ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成26年12月号(テキスト版)特集 TOP SPORTS CITY 奈良 スポーツで魅力あるまちづくり(2~4ページ)

本文

奈良しみんだより平成26年12月号(テキスト版)特集 TOP SPORTS CITY 奈良 スポーツで魅力あるまちづくり(2~4ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

TopSportsCity奈良 スポーツで魅力あるまちづくり

奈良市ではスポーツ活動の推進・スポーツ産業の振興を狙い、平成25年7月に「スポーツ産業支援グループ」をスポーツ振興課内に新設しました。奈良市をホームタウンとして活躍する各スポーツ競技のトップチームを支援することで、スポーツ産業の振興・青少年の健全育成・地域の活性化を図っています。

3チームをパートナーに認定

平成26年3月27日にバスケットボールチーム「バンビシャス奈良」、サイクリングチーム「シエルヴォ奈良」、サッカーチーム「奈良クラブ」をパートナーとして認定。行政が前面に出て、各チームの存在を伝えていくと共に、各チームのブランド力を活用して青少年の健全育成、地域の活性化、全国的な市のPRを行います。知名度を高め、地域に根ざしたトップスポーツチームを育てます。

運動設備の充実

鴻ノ池運動公園の施設は昭和59年「わかくさ国体」開催時に整備された施設が多く、すでに30年以上経過しており、良好な環境でプレー・観戦ができていませんでした。中でも同公園の陸上競技場はJリーグ基準を満たしていませんでした。そこで同競技場の芝生部分の拡張や市中央体育館への空調の設置を行い、着実にトップスポーツへの対応を進めています。

サッカーチーム 奈良クラブ

~天皇杯で、J1クラブに勝利~

奈良クラブはサッカー・スポーツを通じて、この奈良の地で「夢づくり・町づくり・人づくり」をコンセプトに活動しています。
わたしたちは「奈良クラブを通じて人々の暮らしが豊かになることを願います。

活動実績

1991年にクラブを設立。2007年に奈良市出身のJリーガー矢部次郎が加入、翌年2008年に現クラブ名の「奈良クラブ」へ改称。2009年には関西Div.2優勝、2011年に関西Div.1で優勝を果たす。
今年も関西Div.1で優勝しJFL昇格に向けて地域リーグ決勝大会に進出、現在激戦を繰り広げている。また昨シーズンから元Jリーガーの岡山選手が加入し、7月には天皇杯ではJ1ベガルタ仙台に勝利する等活躍の幅を広げている。他にも育成組織(ジュニア、ジュニアユース、スクール)や電動車椅子サッカーの活動を行っており、育成普及活動を図っている。

奈良クラブキャプテン#3伊澤篤選手京都府出身

「子どもたちの世代にスポーツやサッカーの素晴らしさを僕たちが伝えていきたいと思います。」

サイクリングチーム シエルヴォ奈良

奈良から新しい風を

シエルヴォ奈良は、国際自転車競技連盟が認定する国内に9つあるコンチネンタル登録チームの一つで、地域の「自転車文化普及活動」と共に、サイクルロードレースの国内最高峰「Jプロツアー」に挑戦し続けています。

活動実績

2010年に結成、2011年シーズンはトップチーム「CIERVO NARA PRO CYCLING TEAM」が実業団プロツアーに、下部チームの「CIERVO NARA」が実業団エリートツアーに参戦。2011年にはJプロツアー初勝利。2012年シーズンにチームは一新され再スタートを切る。
奈良は、かつて日本最大のUCIプロステージレースである「ツアー・オブ・ジャパン」の第二ステージも行われており、自転車に乗るという点では、世界遺産も非常に多く歴史的にも魅力的なフィールドであることから、地域に密着した自転車競技の普及、イメージアップを図るため活動している。

シエルヴォ奈良キャプテン山下貴宏選手

「サイクリング競技は、まだまだ知名度が低いので僕たちの活躍で認知度をあげていきたいと思います。」

バスケットボールチーム バンビシャス奈良

奈良から日本を代表する選手を

2013-2014シーズンよりbjリーグに参入したバンビシャス奈良。「奈良」を楽しめるエンターテイメントを創る、地域の活性化に貢献する、地域の子どもたちに夢を与える、をコンセプトにバスケットボールを通じて、奈良県の文化そして経済の発展に貢献する活動を行います。

活動実績

2005年より前身となる「奈良県にプロバスケットボールをつくる会」が設立され、参入申請を行う。2012年に悲願のbjリーグ認可が決まり、奈良県をホームタウンとする県内初のプロ球技スポーツチームが設立された。
2013-2014シーズンに初めてbjリーグに参入し、ウェスタンカンファレンス9位で終了。2014-2015シーズンは、昨シーズンからより成長した既存選手に新戦力が加わった新生バンビシャス奈良、上位を狙う。地域活動も積極的に行い、地域に根差したチーム作りに励んでいる。(ホームゲーム情報は14ページに掲載)

バンビシャス奈良#14稲垣諒選手奈良市出身

「bjリーグで活躍し、地域の人たちが自然とあつまってくるような活気あふれる活動をしていきます!!」

Top Sports City奈良 合同ファン感謝デートップアスリートとふれあおう!

とき 12月23日(祝日)正午
ところ 中央体育館(法蓮佐保山四丁目)
内容

オープニングセレモニー

ふれあいアトラクション

  1. 奈良クラブ リフティング、PK、ドリブル
  2. バンビシャス奈良 1on1、フリースロー、ドリブル
  3. シエルヴォ奈良 プロ用エアロバイクでパワー測定、一本橋でテクニック挑戦

大じゃんけん大会&全員で記念撮影
※室内シューズを持参してください

問合せ スポーツ振興課 (電話番号:0742-34-5376)
(当日)大会本部 (電話番号:090-1350-8981)

「Top Sports City奈良」パートナーチーム学校巡回スポーツ教室

子ども達にスポーツの素晴らしさや将来に夢を持つことの大切さを伝えることを目的に、各パートナーチームを各学校に派遣しています。
今年度は市内小中学校16校(バンビシャス奈良7校・奈良クラブ7校・シエルヴォ奈良2校)への派遣を予定しており、アスリートと子どもたちと相互交流を深めます。

奈良市ホームタウンスポーツパートナーを応援しよう!

問合せ スポーツ振興課 (電話番号:0742-34-5376)

しみんだより平成26年12月号 一覧へ戻る