ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年11月号(テキスト版)健康(22~25ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年11月号(テキスト版)健康(22~25ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

妊産婦・乳幼児健康相談

妊娠中の生活、母乳育児、乳幼児の発達・発育等をご相談ください。
※申込不要。母子健康手帳を持参

保健師による巡回相談

とき・ところ

  • 11月6日(木曜日)二名公民館二名分館(※)
  • 11月11日(火曜日)登美ヶ丘公民館(※)、西部公民館学園大和分館(※)
  • 11月12日(水曜日)南部公民館、京西公民館平松分館
  • 11月14日(金曜日)平城東公民館 ***
  • 11月19日(水曜日)京西公民館(※)
  • 11月25日(火曜日)都跡公民館
  • 11月26日(水曜日)春日公民館 ***、田原公民館 *
  • 11月27日(木曜日)富雄南公民館(※)
  • 11月28日(金曜日)佐保川ふれあい会館(※)
  • 12月2日(火曜日)富雄公民館(※)、興東公民館 **
  • 12月3日(水曜日)伏見公民館

時間 午前9時半~11時半(*は午前10時~正午、**は午前11時~正午、***は午後1時半~3時半)
※「おやこプチ講座」を開催。くわしくは当日スタッフへ。
平日の午前8時半~午後5時15分で健康増進課での電話・来所相談もあり

助産師による相談

西部会館2階相談室(来所相談)

とき 平日の午前10時~午後2時
※保健師の場合もあります。

健康増進課(電話・来所相談)

とき 平日の午前9時~午後3時

問合せ 健康増進課

はじめてのママパパ教室

(A)12月3日(水曜日)(B)1月14日(水曜日)

  • 内容 先輩ママとの交流と講義
  • 対象 初妊婦

(A)12月13日(土曜日)(B)1月24日(土曜日)

  • 内容 沐浴体験と講義
  • 対象 初妊婦と夫

(A)12月18日(木曜日)(B)1月29日(木曜日)

  • 内容 歯科講義・健診、歯みがき実習、栄養講義等
  • 対象 初妊婦

*初妊婦:妊娠16週~36週未満、全日受講できること

  • とき 午前9時半~正午
  • ところ 中央保健センター
  • 定員 各24組
  • 申込 電話、ホームページの電子申請かファックスに教室名、(A)(B)の別、住所、氏名、年齢、電話番号、出産予定日、夫の参加の有無を書いて、(A)11月28日(B)来年1月9日までに健康増進課へ。

乳児のための各種教室

5か月児ぱくぱく教室(離乳食)

  • 対象 平成26年7月生まれの子と保護者
  • とき 12月3日(水曜日)・17日(水曜日)午前10時
  • 内容 栄養士による離乳食の話、保健師による子育ての話
  • 持物 母子健康手帳、4か月児健診の問診票に同封の離乳食リーフレット等
  • 定員 各日40人

10か月児きらきら教室

  • 対象 平成26年2月生まれの子と保護者
  • とき 12月2日(火曜日)・16日(火曜日)午前9時半
  • 内容 生え始めた歯の手入れの話・実習、子どもの遊びと特徴、生活リズム等
  • 持物 母子健康手帳、赤ちゃん用歯ブラシ、ガーゼ等
  • 定員 各日35人

ところ 中央保健センター
申込 電話かファックスに教室名、住所、子どもの氏名・生年月日、保護者名、電話番号、希望日を書いて、健康増進課へ。多い場合は別の日で受付

プレママのためのクッキング講座

  • 対象 妊娠16週以降28週未満の初妊婦20人
  • とき 12月10日(水曜日)午前10時~午後1時
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 妊娠中の食生活(講座・調理実習)、離乳食づくり体験
  • 費用 500円
  • 持物 エプロン、三角巾、茶碗
  • 申込 電話かファックスに講座名、住所、氏名、生年月日、出産予定日、電話番号を書いて、11月28日までに健康増進課へ。多い場合は抽選

すくすく相談

  • 対象 1歳~就学前の子の保護者
  • とき 11月17日(月曜日)の午後1時半~4時。1人約30分
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 心理相談員による子どもの発達相談
  • 持物 母子健康手帳
  • 申込 電話で健康増進課へ。時間は申込時に連絡

むし歯予防のためのフッ化物塗布

  • 対象 平成24年4月生まれの子(3歳の誕生月まで受けられます)
  • とき 12月19日(金曜日)午前9時半~11時半
  • ところ 中央保健センター
  • 持物 母子健康手帳、歯ブラシ、コップ、タオル
  • その他 歯科健診、歯みがき指導あり
  • 申込 電話・ホームページの電子申請かファックスに事業名、子どもの氏名・生年月日、電話番号を書いて、11月1日~25日に健康増進課へ。

