ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年10月号(テキスト版)健康(24~27ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年10月号(テキスト版)健康(24~27ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

問合せ一覧

予防接種

予防接種予診票綴りを送付します

今月送付する子 平成25年8月生まれの子
〈次の予防接種を個別方式で行います〉

ヒブ感染症予防接種

  • 対象 平成25年8月生まれの子
  • その他受けられる子 接種が未完了の生後2か月~5歳になる1日前までの子

小児肺炎球菌感染症予防接種

対象 平成25年8月生まれの子
その他受けられる子 接種が未完了の生後2か月~5歳になる1日前までの子

ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風(4種混合)

  • 対象 平成25年7月生まれの子
  • その他受けられる子 4種混合が未完了の平成24年8月1日以降に生まれた3か月以上の子

ジフテリア・百日せき・破傷風(三種混合)

対象 接種が未完了の7歳6か月になる1日前までの子

ジフテリア・破傷風(二種混合)第2期

対象 平成13年4月2日~14年4月1日生まれの人(今月案内を送付します)

結核(BCG)

  • 対象 平成25年7月生まれの子
  • その他受けられる子 未接種の生後3か月~1歳になる1日前までの子

急性灰白髄炎(ポリオ)

対象 接種が未完了の生後3か月~7歳6か月になる1日前までの子

麻しん・風しん(MR)第1期

  • 今月案内する子 平成24年10月生まれの子
  • その他受けられる子 未接種の生後1歳~2歳になる1日前までの子

麻しん・風しん(MR)第2期

対象 平成19年4月2日~20年4月1日生まれの子

日本脳炎第1期

  • 今月案内する子 平成22年10月生まれの子
  • その他受けられる子 接種が未完了の3歳~7歳6か月になる1日前までの子

日本脳炎予防接種 特例措置

平成17年5月30日~22年3月31日の間に接種勧奨を控えていたことで接種を受けられなかった人の接種機会を確保するために特例措置がとられています
対象 日本脳炎第1期の予防接種を3回完了していない平成7年4月2日以降に生まれた7歳6か月以上の子

日本脳炎第2期

対象 平成7年4月2日~16年4月1日生まれの人で日本脳炎第1期の予防接種を3回完了している人

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種(子宮頸がん)

  • 対象 平成12年4月2日~13年4月1日生まれの人(4月に接種案内送付済)
  • その他受けられる人 接種が未完了の平成9年4月2日~14年4月1日生まれの人

平成25年6月14日付けでヒトパピローマウイルス感染症予防接種の積極的接種を勧めることを一時差し控えることになりました。接種にあたっては本予防接種の有効性と接種による副反応が起こるリスクについて十分理解し、同意を得た上での接種となります。

【受け方】登録医療機関で接種日を予約してください。「予防接種と子どもの健康」を読んで、母子健康手帳と健康保険証等の奈良市民であることを確認できる書類をご持参ください。平成25年1月1日以降に生まれた子は順次送付する予診票綴りを必ずご持参ください。平成24年度まで発行していた通知書は今年度から廃止しました。転入等で予診票綴りがない平成25年1月1日以降に生まれた子、市外で接種希望の人は保健予防課へご連絡ください。

【問合せ】保健予防課

成人の風しん予防接種の助成の対象者が拡大し、助成期間も延長しています。くわしくは7・8月号に掲載
【問合せ】保健予防課(電話番号:0742-93-8397)

乳幼児の健診

持物 問診票、母子健康手帳。問診票は10月中旬に送付しますが、10月1日以降の転入者等で届かない人は当日直接会場へ(4か月・10か月児健診は健康増進課へ連絡)

【問合せ】健康増進課

  • 4か月児健診
    • 対象 平成25年7月生まれの子
    • とき 満4か月になった日から1か月以内に受診してください
    • ところ 市内指定医療機関
  • 10か月児健診
    • 対象 平成25年1月生まれの子
    • とき 満10か月になった日から1か月以内に受診してください
    • ところ 市内指定医療機関
  • 1歳7か月児健診
    • 対象 平成24年3月生まれの子
    • とき 11月7日、11月14日、11月21日、11月28日の木曜日(受付は午後1時15分~2時15分。番号札は午後0時45分から配布)
    • ところ 中央保健センター
  • 3歳6か月児健診
    • 対象 平成22年4月生まれの子
    • とき 11月5日、11月12日、11月19日、11月26日の火曜日(受付は午後1時15分~2時15分。番号札は午後0時45分から配布)
    • ところ 中央保健センター

