大会名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号、障がいの(1)有無・種別・等級(2)等級、未成年者は保護者名を書いて、(1)9月23日(2)10月4日必着で同館へ。多い場合は抽選

ならやま屋内温水プール

ならやま水泳教室

AB女性の部C小学4~6年生の部D小学1~3年生の部

  • とき 10月8日~12月10日の毎週水曜日A午後1時~2時B午後2時10分~3時10分C午後3時20分~4時15分D10月10日~12月19日の金曜日午後3時55分~4時50分。各10回
  • 定員 AB18歳以上の女性各70人CD各70人
  • 費用 5千500円
  • 申込 往復はがきに教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢(CDは学年も)、電話番号、A~Dの別を書いて、9月11日必着で同プールへ。多い場合は抽選。受講時に健康診断書が必要

EF障がい者の部 G障がい児の部

  • とき 10月10日~来年3月13日の毎週金曜日E午後1時半~2時20分F午後2時半~3時20分G午後4時55分~5時40分。各20回
  • 定員 EF18歳以上の肢体・内部・聴覚・言語・視覚障がい者で車いす不要の人E6人F9人、?小学生の知的障がい児と保護者4組
  • 申込 同プール備え付けの申込書か往復はがき・ファックスに教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号、E~Gの別、Gは障がいの等級を書いて、9月11日必着で同プールへ。受講者はかかりつけ医師と相談が必要。多い場合は抽選

臨時休館のお知らせ

館内清掃・整備のため9月24日(水曜日)~27日(土曜日)は休館します。

武道・坐禅教室

中央武道場(法蓮佐保山四丁目)

剣道教室(小学生の部)

  • とき 10月3日(金曜日)から毎週月曜日・火曜日・金曜日の午後5時半~6時半
  • 定員 小学生30人
  • 費用 8千円

剣道教室(親子体験の部)

  • とき 10月4日・18日、11月1日・22日、12月6日・20日の土曜日の午前9時~10時
  • 定員 5~6歳児と保護者15組(子どものみの参加可)
  • 費用 2千円

剣道教室(中学生以上の部)

  • とき 10月3日(金曜日)から毎週月曜日・火曜日・木曜日・金曜日の午後6時半~7時半
  • 定員 中学生以上の経験者20人
  • 費用 4千円

なぎなた教室

  • とき 10月2日(木曜日)から毎週火曜日の午前10時~正午、木曜日の午後4時半~6時半、土曜日の午後1時~3時(高校生以下は木曜日・土曜日のみ)
  • 定員 小学生以上20人
  • 費用 4千円

やり教室(宝蔵院流)

  • とき 10月4日から毎週土曜日の午前10時~正午
  • 定員 高校生以上の男性10人
  • 費用 6千円

坐禅教室

  • とき 10月5日から毎週日曜日の午前7時~8時半
  • 定員 高校生以上10人
  • 費用 2千円

中央第二武道場(法蓮佐保山四丁目)

柔道教室(小学生の部)

  • とき 10月2日(木曜日)から毎週火曜日・木曜日の午後5時~6時半、土曜日の午後1時半~3時
  • 定員 小学生20人
  • 費用 4千500円

柔道教室(親子体験の部)

  • とき 10月9日から第2・3・4木曜日の午後3時半~4時半
  • 定員 5~6歳児と保護者15組(子どものみの参加可)
  • 費用 3千円

柔道教室(中学生以上の部)

  • とき 10月2日から毎週火曜日・木曜日の午後6時~7時半、土曜日の午後2時半~4時
  • 定員 中学生~40歳20人
  • 費用 4千500円

柔道教室(女性セミナー)

  • とき 10月7日・21日、11月11日・18日、12月2日・16日の火曜日の午前10時~11時半
  • 定員 18歳以上の女性20人
  • 費用 4千円

弓道場(法蓮佐保山四丁目)

弓道教室(中・高校生の部)

  • とき 10月3日(金曜日)から毎週月曜日・金曜日の午後4時半~6時半
  • 定員 弓道部のない学校に在籍する中・高校生各20人
  • 費用 6千円

弓道教室(高校生以上の部)

