ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年2月号(テキスト版)所得税、市・県民税の申告(10 ~11ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年2月号(テキスト版)所得税、市・県民税の申告(10 ~11ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

混雑する前に早めの申告を!受付は2月17日(月曜日)~3月17日(月曜日)

 申告は昨年の所得を自分で計算し、申告書を提出する制度です。一回に受け取る金額の少ない収入や、「収入を得た」という感覚が少ない所得でも、「申告をする必要がない」と判断しないでください。

申告期限間近になると会場が混雑します。できるだけ早めに申告しましょう。

(注意)所得税は、復興特別所得税を含みます

問合せ

(注意)申告期間中とその前後は問合せが集中し、電話がつながりにくい場合があります。

所得税の申告

確定申告(税務署へ提出)をしなければならない人

所得金額の合計額から基礎控除、配偶者控除、扶養控除等の所得控除の合計額を差し引いて残額のある人のうち

  • 事業収入のある人、不動産収入のある人、土地や建物を売った人
  • サラリーマンで、給与の年収が2千万円を超える人、年金等給与所得以外の所得金額が20万円を超える人、2か所以上から給与を受けている人 など

所得税が還付される場合がある人

  • マイホームをローンなどで取得した人で、住宅借入金等特別控除を受ける人
  • 病気やけがなどで一定額以上の医療費を支払った人
  • 災害や盗難などにより資産に損害を受けた人 など

所得税の還付申告は自分で作成し、早めに提出を!

所得税の還付申告は2月17日以前でも提出できます

確定申告期間中は大変混雑しますので、e-Taxか郵便・信書便で奈良税務署(〒630-8567登大路町81)へ早めにご提出ください。

市・県民税の申告

申告(市役所へ提出)をしなければならない人

  • 平成26年1月1日現在、市内に住所がある人
  • 市内に住所はないが、市内に事務所・事業所か家屋敷を持っている人

次の人は申告の必要がありません。

  • 所得税の確定申告をした人
  • 平成25年中の収入が給与のみで、勤務先から給与支払報告書が提出されている人(勤務先でご確認ください)

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)

所得税から控除しきれない住宅ローン控除可能額がある人に限ります。

  • 平成11年~18年・21年~24年に入居している人
    市役所への申告は原則不要です。
    (注意)年末調整か確定申告で、所得税の住宅借入金等特別控除の手続が必要です。
  • 平成25年に入居している人
    新たに対象となります。
    (注意)市役所への申告は不要ですが、入居の年には確定申告が必要です。また、毎年所得税の控除の手続が必要です。
  • 平成19年~20年に入居している人
    市・県民税の控除はありません。

ホームページで税額試算と申告書作成ができます

 給与収入額等を入力すると、市・県民税の税額を試算し、申告書を作成することができます(白紙の申告書も印刷可)。作成した申告書は申告受付会場へ持参するか、市民税課へ送付してください。

(注意)東日本大震災をふまえ、防災施策の財源確保のため、平成26年度~35年度の市・県民税均等額割が計1,000円引き上げられます。

所得税の確定申告は便利な国税電子申告・納税システム(e-Tax)で!

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」<外部リンク>(新規ウィンドウが開きます)から直接電子申告ができます。

  • メリット1
    医療費の領収書や源泉徴収票等は、提出に代えて記載内容を入力して送信できます。※申告期限から5年間は添付書類の提出か提示を求められることがあります。
  • メリット2
    還付申告は書面申告に比べて早く(約3週間で)処理されます。

くわしくは、e-Taxホームページ<外部リンク>(新規ウィンドウが開きます)をご覧ください。

申告相談会場の案内

確定申告の相談が必要な人は次の相談会場をご利用ください。

(注意)市役所では所得税の申告相談を行いません。

確定申告の用紙は奈良税務署、各申告相談会場にあります。
国税庁ホームページ<外部リンク>(新規ウィンドウが開きます)からダウンロードも可。

注意事項

  • 確定申告と市・県民税申告では、会場と日時が異なります。
  • 各会場とも初日と午前中は大変混み合うことが予想されます。混雑状況により早めに受付を終了する場合があります。
  • 譲渡所得(株式を含む)や贈与税等の相談は奈良税務署のみで受付
  • 筆記用具、電卓、印鑑等を必ずご持参ください。

