ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成24年9月号(テキスト版)安全・安心のまちづくり(9ページ)

本文

奈良しみんだより平成24年9月号(テキスト版)安全・安心のまちづくり(9ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

9月1日は防災の日

 自然災害は避けることができません。しかし、日頃から災害への備えをしておけば被害を小さくすることができます。
 そこで今回は、現在奈良市で取り組んでいる、さまざまな防災・減災に関する事業を紹介します。

土砂災害ハザードマップの作成・配布(今年度中)

 土砂災害の危険性が高い場所を示したハザードマップを作成し、その区域内や周辺地域の人に配布します。日常から災害への意識を高め、災害への備えを啓発することで、被害の防止や減少を図ります。

防災用備蓄倉庫の設置(平成23・24年度で整備)

 被害が広範囲にわたった場合や道路が寸断された場合には、交通機能がまひし救援物資の配布等が困難になります。そこで、備蓄施設等が未整備の小学校区に防災用備蓄倉庫を設置し、災害時に迅速かつ円滑な物資の配給を行うため、備蓄物資の分散化を図ります。

緊急速報「エリアメール」配信事業(今年8月から運用)

 指定エリア(奈良市域)内にいる市民、在学・在勤者、観光客などに対し、安全確保のための災害情報(※)を携帯電話のメールに一斉配信します。

衛星携帯電話の導入(今年度中)

 災害時は通信規制などにより固定・携帯電話が不通となる可能性が高くなります。災害対策本部と市の出先機関等との通信手段の確保のために、衛星携帯電話を配備します。

防災行政無線(デジタル同報系)の整備(今年度から平成26年度の3か年で整備)

 災害発生時に、一次避難所などに設置した屋外拡声器で、住民や観光客に対し災害情報(※)を一斉伝達します。また、全国瞬時警報システム(J-アラート)と連携することにより、緊急情報の迅速な伝達が可能となります
※災害情報 避難勧告・指示、土砂災害警戒情報、各種警報など

被災者支援システムの導入(今年度中)

 大規模な自然災害に見舞われたとき、直ちに被災者を救護・支援し、迅速かつ的確な復旧・復興作業を行っていくために、避難所の運営管理や支援物資・義援金の管理、り災証明の発行などの業務を一括管理し、被災者の生活復興を支援します。

【問合せ】危機管理課 電話:0742-34-4930

9月11日は警察相談の日

ひとりで悩んでいませんか。警察では、犯罪や困りごとなどの相談を行っています。

ナポくん相談コーナー

  • 奈良警察署 電話:0742-33-0110
  • 奈良西警察署 電話:0742-49-0110
  • 天理警察署 電話:0743-62-0110
  • 県警察本部
    • 電話:0742-23-1108
    • プッシュ式:#9110
    • ファックス:0742-24-0874
  • 暴力110番 電話:0742-25-0110
  • ヤング・いじめ110番 電話:0742-22-0110
  • 性犯罪被害相談110番 電話:0742-24-4110
  • 悪質商法110番 電話:0742-24-9441
  • 覚せい剤110番 電話:0742-33-1818
  • 民間被害者支援団体「なら犯罪被害者支援センター」 電話:0742-24-0783

しみんだより平成24年9月号 一覧へ戻る