  • とき 10月4日から毎週土曜日の午後5時~7時
  • 定員 高校生以上の初心者20人
  • 費用 3千円
  • その他 費用は3か月分
  • 申込 往復はがきに教室名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号、学生は学校名・学年を書いて、9月13日必着で市総合財団(〒630-8108法蓮佐保山四丁目6-3中央第二武道場内)へ。多い場合は抽選
  • 問合せ 剣道・なぎなた・やり・坐禅は中央武道場(電話番号:0742-26-1060)。柔道・弓道教室は中央第二武道場(電話番号:0742-27-6163)へ。

グラウンド・ゴルフふれあい広場

  • とき 10月4日(土曜日)午前9時~11時半(受付は11時まで。雨天中止は当日午前8時半に決定)
  • ところ 補助競技場(法蓮佐保山四丁目)
  • 定員 50人(小学生以下は保護者同伴)
  • 費用 100円
  • 申込 電話かファックスに全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いて、9月21日までに陸上競技場(電話番号:0742-22-0001ファックス番号:0742-26-0265)へ。多い場合は抽

南部生涯スポーツセンター

〒630-8453 杏町467-1 電話・ファックス番号:0742-61-7029

バドミントン ふれあい広場

  • とき 9月28日(日曜日)午前9時~正午
  • 定員 30人
  • 費用 200円
  • 申込 電話かファックスに全員の住所・氏名・年齢・電話番号を書いて、9月21日までに同センターへ。
  • その他 体育館シューズを必ず使用し、用具のある人は持参

「政策キャラバン」コンテスト参加者募集

「ならの賑わいづくり~いつでも訪れたくなる街、なら~」をテーマに若者の豊かな感性を活かした政策提案コンテストを開催します。11月15日(土曜日)に学園前ホール(学園南三丁目)でプレゼンテーションを行い、来場者の投票で最優秀提案を決定します。

  • 対象 高校生(高等専門学校、専修学校を含む)
  • 申込 ホームページに掲載している「政策キャラバン」コンテスト出場者募集要項を参考に、参加申込書に必要事項を書いて、Eメールで9月30日
  • 午後5時までに総合政策課へ。くわしくは、ホームページに掲載
  • 問合せ 総合政策課 電話番号:0742-34-4786 Eメール:mirainarashi@city.nara.lg.jp

帰宅困難者訓練参加者募集

平成22年の国勢調査では、奈良市から大阪府内に通勤通学する市民は約4万4千人(大阪市内2万9千人)であり、今後発生する可能性の高い南海トラフ巨大地震やその他の災害時には大量の帰宅困難者が発生することが予想されます。こうした事態を想定して帰宅困難者訓練を実施します。

  • とき 11月2日(日曜日)午前9時半~午後3時((1)のみ午前8時~午後2時50分予定)
  • 対象 大阪府内に通勤通学する18歳~65歳の人で(1)(2)のコースを歩ける自信のある人
  • コース・定員 ※現地集合・解散
    1. 大阪城コース:大阪城~生駒市南コミュニティセンター(約19キロメートル)10人
    2. 花園中央公園コース:花園中央公園~生駒市南コミュニティセンター(約9キロメートル)90人
  • 募集期間 9月16日(火曜日)~30日(火曜日)
  • 申込 往復はがきに(1)(2)の別、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を書いて、危機管理課へ。多い場合は抽選。くわしくはホームページに掲載
  • 問合せ 危機管理課 〒630-8580二条大路南一丁目1-1 電話番号:0742-34-4930

9月の燃やせないごみの収集日

  • 燃やせるごみが月曜日・木曜日の地域 3日・17日
  • 火曜日・金曜日の地域 10日・24日

問合せ 収集課(電話番号:0742-71-3012)