乳幼児の健診

4か月児健診

  • 対象 平成26年8月生まれの子
  • とき 満4か月になった日から1か月以内に受診してください
  • ところ 市内指定医療機関

10か月児健診

  • 対象 平成26年2月生まれの子
  • とき 満10か月になった日から1か月以内に受診してください
  • ところ 市内指定医療機関

1歳7か月児健診

  • 対象 平成25年4月生まれの子
  • とき 11月27日・12月4日・12月11日・12月18日の木曜日。受付は午後1時15分~2時15分。番号札は午後0時45分から配布
  • ところ 中央保健センター

3歳6か月児健診

  • 対象 平成23年5月生まれの子
  • とき 11月25日・12月2日・12月9日・12月16日の火曜日。受付は午後1時15分~2時15分。番号札は午後0時45分から配布
  • ところ 中央保健センター
  • 持物 問診票、母子健康手帳。問診票は11月中旬に送付しますが、11月1日以降の転入者等で届かない人は当日直接会場へ(4か月・10か月児健診は健康増進課へ連絡)

問合せ 健康増進課

臨床心理士によるこころの健康相談

面接=11月10日(月曜日)の午後(要予約)【問合せ】保健予防課

運動習慣づくりスタート講座

「今月はウォーキング月間~歩くコツ教えます!~」と筋力トレーニング・ストレッチ等の実技

  1. とき 11月28日(金曜日)午前9時半~11時半(受付:9時10分~)
  2. ところ 勤労者総合福祉センター(佐保台西町)
  3. 申込 不要
  4. 持ち物 水分補給できる物。動きやすい服装・靴
  5. 問合せ 健康増進課

結核住民検診

  • 対象 65歳以上の人
  • とき 11月15日(土曜日)午前9時半~10時半
  • ところ 総合医療検査センター(柏木町)
  • 内容 胸部エックス線検査
  • 定員 15人
  • 申込 電話で11月4日から前日までに保健予防課へ。

アルコール関連問題懇談会市民大会

お酒で困っていませんか?

アルコール健康障害対策基本法を知っていますか?

  • とき 11月6日(日曜日)午後1時半~4時
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 保健所職員「アルコール健康障害対策基本法について」、医師の廣兼元太さん「アルコール依存症とは」、断酒会員「お酒をやめた体験談」。個別相談あり
  • 申込 不要。個別相談希望者は電話で北和地域産業保健センター(電話番号:0742ー33ー5235)へ
  • 問合せ 同会事務局(保健予防課内)

健康講座

アンチエイジングの考え方

見た目

  • とき 11月27日(木曜日)午後3時~4時15分
  • ところ 総合医療検査センター(柏木町)
  • 講師 近畿大学アンチエイジングセンター副センター長教授の山田秀和さん
  • 申込 不要。手話通訳が必要な場合は11月14日までに同センター(電話番号:0742ー33ー7876、ファックス番号:0742ー33ー5800)へ。

健康NARA講座

「生活改善でメタボさようなら」

内臓脂肪、ダメよ、ダメダメ!

  • とき・内容 (1)12月3日(水曜日)・なぜダメ?メタボ?~知って納得~(2)12月17日(水曜日)・脂肪をつけない食べ方と体のつくり方(3)来年2月4日(水曜日)・リバウンドはダメよ!~継続への道~。午後2時~4時
  • ところ 東人権文化センター(古市町)
  • 定員 BMI(体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)の値)が23以上で全回参加できる人40人
  • 申込 電話かファックスに講座名、住所、氏名、生年月日、電話番号、身長、体重を書いて、11月19日までに健康増進課へ。多い場合は抽選。全員に後日連絡

12月の胃がん・肺がん検診

胃・肺セットがん検診

とき・ところ・受付時間・定員

  • 1日(月曜日)・北部出張所・午前9時~10時・30人
  • 2日(火曜日)・はぐくみセンター・午前8時45分~9時45分・33人
  • 3日(水曜日)・平城公民館・午前9時15分~10時15分・27人
  • 5日(金曜日)・西奈良県民センター・午前9時~10時・30人
  • 8日(月曜日)・都祁保健センター・午前8時30分~10時30分・30人
  • 9日(火曜日)・都祁保健センター・午前8時30分~10時30分・30人
  • 10日(水曜日)・市役所・午前9時15分~10時15分・27人
  • 12日(金曜日)・西奈良県民センター・午前9時~10時・30人
  • 16日(火曜日)・富雄公民館・午前9時15分~10時15分・27人
  • 19日(金曜日)・はぐくみセンター・午前8時45分~9時45分・33人
  • 22日(月曜日)・西奈良県民センター・午前9時~10時・30人

