ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年3月号(テキスト版)「虹のひろば」「安全・安心のまちづくり」(27~28ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年3月号(テキスト版)「虹のひろば」「安全・安心のまちづくり」(27~28ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

虹のひろば「こころの病への理解を深めよう」

 現在、約40人に1人が何らかのこころの病を抱えていると言われています。
 しかし、これだけ多くの患者がいるにも関わらず、いまだにこころの病には多くの誤解や偏見があり、たくさんの人が社会で受け入れられないことに悩みながら生活しています。私たち一人ひとりが正しい情報や知識を学び、差別や偏見のない社会に変えていくことが必要です。

「治療が遅れる」その要因とは

 まず、精神科への偏見から受診が遅れ、専門治療が受けられていない患者が多いという現状があります。
 また、普段人と話すときには元気なのに、家に帰るとひどく落ち込んでしまう、またはその逆など、周囲の人に病気であることが分かりにくい症状を抱える人もいます。周囲の理解が得られないために心を閉ざしがちになり、治療が遅れる場合もあります。

うつ病を自殺につなげない!

 うつ病は重症化すると自殺につながりやすい病気です。しかし、早く気付いて適切な医療機関に相談し、治療を受ければ回復が可能です。
 こころの病に悩んでいる人の周囲が病気を理解することで、治療を受けやすい環境を作り出すことができるのではないでしょうか。

こころの不調を感じたら相談を

  • 「気分が沈む」「不眠が続く」「自分を責める」「原因不明の体調不良が続く」・・・うつ病のサインかもしれません
  • 「死にたいほど辛い」苦しい気持ちになる前に相談してください。

 市では相談窓口を設けています。こころの不調を感じたら、気軽にご利用ください。身近な人から相談を受けたときも、相談窓口のことをお伝えください。

精神科医によるうつ病専門相談

  • とき 3月14日(木曜日)午前9時~正午
  • 定員 3人
  • 申込 電話で保健予防課へ

臨床心理士によるこころの健康相談

  • 面接相談(毎月第4月曜日)
    • とき 3月25日(月曜日)午後1時半~4時半
    • 申込 電話で保健予防課へ。
  • 電話相談(第4月曜日を除く月曜日)
    とき 3月4日・11日・18日 午後1時半~4時半

祝休日にあたる日を除く

こころの体温計

 「こころの体温計」では、パソコンや携帯電話から簡単に利用できるストレスチェックと相談窓口の案内を行っています。気になることがあれば、一度こころの健康チェックをしてみてください。

アドレス fish bowl index<外部リンク>(新規ウィンドウを開きます)

3月は自殺対策強化月間パネル展示

  • 市役所1階連絡通路 3月11日(月曜日)~15日(金曜日)
  • はぐくみセンター1階 3月1日(金曜日)~7日(木曜日)

【問合せ】保健所保健予防課 電話番号:0742‐93‐8397

安全安心のまちづくり

「おはよう おかえり こんにちは 声かけ 気にかけ 笑顔かけ」

「自分は大丈夫」その考えは危険です!

振り込め詐欺

35件発生、被害金額は約1億3,000万円!

 半分以上がオレオレ詐欺、被害者の8割は高齢者。

防犯Point

 まずは冷静に!考える時間を与えないのが犯人の手口です。焦らず信頼できる親族・友人や警察に相談を。

  • 「風邪で声が変わっている」「電話番号が変わった」 2つのキーワードに注意。
  • 「還付金を受け取るために銀行ATMを操作」することは絶対にありません。
  • 身に覚えのないサイト利用料の請求メールには返事をしないでください。

空き巣・忍び込み

520件発生

全体の7割が窓から、6割はガラスを割って侵入しています。

防犯Point

 犯人は侵入に5分以上かかると犯行を諦めると言われています。侵入を妨げる防犯ガラス・フィルムや補助錠を活用しましょう。

 また、犯人は人に見られること、声をかけられることを嫌います。犯罪者の入り込みにくい地域づくりも空き巣などの防止に有効です。

ひったくり

115件発生

 全体の8割が追い越しざま、全体の6割が自転車などの前カゴからの被害。また、歩行中の被害者は全員道路側に鞄を持っていました。

防犯Point
  • 歩行中は車道と反対側に鞄を持つ。
  • 自転車や単車の前カゴに防犯ネット・カバーをつける。目立つ色にすることで抑止効果も。

車上荒らし

1,537件発生

全体の4割が自宅の駐車場で起こっています。

防犯Point
  • 自宅の車庫や駐車場でも必ず鍵をかける。
  • 車内には貴重品を置いたままにしない。
  • センサーライトや警報機の設置も有効。

バイク・自転車泥棒

3,243件発生

被害車両は大半が施錠してありませんでした。

防犯Point

 防犯登録をお忘れなく。施錠はツーロックが有効

※件数は平成24年の県内での犯罪認知件数です。

 犯罪やその予兆を見聞きしたとき、地域や自身・家族に危険や不安を感じたときは、最寄りの交番・警察署にご相談ください。

  • 奈良警察署 電話番号:0742‐33‐0110
  • 奈良西警察署 電話番号:0742‐49‐0110
  • 天理警察署 電話番号:0743‐62‐0110
  • 警察総合相談電話 ♯9110
  • ナポくん相談コーナー 電話番号:0742‐23‐1108

交通事故にあわないために

 車や二輪車を運転するとき、道路を歩くときなどは交通ルールと交通マナーを守って事故にあわないように十分注意しましょう。夜間の歩行者や自転車は、車からとても見えにくいことを忘れないでください。

歩行者のみなさんへ

  • 早朝や夜間に出かけるときは、明るい(白っぽい)服装や反射材を着用しましょう。
     黒っぽい服装で反射材をつけていないと、車の運転者からはとても見えにくくなります
  • 道路を横断するときは、急がず慌てず、しっかりと左右の安全確認をしましょう。

自転車のみなさんへ

  • 夜間は必ずライトを点灯しましょう。
  • 夜間自転車に乗るときは、反射材をつけましょう。

【問合せ】防犯・交通安全課 電話番号:0742‐34‐5351

しみんだより平成25年3月号 一覧へ戻る