こんにちは赤ちゃん訪問

生後4か月未満の赤ちゃんのいる全家庭を訪問しています。

  • 母乳育児の相談や育児の心配ごとがある家庭
  • 赤ちゃんの出生体重が2千500g未満の家庭(生活環境や病気の予防など十分な配慮が必要なため届出をお願いしています。)
    申込 母子健康手帳と一緒に交付している緑色の「新生児はがき」か電話で健康増進課へ。助産師か保健師が訪問します。
    【問合せ】健康増進課(電話番号:0742-34-5129)
  • 特に心配ごとがない家庭は、赤ちゃんが生後2~3か月頃に、市が委託している訪問員が直接電話連絡し、訪問します。
    【問合せ】子育て相談課(電話番号:0742-34-4804)
    ※児童福祉法に基づいて全家庭へ訪問します。

むし歯予防のためのフッ化物塗布

  • 対象 平成23年3月生まれの子(3歳の誕生月まで申込可)
  • とき 11月15日(金曜日)午前9時半~11時半
  • ところ 中央保健センター
  • 持物 母子健康手帳、歯ブラシ、コップ、タオル
  • その他 歯科健診、歯みがき指導あり
  • 申込 電話かFaxに事業名、子どもの氏名・生年月日、電話番号を書いて、10月1日~25日に健康増進課へ。

4歳6か月児発達相談会

  • とき 10月30日(水曜日)午後1時~。1人約60分
  • ところ 中央保健センター
  • 内容 幼稚園・保育園等の4歳児クラスに在籍している子の、集団生活等から生じた発達上の不安等について医師、作業療法士、保健師、心理相談員、管理栄養士、教育関係者が個別相談に応じます
  • 申込 電話で健康増進課へ。時間は申込時に連絡

妊産婦・乳幼児健康相談

妊娠中の生活、母乳育児、乳幼児の発達・発育等をご相談ください。※申込不要。母子健康手帳を持参

保健師による巡回相談

(6日以前は9月号に掲載)

  • とき・ところ
    • 10月7日(月曜日)・伏見公民館あやめ池分館(おやこプチ講座)
    • 10月8日(火曜日)・若草公民館(おやこプチ講座)
    • 10月9日(水曜日)・南部公民館
    • 10月11日(金曜日)・三笠公民館
    • 10月16日(水曜日)・平城西公民館、京西公民館
    • 10月21日(月曜日)・辰市ふれあい会館
    • 10月22日(火曜日)・平城公民館(おやこプチ講座)
    • 10月23日(水曜日)・春日公民館*(おやこプチ講座)
    • 10月24日(木曜日)・富雄南公民館11月1日(金曜日)・平城東公民館*
  • 時間 午前9時半~11時半(*は午後1時半~3時半)
  • ※平日の午前8時半~午後5時15分で健康増進課での電話・来所相談もあり

助産師による相談

  • 〈西部会館2階相談室(来所相談)〉
    とき 平日の午前10時~午後2時※保健師の場合もあります。
  • 〈健康増進課(電話・来所相談)〉
    とき 平日の午前9時~午後3時

【問合せ】健康増進課

妊娠判定受診料・不妊治療費等の一部を助成します

妊娠判定のための受診料の助成

  • 対象 市民税非課税・生活保護世帯の人
  • 助成 妊娠判定に要する診察と尿検査、必要に応じて超音波検査で、各医療機関で定める額。1回の上限は7,000円。1年度2回まで
  • 申請 受診前に健康増進課へ。

一般不妊治療費等助成

一般不妊治療や人工授精等の費用の一部を助成します。

  • 対象 一般不妊治療等を受けた、医療保険各法の被保険者か被扶養者である法律上の夫婦
  • 助成 自己負担額の2分の1で、1年度あたり上限5万円。期間は補助を開始した診療日の属する月から継続する2年間(助成額は累計10万円まで)
  • 申請 1年度分(4月~3月分)をまとめ、添付書類を添えて年度内に健康増進課へ。

不妊に悩む人への特定治療支援

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)の費用の一部を助成します。

  • 対象 特定不妊治療を受けた、前年(1月~5月の申請は前々年)の所得が730万円未満の法律上の夫婦
  • 助成 1回の治療につき15万円まで(一部の治療は7万5千円まで)。初年度は年3回まで、次年度以降は年2回を限度に通算5年度間助成(通算10回まで)
  • 申請 添付書類を添えて、特定不妊治療が終了した日の属する年度内に健康増進課へ。

乳児のための各種教室

5か月児ぱくぱく教室(離乳食)

  • 対象 平成25年6月生まれの子と保護者
  • とき 11月13日(水曜日)・27日(水曜日)午前10時
  • 内容 栄養士による離乳食の話、保健師による子育ての話
  • 持物 母子健康手帳、4か月児健診の問診票に同封の離乳食リーフレット等
  • 定員 各日40人