奈良市・別府市交流の船 参加者募集

とき・行程

  • 11月13日(木曜日)午後5時 近鉄奈良駅集合・出発→午後7時5分大阪南港発~(フェリーさんふらわあ・船中泊)、食事なし
  • 11月14日(金曜日)午後6時55分別府観光港着→別府ホテル清風(朝食・朝風呂)→海地獄・かまど地獄めぐり、竹鈴作り体験→明礬湯の里(昼食・見学)、朝食・昼食・夕食あり
    1. 黒田官兵衛ゆかりの地コース:実相寺山(山登り15分)→稲尾和久記念館→吉弘神社(特別出演:民謡黒田節)→午後4時半ホテル山水館
    2. 砂湯&熊八路地裏散歩コース:上人ヶ浜海浜砂場(特別出演:砂風呂サンバ)→JR別府駅(熊八銅像)、街中散策(高架下市場~熊八創設ホテル~明治創業の金物店~地獄巡り発祥地~竹瓦小路~竹瓦温泉~熊八資料館)→午後4時50分ホテル山水館
    3. 内竃堂面棚田コース:内竃堂面棚田(視察&内竃堂面棚田を再生する会セミナー)→午後4時半ホテル山水館
  • 11月15(土曜日)午前8時40分地獄蒸工房鉄輪→A鉄輪湯巡りコースかB歴史の朝見ウォークコース→べっぷインターヴィレッジさくら(昼食)→豊後高田昭和の町・駄菓子屋の夢博物館→宇佐神宮→別府交通センター(買い物)→午後7時35分別府観光港発~(フェリーさんふらわあ・船中泊)、朝食・昼食あり
  • 11月16日(日曜日)午前7時35分大阪南港着→午前9時近鉄奈良駅着・解散、食事なし

※上記行程の内容は変更となる場合があります。

  • とき 11月13日(木曜日)~16日(日曜日)。船中2泊、別府市内1泊
  • 定員 80人
  • 費用 29,800円 ※船室、客室の種類により追加料金あり
  • 申込 電話で9月16日~10月17日にさんふらわあトラベル(担当:国吉・染川 電話番号:06-6344-8521(月曜日~金曜日の午前9時45分~午後5時半)へ。

元林院復興イベント

A坂本流 奈良の舞

  • とき 9月13日(土曜日)・14日(日曜日)午後6時~9時
  • ところ 平宗奈良店(今御門町)
  • 内容 坂本流社中の皆さんによる演舞(体験あり)
  • 定員 各日30人
  • 費用 4,000円(食事付き)

Bならまち村 舞の夕べ

  • とき 9月26日(金曜日)・27日(土曜日)(1)午後6時半~7時(2)7時半~8時(各回入替)
  • ところ ならまち村(南市町)
  • 内容 坂本流社中のみなんによる演舞(ワンドリンク付き)
  • 定員 各回15人

※まちなかバルチケット1枚要(27ページ参照)

申込 Aのみ9月11日までに電話で、市総合財団ならまち振興事業部門(電話番号:0742-27-1820)へ。

史料保存館 スポット展示~元林院町・絵屋町の歴史~

  • とき 9月2日(火曜日)~10月5日(日曜日)午前9時半~午後5時(入館は4時半まで)。月曜日(9月15日は開館)と9月16日(火曜日)・24日(水曜日)は休館
  • 内容 江戸時代絵屋町と呼ばれていた頃から、明治以降花街として栄えた頃の様子を資料やパネルで紹介

問合せ 史料保存館(脇戸町)電話番号:0742-27-0169

ならまちの落語館で大笑い!~「奈良町」の情景があらわれる落語の世界~

とき・出演・演目

  • 10月4日(土曜日)笑福亭生寿「煮売屋」、笑福亭純瓶「七度狐」
  • 10月10日(金曜日)桂文鹿「奈良の男・京都の女」、笑福亭純瓶「久米仙人」
  • 10月11日(土曜日)笑福亭鉄瓶「ん廻し」、桂文鹿「猿後家」
  • 10月17日(金曜日)笑福亭純瓶「夢八」、桂坊枝「野ざらし」
  • 10月18日(土曜日)笑福亭生寿「千早ふる」、笑福亭純瓶「鹿政談」
  • 10月24日(金曜日)笑福亭純瓶「八五郎坊主」、桂坊枝「火焔太鼓」
  • 10月25日(土曜日)桂文鹿「奈良の男・京都の女」、笑福亭純瓶「青衣の女人」
  • 10月31日(金曜日)笑福亭生寿「孝行糖」、笑福亭純瓶「犬の目」
  • 11月1日(土曜日)笑福亭生寿「煮売屋」、笑福亭純瓶「七度狐」
  • 11月2日(日曜日)桂文鹿「奈良の男・京都の女」、笑福亭純瓶「久米仙人」
  • 時間 午後6時~7時(開場午後5時半)
  • ところ 奈良町落語館(中新屋町)
  • 定員 各日40人
  • 費用 大人500円、小学生250円
  • 申込 当日の午後5時までに、同館(電話番号:0742-22-7227)か同館の田中さん(電話番号:080-5313-8764)へ。

