ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年4月号(テキスト版)市政ニュース、市長コラム、写真で見る奈良市今昔など(25~26ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年4月号(テキスト版)市政ニュース、市長コラム、写真で見る奈良市今昔など(25~26ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市政ニュース

あなたの街を守る消防団! 消防団フェスティバル

地域の最も身近な防災組織である「消防団」について理解を深めてもらおうと、3月2日にならまちセンターで消防団フェスティバルを開催しました。

各分団の活動紹介、消防音楽隊の演奏と広報指導分団カラーガード隊の演技、消防ポンプ操法のほか、こども放水体験や物産展コーナーなどの出店もあり、開催日は大勢の家族連れで賑わいました。

寒空の下、災害時の「食」をテーマとした炊き出しの豚汁も振る舞われ、いざ!という時の「消防団」について、目で見て身体で感じることができました。

(写真)華やかで迫力ある消防団のステージ
(写真)寒さで冷えた身体もおいしい豚汁でポカポカ

あなたが学びのかけ橋に~笑顔がつながる公民館~ 生涯学習フェスタ

3月9日・10日に「生涯学習フェスタ」を中部公民館で開催しました。

オープニングイベントでは奈良の仏像や仏教について、イラストレーターのみうらじゅんさんと海龍王寺住職の石川重元さんが笑いを交えながら講演。「もっと興味をもって好きになってほしい!奈良がこんなに価値のある街だと気付かないのはもったいない!」と熱く語りました。

この他にも、作品展示、料理・喫茶コーナー、リズム体操やミニコンサートなども開催され、公民館活動や生涯学習を身近に楽しく感じるきっかけとなりました。

(写真)「住職だってピザを食べます」2人のかけ合いに会場は笑いに包まれます
(写真)力作がずらりと並びます

飯舘村からのメッセージ「自分のこととして考えて」 東日本大震災復興支援

3月11日で東日本大震災発生から2年が経ちました。なら100年会館では3月9日にチャリティーコンサートを開催し、奈良大学教授の上野誠さんと原発事故で全村避難が続く福島県飯舘村の菅野典雄村長の講演や、コーラス、華道展示などを行いました。

菅野村長は「『おカネの世界』から『いのちの世界へ』」と題し、「ないものねだりはしない。成長社会ではなく成熟社会となるよう、これからの日本のあり方を一緒に考えてほしい」と語りかけました。

(写真)「原発事故をきっかけに30年後、40年後の日本の姿を考えてください」と訴える菅野村長
(写真)最後に会場の全員で合唱
(写真)募金活動も実施(飯舘村の子どもたちに送ります)

市長コラム

今年の3月11日で東日本大震災から2年となりました。先日、奈良市の友好都市であり被災地でもある宮城県多賀城市を訪れ、奈良時代の政庁跡で行われた「復興・多賀城未来への祈り」に出席しました。

2年前の震災で188人もの犠牲者が出た多賀城市に対して、奈良市は被災直後から救援物資の輸送や職員派遣、復興支援酒「遠の朝廷」の企画や被災児童の受け入れなど、さまざまな支援活動を行ってきました。

確かに、街を見渡すと日常の生活インフラは一定の復旧を果たし、市民の暮らしも衣食住を欠く状況は脱したように見えます。しかし、本格的な復興はまだ緒に就いたばかりで、これからの長期戦を乗り越えるには、相当なエネルギーが必要だと改めて感じました。

遠く離れた私たちが継続的な支援活動に取り組むのはもちろんのこと、当事者のみなさんの心の支えになることも重要です。

今回の復興イベントでは、東大寺から二月堂の修二会で使う籠松明を寄贈していただき、復興を願う奈良市民の気持ちの象徴として現地に届けました。これからも奈良らしい寄り添い方で貢献していきたいと思います。

奈良市長 仲川 げん


〈26ページ〉

今月の主な行事・市の催し

 奈良市トップページ>観光>主な行事・市の催しのページにリンクします

写真で見る奈良市今昔

昭和30年代後半に撮影された写真の立派な大木は、東大寺二月堂の前に立っていた樹齢約600年と言われた良弁杉です。

東大寺の初代別当「良弁」から名付けられ、伝説とともに語り継がれてきましたが、昭和36年9月の第二室戸台風で折れてしまいました。現在の杉は、この木の種子を植えたもので、風格のある木に成長しています。

命を受け継いだ伝説の良弁杉。だんだんと暖かくなり、桜も見ごろを迎えるこの季節に訪ねてみてはいかがでしょうか。

(追記)しみんだよりでは、「現在の杉は、この木を挿し木したもの」と記載しましたが、挿し木をしたものはすぐに枯れてしまい、現在の良弁杉はこの折れた杉の種子であったことが分かりました(東大寺教務執事長談)。

訂正してお詫びいたします。

奈良ひとまち大学

奈良ひとまち大学」ホームページ<外部リンク>(新規ウインドウを開きます)

  • 第104回 奈良のご当地アイドルに接近☆~街の魅力をアイドルが発信~
    • とき 4月27日(土曜日)午後2時半~4時半
    • ところ 藝育カフェ Sankaku(下御門町)
    • 定員 25人費用 500円
  • 第105回 作り手が見える「食」との出会い~オーガニックマーケット探検!~
    • とき 4月28日(日曜日)午前9時半~11時半
    • ところ 「奈良オーガニックマーケット」会場(JR奈良駅旧駅舎前)
    • 定員 20人
  • 第106回 フツーの人々のお芝居の楽しみ方~奈良で盛り上がる演劇カルチャー~
  • とき 4月28日(日曜日)午後1時半~4時半
  • ところ 生涯学習センター(杉ヶ町)
  • 定員 20人

申込 往復はがきに授業名、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号を書いて、4月16日必着で同大学事務局へ。1枚に1人1授業限り。ホームページからも可。多い場合は抽選

【問合せ】同大学事務局(市生涯学習財団内)

  • 〒630‐8357 杉ヶ町23
  • 電話番号:0742‐26‐5600

市政広報番組

<ならどっとFM78.4MHz>

  • フロムなら(5分番組)毎週月~金曜日 午前11時半
    毎日 午後6時半
  • 市長の「げん気トークNARA」(30分番組)
    毎月第2金曜日 午後2時10分(再放送は翌日の土曜日 午後6時)
  • なら防災防犯情報ナウ(10分番組)
    • 毎週月~金曜日 午前11時35分
    • 毎日 午後6時35分

市長と気軽にトーク

市長が直接、市民のみなさんの声を聴く場として開催しています。
※公務の都合により、4月の日程等は未定です。

くわしくは、お問い合わせください。ホームページにも掲載します。

【問合せ】広報広聴課(電話番号:0742‐34‐4710)

しみんだより平成25年4月号 一覧へ戻る