ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年10月号(テキスト版)今月の主な行事など(30ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年10月号(テキスト版)今月の主な行事など(30ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

今月の主な行事・市の催し

 奈良市トップページ>観光>主な行事・市の催しのページにリンクします

一直線に、天平の都へ。リニア新駅を奈良市へ

りにまねの公式facebookページオープン!

リニア新駅誘致のPRキャラクター「リニア招き鹿:りにまね」が発信する、公式facebookページがオープンしました。誘致の取り組みや最新情報等を、りにまねが分かりやすく発信します。りにまねが可愛く踊るプロモーションビデオ等も配信し、奈良市の取り組みを楽しみながら知
ることができる内容になっています。

問合せ リニア推進課(電話番号:0742-34-5607)

知ってる?奈良市の旬菜

大和まなとお揚げの煮物

材料:大和まな1束(約300グラム)、油あげ1枚、ちりめんじゃこ大さじ1、サラダ油大さじ1
A だし汁50ミリリットル、三温糖大さじ1、みりん大さじ1、しょうゆ(薄口)大さじ2

料理手順

  1. 大和まなは洗ったあと、3センチメートルの長さに切り、油あげは油抜きをし、1センチメートル幅のたんざくに切る。
  2. 鍋にサラダ油を熱し、大和まなを入れさっと炒める。
  3. 油あげ、ちりめんじゃこを加える。
  4. 鍋にAを加えてさっと煮て、火からおろす。
    ※煮すぎないように気をつける。
    (レシピ提供:管理栄養士・テーブルコーディネーターの柘植美紀子さん)

大和まな

アブラナ科の野菜で、漬け菜の一種です。大和まなはその中でも古い品種で、かつては採油目的として栽培されていました。葉は大根葉に似た切れ込みがあり、濃緑色で肉質は柔らかく、甘みに富んでいます。葉や茎が柔らかいので火が通りやすく、炒め物やさっと煮て食べるのに向いています。収穫後の黄変等の欠点がありましたが、それを克服する新品種が平成21年に開発され、奈良県では生産量は増えつつあります。
※漬け菜 漬物に使われる野菜のことで、日本の漬け菜の多くはアブラナ科の植物です。

問合せ 奈良ブランド推進課 電話番号:0742-34-5172

しみんだより平成26年10月号 一覧へ戻る