所得税 還付申告・申告相談会場(問合せ:奈良税務署)

〈還付申告センター〉西奈良県民センター(登美ヶ丘二丁目)

※同センターでは還付申告のみの受付

(注意)駐車場に限りがありますので、来場は公共交通機関をご利用ください

とき 2月4日(火曜日)~14日(金曜日)午前9時半~午後4時
(土曜日・日曜日、祝日を除く)

奈良税務署(登大路町)

とき 2月17日(月曜日)~3月17日(月曜日)
(土曜日・日曜日、祝日を除く。ただし、2月23日、3月2日は臨時開庁)

奈良税務署を臨時開庁します
確定申告期間中、奈良税務署では2月23日・3月2日の日曜日にも、確定申告の相談・申告書の受付を行います。その他の土曜日日曜日は閉庁していますのでご注意ください。
(注意)4月中旬まで同署の駐車場は利用できません。

県立図書情報館(大安寺西一丁目)

とき 2月18日(火曜日)~28日(金曜日)午前9時半~午後4時
(土曜日日曜日、祝日を除く)
駐車場:300台まで(1時間超は有料)

生駒市図書会館(生駒市辻町)

とき 3月5日(水曜日)~7日(金曜日)午前9時半~午後4時
(土曜日日曜日、祝日を除く)

都祁行政センター(都祁白石町)

とき 2月21日(金曜日)午前9時半~正午、午後1時~4時
(土曜日日曜日、祝日を除く)

市・県民税 申告受付会場(問合せ:市民税課)

市役所北棟2階第16会議室

とき 2月17日(月曜日)~3月17日(月曜日)午前8半~午後5時
(土曜日日曜日を除く)

西部公民館(学園南三丁目)

とき 2月26日(水曜日)~28日(金曜日)午前9時~正午、午後1時~5時
(土曜日日曜日を除く)

北部出張所(右京一丁目)

とき 3月4日(火曜日)・5日(水曜日)午前9時~正午、午後1時~5時
(土曜日日曜日を除く)

月ヶ瀬行政センター(月ヶ瀬尾山)

とき 2月20日(木曜日)午前9時~正午、午後1時~5時
(土曜日日曜日を除く)

都祁行政センター(都祁白石町)

とき 2月21日(金曜日)午前9時~正午、午後1時~5時
(土曜日日曜日を除く)

市・県民税の申告の用紙は市役所、各申告受付会場にあります。ホームページ(新規ウィンドウを開きます)からダウンロードも可。

次のような申告誤りにご注意を!

  1. 平成25年中に支払いを受けた、一定の上場株式等の配当等への所得税源泉徴収税率は7.147%が適用されています。確定申告書の源泉徴収税額はこの7.147%で行います。また、同時に徴収される3%相当分は住民税で、住民税計算時に控除します。(注意)所得税の税率には、復興特別所得税を含みます
  2. 国民年金保険料と国民年金基金の掛金は、社会保険料控除の適用を受ける場合、領収書か控除証明書を申告書に添付するか、申告書を提出する際に提示する必要があります。

公的年金等を受給しているみなさんへ

所得税法の一部改正により、次の1,2両方に該当する人は所得税の確定申告が不要です。

ただし、所得税の還付を受ける場合は所得税の確定申告が必要です。

  1. 公的年金等の収入金額(2か所以上からの場合は合計額)が400万円以下
  2. 公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下

所得税の確定申告が不要でも、市・県民税額の算定時に、公的年金の源泉徴収票に記載されている以外の各種控除(医療費・生命保険料・社会保険料等)の適用を受けようとする場合は、市・県民税の申告が必要です。

消費税の申告

 個人事業者の消費税と地方消費税の申告・納税は、3月31日までです。

しみんだより平成26年2月号 一覧へ戻る