ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年2月号(テキスト版)特集「子育てひとりじゃないよ」(2-3ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年2月号(テキスト版)特集「子育てひとりじゃないよ」(2-3ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

子育て中のみなさんへ。それを見守るみなさんへ。

子育てには悩みがつきもの。
一人で悩まず、いろいろな制度や相談窓口をぜひあなたの子育てに利用してください。

「わたし、だいじょうぶ?」

子育てに悩んでいませんか?

 「泣きやまないことに腹を立て・・・」虐待のニュースで、このようなフレーズをよく聞きます。この部分だけを取り上げれば、こうしたことは子育てをする親の多くが少しは感じることではないでしょうか。
 子どもに対して腹が立って仕方ない、怒りすぎてしまった、手をあげてしまった これはしつけ?八つ当たり?どうしたらいいの?悩んでいることはありませんか?

それって遠い世界のこと?

 「虐待」というと、ひどい暴力で、遠い世界のことのように感じる人も多いと思います。しかし、子育て中の親の誰もが抱く悩みと表裏一体と言える側面があります。
 子育ての不安から精神的に追い込まれ、行き場をなくしたマイナスの感情が、子どもに向かってしまう、それがエスカレートしてしまうということもあります。そうなる前に、「わたし、だいじょうぶ?」と自分自身に問いかけてみてください。そして、悩んでいることを相談してみてください。

「あなた、だいじょうぶ?」

その一声が親子を救うきっかけに

 「一人で悩まないで」よく聞く言葉ですが、本人は悩んでいること自体に気が付いていない場合もあります。とくに子どもが小さいうちはどうしても家にこもりがちで、気持ちに余裕がなくなってしまうこともあります。周りの人が見守り、悩んでいることに気付いてあげることがとても大切です。
 そして、まず「あなた、だいじょうぶ?」と声をかけ、「一人じゃないんだよ」ということを伝えましょう。それが、子育て中の親が肩の力を抜くきっかけになるかもしれません。

それでも、もしも

 虐待が疑われるような状況に出くわしたとき、たとえば「泣き方がひどい」ただそれだけの理由で本当に市役所などへの連絡ができるでしょうか。「人の家のことだし 」とためらうのは当然のことです。
 でもその連絡は、親を非難することではありません。むしろ、親と子両方を守ることにつながります。誤解もあるかもしれませんが、その中から本当に救わなければならない親子が見つかることもあるのです。勇気を出して「相談」するつもりで連絡してください。

奈良市児童虐待相談(通告)件数

平成20年度 211件
平成21年度 252件
平成22年度 277件
平成23年度 388件

 件数が示すとおり、市への通告件数は年々増加しています。これは虐待そのものの増加を意味するだけではなく、通告への意識の高まりの表れでもあります。
 そのため、通告があっても、実際には虐待でなかったという事例もあります。

 通告により、市の職員が訪問することもありますが、あくまでも「何か育児で困っていることはないか」「お子さんが元気で過ごされているか」を伺うための訪問です。

子育てを全力応援中!!

< >内は問合せ先

相談する

「うちの子、よその子とちがう?この育て方であってる?」

乳幼児

  • こんにちは赤ちゃん訪問<子育て相談課>
  • 妊産婦・乳幼児健康相談<健康増進課>
  • 妊産婦・新生児訪問<健康増進課>
  • 発達相談・育児相談<健康増進課>
  • 地域子育て支援センター<子ども育成課>
  • 子ども発達センター<子育て相談課>
  • 子育て相談<保育課>

就学後

  • 家庭児童相談室<子育て相談課>
  • 教育相談<教育相談課>

子どもを預ける

「ワークライフバランス、少しでも負担を軽く」

  • バンビーホーム(学童保育)<地域教育課>
  • ファミリー・サポート・センター(預かり、送り迎えなどの育児援助)電話番号:0742‐34‐3305
  • 幼稚園での預かり保育<学校教育課>
  • 子育て短期支援事業(養育が一時的に困難な場合、児童福祉施設等で預かり)<子ども育成課>

子育ての仲間作り<子ども育成課>

「相談しあえるママ友、パパ友がほしい!」

  • つどいの広場
  • 子育てスポットすくすく広場
  • 子育てスポット
  • 地域子育て支援センター

市内のいろいろな場所にあります!お近くのスポットに気軽に立ち寄ってください。

問合せ先

  • 子育て相談課 電話番号:0742‐34‐4804
  • 子ども育成課 電話番号:0742‐34‐5042
  • 保育課 電話番号:0742‐33‐5709
  • 健康増進課 電話番号:0742‐34‐5129
  • 地域教育課 電話番号:0742‐34‐5441
  • 学校教育課 電話番号:0742‐34‐4763
  • 教育相談課(教育相談窓口) 電話番号:0742‐93‐8199

ホームページにも今回紹介した市の取り組みや相談窓口を掲載しています。
奈良市のトップページ→「こんなときは」→「子育て・入園・入学」

相談先が分からない場合は、まず 子育て相談課 電話番号:0742-34-4804へ。

オレンジリボン運動

オレンジリボン運動は、「児童虐待のない社会の実現」をめざす市民運動です。リボンのオレンジ色は、子どもたちの明るい未来を表す色として用いられています。市でも職員のリボン着用、街頭啓発などに取り組んでいます。

児童虐待とは・・・

  1. 身体的虐待
    子どもの身体に外傷が生じ、また生じる恐れがある暴行を加える行為。
  2. 性的虐待
    子どもにわいせつな行為をする、またはさせること。
  3. ネグレクト
    親として養育を著しく怠り、子どもの心身の正常な発達を妨げる行為。
  4. 心理的虐待
    子どもに対する暴言や夫婦喧嘩を見せるなどの心理的外傷を与える行為。

虐待に気づいたら・・・

  • 奈良市子育て相談課直通ダイヤル
    【平日午前8時半~午後5時15分】電話番号:0742‐34‐5597
  • 奈良県中央こども家庭相談センター
    【24時間 365日】電話番号:0742‐26‐3788
  • 児童相談所全国共通ダイヤル
    【24時間 365日】電話番号:0570‐064‐000
  • 緊急の場合は、最寄りの警察署へ
    • 奈良警察署 電話番号:0742‐33‐0110
    • 奈良西警察署 電話番号:0742‐49‐0110
    • 天理警察署 電話番号:0743‐62‐0110

しみんだより平成25年2月号一覧へ戻る