ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年9月号(テキスト版)市政ニュース(28~29ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年9月号(テキスト版)市政ニュース(28~29ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

ならまちナイトカルチャー新企画 落語家がならまちを楽しく案内

7月19日から、ならまち観光PRの新企画「ならまちのまち歩きと落語館で大笑い!」を開催しています。
この企画では落語家が、ならまちの観光スポット等を面白おかしく案内し、その後は奈良町落語館で落語を楽しむことができます。現在、小学生から社会人まで幅広い参加があり、参加者からは「市内在住だが、ならまちにはあまり来ることがなかったので、魅力を知ることができてよかった」と好評です。
この催しは9月28日まで開催します。9月に案内してくれる落語家は、奈良大好き芸人の月亭太遊さんです。
みなさんのご参加お待ちしています。
(参加者募集:8月号11ページ参照)

魅力発信パートナー宣言式 力を合わせて奈良の魅力を発信

7月24日に奈良市の魅力発信パートナー宣言式を実施し、「なら国際映画祭」、プロバスケットボールチーム「バンビシャス奈良」、サッカーチーム「奈良クラブ」の3団体をパートナーとしました。
今後、市と力を合わせて奈良の魅力を発信していくことで市の知名度アップや観光振興、地域活性化をめざしていきます。
また、ふるさと納税である「奈良市心のふるさと応援寄附」を使って支援できるように、新たにこれらの3団体を指定先に追加しました。

フレンドシッププロジェクト 福島県郡山市の子どもたちとの友情

7月22日から25日まで、姉妹都市である福島県郡山市の小学生が奈良市を訪れ、奈良の小学生との交流を深めました。「奈良のおもしろ発見」をテーマに姉妹都市提携のきっかけとなった「采女伝説」ゆかりの地である采女神社等、猿沢池周辺の散策や奈良時代の瓦の拓本・鹿ストラップの作成等を行いました。参加した児童からは「もっと奈良で遊びたかった」等の声がありました。

夏休み消防隊体験フェア 消防車に乗れる!放水できる!

7月26日・27日に防災センターで「夏休み消防隊体験フェア」を開催しました。この催しは同センターと南消防署が共同で実施したもので、親子で消防隊体験をすることで防災知識の向上を図ることを目的としています。当日は応急手当や煙避難等のいざという時に役立つ体験や、子どもが消防服を着ての放水体験や、消防車両への乗車体験も行いました。
防災センターは楽しく防災体験することをテーマにした施設で、消火・台風・地震等の各種体験等ができます。入場料は無料ですので、ご家族でぜひお越しください。

友好都市提携10周年記念事業 更なる発展と友好を築くために

7月26日に奈良市と宇佐市の友好都市提携10周年記念事業を実施しました。両市は平成16年7月30日に友好都市提携。当日は両市の提携ゆかりの地である手向山八幡宮を舞台に両市長や関係者の挨拶があり、その後、同拝殿で奈良市からは「なら100年会館こどもお能グループ」による連吟や仕舞、宇佐市からは麻生神楽の演舞が行われました。
また、他にも東大寺金鐘ホールで映画「カラアゲ★USA」の無料試写会、奈良ロイヤルホテルで宇佐デーと題した大縁日が行われました。
参加者から「宇佐にはおいしいカラアゲや自然があるので一度行ってみたいと思った」等の声がありました。

なら燈花会 ろうそくの灯(あか)りがゆらめく古都の夜

8月5日~14日、夏の古都をやさしいろうそくの灯りが照らす「なら燈花会」を奈良公園一帯10会場で開催しました。スタッフやボランティアによって並べられた約2万5千個のろうそくに灯がともると会場は幻想的な雰囲気に包まれました。
平成11年から始まり、16回目となる今回、新たに加わった県新公会堂会場では映像を使った催し等、新たな試みも行いました。
この他にも同会場では、ろうそくの点灯体験ができる「一客一燈」や飲食ブース等があり、たくさんの来場者でにぎわいました。

しみんだより平成26年9月号 一覧へ戻る