ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年4月号(テキスト版)「虹のひろば」「ならっ子ひろば」(23~24ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年4月号(テキスト版)「虹のひろば」「ならっ子ひろば」(23~24ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

虹のひろば

寛容の精神

日本では4月に入学式、入社式が行われていますが、欧米や中国では9月に新年度が開始し、アジアや南米の多くが2月、3月に入学式を行います。また式典なども簡単な手続きやパーティーを行うだけという国が多いようです。

このような文化や生活習慣の違いをはじめ、国籍、性別、年齢、個性や価値観の違いなどに関心を持って違いを違いとして認め合う、「寛容の精神」を持つことを忘れてはいけません。

いわれのない差別やいじめなどで苦しんでいる人がたくさんいます。「さまざまな違いのある人々が、それぞれ自立し、相互に支え合い、主体的に暮らしていける社会」である「共生社会」を実現するためにも「寛容の精神」を持って人に接することが大事です。

「人権を確かめあう日」記念集会 稲川淳二さんの講演会

  • とき 4月27日(土曜日)午後1時半~3時15分
  • ところ ならまちセンター(東寺林町)
  • 内容 クルーゾン氏症候群という先天性の難病をかかえる男の子の父親でもあるタレントの稲川淳二さん。障がい者を家族に持ち小さな生命と向き合いながら、苦悩し家族を守り続けてきた稲川さんの生き方を紹介します。
    その他、人権啓発ポスター・習字展示あり
  • 定員 300人
  • 申込 往復はがきに催し名、住所、氏名、電話番号、参加人数(1枚に2人まで可)、手話・要約筆記希望者はその旨をを書いて、4月19日必着で市人権政策課へ。多い場合は抽選。来場は公共交通機関をご利用ください。

人権啓発ポスターと標語を募集

対象 県内在住・在勤・在学の小学生以上
部門

  • ポスター(四つ切り画用紙で画材は自由)
  • 標語(規格指定なし)

作品の裏面に小~高校生は氏名、学校名、学年(旧年度の作品は新学年を明記)を、一般は住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話・ファックス番号を書いてください。

応募方法

  • 市立の学校の児童生徒 5月7日までに市人権政策課
  • 市立以外の学校の児童生徒・一般 
    • 5月15日までに県人権施策課(〒630‐8501登大路町30)へ
    • 標語はファックス(0742‐27‐8721)・Eメール(jinkens@office.pref.nara.lg.jp)も可

その他 県提出のポスター作品は優秀作品が年度末に、それ以外の作品は審査終了後に返却します。応募作品の著作権は主催者に帰属し、啓発資料やホームページ等に掲載します。
問合せ 市人権政策課、県人権施策課(電話番号:0742‐27‐8719)

4月から人権相談日を変更します

  • 市役所市民なんでも相談窓口 毎月第1・3金曜日
  • 月ヶ瀬行政センター内相談室 4月・8月・12月の第1木曜日
  • 都祁行政センター内相談室 4月・8月・12月の第1水曜日

【相談時間】午後1時~4時 ※時間に変更はありません。

【問合せ】市人権政策課 電話番号:0742‐72‐1510
〒630‐8106佐保台西町114‐3

ならっこだより

キッズ学びのフロアのプログラムは、3月号18ページで案内していますホームページにも掲載)。

奈良の天然記念物「春日山原始林」

  • 女の子:天然記念物という言葉を聞いたことはありますか?
  • 男の子:今回は古くから奈良の人々に愛され親しまれてきた天然記念物を紹介します。

私たちの身近な自然の中には、そのままにしておくと失われてしまう(絶滅する)生物、生息地、鉱物、地質などがあります。これらを守るため、国が天然記念物に指定し、保護に努めています。

春風そよぐ季節、みなさんもおうちの人と一緒に、天然記念物を訪ねる自然観察のハイキングに出かけませんか。

マナーを守って楽しいハイキング

  • 出かける時は、大人の人と一緒に出かけましょう。
  • 立入禁止の場所には、入らないようにしましょう。
  • 生物の採取やいたずらは、絶対にやめましょう。
  • ゴミは持ち帰りましょう。

春日山原始林

春日山原始林には希少な自然があるため、天然記念物の中でも特に価値が高いものとして特別天然記念物に指定されています。

春日大社の神山として古くから守られ、さまざまな種類の植物が集まっています。原始林には周遊道路があり、春日山遊歩道や渓流沿いの「滝坂の道」とも呼ばれる柳生街道は、ハイキングコースとして親しまれています。

また世界遺産として登録されている「古都奈良の文化財」の一つにもなっています。

春日山原始林内には「鶯の滝」もあります。

ルーミスシジミ棲息地

ルーミスシジミは、照葉樹林に生息するとても珍しいシジミチョウです。春日山原始林の中でこのチョウが生息している地域を「ルーミスシジミ棲息地」として、天然記念物に指定しています。かつては、春日山原始林一帯に分布していましたが、近年、指定を受けた地域でその姿を見かけたという報告はなく、奈良県版レッドデーターブックで絶滅寸前種に指定されています。

学校紹介富雄第三小中学校の巻

平成23年4月、奈良市で22番目の中学校として富雄第三中学校が開校し、施設一体型小中一貫教育校、富雄第三小中学校が誕生しました。

本校は、「小中一貫教育でつくる魅力ある学校―言語活動の充実を核とした学力向上―」をテーマに、「魅力ある教育活動」(小学校と中学校の教員の協働による授業の創造)「魅力ある教師」(確かな指導力、教育に対する情熱をもった教師)「魅力ある地域」(学校を核とした地域コミュニティの活性化)を3つの柱として、奈良帝塚山地区の豊かな自然、近畿大学や県立奈良西養護学校などの教育機関、地域の豊富な人材など、地域の教育力を生かし、9年間の連続した学びの中で確かな学力(知)、豊かな心(徳)、健やかな体(体)を育成して参りたいと考えています。

平成24年度は、「豊かな心をもち、生き生きと学び合う児童・生徒の育成―言語活動の充実を核とした魅力ある授業づくり―」を研究主題に、英会話科、郷土「なら」科、情報科などの特色ある教育活動をはじめ、施設一体型小中一貫教育校のよさを生かし、「自ら学び、深く考える子ども」「自己を大切にし、思いやりのある子ども」「明るく、健康な子ども」の育成をめざしました。今後もさらに充実した取り組みを進めて参ります。

【問合せ】教育支援課 電話番号:0742‐36‐0401

しみんだより平成25年4月号 一覧へ戻る