ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年1月号(テキスト版)特集「未来奈良市」政策コンテスト(4~5ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年1月号(テキスト版)特集「未来奈良市」政策コンテスト(4~5ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

私たち学生が思い描く30年後の奈良市~輝く未来への提案~

 「もし自分が市長だったらどのようなまちを創るか 」をテーマに、高校生・大学生がチームを組んで描く30年後の奈良市の未来像。その提案を競い合うコンテストが11月18日の決勝でフィナーレを迎えました。

 決勝では、準決勝を勝ち抜いた5チームがバラエティ豊かな提案を携え、それぞれに熱のこもったプレゼンテーションを行いました。そして来場者の投票により、チーム「オリジ奈良ティー」がグランプリに選ばれました。

 また、審査員特別賞として「みらい・輝き賞」が設けられ、チーム「中山ゼミ」が選ばれました。

(写真)

  • 全員で記念撮影
  • 開票の間、市立一条高校ダンス部のダンスパフォーマンスも披露
  • 来場者による投票
  • グランプリチームと審査員との対談

学生たちのバラエティ豊かな提案

グランプリ オリジ奈良ティー「奈良から創るアジアのまほろば~新平城京~」

  • 朱雀大路の復活
    • 1300年前の奈良の人々が作り上げた朱雀大路をよみがえらせ、メインストリートに。
    • 世界中から観光客が訪れ、市民が誇りを持てるような空間に。
  • アジア大学院大学設立
    アジア各国から文化・言語を超えた相互理解をめざす学生を迎え、アジアの将来を担う人材を育てる。
    新たな価値観を、シルクロードの終着地であった奈良から世界に発信。
  • 奈良ネーミングロード構想
    市内の道路に親しみやすい名前を付け、奈良を歴史ある土地をブランド化し誘客につなげる。

みらい・輝き賞 中山ゼミ「東西をつなぐ2つのなら公園~1000年先を見据えて~」

平城(なら)公園計画、新三条通り計画でコンパクトで自然豊かな街に

西ノ京から平城宮跡までを1つの公園「平城公園」にして現在の奈良公園とLRT(次世代型の路面電車システム)でつなぐ。
緑を増やし、自動車を減らして未来に遺す新たな核に。
東西の2か所に街の機能を集約、奈良の商業を発展させる。

Thank you for SEATTLE「人材バンク、奈良。」

 地域コーディネート団体をつくり、家庭・地域・学校のつながりを深める。
長期休暇を利用して、知識・世代を越えたグループが地域でフィールドワーク。学校で学んだ知識や技能を活用する力を養う。

三山ゼミ「奈良でつくる、友達歴30年」

 人脈や専門知識が豊富な50歳代・60歳代の起業を応援。70歳での同窓会を支援し、助け合える強いコミュニティをつくる。おしゃべり喫茶で高齢者が楽しく外出できる仕組みをつくる。

奈良教育大学ユネスコクラブ「奈良の空気をペレっと変える!」

 林業の専門家とボランティアが手を組み、間伐・植林。奈良市の小中学校で自然に優しい燃料「ペレット」を使ったペレットストーブを使用、環境教育にも力を入れる。

受賞チームの決意表明

  • 「今回発表したプランを実現できるよう、これからも頑張っていきますので、みなさん応援をよろしくお願いします」
    オリジ奈良ティーの田中さん(大学4年生)
  • 「提案は少し壮大なものになりましたが、30年後の奈良市が、私たちが描いたような姿であってほしいと思います」
    中山ゼミの八木さん(大学3年生)

決勝までの道のり

キックオフイベント

平成24年8月11日(土曜日)
コンテストへのエントリー開始に合わせ、前宮崎県知事の東国原英夫さんの記念講演を開催。

オリエンテーション

8月26日(日曜日)参加チーム初顔合わせ。奈良市の現状など、30年後のビジョンをつくるためのレクチャー。

ワークショップ

10月6日(土曜日)
 重点政策・予算案を作成するためのレクチャーと各チームが抱える課題などを共有。

中間チェック

10月21日(日曜日)
 各チームが作成中の重点政策・予算案を総合政策課の職員がアドバイスしブラッシュアップ。

準決勝

11月4日(日曜日)
 参加10チームがプレゼンテーション。相互投票で決勝進出5チームを決定。

街頭演説・模擬投票

11月11日(日曜日)
 決勝のプレゼン力アップのため、近鉄奈良駅前行基広場で街頭演説。模擬投票も行いました。
 (写真)雨の中の街頭演説

【問合せ】総合政策課 電話番号:0742‐34‐4786

しみんだより平成25年1月号 一覧へ戻る