ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年11月号(テキスト版)市政ニュースなど(28~29ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年11月号(テキスト版)市政ニュースなど(28~29ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市政ニュース

奈良市美術館愛され続けて10周年

来館者100万人達成セレモニー

9月27日、市美術館で来館者100万人を達成し、記念セレモニーを開催しました。
来館100万人目は、市内から来られたご夫婦。セレモニーでは、ご夫婦と福井副市長等の手によってくす玉が割られ、来館者や美術館の職員から温かな拍手が起りました。
「今回は『奈良の学校』の展示を観に来ました。商業施設の中にある美術館はめったにない。夫婦でよく利用していましたが、まさか自分が100万人目になるとは。」と驚きつつも嬉しそうな声。
同館は、買い物客も気軽に利用できる文化施設として、平成15年10月2日にオープンし、今年で10周年を迎えます。買い物にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

(写真)
上:割られたくす玉に笑顔がこぼれます
下:記念品が贈られました

名産品を使った料理を召し上がれ!

小浜市口くちなた名田地区PRイベント

10月9日、市役所1階玄関ホールで姉妹都市・福井県小浜市の口名田小学校6年生の児童が地元をPRするイベントを開催しました。
パネルを使って特産物の谷田部ねぎの特徴やレシピを紹介した他、実際に谷田部ねぎとサバを使ったチヂミの試食を行いました。用意していた約100食がすぐに無くなる盛況ぶりでした。試食した人からは「ねぎが甘くておいしい」という感想も。
この他にも、プロジェクターによる妙祐寺のしだれ桜や若狭瓦窯跡、小浜城等の自然や史跡の紹介を通して、地元の魅力を一生懸命伝えました。

(写真)
上:子ども達もチヂミをパクリ
下:プロジェクターやパネルで地元の魅力をPR

市議会9月定例会

9月4日に開会した9月定例会は22日間にわたって慎重審議され、25日に閉会しました。この議会に市長から提出し、可決または同意された案件は次のとおりです。

【報告】

  • 平成24年度決算に基づく市財政の健全化判断比率
  • 平成24年度決算に基づく市公営企業の資金不足比率
  • 平成24年度市一般会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市下水道事業費特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市住宅新築資金等貸付金特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市市街地再開発事業特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市母子寡婦福祉資金貸付金特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市針テラス事業特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定
  • 平成24年度市病院事業会計決算の認定
  • 平成24年度市水道事業会計決算の認定
  • 市第4次総合計画の基本計画に係る実施状況(平成23年度~平成24年度)及び実施計画(平成25年度~平成27年度)
  • 市長専決処分(5件)

【議案】

  • 平成25年度市一般会計補正予算
  • 平成25年度市国民健康保険特別会計補正予算
  • 平成25年度市土地区画整理事業特別会計補正予算
  • 平成25年度市介護保険特別会計補正予算
  • 平成25年度市病院事業会計補正予算
  • 平成25年度市都祁水道事業会計補正予算
  • 市債権管理条例の一部改正
  • 市税条例の一部改正
  • 市国民健康保険条例の一部改正
  • 市介護保険条例の一部改正
  • 市後期高齢者医療に関する条例の一部改正
  • 市個人市民税の控除対象となる寄附金を受け入れる特定非営利活動法人等を定める条例の制定
  • 市入江泰吉旧居条例の制定
  • 市立学校設置条例の一部改正
  • 市立図書館設置条例の一部改正
  • 市病院事業の設置等に関する条例の一部改正
  • 平成24年度市病院事業会計資本剰余金の処分
  • 委託契約の締結
  • 工事請負契約の一部変更(2件)
  • 町の区域の変更(2件)
  • 公の施設の指定管理者の指定
  • 工事請負契約の締結

なお、これらの議案のうち市入江泰吉旧居条例については修正案が可決されています。

【諮問】

人権擁護委員の候補者の推薦(3件)

河瀬直美さん、八嶋智人さん奈良市の魅力を発信!

奈良市観光特別大使委嘱式

9月28日、映画監督の河瀬直美さんと俳優の八嶋智人さんを奈良市観光特別大使に委嘱しました。
東大寺転害門前(手貝町)で行われた委嘱式では、仲川市長から奈良の伝統工芸品である奈良晒でできた委嘱状を贈呈。
仲川市長の「奈良の深い魅力を多くの人に伝えてほしい」という激励に、河瀬さんは「奈良の魅力を映像を通して発信していきたい」、八嶋さんは「奈良の良さをいろいろな方法で宣伝していきたい」と抱負を語りました。
【奈良市観光特別大使とは】
奈良市出身か市内居住で芸術・芸能等の分野において国内外で著名な活動をしている人を委嘱することで多方面に本市に関する情報を幅広く発信していただきます。

(写真)
奈良市観光特別大使の委嘱を受けた八嶋さん(左)と河瀬さん(右)

格子の家が国内7位に選ばれました

行ってよかった無料観光スポット

奈良市の観光施設「ならまち格子の家」が、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が発表した「行ってよかった無料観光スポット2013」に選ばれ、第7位に入賞しました。
これを記念して、10月6日に記念式典を行いました。仲川市長から表彰盾を送られた同施設スタッフの松本さんは、「受賞を聞いてびっくりしました。徐々にうれしさが込み上げてきます。今までどおり来られる方をお迎えしたいと思います」と喜びを語りました。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただき、奈良の町家の魅力を感じてください。

(写真)
上:昔ながらの町家に心がほっと和みます
下:表彰盾を手に取り、記念撮影

奈良初のプロバスケットボールチームを応援しよう!!

バンビシャス奈良プレシーズンゲーム

9月22日、奈良初のプロバスケットボールチーム「バンビシャス奈良」が、市中央体育館で高松ファイブアローズとプレシーズンゲームを行いました。プロバスケットボール選手による試合はスピード、迫力とも満点。終了間際に逆転され62対64で惜しくも敗れましたが、約2千5百人の観客からは惜しみない拍手が送られました。ハーフタイムには、一条高校ダンス部による元気いっぱいのダンスが披露された他、ファン参加のイベントも行われ、会場は大いに盛り上がりました。公式戦は10月に始まっており、来年4月まで熱戦が繰り広げられます。
市中央体育館では来年1月4日・5日に試合が行われる予定です。プロ選手たちの熱い戦いを、みんなで応援しましょう。

(写真)
上:大迫力のプレーを目の前で
下:三笠中学校出身の稲垣諒選手も大活躍

市長コラム

市内各所でも大勢の観光客で賑わう季節となりました。昨年1年間に奈良市を訪れた観光客数は1,332万人と、東日本大震災の影響を脱しつつあります。特に回復が顕著なのが海外からのお客様です。10年前から始まった政府によるビジット・ジャパン・キャンペーンに加え、近年の円安やビザの緩和等さまざまな要因がありますが、観光客全体に占める割合はまだ2%に過ぎませんので、今後いかに伸ばして行くかが重要になってきます。
国別の動向を見てみると従来から訪日客の中心であった中国・韓国・台湾に加え、本市でもタイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア等、東南アジアの新興国からの訪問が急増しています。今後はさらに多文化・多宗教のお客様をお迎えすることになりますので、受入環境の整備や質の向上も求められます。国際色豊かな奈良時代をほうふつとさせる、新しい観光都市の創造に向け取り組んで行きたいと思います。

奈良市長 仲川 げん

しみんだより平成25年11月号 一覧へ戻る