ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年2月号(テキスト版)東西南北(15ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年2月号(テキスト版)東西南北(15ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

国・県・その他団体のお知らせ

母と子のハッピータイム

  • とき 2月8日(金曜日)午前11時~正午
  • ところ ホテル日航奈良6階(三条本町)
  • 内容 音楽(歌、ピアノ、打楽器等)、人形劇、手遊び、親子体操等
  • 定員 未就園児と保護者20組
  • 問合せ 国際ソロプチミスト奈良―まほろばの胎中さん(電話番号:0742‐53‐0511)

母子家庭のためのおしゃべり会

  • とき 毎月第2土曜日の午前10時~正午
  • ところ 男女共同参画センター「あすなら」(西之阪町)
  • 内容 シングルマザーの交流。託児あり(300円。会員は無料。要申込)
  • 問合せ NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西(電話番号:06‐6634‐7336)

あるくん奈良まちなかバル

  • とき 2月15日(金曜日)午後6時~、2月16日(土曜日)正午~
  • 内容 スペインの食文化を代表する「バル」を奈良のまちなかに再現。JR・近鉄奈良駅周辺の飲食店等約80店で「ワンドリンクと1品」をハシゴして飲み食べ歩く
  • 費用 5枚綴りチケット
    • 前売=3,000円(2月14日まできらっ都・奈良(橋本町)、バル参加店等で販売)
    • 当日=3,500円(近鉄奈良駅ビル1階、バル参加店で販売)
  • 問合せ 市中心市街地活性化協議会事務局(電話番号:0742‐26‐1666 平日の午前9時~午後5時)

不動産無料相談会

  • とき 2月16日(土曜日)午前10時~午後4時
  • ところ 西部公民館(学園南三丁目)
  • 内容 土地有効活用、借地借家、資産税務、相続と贈与、売買など
  • 問合せ NPO法人県不動産コンサルティング協会(電話番号:0742‐41‐7413)

県立医科大学公開講座「くらしと医学」

  • とき 2月16日(土曜日)午後1時~3時半
  • ところ なら100年会館(三条宮前町)
  • 講師・演題 公衆衛生看護学講師の入江安子さん「地域の“ちから”の発見~コミュニティレジリエンスとは~」、分子病理学教授の國安弘基さん「食事とがん~大腸がんの話~」、精神医学教授の岸本年史さん「防ぎたいうつ病、認知症」問合せ 同大学総務課(電話番号:0744‐22‐3051)

「みんなで歌おう!学園ひろば」

~キャンパスに響く歌・歌・歌の大合唱~

  • とき 2月20日(水曜日)午後2時~4時
  • ところ 帝塚山大学 学園前キャンパス(学園南三丁目)
  • 内容 懐かしい歌などを、多くの人たちが集い、学生を交えてみんなで楽しく歌う
  • 定員 200人
  • 費用 500円
  • 問合せ 「和音」の植田さん(電話番号:090‐9094‐8558)

「国営平城宮跡歴史公園の整備計画(整備プログラム)」(5か年)への意見募集

  • 募集期間 2月1日(金曜日)~28日(木曜日)
  • 問合せ 国土交通省国営飛鳥歴史公園事務所平城分室(電話番号:0742‐36‐4327)

青少年のための自然観察会

~早春の佐紀路でいきものを探そう!~

  • とき 2月16日(土曜日)午前9時半~11時半
  • ところ 平城宮跡バス停集合
  • 内容 佐紀路の里山や池で樹木・鳥などを探す
  • 対象 小・中学生と保護者、青少年活動に関心のある人
  • 費用 100円
  • 問合せ 地域教育課(電話番号:0742‐34‐5366)

東日本大震災の避難者・一般納税者への無料税務相談

  • とき 2月23日(土曜日)・24日(日曜日)午前9時半~正午、午後1時~4時
  • ところ 奈良納税会館(登大路町)
  • 問合せ 近畿税理士会(電話番号:06‐6941‐6886)

女性のための健康講座

  • とき 3月2日(土曜日)午後2時~4時
  • ところ 学園前ホール(学園南三丁目)
  • 講師・内容
    • ASKAレディースクリニック院長の中山雅博さん「卵巣の老化とアンチエイジング~生殖医療の現場~」
    • 済生会奈良病院産婦人科医の福本由美子さん「知っておきたい女性泌尿器科のお話~頻尿や尿もれ、子宮脱~」
  • 定員 300人
  • 問合せ 県産婦人科医会(電話番号:0744‐22‐8502 県医師会館内)

なら・観光ボランティアガイドの会

問合せ 同会(電話番号:0742‐27‐9889)