10か月児きらきら教室

  • 対象 平成25年1月生まれの子と保護者
  • とき 11月12日(火曜日)・26日(火曜日)午前9時半
  • 内容 生え始めた歯の手入れの話・実習、子どもの遊びと特徴、生活リズム等
  • 持物 母子健康手帳、赤ちゃん用歯ブラシ、ガーゼ等
  • 定員 各日35人
  • ところ 中央保健センター
  • 申込 電話かFaxに教室名、住所、子どもの氏名・生年月日、保護者名、電話番号、希望日を書いて健康増進課へ。多い場合は別の日で受付

がん検診(11月)

*申込は電話、ファックス、ホームページの電子申請で健康増進課へ。都祁保健センター実施分は電話で同センターへ。
*受付期間 9月1日~20日(電子申請は10日まで)
*生活保護世帯・市民税非課税世帯の人は無料。申込時に申出を。
*持物 健康手帳(持っていない人には当日発行)

胃・肺セットがん検診

11月の日程
とき ところ 定員

5日(火曜日)午前8時45分~9時45分

はぐくみセンター 33人
7日(木曜日)午前9時15分~10時15分 西部公民館学園大和分館 27人
8日(金曜日)午前9時15~午前10時15分 都跡公民館 27人
11日(月曜日)午前9時00~10時 北部出張所 30人
18日(月曜日)午前9時~10時 西奈良県民センター 30人
19日(火曜日)午前9時15分~10時15分 休日夜間応急診療所 27人
20日(水曜日)午前9時15分~10時15分 富雄南公民館 27人
25日(月曜日)午前9時~10時 北部出張所 30人
26日(火曜日)午前9時15分~10時15分 富雄公民館 27人
27日(水曜日)午前8時45分~9時45分 はぐくみセンター 33人
28日(木曜日)午前9時15分~10時15分 休日夜間応急診療所 27人

29日(金曜日)午前9時~10時

西奈良県民センター 30人

※原則セットですが、希望により胃のみ、肺のみでも受け付けます。申込時に申出を。

費用 1,500円(胃のみ1,000円、肺のみ500円)。肺がん検診の問診の結果、喀痰検査実施の場合は600円の加算(別途送付費用が必要な場合あり)

肺がん検診

  • とき 18日(月曜日)午後2時~3時
  • ところ 休日夜間応急診療所
  • 定員 60人
  • 費用 500円。問診の結果、喀痰検査実施の場合は600円の加算(別途送付費用が必要な場合あり)

【対象】40歳以上の人(胃がん検診のみの場合は35歳以上)。妊娠中、胃・肺・腸の病気で現在治療中か過去に手術を受けた人、バリウムによる過敏症や誤えんしたことがある人(肺がん検診は可)、腸閉塞・憩室炎・腸ねん転の既往がある人(肺がん検診は可)、勤務先等で同様の検診がある人は除く

【その他】精密検査を受けた人、ペースメーカーを使用中の人は主治医に相談を。授乳中の人は申込時に申出を。検診は年度中1回限り

【問合せ】健康増進課

結核住民検診

  • 対象 65歳以上の人
  • とき 10月19日(土曜日)午前9時半~10時半
  • ところ 総合医療検査センター(柏木町)
  • 内容 胸部エックス線検査
  • 申込 電話で前日までに保健予防課へ。

健康づくり教室

簡単減塩クッキング~塩分が気になる方へ~

  • とき 11月12日(火曜日)(1)午前9時半~10時50分(2)午後1時半~2時50分(※(1)と(2)は同じ内容。実演・少量試食あり)
  • ところ 総合医療検査センター(柏木町)
  • 講師 同センター管理栄養士
  • 定員 各12人
  • 費用 600円
  • 申込 はがきかファックスに教室テーマ、(1)(2)の別、住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話・ファックス番号を書いて、10月25日必着で総合医療検査センター(〒630-8031柏木町519-5電話番号:0742-33-7876・ファックス番号:0742-33-5800)へ。多い場合は抽選

健康講座

腰痛の治療と予防

  • とき 10月24日(木曜日)午後2時~3時25分
  • ところ 市医師会館(柏木町総合医療検査センター東隣)
  • 講師 京都府立医科大学整形外科講師の池田巧さん
  • 申込 不要。手話通訳が必要な場合は10月15日までに申出を
  • 問合せ 総合医療検査センター(電話番号:0742-33-7876 ファックス番号:0742-33-5800)

臨床心理士によるこころの健康相談

  • 面接 10月28日(月曜日)の午後(要予約)
  • 電話 10月7日(月曜日)・21日(月曜日)の午後

【問合せ】保健予防課

20日ならウォーク秋だ!ウォークだ!全員集合!!