肺がん検診

とき・ところ・受付時間・定員

3日(水曜日)・はぐくみセンター・午後2時~3時・60人

*申込 電話、ファックス、ホームページの電子申請で健康増進課へ。都祁保健センター実施分は電話で同センター(電話番号:0743ー82ー0341)へ
*受付期間 11月4日~20日(電子申請は10日まで)
*生活保護・市民税非課税世帯の人は無料。申込時に申出を。
*持物 健康手帳(持っていない人には当日発行)

※原則セットですが、希望により胃のみ、肺のみでも受け付けます。申込時に申出を

費用 セット1,500円(胃のみ1,000円、肺のみ500円)。肺がん検診の問診の結果、喀痰検査実施の場合は600円の加算(別途送付費用が必要な場合あり)
対象 40歳以上の人(胃がん検診のみの場合は35歳以上)。妊娠中、胃・肺・腸の病気で現在治療中か過去に手術を受けた人、バリウムによる過敏症や誤えんしたことがある人(肺がん検診は可)、腸閉塞・憩室炎・腸ねん転の既往がある人(肺ん検診は可)、勤務先等で同様の検診がある人は除く
その他 精密検査を受けた人、ペースメーカーを使用中の人は主治医に相談を。授乳中の人は申込時に申出を。検診は年度中1回限り
問合せ 健康増進課

20日ならウォーク

神秘と癒しの帯解・正暦寺

運動習慣づくり推進員協議会のボランティアと開催します。

  • とき 11月20日(木曜日)午前9時15分集合、正午解散。雨天中止(NTTテレドーム:電話番号:0180ー997ー002。前日の午後6時以降)
  • コース JR帯解駅集合~鼻切れ地蔵~正暦寺~古墳群~円照寺~山村町バス停解散(約9.5キロメートル)健脚向き
  • 費用 100円
  • 申込 電話かはがき・ファックスに事業名、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を書いて、11月17日までに健康増進課へ。

食育講演・トークセッション

心と体にきく和食

  • とき 12月7日(日曜日)午後1時半~4時
  • ところ はぐくみセンター
  • 内容 安田小児科医院院長の安田純也さんの講演「今こそ見直そう、日本型食生活の素晴らしさ~小児科医の立場から~」、トークセッション「心と体にきく和食」
  • 定員 180人
  • 申込 電話、ホームページの電子申請かファックスに事業名、住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、11月28日までに保健総務課(電話番号:0742ー93ー8392、ファックス番号:0742-34ー2482)へ。多い場合は抽選。漏れた人のみ連絡

11月14日は世界糖尿病デー・11月はウォーキング月間

世界のどこかで10秒に1人が糖尿病に関連する病で命を落としています。日本では40歳以上の3人に1人が糖尿病か糖尿病予備群です(2012年国民健康・栄養調査より)。痛み等の自覚症状が少なく、重症になるまで治療を受けない人が多いため、気が付いた時には心臓発作、脳卒中、腎不全等で命を落とす重大な問題が起きています。ウォーキングは糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防に効果的です。まずは日頃どれくらい歩いているか、歩数計を着けて確認し、あと1,000歩増やすことから始めましょう。

世界糖尿病デー講演会「血糖値が気になりだしたあなたへ」

  • とき 11月14日(金曜日)午後5時半~7時半
  • ところ 薬師寺(西ノ京)
  • 内容 糖尿病に関する講演
  • 定員 30人
  • 申込 往復はがきに事業名、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を書いて、11月10日必着で健康増進課へ。1枚に1人限り。多い場合は抽選

世界糖尿病デー 薬師寺ブルーライトアップ

薬師寺の西塔が世界糖尿病デーのテーマカラーであるブルーにライトアップされます。

とき11月14日(金曜日)日没後~午後10時
※ライトアップ中の薬師寺の拝観はできません

世界糖尿病デー・ウォーキング月間パネル展示

糖尿病や食事・運動等に関するパネル展示

とき・ところ 11月4日(火曜日)~7日(金曜日)市役所1階正面玄関
とき・ところ 11月10日(月曜日)~14日(金曜日)はぐくみセンター1階

問合せ 健康増進課

12月1日は世界エイズデー

AIDS IS NOT OVER~まだ終わっていない~(平成26年度世界エイズデーキャンペーンテーマ

即日HIV抗体検査・エイズ相談

とき 通常検査:毎月第1・2・3週の月曜日午後1時半~3時
休日検査:12月6日(土曜日) 午前9時~10時半
夜間検査:11月27日(木曜日) 午後6時~7時半
ところ はぐくみセンター
内容 相談、血液検査、結果説明
*相談・検査は無料・匿名で受けられます
*事前予約制
*検査結果は約1時間後に分かります

