ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年9月号(テキスト版)市政ニュースなど(29ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年9月号(テキスト版)市政ニュースなど(29ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市政ニュース

高校生コンシェルジュおもてなしツアー

宇佐市・奈良市友好都市交流事業

 友好都市・大分県宇佐市の高校生と奈良市の高校生観光特派員が互いに自らの市の観光ツアーを企画して実際に招き、おもてなしを行う交流事業を行いました。
 8月5日~7日は、「奈良市ツアー」を開催、市高校生特派員7人が趣向を凝らし企画したプランを宇佐市の高校生5人が体験しました。
 東大寺から春日大社にかけての朝の散歩や新日本三大夜景である若草山の夜景・なら燈花会の観賞等、奈良の魅力をたっぷり味わえるツアーとなっていました。
 初日の対面式では、少し緊張した面持ちだった高校生たちも、日を追うごとに打ち解け、友好を深めました。「奈良の良さがよく分かり、とてもいい思い出ができました」と宇佐市の高校生たちはツアーを堪能した様子でした。

郡山市の子どもたちが奈良の夏を満喫!!

リフレッシュNARA PART4

 8月4日~8日に、東日本大震災で被災した、奈良市の姉妹都市である福島県郡山市の子どもたち55人を招待しました。
 奈良町でのシールラリーや青少年野外活動センター(阪原町)での竹の食器作りやキャンドルファイヤー、鹿寄せの見学等を体験しました。
 4回目となる今回は新たな試みとして、学生ボランティアが奈良の魅力を伝えながら子どもたちと触れ合い、交流を深める機会を設けました。また、なら燈花会のボランティアも体験し、夏の奈良を満喫しました。

アーチェリー競技等さまざまなスポーツに

多目的広場がオープン

 鴻ノ池運動公園内に多目的広場が完成し、8月1日にオープニング式典と市アーチェリー協会の競技会が行われました。
 この広場は、アーチェリーや弓道、ゲートボール、グラウンド・ゴルフ、少年サッカー、フットサル等に幅広く利用ができ、特に、アーチェリー競技ができる県内唯一の公共施設として役割が期待されています。

6月分 善意銀行

【一般】谷村光洋(北之庄町)おもちゃ ▼吉岡耕藏(山陵町)5千円 ▼廣田久義(山陵町)5千円
【指定】(株)ATA防災システム代表取締役橋本辰也5万円 ▼高村功(下深川町)10万円

市長コラム Vol28

 連日の酷暑や局地的な豪雨など、地球の変化も気になるところですが、選挙期間中に市内各所で聞こえてきたのは市役所の変化を感じる街の声でした。窓口の対応や電話の受け答えなど内容は多岐にわたりますが、最も多かったのはごみ収集に関するものでした。「時間通りにきちんと収集に来てくれる」「ステーションのネットや囲いを片付けてくれる」という業務に関わる事から、「人当たりが良くなった」「あいさつをしてくれた」など、職員の意識の変化を評価するご意見もいただきました。
 もちろん、これらは全て「当たり前」と言えることかもしれません。しかし私は、当たり前のことを当たり前にやり遂げることから、次のステップが見えてくると思っています。やや浮世離れした感のあるこの市役所に、しっかりと世間の風を取り入れ定着させること。そして皆さんから信頼される存在となることをめざし、これからも全職員一丸となって取り組んでいきます。ぜひ皆さんの周りでも変化を感じられたら、ご一報いただければ幸いです。市民の声で市役所は確実に変わります。

しみんだより平成25年9月号 一覧へ戻る