ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年10月号(テキスト版)がん検診を受けよう!(6ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年10月号(テキスト版)がん検診を受けよう!(6ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

がん検診を受けよう!
日本人の2人に1人が、がんになる

がんは医学が進歩した現在でも、増え続けています。あなたも、あなたの大切な人も、将来かかるかもしれない身近な病気の一つです。

「がん」は増えている

がんは昭和56年以降、死因の第1位で年々増え続け、現在では年間36万人となっており、全死亡者のおよそ3人に1人はがんで亡くなっています。また、生涯でがんになる確率は男性で60パーセント、女性で45パーセントと、日本人の2人に1人ががんになる時代です。がんは決して他人事ではありません。

日本人のがんの統計

死亡者 年間36万人(死亡者の3分の1)
がんになる人 年間80.5万人

※性別によるなりやすいがんの種類
男性 1位 胃がん/2位 肺がん/3位 大腸がん
女性 1位 乳がん/2位 大腸がん/3位 胃がん

早くみつければ、治る

がんは、早期の段階では症状が出ることは、ほとんどありません。症状が出た時には相当進行している場合が多いです。進行していない初期の段階で発見し、適切な治療を行うことで、がんは非常に高い確率で治癒します。検診によりがんが発見された場合は、検診以外で発見された場合に比べて、5年相対生存率が高くなっています。

※5年相対生存率とは

がんと診断された場合に、治療でどのくらい生命を救えるかを示す指標です。がんと診断された人のうち5年後に生存している割合が、日本人全体で5年後に生存している人の割合に比べてどのくらい低いかで表します。100%に近いほど治療で生命を救えるがん、0パーセントに近いほど治療で生命を救い難いがんであることを意味します。

受けようがん検診

市では5種類のがん検診を実施しています。大腸がん・乳がん・子宮がんの検診は、対象者に受診票を送付していますのでご利用ください。胃がん・肺がん検診は申込制です。くわしくは25ページをご覧ください。

10月は「がん検診受診率50パーセントキャンペーン」月間

啓発展示

  • 10月6日(月曜日)~10日(金曜日)市役所1階連絡通路
  • 10月9日(木曜日)~15日(水曜日)近鉄百貨店奈良店(西大寺東町二丁目)
  • 10月14日(火曜日)~17日(金曜日)はぐくみセンター(三条本町)

乳がん自己検診体験

10月15日(水曜日)午前9時~午後5時近鉄百貨店奈良店(西大寺東町二丁目)
(1)午前10時半(2)午後2時健康ナビ出前講座。

申込は同店(電話番号0742-33-1111)へ。

(問合せ)健康増進課 電話番号:0742-34-5129

しみんだより平成26年10月号 一覧へ戻る