ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年11月号(テキスト版)幼稚園・認定こども園の園児募集/保育所の入所受付(14ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年11月号(テキスト版)幼稚園・認定こども園の園児募集/保育所の入所受付(14ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

11月4日から平成27年4月の幼稚園・認定こども園の園児募集/保育所の入所受付を行います

子ども・子育て支援新制度の本格的な実施に伴い、幼稚園・認定こども園・保育所の入園、入所手続きが変わります。(既に各施設を利用中の保護者も認定が必要です。各施設を通じてお知らせします)

3歳児以上で、市立幼稚園・市立認定こども園(短時間利用)を希望する場合

入園の許可または内定後に1号認定が必要。
※3歳児(平成23年4月2日~平成24年4月1日生まれ)

手続き

  • 対象児童 3~5歳児(3年保育は認定こども園のみ)
  • 願書配布 11月4日(火曜日)~各園で配布
  • 受付期間 11月10日(月曜日)~14日(金曜日)午後1時~閉園時間、各園で受付
  • その他 (1)入園願書か利用申込書(2)市内在住を証明できるもの(住民票等奈良市に保護者が幼児とともに在住していることが確認できる書類。※住民票は発行3ヶ月以内のもの。コピーは不可)
    (1)と(2)を受付期間中に希望する園へ(定員を超えた場合は抽選)

保育を必要とし、市立・私立保育所/市立・私立認定こども園(長時間利用)を希望する場合

入所手続時に2号認定(3歳以上)、または3号認定(3歳未満)が必要

手続き

資格 保育が必要な事由に該当すること

  1. 就労が1ヶ月あたり96時間以上(フルタイムのほかパートタイム、夜間、居宅内の労働等基本的に全ての就労を含む)
  2. 妊娠、出産
  3. 保護者の疾病、障がい
  4. 同居または長期入院等している親族の介護・看護
  5. 災害復旧
  6. 求職活動(起業準備を含む)
  7. 就学
  8. 虐待やDVの恐れがあること
  9. 育児休業取得中に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
  10. その他上記に類する状態として市が認める場合

書類配布 11月4日(火曜日)~保育所・幼稚園課で配布
受付期間 11月4日(火曜日)~12月10日(水曜日)午前8時半~午後5時15分、保育所・幼稚園課で受付
その他 認定(2号認定・3号認定ともに)はさらに保育標準時間認定(1日に最長11時間まで利用可)、保育短時間認定(1日に最長8時間まで利用可)に分かれます。必要書類等、くわしくは保育所・幼稚園課へ問い合わせ

※市内の私立幼稚園、私立認定こども園の短時間利用を希望する場合は、各園に問い合わせ

保育料(入園料)は利用者負担として、次のようになります。くわしくは決まり次第お知らせします。

  • 認定を受ける保護者に対して、所得の階層ごとに異なった利用者負担が決定されます。
  • 所得の階層は、全ての保護者の市民税所得割課税額を基に区分して算定します。
  • 2、3号認定では保育標準時間認定と保育短時間認定によって利用者負担が異なります。
  • 市立幼稚園等の入園料は利用者負担に組み込まれます。

市立幼稚園における園児募集停止、休園及び閉園の基準について

適切な集団規模での幼児教育を保障すること並びに「奈良市幼保再編実施計画」の推進を目的として、平成27年度入園の園児募集から次の基準を適用します。

園児募集停止の基準

当該年度(平成27年度入園)の園児募集の結果、2年保育の応募が15名未満で、かつ翌年度(平成27年度)の在園予定園児数が30名未満となる幼稚園については翌年度分(平成28年度入園)から園児募集を停止します。

園及び閉園の基準

翌年度の在園児が0名となる幼稚園については、翌年度閉園に向けた手続を行います。
平成27年度入園園児募集の結果、上記基準に該当する幼稚園に応募した保護者には、別途子ども政策課から連絡します

くわしい内容はホームページに掲載

問合せ 幼稚園・認定こども園の園児募集/保育所の入所受付:保育所・幼稚園課(電話番号:0742-34-5086)市立幼稚園における園児募集停止等:子ども政策課(電話番号:0742-34-4792)

しみんだより平成26年11月号 一覧へ戻る