ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成25年11月号(テキスト版)市立幼稚園と市立保育所の再編を進めます(7ページ)

本文

奈良しみんだより平成25年11月号(テキスト版)市立幼稚園と市立保育所の再編を進めます(7ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市立幼稚園と市立保育所の再編を進めます~未来を担うすべての子どもたちのために~

少子化や核家族化、就労形態の多様化等、近年子どもを取り巻く環境は大きく変化し、就学前の教育・保育に対する市民ニーズも増加・多様化しています。
そこで、本市では、市立幼保施設の在り方を抜本的に見直すため、「奈良市幼保再編基本計画・実施計画」を策定しました。計画では、平成29年度末までにすべての市立幼保施設を「(仮称)市立こども園」に再編することとしています(計画はホームページにも掲載)。

  • 奈良市の次代を担う就学前のすべての子どもたちが、安全に、健やかに、いきいきと生活できるように、既存の市立幼稚園と市立保育所を再編により一体化することで、互いの良さを活かした質の高い教育・保育を提供します。
  • 安心して子育てができるように、さまざまな面から、すべての子どもと子育て家庭を支援します。

過小規模になっている市立幼稚園があるエリアから優先して再編します!

園児総数が30人に満たない規模になっている市立幼稚園があるエリア等を優先して統合・再編を進めています。

過小規模になっている佐紀幼稚園は、都跡幼稚園と統合・再編し今年度末で閉園する予定です。今後、具体的な再編時期が決定すれば随時お知らせしていきます。

新しい幼児期の教育・保育のかたち

子ども本位の教育・保育の充実

これまでの幼稚園児・保育園児が、ごく当たり前に一緒に生活できる、入園から小学校就学までの一貫した教育・保育を担う一体型施設として、年齢に応じた適切な集団規模の中で相互に支え合い育ち合える、子ども主体の教育・保育を実施します。

保育サービスの拡大

預かり保育・延長保育・給食等、これまでの幼稚園や保育所の持つ機能がさらに充実することで、保護者の就労状況に関わりなく、継続して施設を利用できるようになります。また、特別な支援を必要とする子どもの受け入れ態勢等も充実します。

子育て支援の推進

「(仮称)市立こども園」に通っていない子どもの家庭も含め、子育て中の親子の居場所や仲間づくり、子育て相談、情報提供等を通して、地域の子育て支援の拠点として、安全・安心な子ども・子育て支援を行います。

長い歴史の中で、子どもや保護者と手を携えながら培ってきた奈良市の教育・保育

市立幼稚園・市立保育所 再編による幼保一体化

(仮称)市立こども園

  保育を必要としない 保育を必要とする
3~5歳就園児 教育・保育
延長利用
給食
0~2歳就園児  

教育・保育

延長利用

給食

未就園児

保育を必要としない・保育を必要とする:親子登園や子育て相談担当職員を各園に配置

市立幼稚園・認定こども園児募集

※佐紀幼稚園は、来年度から都跡幼稚園と統合し認定こども園となるため、園児募集を行いません。

【対象児童】
3年保育は認定こども園(富雄南・左京・都跡・青和)のみ。都跡・青和は来年度から新たに移行

  • 1年保育:平成20年4月2日~平成21年4月1日生
  • 2年保育:平成21年4月2日~平成22年4月1日生
  • 3年保育:平成22年4月2日~平成23年4月1日生

【願書配布】11月5日(火曜日)以降各希望園で受け取ってください
【受付期間】11月11日(月曜日)~15日(金曜日)午後1時~4時(現在の認定こども園は6時)、各園で受付
【申込】
願書、市内在住を証明できるもの(住民票等、保護者と幼児が記載された、発行3か月以内のもの)を受付期間中に希望する園へ(認定こども園のみ定員があるため、多い場合は抽選)。

預かり保育

大宮・伏見・富雄北・六条・富雄第三・大安寺西幼稚園では、通常教育時間終了後や夏休み等の長期休業中に、在園児を午後5時まで受け入れる預かり保育を実施しています(有料)。

認定こども園都祁保育園短時間利用

申込は、11月26日~12月10日に、保育所・幼稚園課または同園へ(書類の配布についても同じ。市内在住の
証明は不要)。また、来年2~4月からの同園長時間利用の申込は12月10日まで

【問合せ】
園児募集について:各園か保育所・幼稚園課 電話番号:0742-34-5086
再編計画、認定こども園について:子ども政策課 電話番号:0742-34-4792

しみんだより平成25年11月号 一覧へ戻る