同時開催、知って得する健康講座

【とき】
10月20日(日曜日)午後0時半~2時受付※雨天決行
(一部内容変更あり。事前確認は前日午後6時以降NTTテレドーム電話番号:0180-997-002へ)
【ところ】
市中央体育館(法蓮佐保山四丁目)
来場は公共交通機関をご利用ください。
【持ち物】
動きやすい服装・靴、上履き、靴を入れる袋、水分補給できるもの。服や帽子等、ブルーの物を身に付けて参加してください。
ブルーは世界糖尿病デーのテーマカラーです。
【申込】
はがき・ファックス(事業名、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を記入)、電話、インターネットの電子申請で、10月17日までに健康増進課へ。

時間 内容
午後0時半~2時 血糖値・血圧・体力測定等
午後1時~2時 知って得する健康講座糖尿病の話「歯周病菌が悪化をまねく!!」
講師:歯科医師
午後2時~4時半 佐保山周辺をウォーキング(約5km)※雨天時は室内ウォーキング

【問合せ】健康増進課

高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

【対象】
接種時点で奈良市に住民登録のある人で、
(1)接種当日満65歳以上の人
(2)接種当日満60歳以上65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器の機能に日常生活が極度に制限される程度の障害がある人、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある人

※(2)の人と入院・入所中の人でやむを得ず市外で接種を希望する人は、事前に保健予防課で手続きが必要

【費用】1,500円
【接種回数】1回
※生活保護等を受けている人は「保護受給証明書」か「中国残留邦人等支援給付に係る証明書」を接種当日に医療機関に持参した場合に限り、無料

【接種方法】市内取扱医療機関(ホームページにも掲載)で接種日を予約してください。
【持物】健康保険証等本人を確認できるもの
【実施期間】10月15日(火曜日)~12月28日(土曜日)(医療機関の休診日を除く)

【接種前の注意】
医療機関でもらう予診票の一枚目の「高齢者インフルエンザ予防接種を受ける前に」をよく読んで、十分理解をした上で接種を受けてください。
【受けられない人】
(1)接種前の体温が37.5度以上の人
(2)重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
(3)インフルエンザ予防接種の接種液の成分で、アナフィラキシー(接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことがある人
(4)インフルエンザの予防接種で、接種後2日以に発熱のみられた人および全身性発疹等のアレルギーを疑う症状を起こしたことがある人
(5)その他、予防接種を行うことが不適当な状態にあると医師が判断した場合
【問合せ】保健予防課

がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン

~自分自身やあなたを必要とする人のためにも、がん検診を受けましょう!~

とき 10月1日(火曜日)~31日(木曜日)

 国民の3人に1人が「がん」で亡くなっています。がんは早期の段階では症状が出ることがほとんどなく、多くは相当進行した段階で初めて出てきます。早期がんの発見に非常に有効なのが「がん検診」です。今年度の大腸がん・子宮がん・乳がん検診の対象者には受診票か無料クーポン券を送付しています。また、胃がん・肺がん検診は毎月実施していますので、しみんだより、ホームページ等でご確認ください。
※各種検診一覧はしみんだより7月号27ページに掲載

キャンペーン月間啓発展示

  • 10月7日(月曜日)~11日(金曜日)市役所1階連絡通路
  • 10月12日(土曜日)~18日(金曜日)はぐくみセンター1階

【問合せ】健康増進課

感染性胃腸炎に注意しましょう!

 ノロウイルス等による感染力の強い病気で11月から5月に流行します。吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、軽度の発熱等の症状が2~3日続いて後遺症なく治癒しますが、乳幼児や高齢者は、嘔吐物による窒息や脱水に注意が必要です。このような症状があれば早めに受診しましょう。帰宅時、食事前、排泄後等はこまめに手洗いをし、感染の疑いがある人の嘔吐物やふん便の処理は手袋やマスクを着用して十分な換気を行った上で液体塩素系漂白剤を使用して行いましょう。

【問合せ】保健予防課

7月分 善意銀行

【一般】

  • 谷村光洋(北之庄町)おもちゃ
  • 大安寺西小学校6年生児童・保護者一同 清拭布180枚
  • 吉岡耕藏(山陵町)5,000円
  • 廣田久義(山陵町)5,000円

【指定】

  • 水瀬淳男(下深川町)10万円
  • 稲盛和夫(京都市)100万円

しみんだより平成25年10月号 一覧へ戻る