エイズ展

(パネル展・パンフレット配布)
とき・ところ 11月25日(火曜日)~28日(金曜日)市役所1階連絡通路
とき・ところ 12月1日(月曜日)~5日(金曜日)はぐくみセンター1階

12月28日(日曜日)まで高齢者インフルエンザ予防接種を行っています。くわしくは、しみんだより10月号に掲載
問合せ 保健予防課

10月から定期予防接種になりました

成人用23価肺炎球菌予防接種

対象 接種時点で奈良市に住民登録のある人で、
(1)65歳の人(昭和24年4月2日~25年4月1日生まれ)(2)60歳以上65歳未満の人で、心臓・腎臓・呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能に障がいを有する人
※(2)と入院・入所中の人でやむを得ず市外で接種を希望する場合は事前に保健予防課で手続きが必要

経過措置対象者

  • 70歳(昭和19年4月2日~20年4月1日生まれ)
  • 75歳(昭和14年4月2日~15年4月1日生まれ)
  • 80歳(昭和9年4月2日~10年4月1日生まれ)
  • 85歳(昭和4年4月2日~5年4月1日生まれ)
  • 90歳(大正13年4月2日~14年4月1日生まれ)
  • 95歳(大正8年4月2日~9年4月1日生まれ)
  • 100歳(大正3年4月2日~4年4月1日生まれ)

※平成26年度に限り、101歳以上(大正3年4月1日以前生まれ)の人も対象。

接種回数 1回 ※23価肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがある人は対象外
費用 3,000円(生活保護受給者は「保護受給証明書」か「中国残留邦人等支援給付に係る証明書」を接種当日に登録医療機関に持参した場合に限り、無料)
受け方 事前に奈良市登録医療機関に予約し、本人確認ができる健康保険証等を持参し接種してください。

水痘(水ぼうそう)予防接種

  • 対象 接種時点で奈良市に住民登録のある人で、1歳~3歳の誕生日の前日までの子
  • 接種方法 3か月以上の間隔をおいて合計2回皮下に接種
  • 標準的な接種期間
    1歳~1歳3か月に至るまでに初回接種を行い、追加接種は初回接種終了後、6か月から1年に至るまでの間隔をおいて1回接種
  • 経過措置 3歳から5歳の誕生日の前日までの子を対象とし、1回接種とします。ただし、平成26年度限り。
  • その他 既に水痘にかかったことがある子は接種対象外。任意接種で1歳以降に水痘ワクチンの接種を受けたことがある子は、既に接種した回数分の接種を受けたものとします(経過措置対象者も含む)。
  • 受け方 事前に奈良市登録医療機関に予約し、母子健康手帳と本人確認ができる健康保険証等を持参し接種してください。くわしくは保健予防課へ。
    ※平成25年1月1日生まれ以降の人は医療機関においてある予診票を使用し個人番号を記入してください
  • 問合せ 保健予防課

インフルエンザに注意しましょう!

子どもがかかると脳炎や脳症を、高齢者がかかると肺炎等の合併症を起こすこともあり、重症化すると死に至ることもあります。「ただの風邪」と侮らずに対応しましょう。

  • 流行前の予防接種が効果的
    インフルエンザにかかっても症状を軽くする効果があります。12月中旬までに接種が理想です。
  • 日頃からできる予防
    • 外出時にはマスクを着用
    • こまめにうがい、手洗いをする
    • 十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事を取る
  • インフルエンザの症状があったら、早めに受診早期の処置で、症状が軽くなることや、周りの人への感染を防ぐことにつながります。

高齢者インフルエンザ予防接種

 10月号26ページ、ホームページにも掲載
問合せ保健予防課

感染性胃腸炎(ノロウイルス等)が流行するシーズンです

10月下旬から5月頃にかけて感染性胃腸炎が流行します。次の点に注意して予防しましょう。

ノロウイルス感染症の特徴

  • 潜伏期間(感染から発症までの時間):24~48時間
  • 主な症状:おう吐、吐き気、下痢、腹痛、発熱等

注意のポイント

  • 症状がある時は医療機関へ。特に乳幼児や高齢者は下痢による脱水やおう吐による窒息に注意
  • 調理前、トイレ後、食事前は特に手洗いを徹底
  • カキ等の二枚貝は十分に加熱(中心温度が85~90度以上で90秒以上)
  • 二枚貝を扱った後の調理器具は、熱湯や台所用の塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)で消毒
  • おう吐物や排せつ物の処理、トイレ掃除の際はゴム手袋、マスク、エプロンを身に着けて行う

問合せ 感染症に関すること:保健予防課
食中毒に関すること:生活衛生課

しみんだより平成26年11月号 一覧へ戻る