事業者のみなさんへ 事業系ごみの分別および適正排出について

事業者は、その事業活動によって生じた廃棄物(ごみ)を自らの責任において適正に処理しなければなりません(廃棄物の処理及び清掃に関する法律第3条)。
「事業活動に伴うごみ」は、奈良市では収集できません。家庭ごみ集積場に出すことは不法投棄とみなされますので、絶対にやめてください。また、「事業活動に伴うごみ」は、事業系一般廃棄物と産業廃棄物として下記のように、さらに分別されます。
ご注意 違法な不用品回収業者(無許可業者)を利用しないでください。違法な不用品回収業者によって回収された廃家電の多くが、不法投棄されたり不適正に処理されたりしています。
ただし、古紙、くず鉄、空きびん、古繊維の専ら再生利用の目的となる廃棄物のみの収集または運搬を業として行う者、その他環境省令で定める者については、この限りではありません。
お願い 環境清美センター(左京五丁目)へ搬入する事業系一般廃棄物は、必ず透明・半透明のごみ袋に入れて種類ごとに分けて搬入してください。

廃棄物の区分

事業系ごみ(事業活動から出るごみ) 市で収集しません

事業系一般廃棄物

  • 事業者自らが環境清美センターへ自己搬入可能(有料)
  • 奈良市一般廃棄物収集運搬業許可業者に依頼(有料)
  • 資源化できるものは、再生資源回収業者へ依頼(料金は回収業者にお問い合わせください)(例)新聞、ダンボール等

産業廃棄物(環境清美センターへ搬入できません)

事業活動に伴って生じた廃棄物で、法律で定める20種類のもの

  • 産業廃棄物処理業許可業者に依頼(有料)
  • 資源化できるものは、再生資源回収業者へ依頼(料金は回収業者にお問い合わせください)(例)缶、びん、ペットボトル等

※爆発性、毒性、感染性、その他の人の健康または生活環境に係る被害を生じる恐れがある性状を有する廃棄物は、環境清美センターへの搬入はできません。

家庭系一般廃棄物(家庭から出るごみ) 市で収集します

リサイクルフリーマーケット出店者募集

10月19日(日曜日)に環境清美センターで開催する「ならクリーンフェスタ」のリサイクルフリーマーケットで、まだまだ使える家庭内の不用品等を出品しませんか?

  • 募集数 自治会・子ども会・PTA等の市民団体、友人・知人等の有志・グループ約45団体
  • 出店商品 家庭内で眠っている不用品等で
    1. 衣類、雑貨類(日用雑貨、装飾品等)
    2. 子ども服・おもちゃ類
    3. 手芸品(リフォーム商品や廃材を利用したもの等)
      ※飲食物、せっけん等肌に触れるもの、生物、コピー商品、違法商品、くじびき等は不可。鞄・靴・ぬいぐるみまたは陶磁器製食器を出品する人は、「鞄・靴・ぬいぐるみの交換コーナー」、「もったいない陶器市」同時開催をご了承ください。
  • 申込 往復はがきかEメールに代表者の住所・氏名・電話番号、参加人数、出店商品の内容を書いて、9月26日必着で企画総務課へ。1組1通、市内在住者に限る。多い場合は抽選

ごみ減量キャラバン

市民団体「ごみ懇談会」と一緒にごみ減量の方法を紹介・提案します。

とき・ところ・締切・定員

  • 9月11日(木曜日)午後1時半 富雄公民館(鳥見町二丁目)9月9日 20人程度
  • 9月17日(水曜日)午後3時 月ヶ瀬公民館(月ヶ瀬尾山)9月12日 30人程度

内容 ごみのお話「『もったいない!』から始まるごみ減量」、ごみ・紙類の分別クイズ、質疑応答
申込 電話かファックス・Eメールに開催日、住所、氏名、電話番号を書いて、各締切日までに企画総務課へ。
問合せ 企画総務課 〒631-0801左京五丁目2 電話番号:0742-71-3001ファックス番号:0742-71-1621
Eメール:kan-kikaku@city.nara.lg.jp

ごみの収集にご協力ください

プラスチック製容器包装の収集は、工事等の道路事情により、遅い地域では午後4時を過ぎることがありますので、ご理解・ご協力をお願いします。
問合せ 収集課 電話番号:0742-71-3012

しみんだより平成26年9月号 一覧へ戻る