ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年5月号(テキスト版)ならっ子だより、環境フェスティバル2014(7ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年5月号(テキスト版)ならっ子だより、環境フェスティバル2014(7ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

ならっ子だより

「佐保川のゆかいな仲間」
「水辺の楽校」辺りに住むゆかいな仲間を紹介します。

南都八景の一つ「佐保川の蛍」に挙げられる佐保川。奈良市内を流れる佐保川中流の堤には両側に古くから桜並木があり、春になると多くの花見客が訪れてにぎわいます。佐保川小学校の南隣には、「水辺の楽校」と呼ばれる川の様子を観察できる場所があります。

写真

  • 上左:オイカワ
  • 上中:スジエビ
  • 上右:ヤゴ
  • 下左:ヌムマツ
  • 下中:ドンゴ
  • 下左:ドジョウ

教育センター9階キッズ学びのフロアでは、佐保川に住む生物が泳ぐ水そうや昆虫の標本を展示しています

学校紹介

済美南小学校の巻

本校は、昭和57年4月、1年生から5年生までの児童557名で開校し、33年目を迎えました。子どもにつけたい力「せいなん子ども力(自ら夢と目標をもって伸びていこうとする力)」の育成に向け、「チーム済南」を合言葉に学習活動や学校・学年行事、児童会活動等の取組を進めています。平成24年度からは「ならの子ども学力向上プロジェクト事業」を受け、学力向上にも力を入れています。昨年度、児童会を中心に、みんなが済南で大事にしたい言葉を集め、その歌詞に曲をつけ「済南ソング」を作りました。いろいろな式や集会、学級で元気に歌っています。本校の地域やPTAは、学校と共催する「済南ふれあいフェスタ(敬老会的行事)」をはじめ、昔遊びや絵手紙指導といった学習支援、ペンキ塗りや草刈り・せん定といった環境整備、登下校の見守り活動など、温かい声かけや支援で子どもたちを包み込んでくれています。これからも、「自分たちが育った地域を誇りに思い、共に伸びていこう」と努力を続ける子どもの育成に向け、チーム済南が一丸となって励んでいきます。

問合せ 教育支援課 電話番号:0742-36-0401

ごみ減量・リサイクルキャンペーン
環境フェスティバル2014

とき 6月1日(日曜日)午前10時~午後1時
*開門は午前9時半
*雨天中止
(当日開催の問合せはNTTテレドーム電話番号:0180-997‐003まで。午前8時から受付)

  • ところ 環境清美センター(左京五丁目)
  • 内容 環境啓発コーナー、民間団体の3Rへの取組の紹介、せん定チップ配布、衛生浄化センター肥料「畑楽(はたらく)」抽選配布、環境清美工場施設見学会、リサイクルフリーマーケット、リサイクル機関車100年号運行、靴・鞄・ぬいぐるみの交換コーナー
  • 問合せ (奈良エコライフ研究所の倉本さん電話番号:090‐7097‐6604)等

3Rとは?

  • Reduce(リデュース) 発生抑制ごみになるものは貰わない、買わない。
  • Reuse(リユース) 再使用使えるものは捨てずに繰り返し使う。
  • Recycle(リサイクル) 再生利用もう一度「資源」になるように努める。

リサイクルフリーマーケット参加者募集

募集数:自治会・子供会・PTA等の市民団体や、友人・知人等の有志・グループ約60団体
出店商品:家庭内で眠っている不用品等

  1. 衣類、雑貨類(日用雑貨、装飾品等)
  2. 子ども服・おもちゃ類
  3. 手芸品(リフォーム商品や廃材を利用したもの等)

※飲食物、せっけん等肌に触れるもの、生き物、コピー商品、違法商品、くじびき等は不可
申込:往復はがきかEメールに、代表者の郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数、出店商品の内容を書いて、5月9日必着で企画総務課へ。同一住所で1組1通、市内在住者に限る。多い場合は抽選

問合せ 企画総務課
〒631-0801 左京五丁目2
電話番号:0742ー71ー3001 Eメール:kan-kikaku@city.nara.lg.jp

しみんだより平成26年5月号 一覧へ戻る