ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成24年12月号(テキスト版)市政ニュース・市長コラム(29ページ)

本文

奈良しみんだより平成24年12月号(テキスト版)市政ニュース・市長コラム(29ページ)

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

市政ニュース

わらべうたは貴重な無形の文化遺産 ならまちわらべうたフェスタ

 10月21日、ならまちセンターを中心とした、ならまち界隈で「ならまちわらべうたフェスタ」を開催し、親子連れなどでにぎわいました。

 この催しは平成5年に、ならまち内の施設や寺社でわらべうたをテーマとした遊びや文化講演を開催したのが始まりで、今年で20回目。回を重ねるごとに地域や参加団体の連携の輪を広げています。子どもから高齢者まで、世代を越えて、楽しみながら文化に触れられる、ならまちおなじみのイベントです。

 お手玉や折り紙など、昔ながらの遊びに子どもたちが夢中になる姿から、今も昔も変わらない遊びの魅力を再確認できました。

楽しく工夫!3Rでごみ減量へ ならクリーンフェスタ

 10月の3R推進月間にちなみ、10月21日、環境清美センターで「ごみ減量・リサイクルキャンペーン」の一環として「ならクリーンフェスタ」を開催しました。

 3Rとは、ごみの減量(Reduce)・再使用(Reuse)・再資源化(Recycle)のことで、各家庭での取り組みも広がっています。

 当日は、ごみ減量・リサイクル推進啓発ポスター入賞者の表彰式のほか、不要になった陶磁器・鞄・靴・ぬいぐるみの交換会やリサイクルフリーマーケットなどが行われ、市民のみなさんの3Rへの関心の高さがうかがわれました。

いざ!というときに備えて確認を 緊急情報のテスト配信

 今年8月から、災害時などに住民や通勤・通学者、観光客など奈良市内に滞在する人たちに携帯電話のメール機能を活用して、災害情報や避難情報などを一斉配信するサービスを運用しています(NTTドコモ=エリアメール、KDDI・ソフトバンクモバイル=緊急速報メール)。この試験配信として、10月25日の午前11時頃に市内一斉にテスト配信しました。

 いざというときにすぐに対応できるよう、日頃から心がけましょう。

【問合せ】危機管理課 電話番号:0742‐34‐4930

(注意)機種の種類や設定によって、受信できない場合があります。対応機種や設定状況・方法は各携帯電話会社にご確認ください。

動画チャンネルのご案内

奈良市ホームページの「Channel Nara 奈良市動画チャンネル」にイベントの様子を動画で紹介!

市長コラム Vol.21

 今回は市内の幼稚園で生まれた温かい話題です。

 ある企業から100本のトマトの苗を頂いたのは今年の春。都跡幼稚園では、野菜を育てることを通じて食べ物の大切さや感謝の気持ちを育てようと、さっそく食育活動に取り組みました。幼稚園の花壇とプランターで子どもたちが丹精込めて育てた結果、たくさんのトマトを収穫することができました。

 さて、ここからが本題です。真っ赤に育ったおいしそうなトマトを前に、「ケチャップにしよう」「ジュースにしたい」など、次々とアイディアが出されました。話し合いの末、約185キログラムもある大量のトマトは、市の農産物加工センターでトマトジュースにすることになりました。

 そこから、ジュースのネーミング、手書きのラベル作成へと夢のプロジェクトは、どんどん広がっていきます。最後に「このジュースを誰に飲んでほしいか?」を考えた結果、東日本大震災の被災地である奈良市の友好都市・宮城県多賀城市内の幼稚園に届けることになりました。

 「おもちゃも流されたの?」と、子どもながらに他の人のことを思いやる気持ちが芽生えたのは、この事業最大の「収穫」だったのかもしれません。

奈良市長 仲川 げん

しみんだより平成24年12月号 一覧へ戻る