ガイドと歩くひと味違った奈良

  1. 「なら文学散歩~歌碑と足跡を巡る~」
    • とき 3月3日(日曜日)午前9時~正午頃
    • ところ 県庁県民ホール前集合~八重桜碑~南都八景石塚~戒壇堂~二月堂~春日大社~志賀直哉旧居(入館)他~破石町バス停解散。約5キロメートル
    • 費用 500円
    • 締切 2月20日
  2. 「中世の都市“奈良きたまち”の今昔」
    • とき 3月30日(土曜日)午前9時~正午頃
    • ところ 県庁県民ホール前集合~興福寺~春日東西両塔跡~東大寺~北山十八間戸~般若寺解散。約5キロメートル
    • 費用 200円
    • 締切 3月16日

ガイドと巡る「古都奈良の伝統行事~春の佐保路・秘仏観音を観る~」

  • とき 3月23日(土曜日)
  • ところ 奈良商工会議所前集合(近鉄奈良駅東)~絶景の道~海龍王寺~法華寺解散。約5キロメートル
  • 費用 200円、拝観料各自
  • 締切 3月13日

ガイド付きツアー「鹿よせと東大寺」

  • とき 2月3日・10日・17日・24日の日曜日、午前9時出発
  • ところ 市総合観光案内所前集合(JR奈良駅旧駅舎)~興福寺五重塔~一の鳥居~鹿よせ(飛火野)~東大寺南大門ほか~法華堂(三月堂)解散。約6キロメートル(約3時間)
  • 定員 各日40人

「就活」を応援~企業合同説明会~

  • とき 3月6日(水曜日)午前10時20分~午後4時
  • ところ 県新公会堂(春日野町)
  • 参加企業数 約80社
  • 対象 平成26年春新卒・既卒3年以内の人
  • 問合せ (社)奈良経済産業協会(電話番号:0742‐20‐2210)

消費者啓発イベント「だまされないで!!悪徳商法から身を守ろう!」

  • とき 2月17日(日曜日)正午~午後4時
  • ところ アピタ大和郡山店(大和郡山市)
  • 内容 消費者トラブルを題材にした漫才と寸劇、クイズラリー、貯金箱工作、相談コーナー
  • 問合せ 県消費生活センター(電話番号:0742‐27‐0621)

奈良弁護士会まつり

とき 2月23日(土曜日)
内容

  • 午前10時~正午・無料法律相談(要予約)
  • 午後1時~4時・毛利甚八さんらのシンポジウム「全ての少年に付添人を」

ぜんざいのふるまい、フリーマーケットもあり
ところ 奈良弁護士会館(中筋町)
問合せ 同会(電話番号:0742‐22‐2035)

奈良ルネサンス記紀・万葉フォーラム

  • とき 2月24日(日曜日)午後1時半~3時45分
  • ところ なら100年会館(三条宮前町)
  • 内容
    • 奈良女子大学名誉教授の坂本信幸さんの講演「古事記と初期万葉歌」
    • 高橋晴子さんの独唱「奈良を詠う、記紀・万葉1300年」
    • 記紀・万葉合唱団の合唱「新年の始めに」・「やまとは」・「平城山」ほか
  • 費用 500円
  • 締切 2月15日
  • 問合せ 同フォーラム事務局の今西さん(電話番号:0742‐61‐3525)

まほろば円舞会

  • とき 3月2日(土曜日)午後1時
  • ところ なら100年会館(三条宮前町)
  • 内容 西洋と東洋の美を融合させた舞&一般の人のダンス
  • 費用 500円
  • 問合せ まほろば円舞会実行委員会の上亟さん(電話番号:050‐8022‐3585)

アルコール関連問題県民セミナー

  • とき 3月3日(日曜日)午後1時~4時
  • ところ 生涯学習センター(杉ヶ町)
  • 講師・演題
    • 植松クリニック院長の植松直道さん「もしかしてアルコール依存症」
    • 同相談員「家族のやってはいけないこと、やってほしいこと」
    • 断酒会員の体験談

※個別相談あり
問合せ 市断酒会事務局の山崎さん(電話番号:0742‐93‐9709)

平城児童センター

遊びを通した児童の健全育成事業

  • とき 4月~来年3月の週1回か月2回
  • 内容
    • はじめのいっぽ(親子のふれあいなど)
      定員 0~3歳児と保護者30組
    • どろんこの森(探検活動、クラフトなど)
      定員 4~6歳児と保護者30組
    • 地域とのふれあい交流事業(ハイキング、農作業など)
      定員 新小学1~5年生25人
  • 費用 子ども1人各25,000円
  • 締切 2月24日
  • 問合せ 同センター(電話番号:0742‐34‐2716)

商品券、ギフト券、IC式のプリペイドカード等を使用する際の注意点

  • 有効期限の記載がある商品券等は、期限を過ぎると使用できません。また、商品券等は原則、換金することやお釣りをもらうことはできません。
  • 発行者が商品券等の利用を終了した場合は、一定期間払い戻しされます。新聞や店舗等の掲示物等に十分注意してください。

問合せ きんざい金融ホットライン(電話番号:06‐6949‐6259 平日の午前9時~午後4時)

しみんだより平成25年2月号 一覧へ戻る