ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年8月号(テキスト版)下水道使用料値上げ・電気使用安全月間・台風豪雨への備えを(15、16ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年8月号(テキスト版)下水道使用料値上げ・電気使用安全月間・台風豪雨への備えを(15、16ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

9月分の請求から下水道使用料を値上げします

これまで、施設管理や整備にかかるコストの削減、借入金の借り換えによる利息の軽減を図ることにより、使用料を16年間据え置いてきましたが、下水道事業の財政は大変厳しい状況が続いています。下水道料金等の改定後も、公営企業化や水道局との統合を進めて経費削減を図る等、より一層の経営改善に取り組み、下水道事業の経営健全化と経営基盤の強化を図っていきます。(しみんだより3月号にも掲載)

9月分の請求からいくらになるの?

下水道使用料

料金単価(税込)

排水区分 8月分まで
(1立方メートルにつき)
9月分~
(1立方メートルにつき)
一般排水 一般家庭等 86円 113円

共同浴場
公衆浴場

47円 63円
中間排水(注) 123円 163円
特定排水(注) 157円 207円

(注)公共・公益業種を除く工場・事業所で、月間使用水量が300立方メートルを超え750立方メートル以下の部分が「中間排水」、750立方メートルを超える部分は「特定排水」となります。

農業集落排水処理施設使用料

料金単価(税込)

使用水量 8月分まで
(1立方メートルにつき)
9月分~
(1立方メートルにつき)
300立方メートル以下 86円 113円
300立方メートル超750立方メートル以下 123円 163円
750立方メートル超 157円 207円

※公共か公益関係施設の使用料は、使用水量が300立方メートルを超えても同じです(税込)。

値上げはいつから?

平成25年9月分請求の下水道使用料・農業集落排水処理施設使用料からです。
計量区域を偶数月計量と奇数月計量の2つの区域に分け、それぞれ2か月に1度計量しています。計量した2か月分の水量を半分に分け、毎月請求しています。
9月分として請求するものから、改定後の料金が適用されます。

※お住まいの地域が、どちらの区域かくわしくはお問い合わせください。

【偶数月計量区域】

計量月 使用月分 請求月 適用料金
8月 7月分として 9月 旧料金
8月分として 10月 旧料金
10月 9月分として 11月 旧料金
10月分として 12月 新料金

【奇数月計量区域】

計量月 使用月分 請求月 適用料金
9月 8月分として 10月 旧料金
9月分として 11月 新料金
11月 10月分として 12月 新料金
11月分として 1月 新料金

【問合せ】下水道総務課 電話番号:0742-34-5248

8月は電気使用安全月間

身のまわりの電気安全について考え、電気事故を防ぎましょう!

重点活動テーマ

  • 電気はムダなく安全に使う
  • 自家用設備の電気事故は適切な保守点検と更新で防ぐ
  • 日頃から電気の安全に努め、突然やってくる自然災害に備える

注意事項

  • たこ足配線はしない
  • コンセントのプラグは定期的に掃除
  • コードの上に重い物を置かない
  • 漏電遮断器とアースを取り付ける
  • 水に濡れた電気機器は電気店等に相談してから再使用
  • 災害時は安全確保して、ブレーカーをすべて「切」にしてから避難

【問合せ】消防局予防課 電話番号:0742-35-1192

台風・豪雨に備えましょう

突発的で局地的な豪雨は予測が難しく、毎年各地で大きな被害が出ています。
最近では1時間に100mm近い雨が降ることも珍しくなく、都市部では低地や道路が冠水する浸水害等の被害が出ています。これから秋にかけて、油断することなく万全の対策をしておきましょう。

台風や集中豪雨に対する備えは万全ですか?
家の中や周囲をしっかりチェックしましょう

屋外

  • 屋根 瓦のひび割れ・ズレ・はがれ、アンテナのがたつきはありませんか?
  • 雨どい・雨戸 詰まりやぐらつきはありませんか?
  • 外壁 亀裂や板壁の劣化などはありませんか?
  • 窓ガラス ひび割れや窓枠のがたつき、飛来物への備えは大丈夫ですか?
  • ベランダ 鉢植えや物干し竿など、飛びやすい物は室内へ入れていますか?

屋内

  • 停電に備えて 懐中電灯や携帯ラジオを準備
  • 断水に備えて 飲料水を確保
  • 避難に備えて 貴重品等の非常持出品を準備
  • 正しい情報を入手 台風等の気象情報に注意奈良地方気象台(ホームページ:奈良地方気象台ホームページ<外部リンク>
  • 最寄りの避難場所と避難経路 家族で事前に確認

避難準備情報・避難勧告・避難指示とは

  • 避難準備情報 避難に時間がかかる高齢者や障がい者のために、避難勧告や避難指示に先だって発令され、いち早く安全な場所に逃げてもらうための情報
  • 避難勧告 災害が発生するおそれのある場合に発令され、地域住民に避難を勧めたり、促したりするための情報
  • 避難指示 災害による危険が目前にせまっている場合に発令され、地域住民に危険区域等から安全な場所に避難してもらう、避難勧告よりも拘束力が強い情報

都市型水害に備える6つの心得

  1. 日頃から側溝等の掃除
  2. 水害発生時を想定して、日頃から土のう等を準備
  3. 避難の前に必ず火の始末
  4. 水圧でドアが開かなくなることも。戸外への避難は早めに
  5. 川や水路が溢れたら、急いで高い所へ移動(地下空間は危険。建物なら2階以上へ移動)
  6. 車やバイクは流されたり、転倒したりするので歩いて避難

台風まめ知識

  1. 台風の進路の右側は風が強く、災害が発生しやすいので注意が必要です。
  2. 雨に関しては進路の左側も警戒が必要です。

8月30日から「特別警報」の発表を開始します(奈良地方気象台からのお知らせ)

気象庁は、重大な災害による危険性が高まっていることをお知らせし、特別な警戒を呼びかけるため、新たに「特別警報」を発表します。「特別警報」は、テレビやラジオ等のさまざまな方法で伝えられます。
「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守るために判断・行動してください。
気象庁ホームページ<外部リンク>

【問合せ】危機管理課 電話番号:0742-34-4930

5月分善意銀行

【一般】
吉岡耕藏(山陵町):5,000円
谷村光洋(北之庄町):おもちゃ
四つ葉会代表田村邦子:70,316円
【指定】
奈良市ボランティア連絡協議会:30,000円
小林宏行(都祁小山町):100,000円

しみんだより平成25年8月号 一覧へ戻る