ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報活動 > しみんだより > 奈良しみんだより > 奈良しみんだより平成29年1月号(テキスト版)25~27ページ お知らせ2

本文

奈良しみんだより平成29年1月号(テキスト版)25~27ページ お知らせ2

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

後期高齢者医療制度高額介護合算療養費の申請

対象者

平成28年7月31日の時点で後期高齢者医療被保険者であった人(75歳以上の人または65歳~74歳で一定の障がいがあり同制度に加入した人)

内容

世帯内の後期高齢者医療被保険者全員の対象期間中(平成27年8月1日~28年7月31日)の医療保険と介護保険の自己負担額の合計額が下記の限度額を超えた場合、申請をすると、超えた額が後期高齢者医療と介護保険から支給されます。

負担割合(後期高齢者医療制度)
3割
区分 一定以上所得者 期間の限度額…67万円
1割
区分 一般 期間の限度額…56万円
区分 低所得者【2】(注1)期間の限度額…31万円
区分 低所得者【1】(注2)期間の限度額…19万円(注3)
(注1)低所得者【2】:被保険者の属する世帯全員が市町村民税非課税であること。
(注2)低所得者【1】:被保険者の属する世帯全員が市町村民税非課税で、その世帯全員の所得が一定基準以下(例:年金収入80万円以下)か老齢福祉年金を受けていること。
(注3)介護保険の利用者が複数いる場合、31万円になる場合があります(くわしくは、介護福祉課へ)。

申請方法

支給対象者には1月下旬に申請の案内を送付します。ただし、次に該当する人には案内を送付できない場合があります。
(1)対象期間に市町村を越えて転居した人
(2)対象期間に医療保険を変更した人
※(1)(2)の該当者は、案内があった場合でも、加入していた医療保険・介護保険で「自己負担額証明書」の交付を受けてから申請してください。

必要なもの

後期高齢者医療被険者証、介護保険被保険者証、通帳、印鑑、個人番号(通知)カード、本人確認書類、自己負担額証明書(上記(1)(2)の人のみ)

注意点

  • 保険外費用(食事代・差額ベット代・おむつ代等)、高額療養費、高額介護サービス費で既に支給された分は高額介護合算療養費の対象になりません。
  • 世帯で医療保険と介護保険の双方に自己負担があることが条件になります。
  • 支給金額が500円未満の場合は請求できません。
  • 重度心身障害者老人等医療費助成制度を受けている人は、後期高齢者医療分について、既に医療助成した金額を差し引いて支給します。

問合せ 福祉医療課(電話番号:0742-34-4754)、介護福祉課(電話番号:0742-34-5422)

安全・安心のまちづくり

おはよう おかえり こんにちは 声かけ 気にかけ 笑顔かけ
社会の一員としてマナーと規範意識の向上に努め、住みよいまちをつくりましょう。

マナーの遵守と規範意識の向上

奈良市安全安心まちづくり条例と同基本計画では防犯・交通安全とともにマナーの遵守を基本方針として、安全・安心で快適なまちづくりをめざしています。自分の住むまちを住みよいまちにしていくためには、マナーを守るという一人ひとりの心がけが大切です。

次の点に注意しましょう。

  1. 一般の通行・日常生活の妨げとなる自動車等の駐車
  2. 公共の場所・他人の所有地への自動車等の放置
  3. 公共の場所の占用
  4. 空き缶等のポイ捨て・ごみの不法投棄
  5. 灰皿がない場所での路上喫煙
  6. 他人に危害・迷惑を及ぼす愛玩動物の飼育
  7. 公共施設や他人の建物等への落書き

奈良市の取組

市では安全・安心で快適なまちづくりを推進するため、マナー向上の活動を実施しています。
(1)国際文化観光都市として美観の形成・維持を図るとともに、安全で快適な生活環境を確保し、美しいまちづくりを進めています。(奈良市路上喫煙防止に関する条例及び奈良市ポイ捨て防止に関する条例)
(2)駅前の美観を損ねたり、交通安全上の支障となる放置自転車等の対策に取り組み、良好な生活環境の確保と、生活の安全を保持しています。(奈良市自転車等の安全利用に関する条例)
(3)はり紙等の簡易広告物の除却作業を進めているとともに、市民のみなさんも主体的に広告物等を除却できる制度「古都奈良・美守り隊」(随時募集中)を定めて、違法な広告物の追放運動を行っています。(奈良市屋外広告物条例)

防災とボランティアの日(1月17日)防災とボランティア週間(1月15日~21日)

平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災をきっかけに災害時の防災ボランティア活動や自主的な防災活動について認識を深めるとともに、災害への備えの充実強化を図ることを目的として設けられました。平成23年3月11日に発生した東日本大震災でも、ボランティアが大きな役割を果たし、多くの人が救援や被災地の回復に貢献しています。

防災写真・防災用品展

防災への関心を高め、災害時の備えとボランティア活動について考えてみませんか。阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災等のパネルを展示します。

  • とき 1月16日(月曜日)~20日(金曜日)午前8時半~午後5時15分
  • ところ 市役所1階連絡通路

FMラジオで情報番組「なら防災防犯情報ナウ」を放送しています

市の防災情報、自主防災組織の活動状況など身近な防災のワンポイント情報をお知らせします。
【放送時間】毎週月~金曜日午前11時35分~45分毎日午後6時35分~45分(再放送)
【放送局】ならどっとFM78.4MHz
※大規模災害が発生した時は、同放送局が緊急放送をします。大災害時に備えてFM放送も聴けるラジオがあれば、いざという時に役立ちます。

非常持出品を準備しましょう!

万一の災害に備え、非常食や必要なものをリュックサック等にまとめておきましょう。市では乾パン・クラッカー・アルファ化米・粉ミルク等の食料や毛布・簡易トイレ・発電機等を備蓄していますが、約一週間は自力でしのげる準備をしておきましょう。また、あれこれ詰めすぎると重くなり、避難行動に支障が出ますので注意してください。
問合せ 危機管理課(電話番号:0742-34-4930)

冬のならまちナイトカルチャー

夜の「ならまち」で、ものづくり体験!
「ハートマークの入ったオリジナルトンボ玉アクセサリー作り」バレンタインデーのプレゼント等にいかがでしょうか?
奈良町町家バンクで成約した町家の新たな活用を見られます。
また、大人気のならまちで和菓子つくり体験ができる演目!創業百余年の町家で、ならまちオリジナルお菓子をつくる体験ができます。和菓子を作ってその場で食べても良し!持ち帰りも良し!さらに、ロウケツ染めで自分の好みのハンカチーフを作ってみたり、古民家でアクセサリーや小物つくり体験をしませんか?

  • とき 2月3日(金曜日)午後5時~7時
  • 内容 ハートマークがポイント!トンボ玉アクセサリー作り
  • 費用 1,000円
  • 定員 8人
  • ところ 町家バンク活用町家とんぼ玉工房空歩(鵲町)
  • とき 2月4日(土曜日)午後6時~7時
  • 内容 100年の町家で「和菓子つくり体験」
  • 費用 1,000円
  • 定員 16人
  • ところ ならまち中西与三郎(脇戸町)
  • とき 2月5日(日曜日)午後6時~7時
  • 内容 100年の町家で「和菓子つくり体験」
  • 費用 1,000円
  • 定員 16人
  • ところ ならまち中西与三郎(脇戸町)
  • とき 2月10日(金曜日)午後5時~7時
  • 内容 ハートマークがポイント!トンボ玉アクセサリー作り
  • 費用 1,000円
  • 定員 8人
  • ところ 町家バンク活用町家とんぼ玉工房空歩(鵲町)
  • とき 2月11日(祝日)午後5時~7時
  • 内容 ロウケツ染でオリジナルハンカチーフつくり
  • 費用 1,000円
  • 定員 10人
  • ところ rooftopならまち染工房(東城戸町)
  • とき 2月12日(日曜日)午後5時~6時
  • 内容 古民家工房でいろいろつくり体験お香袋つくりやアクセサリーつくり
  • 費用 1,000円
  • 定員 10人
  • ところ 遊悠工房zoo&かぎろひ(毘沙門町)

【申込】開催時間1時間前までに、市総合財団ならまち振興事業部門(電話番号:0742-27-1820)へ(要予約)。

奈良ひとまち大学ホームページ<外部リンク>

第246回旅行者×地元住民の憩いスポット

~奈良の新感覚ゲストハウス~

  • とき 1月22日(日曜日)午後1時30分~3時
  • ところ 奈良ゲストハウス神奈寐(紀寺町)
  • 定員 10人
  • 費用 600円


第247回かわいい、を愉しむカメラ雑貨店

~私らしい写真の楽しみ方~

  • とき 1月29日(日曜日)午前10時~11時50分
  • ところ PHOTOGARDEN(東向北町)、cafeWAKAKUSA(東向北町)
  • 定員 10人
  • 費用 千円

第248回スペシャルティコーヒーの奥深い世

~美味しいコーヒーとの出会い方教えます~

  • とき 1月29日(日曜日)午後6時~8時半
  • ところ coffeebeansROCOCO(西御門町)
  • 定員 20人
  • 費用 800円

【申込】往復はがきに授業名、住所、氏名、ふりがな、年齢、電話番号を書いて、特別授業は2月3日必着、その他は1月13日必着で同大学事務局へ。1枚に1人1授業限り。ホームページからも可。多い場合は抽選
問合せ 「奈良ひとまち大学」事務局(市生涯学習財団内)〒630-8357杉ヶ町23(電話番号:0742-26-5600)

特別授業

NEWスター「古都華」のここがすごい!~甘くて美味しいイチゴの誕生秘話~
奈良県に誕生した新品種「古都華」は、甘くて濃厚な味わい、そして宝石のような美しさで評判のイチゴ。そんな「古都華」推進イベントの一環でもあるこの授業では、その魅力について、「古都華」の開発者、生産者、そしてパティシエがとことん語ります。

  • とき 2月11日(祝日)午後1時半~3時
  • ところ ならファミリー1階らくだ広場(西大寺東町)
  • 定員 50人
  • 講師 パネリスト萩原健司さん(萩原いちご農園)青森正之さん(フランス菓子ラ・ポーズシェフパティシエ)西本登志さん(奈良県農業研究開発センターの統括研究員)進行役小谷真美子さん(FMCOCOLODJ)

しみんだより平成29年1月号 一覧へ戻る